お米を美味しく保存!カビや虫に悩まない保管方法と米びつ・保存容器の選び方

towerの米びつ

きちんと保管していたつもりなのに、「お米に虫がわいてしまった!」「お米がカビた!」などの経験はありませんか?
お米は保存場所や保存方法によって、味や品質が劣化してしまうことがあります。

虫を予防するために、米びつで常温保存するよりも、冷蔵庫で保存する方がよいという話をよく聞きますよね。
でも、お米の冷蔵保存は、庫内のスペースも狭くなるし、本当に常温よりも効果があるのか疑問だったり・・・。

実家からの仕送りや、懸賞の当選、ふるさと納税でもらったなど。
思いがけずたくさんのお米を貰ったり、まとめ買いをした場合、保管の仕方に困っているという方もいらっしゃるはず。

今回は、JAの職員さんやお米農家さんに直接教えて頂いた、虫やカビを防ぐ「正しいお米の保存」についての豆知識を、詳しくご紹介したいと思います。

白米(精米)の保存場所の悪い条件とは?

新米の季節はいつ
▲新米の時期は、関東地方では9月、東北や北海道地域では10月頃とされています。

 
お米は、精米したてが一番もっとも美味しく、精米後は徐々に劣化し、どうしても風味が落ちていきます。
お米は他の生鮮食品に比べると、急激に味が落ちることはありません。

でも、鮮度と味を落とさないためには、保存に気をつけて、なるべく早く食べる必要があります。

お米の味が劣化してしまう、5つの悪い条件とは?

お米を美味しく保存するためには、これだけは避けたい!という条件があります。
まずは、お米のおいしさを劣化させる5つの条件をみてみましょう。
 

お米の味が劣化する5つの原因
  • 乾燥
  • 湿気
  • 高温、直射日光
  • ニオイ移り
  • 空気に触れる
 

1.乾燥

乾燥した状態のお米は、炊飯時に水に入れると割れてしまいます。
そうなると、見た目がよくないのはもちろん、炊いたときに弾力のないご飯になってしまいます。

2.湿気

湿度が高すぎると、今度はお米にカビが発生する原因となってしまいます。
特に、シンク下などに米びつや米袋を置いている方は要注意!
水回りで湿気が多いというだけでなく、シンク下には水道管が通っているため、温度変化も大きい場所です。

普段は大丈夫でも、梅雨の時期などに湿度が高くなるような場所も気をつけましょう。

3.高温、直射日光

白米に付着するコクゾウムシは、気温が15~20度になると活動を始め、20~25度以上になると活発に活動をします。
洗えば平気という方もいらっしゃるかもしれませんが、出来れば発生は避けたいですよね。

4.ニオイ移り

お米はニオイを吸収しやすいという性質を持っています。
お米の保存場所の近くに肉や魚など生臭いものがあったり、あるいは石けんなどの洗剤があると、そのニオイが移ってしまうことも!

お米を冷蔵保存している方は、まわりにニオイのつよい食品がないかどうか気をつけてください。
また、なるべくニオイ移りを防ぐため、密閉容器に入れるというのも大切なポイントです。

5.酸化

精米されたお米は空気に触れることで酸化し、脂質(ヌカ)が分解されて、品質が劣化します。
無洗米の場合は、肌ヌカ1精米しても、米の表面に残っている粘着性のあるヌカのことを処理し乾燥させるという工程があるため、酸化の心配はありません。

ちなみに、無洗米の保存方法も、基本的には普通のお米と同じで大丈夫。普通のお米よりも少し長持ちしますが、やはり時間がたつほど味は劣化していきます。普通のお米と同じく夏場は2週間、冬場で1カ月くらいを目安に食べきるのがおすすめです。

お米は冷蔵保存って本当?冷蔵庫で保存するときの注意点

towerの冷蔵庫に入る米びつ
お米を一番美味しく保存できる温度は、10~15℃。
なるべく、湿度の低い場所で、風通しが良く、日が当たらないところがベストです。
家の中でお米を保存するとき、もっとも理想に近い条件を備えているのは、冷蔵庫の野菜室です。

¥1,980 (2020/09/18 13:50:22時点 楽天市場調べ-詳細)

冷蔵庫内でも長期の保存はNG

「冷蔵庫の中に入れておけば安心!」「ぜったいにお米を美味しく保存できる」というわけではありません。
冷蔵庫でお米を保存する場合には、いくつかの注意点があります。

お米を冷蔵保存するときの注意点

まずは、ニオイが強いものが近くにないか、気をつけて!
さまざまな食品を入れる冷蔵庫。お米にはニオイを吸収しやすい性質があり、いったんニオイがつくと取れません。

また、お米は温度変化に弱いので、冷蔵庫の開け閉めの回数が多いというご家庭には向かないかもしれません。
ペットボトルなどにお米を入れていた場合、保存容器内に結露が出て、お米がカビてしまったという報告もあります。

冷蔵保存したお米の賞味期限は?

