【完全版】窓用断熱シートvs.気泡緩衝材(プチプチ)比較!窓際の温度変化をテスト♪

真冬のさむーい部屋。
「なんだかエアコンの効きが悪いなあ」と温度設定をついつい高くしてしまったり、ファンヒーターを使ってみたり。
そんな経験はありませんか?

暖房を付けても部屋が温まらなくて困ってる人って、意外と多いはず……。
だからと言って暖房器具に頼りすぎるのはよくないですよね。

そこで今回は、数ある防寒グッズの種類の中でも、窓際の寒さや窓やドアのすきま風を防いでくれる便利アイテムについての比較実験・検証をしていきます♪
防寒グッズを利用したエコライフは電気代の節約につながるので、お財布にもうれしいですよ。
それでは、さっそく詳しくみていきましょう!

窓際の寒さ対策の鉄板!窓用断熱シートとは?

ホームセンターなどで、こんなシートが売られているのを見たことはないでしょうか?
窓用断熱シートロール
窓用の断熱シートで、窓に貼りつけると、窓から熱を逃げにくくしてくれます。

種類もたくさんあります。

窓用断熱シート表面アップ
こちらは、オーソドックスなタイプ。
窓際の断熱だけでなく、結露を防いでくれる効果もアリ。
写真は厚さ7mmのタイプですが、厚さ2mm~4mmのタイプも人気です。
窓用断熱シート障子風
こちらは和紙風のデザイン。貼れば、なんと、窓が障子風に変身!

冬だけでなく、オールシーズン使えるタイプもあります。
しかも何と!夏には紫外線を遮って、さらに、室内のエアコンの効きをよくしてくれるというW効果が!
透明度が高くて、目立ちにくいのも嬉しいポイント♪
窓用断熱シートオールシーズンタイプ
……と、窓用断熱シートというアイテムがあることや、「毎年よく売れているな~」ということは知っていたんですが、お恥ずかしながら、私はこれまで実際に使ったことがありません。

いくらエコっていっても、そこまでしなくても…

正直なところ、どうやって使うの?

という気持ちがありまして。

そう、気になるのはシートを貼るときの使い勝手と、実際の効果。
「カンタンに貼れる」っていうけど、ほんとにカンタンなの?

わからないなら、試してみよう!
というわけで、編集部の撮影室で、実際に使ってみました。

とっても簡単!窓用断熱シートの貼り方の手順

窓用の断熱シートの見た目は、気泡緩衝材に近いです。

気泡緩衝材というのは、こちら。
荷物を梱包する時に使われるポリエチレンシートです。通称「プチプチ」。
割れ物のお皿や、電化製品を買ったときに、こういうシートが周りに巻かれているところ、見たことありますよね。
気泡緩衝材2
この、気泡緩衝材にそっくりな窓用の断熱シート。
ではちょっと使い方を試しがてら、今から実際に撮影室の窓に貼ってみたいと思います。

用意するものはハサミと霧吹きだけ!
【シートの貼り方と手順】

手順1
窓のサイズに合わせてカット
使うときは、まず、窓のサイズに合わせてカットします。
気泡緩衝材より素材がしっかりしているので、スルスルっと切れました!
窓用断熱シートの貼り方1
手順2
しめらせる
お次は、窓ガラスに霧吹きでまんべんなく水をかけます。
水が垂れるくらい、たっぷり湿らせます。
窓用断熱シート貼り方2
手順3
貼る
窓のサイズにカットした断熱シートを当てると、水のチカラでぴったり吸着!
ぴたっと吸いつくように貼れます。
気持ちいいくらい!
窓用断熱シート貼り方3
手順4
定着させる
あとは、手のひらで伸ばします。
窓用断熱シート貼り方4
これでオッケー。
手順5
完了
作業時間は5分もかかりませんでした。
窓用断熱シート貼り方5

はがすときもカンタン!
水だけで貼り付けているので、テープのあとが残る心配もなし!
もちろん、何度でも貼り直せます。
窓用断熱シートの剥がし方こんなにカンタンだとは……これはすごい。

窓に貼る前と貼った後ではどう変わる?

