引き出しのサイズにぴったりフィット!シンク下の「スッキリ」を叶えるカトラリートレー

キッチンの片づけが終わらない
キッチンを片づけた2日後にはもう散らかっている
キッチンにモノが多すぎて、どこに何をしまったのか忘れてしまう

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

おうちの中でもキッチンは片づけが難しい場所です。
それは、他のスペースと違って収納するモノの種類が多いためです。

お鍋やフライパンなどの調理道具やキッチン家電、お弁当グッズ、カトラリー類、保存容器、食料品など…狭い空間にたくさんのモノを収納しなければならない上に、毎日稼働し続けるのでなかなかまとまりにくいですよね。

だからと言って、キッチンのキレイを諦めてしまうのはもったいない
キッチンのキレイをキープする方法はたくさんあるんです!

ライフオーガナイザー山本瑠実

今回は、キッチン収納の中でもシンク下の引き出しに着目して、キッチンツールやカトラリーの収納についてお話させていただきます。

キッチンの便利グッズは本当に便利?

白髪ねぎを作るカッター、野菜をみじん切りにするチョッパー、たまごの黄身と白身を分けるセパレーター…。
キッチンの便利グッズって便利で面白い商品がたくさんあります。

「これさえあれば、おうちのご飯がカフェみたいになるかも♪」と思ってつい買ってしまいますよね。
でも、おうちにあるその便利グッズ、本当にすべて使っていますか

便利グッズを使わずに放置している状態なら、それはごちゃごちゃの原因となって便利ではなく不便になってしまうことも。

引き出し収納の前に便利グッズの取捨選択を

キッチンの便利グッズ
キッチンのカトラリーをきれいに収納する前に、一度持っているカトラリーや細々とした便利グッズをテーブルに出してみて、本当に使っているモノだけにしてみましょう。

使用頻度の低いモノや買ったけれど一度も使っていないモノは、手放すか、もしくは紙袋やボックスなどにまとめてしばらくキッチンから離して保管してみてください。

もし、1ヵ月以上思い出すことがなく使わなかった場合は、思い切って手放してもいいと思います。
「いつか使うかも。」はなかなかやってきません。
一度手放して、また使いたくなったときに購入するようにしてもいいですね。

シンク下の引き出しに適した収納アイテムを選ぶポイント

キッチンの便利グッズをチェックして、本当に使うモノだけを残したら、次は収納です。
カトラリートレーなどの収納アイテムを新しく購入する場合、きちんとサイズを測って、1つのスペースにどれくらいのモノを収納するのかを決めてから購入するようにします

サイズが合わないとうまく収めることが出来ずに、せっかく購入した収納アイテムが無駄になってしまいます。
シンク下の引き出しの中で使うなら、引き出しの「幅」「奥行」「高さ」もしっかり計っておいてくださいね。

どんな引き出しにもフィットする!伸縮するカトラリートレー

伸縮&スライド式カトラリートレー
様々なメーカーから収納アイテムが販売されていますが、今回私がオススメするのが、towerの「伸縮&スライド式カトラリートレー」です。

こちらのトレーの1番のオススメポイントは、伸縮させてサイズを変えられるところです。

最小サイズ:約幅25×奥行24.6×高さ5.7cm

最大サイズ:約幅25×奥行45×高さ5.7cm

このように、奥行きを24.6cmから45cmまで自由に伸縮させることができるんです。

伸縮するカトラリートレー

最大に引き出すとこのような感じで、かなり奥行きのあるトレーに変身します。
シンク下の引き出しはサイズがいろいろあるので、なかなかぴったりサイズの収納用品に出会えないもの。
これならお家の引き出しに合わせたサイズに調整することができます。

スライドできるクリアケースも

スライドできるクリアケース
このカトラリートレーは「スライド式」というだけあって、小さなクリアケースもついていて、重ねると2段になります。
クリアケースは取り外しもスライドも自由自在。
2段に重なってもケースが透明なので、下に入っているものが見えやすくていいですよね!

伸縮&スライド式カトラリートレーを使ってみました

まずは、伸縮&スライド式カトラリートレーを導入する前の引き出しの状態をご紹介します。
シンク下の引き出し

我が家の調理グッズは、シンクとコンロの間にある引き出しにまとめています。

100均グッズでシンク下の引き出し収納

100均で購入したクリアケースを並べて収納していて、軽く両面テープで固定しています。
しかし、何度も引き出しを開け閉めしていると少しずつズレることと、空間がもったいないような気がしていました。

空っぽのシンク下の引き出し

全て出して一度きれいに磨いて、収納アイテムを入れ替えることにします。

伸縮するから縦にも横にも自由自在!

シンク下の引き出し収納

まずは伸縮&スライド式カトラリートレーの奥行きを最大にして、縦に置いてみました。
長い菜箸でもなんでも問題なく置けそうですね!

シンク下の引き出し収納

シンクとコンロの間にある引き出しはとても便利な場所なので、キッチンツール以外にもお弁当を作るときに使うモノやおろし器も収納します。

実際に置いてみると、真ん中に少し隙間ができますね。ここに収納するモノがあるならいいのですが、何もないので今度はトレーを横に置いてみることにします。

シンク下の引き出し収納

こちらももちろん問題なく置くことができました。
引き出しのサイズに合わせて変えられるのは本当に便利ですね!

シンク下の引き出し収納

先ほどと同じように、お弁当を作るときに使うグッズやおろし器も収納してみました。
こちらの方がすっきりして見えます。

それでは、トレーに収納していきましょう。

何が入っているのか一目で分かる!

シンク下の引き出し収納
1つのスペースに1~2つのモノを収納しました。
トレーの1つ1つの幅もいいですね。

取り出しやすく片づけやすいサイズ感ですし、家族の誰が見ても、どこに何が入っているのかが一目で分かります。

カトラリートレーにクリアケースを組み合わせる

上段のクリアケースには使用頻度の高いモノを、クリアケースの真下には使用頻度の低いモノを収納するといいですね。

シンク下の引き出し収納

よく使うキッチンツールが、1つのケースにきれいに並びました。
トレーが汚れても丸洗いできるので、衛生面でも安心で簡単にキレイをキープすることができます。

カトラリーも美しく収納できる

カトラリー収納
お箸やナイフ、フォークなどのカトラリーも入れてみると、このようにキレイに並びました。
お気に入りのカトラリーが美しく並ぶと気分も上がって、お料理をするのも楽しくなりますよ。

カトラリートレーのラベリングもオススメ

カトラリートレーのラベリング

もしお子さんにもお料理をお手伝いをしてもらいたい場合は、カトラリートレーにラベリングをしておきましょう。

どこに何を置くのかが分かると迷わずにできるので、オススメです。
スライサーなどでケガをしないように十分ご注意くださいね。

ごちゃつきがちなシンク下の引き出しはモノを厳選して整える

今回はキッチンの中でも、シンク下の引き出しの「スッキリ」を叶えるカトラリートレーをご紹介しました。

キッチンが整うと探す時間や片づける時間が減って、作業効率まで上がります。
是非チェックしてみてくださいね!

▼今回登場したtowerの「伸縮&スライド式カトラリートレー」

¥1,980 (2021/06/23 03:55:52時点 楽天市場調べ-詳細)
100均グッズ(セリア・ダイソー他)でスッキリ!冷蔵庫収納の秘訣とラベリング術 狭いキッチンで大活躍!水切りかごを使わない派におすすめの水切りマットとは? 使いやすいだけじゃない!時短・節約にもなる「片手で出せる食器用洗剤ディスペンサー」