庫内は乾燥しやすいため、長期的なお米の保存には向かないというのも、見落としやすいポイント。
実は、冬などは常温保存(ただし暖房などによる温度が変化がない場所)の方がおすすめなんです。

冷蔵保存したお米を美味しく食べれる目安は、だいたい2週間。
遅くても一ヶ月以内には食べきるようにしましょうね。

計量カップつき米びつ
▲専用の計量カップつき米びつ。冷蔵庫に入れていても、残量が一目で見えるので在庫管理もバッチリ。
冷凍庫にお米を入れるのはNG!?
お米を「冷蔵庫」に入れるといいという話はよく聞きますが、では「冷凍庫(freezer)」の場合はどうでしょう?
実は、水分量が多い野菜を凍らせると不味くなってしまうのと同じで、炊く前の精米したお米を冷凍庫に入れると美味しくなくなります。
というのも、炊く前のお米には約15%の水分が含まれており、冷凍することで中の水分が凍って、お米のひび割れの原因となってしまうからです。
お米がひび割れてしまうと、炊いたときの風味や食感も大きく損なわれます。なので、お米を冷凍庫に入れるのは避けるようにしてくださいね。

編集部Uchida

【素材別】米びつの種類と特徴

先ほどご紹介したお米の保存条件を踏まえた保存アイテムというと、やっぱり一番は専用の保存容器である「米びつ」。

米びつには、色々な素材の容器があり、またお米を計る機能がついているものもあります(計量米びつと呼ばれています)。
ここでは、主な素材別にそれぞれの米びつの特徴についてみていきます。

ガラス製米びつ
▲ガラス製の米びつは生活感を感じさせず、インテリアのようなオシャレな雰囲気に。

昔からある米びつと言えば、桐で作られた米びつを思い浮かべる方が多いでしょう。桐には虫除け効果や湿度調節機能があります。このため、よほど温度の高いところでなければ、常温でも十分においしく保存することができます。
たくさんのお米を長期保存したい場合には、桐製の米びつが一番おすすめです。


桐製米びつ
桐製の米びつでも、計量カップをつかわずに1合ずつ計れる便利なものもあります。
¥19,800 (2020/09/18 11:25:33時点 楽天市場調べ-詳細)

ガラス

密閉性が高いものは湿気や虫の侵入もシャットアウトできますし、お米の収納場所がシンク下しかない!という方は、ガラス製の密閉容器も候補としてアリだと思います。

見た目がオシャレなものが多いので、生活感をあまり出したくない方にもおすすめです。思わずインテリアのように飾りたくなるかもしれませんが、光を通しやすいので、直射日光の当たる場所は避けましょうね。

トタン

トタン製の米びつも、昔からとても愛用されています。
レトロな感じでありながら、最近はちょっとカラフルなデザインのものもあり、とても人気。
光を通さず、中に入れたものを湿気や虫からしっかりと守ってくれるので、見た目がお洒落なだけでなく保存容器として実用的です。


レトロなトタン製の米びつ
トタン素材の米びつは大きなサイズのものも多く、コイン式精米でそのまま使えるものもあります。
¥4,378 (2020/09/18 16:46:00時点 楽天市場調べ-詳細)

プラスチック

最近の米びつの主流といえばプラスチック製。冷蔵庫内やシンク下で使える保存容器に似たタイプの米びつや、計量機能つき米びつも人気です。
桐のような特性はないですが、湿度の高くない場所を選び、虫除け材を活用することで、こちらもおいしくお米を保存出来ます。

計量米びつについて

計量カップなどで一合ずつはかる手間が省け、きちんと正確にお米を計量できるのが魅力ですよね。

でも、気をつけたいのは、お手入れです。
普通にお米を入れるだけでも意外と汚れていることの多い米びつ。計量米びつの中でも、特に複雑な構造になっているものは、十分にお手入れが行き届かないことも・・・。


計量米びつ
プラスチック製の計量米びつを選ぶときは、分解のしやすさや洗いやすさもしっかりチェックしましょう。分解してまで、お手入れが面倒だと言う方には、他のタイプの米びつをおすすめします。

米袋のまま、保存はできない?