窓の向こうの景色は見えにくくなりましたが、眺めが気になる方には、厚みのすくないタイプもあります。

こちらは、オールシーズン使えるタイプ。
なにも貼らない状態の窓と比べると透明さは落ちますが、すりガラス程度です。
窓用断熱シート使用イメージ2

では。
無事に窓に貼ることができたので、次は見た目ではわかりにくいそれぞれのシートの室温の変化や断熱効果などを実際に実験してみたいと思います!
今回は2種類の窓用断熱シートと、梱包材の気泡緩衝材、合計3アイテムをくらべていきますよ。

【効果・見た目・値段】3つの窓用断熱アイテムを徹底比較

写真を見て気づかれた方も多いかと思うのですが、この窓用断熱シート、見た目は気泡緩衝材(プチプチ)にそっくりですよね!
左側が窓用断熱シート(厚さ7mm)、右側が梱包用の気泡緩衝材です。
シロウト目には、粒の大きさと厚み以外のちがいがわかりません。
気泡緩衝材との比較なら、気泡緩衝材でも代用できるんじゃない?
というわけで、気泡緩衝材でも試してみました。

気泡緩衝材で窓用断熱シートに代用

気泡緩衝材を窓のサイズに合わせてカットして、同じように水で窓に貼り付けると、窓にぴったり貼り付きます。
気泡緩衝材にこんな力があったとは……ビックリ!
ただし、見た目は気泡緩衝材。

ちょっと貧乏臭い?
気泡緩衝材を窓用断熱シートに代用では、3つのアイテムの見た目をくらべてみましょう。

シートの見た目と「景色の見え方」を比較

左から順番に、厚さ7mmの窓用断熱シート、オールシーズン使える断熱シート、気泡緩衝材です。
窓用断熱シート「景色の見え方」一覧いくら似ていても、やっぱり気泡緩衝材専用の断熱シートはちがいますね。

見た目だけでなく窓の明るさにも影響

とくに気になるのは、外の景色の見やすさ。
夏にも使えるオールシーズン用の断熱シートは窓の外がクリアに見えますが、粒が細かい気泡緩衝材は、向こう側がほとんど見えません。
外の光が入りにくいので、部屋の中もすこし暗くなった印象。

断熱効果を比較!窓際の温度変化の違いは?

では、気になる断熱効果はどうなのか?
窓際に温度計を置いて、試してみました。

実際の実験の様子は、こちら!
断熱シートの貼り方もチェックできますよ♪


上の動画では、結果も一足先にご紹介しています。

窓専用の断熱シートvs.気泡緩衝材、気になる断熱効果は?

窓用断熱シート2種と気泡緩衝材
窓に貼って見た目をチェックしたところ、気泡緩衝材は×。
光を遮るので、部屋の中も少し暗くなってしまいました。
窓に貼った気泡緩衝材

断熱シートを貼った窓際の温度変化をチェック

見た目も重要ですが、一番気になるのはやっぱり断熱効果。
さっそく比べていきましょう。
Let’s Try !

【手順1】室温を上げる
シートを窓に貼って、エアコンをON。
窓際に置いた温度計が18℃になるまで、室温を上げます。
18℃になるまで部屋を暖めたところで、エアコンの電源を切ります。
実験の様子1
【手順2】温度をチェック
スタート時、30分後、1時間後の温度を測ります。
時間によって外の温度が変わることを考えて、外の気温も測り、その温度差をチェック。
【外気温-室温】の温度差で勝負
 
断熱シートの効果が高ければ、室内の暖かさが外に逃げるのをおさえられるから、外の気温との温度差は大きくなるはず。
逆に、断熱シートの効果が低ければ、室内の温かさは窓を通して外に逃げてしまうので、気温との差が縮まるはず!

気泡緩衝材でも窓から逃げていく熱はおさえられるはず!

編集部であらかじめ結果を予想してみたところ、1位は厚さ7mmのこちら。
窓ガラス結露防止シートという名前の商品です。
実験の様子2
以前、床用保温シートの保温効果を調べる実験をしたときに、保温力=断熱材の厚さということは確認済!
もはや気になるのは、どれくらいの大差をつけて圧勝するのかということ?

そして・・・予想のビリは、もちろん気泡緩衝材
いくら見た目が似ていても、窓専用の断熱シートには勝てないのでは?
あなたの予想はどうですか?

動画あり!「断熱シートvs.気泡緩衝材」比較実験の結果発表

実験の様子は、動画で見ることができます。
「断熱シートってどうやって使うの? ほんとにカンタン?」という方も、ぜひチェックを♪
↓  ↓

結果をまとめると、こうなりました。
実験2結果
グラフで表したのは、外気温と室温の温度差です。

予想外の結果…?実験結果に驚きの声

厚さ7mmの窓ガラス結露防止シートは、予想通り1位。
室内の温度を、ほかの断熱シートより高くキープできました。
でも、最下位の気泡緩衝材と比べると、その差は平均で1.4℃
差が一番小さい時は、わずか0.9℃差。

こんなに差が出ないとは!

