howsie magazine

towerの台車にかごをのせる

tower(タワー)のおしゃれな平台車は使い道いろいろ!知って得する活用アイデア集

収納

スタイリッシュなデザイン性と使いやすさを兼ね備えたアイテムがそろう、山崎実業の人気シリーズtower(タワー)。
そのタワーの台車が、驚くほど使える神アイテムなんです。
そこで今回は、towerの台車をフル活用するアイデアを部屋別にご紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

大学で建築・インテリアについて学んだのち、大手家具販売店に就職。現在はインテリア・ライフスタイル専門のママライターとして活動中。念願のマイホームを手に入れ、北欧インテリア×グリーンのある暮らしを楽しんでいます。

tower(タワー)の台車が神アイテムであるワケ

towerといえば、モノトーンのおしゃれなデザインと、かゆいところに手が届く便利な機能を兼ね備えたアイテムがそろっていて大人気。

今回ご紹介する台車もtowerらしい魅力がいっぱいです。このアイテムが神アイテムと思うワケをまずご説明します。

【神アイテムなワケ1】シンプルでインテリアにあわせやすいデザイン

towerならではのインテリア性で、見せる収納に最適。

従来の平台車というと、業務で使うような見た目がちょっと……というものが多かったですが、towerの台車ならお部屋にどんどん取り入れたくなりますよ。

キャスターが見えにくくなっているのも、生活感をカットしてくれるポイント!

【神アイテムなワケ2】表面がフラットで手入れがラク

平台車といえば溝や穴があるイメージですよね。
towerの台車は表面がフラットなので、汚れた時も拭きやすくて手入れがラク

クローゼットなどで使う時にホコリが溜まったとしても、ハンディモップでササっと手軽に掃除でき、いつでもきれいな状態で使えます。

【神アイテム3】重たいものをのせても安心

towerの台車の耐荷重はなんと100kg
重たいものをたくさんのせても安心の頑丈さです。

たくさんの大きな果実酒の瓶や、家電、ペットボトルなどをのせてもスムーズにキャスターが動くので、部屋から部屋へ運ぶ時も楽に動かせますよ。

【神アイテム4】軽量で持ち運びスムーズ

重たいものもしっかり支えられるのに、台車本体は指1本でも持てるくらいとっても軽量

片手でサッと持ち運ぶことができます。
持ち手部分は大きくて一体型なので手でつかみやすいのもポイントです。

towerの台車の活用アイデア1【キッチン編】

買い置きの食品ストックや水、キッチン家電にゴミ箱……大きいものや重たいものなど、移動が大変なものが多いキッチンでは、平台車が大活躍。
物の移動がラクになると、家事時短にもつながります。

最近は防災意識の高まりもあって、食品を多めにストックしている人も少なくないですよね。

そんな時に困るのが収納場所。
パントリーなど専用の収納スペースがない場合は、床に置いていることがあるかもしれません。

ストック食品の収納スペースが足りない時は、カゴにまとめて収納し、台車にのせるのはいかがでしょうか?
たくさん買い込んで重たくなってもtowerの台車なら楽に動かせるので、料理の時にはそのままキッチンへ持っていくこともできます。

重たい飲み物を玄関から運んでそのまま収納

ストック食品と同様に、水などの飲み物を多めに保管している場合もありますね。
特に飲み物は本数が多いと重たくなって大変。ネット通販などで注文しても、玄関から収納する部屋まで運ぶのが一苦労です。

そんな時に平台車があれば、重量があっても楽に運べます。
カゴにまとめたり、段ボールのまま重ねたりして玄関でtowerの台車にのせ、そのまま収納スペースへ。

飲み物のほか、缶詰などの重たい食品とまとめたい時にも便利です。

キッチンのゴミ箱にキャスターがついていない場合は、towerの台車にのせると使いやすい位置に運ぶことができます。

料理時にキッチンの横に持ってくれば、ゴミをその場でサッと捨てられて便利。
キッチンの作業スペースが散らかりにくくなります。

towerの台車の活用アイデア2【リビング編】

リビングは家の中でも家族で過ごす時間が長く、いつも心地よい空間にしておきたい場所。
ここでは、重たい家電や大きな観葉植物をラクに動かすなど、リビングで役立つ活用アイデアをご紹介します。

家電の移動に

扇風機やファンヒーター、空気清浄機、除湿器……など部屋の中で置き場所を変えることのある家電は意外と多いものです。
重たいものだと動かすのが億劫(おっくう)ですよね。

そんな時にtowerの台車が大活躍します。台車にのせてしまえば、ラクに部屋の中を移動できますよ。

家電をのせる場合は電源が入ったままだと危ないので、必ず電源を切ってからのせるようにしてくださいね。

観葉植物のプランター台として

観葉植物を日光に当てるために移動させる場合、いちいち持ち上げて運ぶのは手間になるもの。
特に大きな植物だと土も多くて重労働ですが、こんな時にもtowerの台車が大活躍!