袋ごとストックできる米びつ
以前は私も「米びつに入りきらないから」と、スーパーやお米屋さんで買ってきたビニール袋のまま、輪ゴムで口を縛って置いていたのですが、これはNG!
市販されている米袋には、目に見えないくらいの小さな穴が無数に開いており、空気を通すように出来ているので、お米が酸化しやすいと言われています。

いくら口を輪ゴムで縛っていても、虫が侵入や湿気を防ぐことも出来ず、虫やカビが発生してしまうこともあるとか……。
すぐに食べる場合をのぞき、お米は必ず別の保存容器に入れるのが原則!なんです。

お米袋のままストックできる米びつ

お米の移し替えって、結構大変ですよね。「正直面倒くさいなあ」って方も多いと思います。
そんなときは、米袋ごと入れることの出来るタイプの密閉型の保存容器や米びつがおすすめです。

袋ごと入れるから、面倒なお手入れも無し!面倒な移し替えのプチストレスからも解放されますよ♪

編集部Uchida

袋ごと米びつ
こちらも、袋ごと入れられる米びつ。パッキンつきの蓋でしっかり密閉し、お米を湿気や酸化から守ってくれます

米びつについてもっと知りたい方はこちら
towerの冷蔵庫に入る米びつおすすめの米びつ23選―美味しさと鮮度を保つ米びつ選びのポイントは?―

米びつを使う時の注意点とお米の虫がつく原因・対処方法

梅雨から夏場にかけて、温度や湿度が高くなる季節は、お米につく虫に要注意!
特に、計量タイプなど密閉できない米びつや、大きめのタッパーを使用している場合は、防虫対策もしっかりとしておきたいですね。

防虫対策にお手入れは必須!

お米に虫が発生してしまう一番の原因となるのは、米びつや保存容器の底に付着した古い米糠やごみなどを放置してしまう事です。
米びつやお米の保管容器の内側を手で触ったときに、指先に「白い粉」のようなものがつきませんか?

この正体は、米糠や摩擦によって削れたお米の一部、あるいはお米が乾燥・酸化して粉末化したものです。
放置してしまうと、お米の風味が損なわれるほか、虫の発生原因になってしまいますので、すぐに掃除してくださいね。

お米の継ぎ足しはNG

また、お米は古いものを全部使い切ってから、新しいものを入れるようにしましょう。
注ぎ足しは厳禁! 新しくお米を入れる前には、必ず容器を掃除してくださいね。

唐辛子やにんにくってホントに防虫効果ある?

唐辛子を入れた米びつ
昔ながらの防虫方法で、米びつに唐辛子やにんにくを入れているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

実は、エステー株式会社さんの研究により、唐辛子に含まれる成分にお米への防虫効果があることがわかっています。

ただし、生の唐辛子は水分を含んでいるため、カビてしまうことがあります。また、しっかりと乾燥させた唐辛子を使用した場合でも約1ヶ月ほどしか効果が得られないので注意しましょう。
できれば、市販の唐辛子成分のある虫忌避剤を使うことをおすすめします。

ペットボトルや保存袋で、米びつの代用は出来る?

家族が少ないなど、それほどたくさんのお米を保存する必要がない場合、「わざわざ米びつは買いたくない!」「家にあるものや身近なもので代用したい」という方も、いらっしゃると思います。

そんなとき、安く済ませられて場所も取りにくいペットボトルやタッパーなどの保存容器、ジッパーつきの保存袋などで、保存する方法も人気です。

でも、これらで米びつの代用をするには、少し注意点があります。
ここでは、これらのアイテムを使ってお米を保存したい場合の注意点をお伝えしますね。

ペットボトル

もっとも安く済ませられ、場所も取りにくいので人気のペットボトル。
ただし、ジュースなどの空きボトルを使うと、におい移りの心配があるため、なるべく水が入っていた空きボトルか、出来ればホームセンターなどで未使用のペットボトルを買ってくるとよいでしょう。

また、何度も同じペットボトルを使いまわすのは、衛生上おすすめできません。
お米を移し替える時は、漏斗を使うと良いですよ。

米びつろうと 米量り付き ペットボトル用
▲ペットボトルにお米を入れる時に便利な「米びつろうと」
¥648 (2020/09/18 16:46:00時点 楽天市場調べ-詳細)

タッパーなどの保存容器

大きめのものだと、保存容器もそれなりにお米を入れるのに使えそうですよね。
冷蔵庫用の米びつ代わりにするなら、しっかりと密閉できる保存容器を選びましょう。

冷蔵庫に入れる際には、肉や魚などのニオイ移りの心配がないか気をつけて! 
温度的には野菜室が一番理想です。

保存容器作り置きに欠かせない!「保存容器」の選び方&材質別の特徴と活用アイデア

ジッパーつきの保存袋

もともと食品を美味しく保存するために生まれたジッパーつきの保存袋。もちろん、お米の保存にも使えます。
大量に入れることは出来ませんが、他の容器類に比べてスペースを取らないので、とても便利ですよ。

どうせなら、一度に炊く分(2~3合ずつ)を計って、小分けにしてしまうのがおすすめ。他の食材に使ったものを使いまわすのは、ニオイ移りや衛生面から避けた方が無難です。