気泡緩衝材は大健闘ですが、窓専用の断熱シートのほうは、正直期待ハズレ。

こうなってくると、また新しい疑問も浮かんできます。
気泡緩衝材とそこまで変わらない効果しかないなんて、「そもそも、窓用断熱シートは本当に室内を暖かくしているのか?」

断熱シートを剥がしたら、部屋はどれだけ寒くなる?

というわけで、「実験後、どれだけ室温が下がるか」をさらに実験。
実験の様子4
が。
温度が下がるのを待つまでもなく、シートを剥がした瞬間に、ブワーッと冷気が押し寄せた!

寒い~!

窓際の温度は、あっというまに10.3℃から9.8℃まで下がりました。
エアコンの効きも、断熱シートを貼っていた状態のほうが部屋が暖まるのが早い印象。

1枚あるだけで、かなりちがう!

実験で納得!窓際の冷気対策グッズの選び方のポイントまとめ

・・・というわけで、実験の結果、わかったことはコレ。
窓用断熱シートは、「断熱効果」「見た目・明るさ」「価格」で選ぶべし!

断熱効果を重視するなら…

断熱シートが厚ければ厚いほど、お部屋の暖かさをキープできます。
でも、梱包用の気泡緩衝材を窓に1枚貼るだけでも、断熱効果は期待できます!

見た目・明るさ重視なら…

見た目や明るさを気にするなら、気泡緩衝材は×。
専用の断熱シートは透明度を保つ工夫がされているので、ぜひ専用のものを!
気泡緩衝材だと、残念ながら貧乏臭い印象になってしまいます。

こちらは、厚さ7mmの窓ガラス結露防止シート。
実験の様子5
下の写真は厚さ3mmの気泡緩衝材。
気泡緩衝材の見た目似ているようで、スッキリさは全然ちがいます。

価格重視なら…

お値段で選ぶなら、もちろん気泡緩衝材が○。
梱包材を再利用しても良し、ホームセンター等で新品を必要なサイズ分買うも良し。
窓専用の断熱シートでも、オールシーズン使えるタイプなら、使える期間が長いのでお得感がありますね♪
オールシーズン使える断熱シート使用イメージ
なんといっても、窓は、家の中で一番熱が逃げやすい場所。
窓の冷気を制した者は、家中すべての冷気を制したも同然!(いいすぎ?)

貼り方はとってもカンタンなので、暖房費の節約に、エコに、ぜひお試しください♪

真冬のトラブル!ドア&窓際のすきま風を対策できるアイテム

さて。窓からの冷気を解決したところで、もう一つ気になることがあります。
寒い時期になると気になる「部屋のすきま風」。

「あれ?暖房入れているのに、なんで暖かくならないの?」と思ったら、要注意です。
実は……突然ですが、編集部の撮影室も空調はあるのですが、とっても寒いのです!
原因は、このドア!
撮影室ドア
ドアがないと部屋の中には入れないので、「このドアさえなければ!」というわけにはいかないのですが、ドアがあれば、ついてくるのがすきま風トラブル。

寒いー!

「このすきま風をどうにかしたい!」というのが冬場の悲願です。
同じように、ドアや窓際など、すきまから吹き込む冷気に困っている方はきっと多いと思うんです。

というわけで、続いては「すきま風対策」について調べていきます。

ドアや窓際で使えるあったかグッズは見つかるのか……?!

ドアやふすまには年中使える「すきまテープ」!

「すきま風に効くオススメグッズ、なにかないですかね?」と、当店の担当バイヤーに尋ねたところ、イチ押しがこれ!

「ドア下部シールテープ」
といって、ドアの下など、すきまが気になるところに貼るだけですきま風を防げる便利グッズです。
「すきまテープ」という名前で販売されている商品もアリ。
ドア下部シールテープ

¥578 (2020/10/24 12:26:45時点 楽天市場調べ-詳細)

このテープがバイヤーイチ押しだったのは、アイディア次第でオールシーズン使えるところでした。

食器棚のすきまとか、コレクションケースのすきまとか、ほこりが入って欲しくないところに貼れば、ほこりもシャットアウトできますよ!

バイヤー

それ、ナイスアイディア!

防寒グッズの難点の一つは、冬にしか活躍しないところだと思うんですが、年中使えると思えばお得感アップですね♪

窓辺に使うなら、窓際用のボードが一押し!

ドアではなく、出窓や広い窓際などに便利なのが、窓際用の保温ボード。
あったかキープパネル「あったかキープパネル」「冷気シャットパネル」「省エネボード」「発泡ボード」など、販売しているメーカーによって名称は違いますが、どれも、窓際用の防寒グッズ。
上の写真は、「あったかキープパネル」というアイテムです。
壁がないならつくっちゃえ、というアイディア商品ですね♪

当社のオフィスでも、大活躍しています。

これ、いいよね! 暖かいし、省エネだし

スタッフB

ダンボールじゃダメなの?

ええーーー!

そんなの、専用のボードのほうが絶対にいいに決まってるじゃないですか!
・・・とは思うのですが「すきま風をガードするだけならどんな素材でもOKでしょ!」という節約派の言い分も一利あるかも?
そういえば、窓用断熱シートと気泡緩衝材も温度変化の実験はわずかな差という結果でしたね。

というわけで、専用のボードの、どんなところが、どれくらい優っているのかをチェックするために、今回もやりました。

窓際専用ボードvs.ダンボール!
それではさっそく、比較実験スタート♪
窓際専用ボードv.s.ダンボール

窓際専用の保温ボードのメリットを実験で解き明かせ!

Let’s Try !

1.ドアの前に置きます
すきま風が気になるところに置きます。
本来なら、窓際に設置すると抜群の効果を発揮できるアイテムですが、残念ながら当社のオフィスには広い窓際がないので、すきま風が気になる撮影室のドアの前に置きました。
実験の様子1
ダンボールは、「あったかキープパネル」のサイズに合わせてカッターでカットしました。
この作業を「ダンボールを使うと手間がかかる」とネガティブにとらえるか、「好きなサイズにカスタマイズできる!」とポジティブにとらえるかは悩むところです。
 
2.温度をはかります
実験スタートから20分後、ドアのそばに置いた温度計で室温をチェックします。
実験の様子2
それでは、実験スタート!

すきま風を防ぐだけで部屋は暖かくなる!

「あったかキープパネル」とダンボールを置く前のドア前の室温は、どちらも9.7℃
実験の様子3
「あったかキープパネル」とダンボールを置いて、それぞれ20分待ちます。

実験の様子4
実験の様子5
20分後に温度を測ると、「あったかキープパネル」を置いた場合は11.4℃
ダンボールを置いた場合は11.1℃。その差は0.3℃。
あまり変わりません。

すきま風対策には、壁が一枚増えるだけでOK。
十分にあったかいです♪

窓用保温ボードには窓際に置くための工夫がてんこ盛り!

すきま風に対する効果はほぼ同じだったので、+@の違いを見ていきます。

実は、この「あったかキープパネル」には、窓際に置くためのさまざまなアイディアが盛り込まれています。
まずは、裏側。
あったかキープパネルの裏側
窓際に置くということは、窓ガラス越しに外から裏側がバッチリ見えてしまいます。
窓際のアイテムは、機能性だけじゃなく窓の外からの見た目(裏側)が命!

その点、このボードなら抜かりなし♪
ダンボールだと、そうはいかないですよね。
ダンボールの裏側

窓際は湿るもの。紙素材の防寒グッズは不向きかも

また、冬の窓辺というと寒さだけでなく、結露がつきもの。
室内と屋外の温度差で、窓が水滴でびっしょり……なんてこともよくありますよね。
そうなると、ダンボールだと水気や湿気に弱いため、窓際に置くには不向きと言えるかもしれません。
その点、「あったかキープパネル」など、窓際用のボードは発泡ポリエチレン製なので、結露がついても問題ナシ!
(※結露対策については【完全版】窓の結露取りに便利なワイパーや結露吸収テープの効果を徹底比較・検証へ)

断熱シートを選ぶときは、効果+@の部分をチェック♪

これまで、床用の保温シートや窓用断熱シートなど、いろんな断熱シートや防寒グッズを調べてきましたが、わかったのはコレ。

寒さ対策だけなら似ているもので代用できるけど、専用のアイテムには、+@の嬉しいアイディアが詰まっている!
ということ。

専用のグッズには、その時、その場所で使うためだけの目からウロコな工夫がされているんですね。
一時的に代用品としてプチプチや段ボールなどを使うこともできますが、より快適に問題解決したい場合はぜひ、断熱シートや防寒グッズも使ってみてくださいね。
きっと、そのちょっとした違いが悩みを解消してくれますよ♪

 
春の結露は台所用中性洗剤で解決!結露防止スプレーの作り方&対策方法 結露対策グッズ集合【完全版】窓の結露取りに便利なワイパーや結露吸収テープの効果を徹底比較・検証

 

ご紹介したアイテム

  • 省エネ窓ガラス断熱シートクリア(株式会社ニトムズ)
  • あったかキープパネル(株式会社ワイズ)※廃盤
床保温シート3【完全版】床用断熱シート比較!底冷えする床に1番効果的な保温シートは? 窓や床からの冷気を遮る断熱シートの選び方とおすすめアイテム