お米の保存アイテムまとめ
  • 長期保存には、昔ながらの桐製米びつが理想。
  • 計量機能つきの米びつは便利ですが、虫除け対策&内部のお手入れを忘れずに。
  • シンク下しか収納がない場合は、密閉タイプの保存容器やガラス製米びつで湿気対策を。
  • 米袋のままの保存はNG! 米袋ごと入る米びつが便利!
  • 冷蔵庫保存のお米は2週間~1ヶ月以内を目安に食べきりましょう。

炊いた後のご飯のベストな保存方法

炊飯土鍋で炊き立てのご飯
ところで、炊いたご飯が余ってしまいそうな時の保存方法についても気になりませんか?

ご飯の保存方法と言えば、だいたい次の4つ。
「常温」「(炊飯器での)保温」「冷蔵庫での保存」「冷凍庫での保存」
いずれかを思い浮かべる方が多いと思います。

せっかくなので、地元のJAの職員さんに伺った、ご飯を保存するときの注意点やおすすめの保存方法について、詳しくご紹介しますね。

常温保存

一度炊いたご飯は、時間が経ち、また温度が下がるにつれて、水分が蒸発すると共にでんぷんの構造が変化2でんぷんの老化と呼ばれていますしていきます。
この水分の蒸発による減少と、でんぷん構造の変化が、ご飯をぱさぱさと硬くしてしまう原因です。

また、セレウス菌3自然環境に広く存在している菌で食品に付着していることも多い。前日に炊いたご飯などを食べて食中毒を起こす場合の主な原因菌の一つ。による食中毒の心配もあるのでくれぐれも常温で保存することは避けてくださいね。

炊飯器の保温モード

炊飯器の中だと温度が下がることはありませんが、あまり長時間熱を加えてしまうと、お米がでんぷん化しやすくなり、黄ばんでしまいます。
炊飯器によって推奨時間は異なると思いますが、基本的にあまり長時間の保温はおすすめできません

冷蔵保存

とりあえず、冷蔵庫にしまっておくという方も多いかと思います。
炊飯器から出して冷ましたご飯を、密封容器に入れるかラップにくるんで冷蔵保存した場合、どのくらいもつかご存じですか?

冷蔵庫の開け閉めの頻度や温めなおした回数などにもよるのですが、基本的には2日くらいが限度。
意外と短いですよね。
固くなってしまうので、食べる時は少し水を加えてからレンジで温めなおすのがおすすめです

冷凍保存

一番の美味しく・長く保存できるのは、冷凍保存です。
JAの方のお話によると、保存期間の目安はだいたい3週間くらい。

冷蔵保存の時と違う点は、「ご飯が熱々のうちに」ラップ等で包んでから保存袋にいれるか、保存容器に入れるということ。
炊きあがったご飯をなるべく湯気の出る熱い状態で、水分ごと閉じこめるというのが、おいしく冷凍保存するための重要ポイントです。

ラップで包む場合は、なるべく平らにしておくと、解凍時の時間が短縮できるほか、熱が均一にまわるのでおいしくいただけますよ。

さいごに

お米をはかるマス
冬場は冷蔵庫に入れなくても気温が低いので、常温保存で十分美味しく、虫の心配もなしに保存できます。なるべく暖房の影響を受けないところに置いておきましょう。
キッチンの床下に収納庫があるご家庭は、そこに保管するのもよいですね。

基本的には、1ヶ月で食べきれる量を買うのが、いつも美味しいお米を食べられる秘訣です。
やむを得ず大量のお米を入手した場合の理想の保存方法は「桐製の米びつ」+(すぐに食べる分だけ)「冷蔵保存」

でも、今回ご紹介した注意点にさえ気をつければ、他の保存方法でも、もちろん大丈夫ですよ!
「スペース重視」「見た目重視」「コスパ重視」など、何を優先するかによっても、理想の保存方法は変わってくると思いますので、ご家庭に合った保存方法を見つけてみてくださいね。


参考資料 (※より正確な情報をお伝えするため、JA組合さんやお米農家さんのお話以外に、下記の文献やWebサイトも参照しております)
社団法人 日本精米工業会「米袋への「お米の取扱い説明」表示に関するガイドライン」
吉田・渡辺・尊田著「図説 貯蔵食品の害虫」
東京山手食糧販売協同組合 公式サイト「精米を長く保存するとなぜ食味が低下するのですか?」(検索日:2017/9/13)
大郷グリーンファーマーズ 公式サイト「米袋で密閉されている間は、長期間保存しても大丈夫ですか?」(検索日:2017/9/13)

栄養豊富な万能保存食「炒り玄米」のGOODポイント4つとアレンジレシピ