100kgという安心の耐荷重なので、重たい鉢でもスムーズに動かせますよ。
また、持ち手を握れば動かしやすく、プランター専用のキャスター台よりも大きいので安定感ばっちり。

小さな鉢ならいくつかまとめて載せられるので、一気に日に当てられるのもメリットです。

カゴを使った見せる収納の置き場所に

モノトーンカラーのtowerの台車は、天然素材を使ったカゴともよく合います。
そのため、重ねたカゴの置き場所として活用するのもおすすめ。

こちらのようなラタン素材のバスケットは床に直置きすると引きずった時に傷がつく場合がありますが、台車に載せておけば傷の心配もなく掃除もサッとできます。

towerの台車の活用アイデア3【子ども部屋編】

towerの台車は、子どもにとってもすごく便利なアイテムです。
重たいおもちゃの収納ケースや本、テキストやプリント類のお片付けにも大活躍。

おもちゃ収納ケースを子どもが運びやすいように

子どものおもちゃを収納しているケースは、たくさん入っていると子どもの力では持ち運ぶことが大変な場合もありますよね。

towerの台車に載せておけば、子どもの力でも楽に移動できるので、収納スペースから遊び場までそのまま持っていけちゃいます。
ケースごと運べるとお片付けがしやすいので、子どもから進んで片付けてくれるようになるかもしれませんね。

重たいブックスタンドの置き場所に

絵本などをまとめたブックスタンドを台車にのせておけば楽に運べるようになるので、子どもが好きな場所まで持って行ってから本を読むことができます。

また、子どもの本に限らず、大人の雑誌などをまとめたブックスタンドを置いて、ソファやダイニングテーブルなどその時々で読みたい場所に移動させるのもおすすめです。

冊子や書類を整理するボックスをのせて

たまりがちな冊子や書類などは、ボックスにまとめると簡単にすっきり片付きます。
ただし、ボックス自体が重くなってしまうので、台車にのせておいて楽に動かせるようにしておくのがおすすめ。

まとめて整理する時も、台車ごと片付け場所へ動かせばいいのでラクチンです。
我が家では子どもの通信教育のテキストや冊子を1年間分保管する時にボックス収納にしています。

towerの台車にのせることで重たいボックスを複数重ねていても簡単に動かせて、整理する時もとても便利になりました。
教科書などの片付けの時にも役立ちそうです。

towerの台車の活用アイデア4【寝室編】

towerの台車は寝室にも便利です。クローゼットなど収納内で使ったり、ベッド下のデッドスペースを便利に活用したりと大活躍。
気になる湿気やホコリ、フローリングの傷などの心配も、平台車を使うことで解決できます!

シーズンオフのものをクローゼットに収納する時に

季節家電などシーズンオフのものをクローゼットの奥に収納する時にも平台車が活躍します!

特にストーブはとても重たいので移動させるのも一苦労。クローゼットに収納後も定期的に持ち上げて掃除するのが大変です。
しかし、towerの台車に載せるととっても楽に動かせます。
頑丈なキャスターでスムーズに動くので、手で持ち運ぶよりも揺れが少なく、安定してストーブを動かせますよ。

ベッド下の収納ケースを載せて出し入れスムーズに

ベッドの下にものを収納する時は引きずって出し入れすることが多いですよね。
ホコリも付くし、収納ケースの素材によっては床に傷が付く恐れも。

そこでtowerの台車に収納ケースを載せたままにしておくと、とてもスマートに出し入れできるようになり、ホコリや傷の心配も少なくなります。
また、湿気が気になるベッド下ですが、平台車に載せることで隙間が生まれるので通気性がアップしてカビ対策にも。

布団収納ケースなど大きなものを載せるなら、2台使いするのがおすすめです。

バッグや洋服の一時置きカゴにも

部屋の散らかり防止に役立つのが日常使いのバッグや洋服をポンポンと入れられる大きなカゴ。
床に置いておけば帰宅後にサッと片付けられて、雑然とした印象にもならず便利です。

しかしながら、掃除の時はいちいち持ち上げなければならない難点も。カゴの底にホコリが付きやすくなることもあります。
こんなシーンでも、towerの台車に載せておけば床置きの手軽さはキープしつつ、掃除が楽にできてホコリの付着も軽減できますよ。

towerの台車の活用アイデア5【洗面所編】

洗面所に平台車があると、掃除がとてもはかどります!
ランドリーバスケットなど、掃除のときに移動させたいものに使えるのはもちろん、水の入ったバケツや洗剤、雑巾など重たいものもラクラク移動。

買い置きした日用品の収納場所としても便利です。

ランドリーバスケット置きに

洗濯物を溜めておくランドリーバスケットにキャスターがついていないと、掃除の時に動かすのが手間になりますね。
特に洗濯物がたくさんたまっている時は重量も結構あります。

towerの台車にのせておけばどれだけたくさん重たくてもスイスイと動かせるので、掃除も楽チン。
また、我が家の洗面所の床はクッションフロアなので、ランドリーバスケットの細い脚の跡がつきやすいのですが、台車にのせているとそれも気にならなくなり一石二鳥でした!

大掃除の時のバケツや道具置きに

家中の床や窓を拭く時に、水の入ったバケツや洗剤、雑巾などをいちいち持ち運んでいくのは手間になるもの。
特にバケツは重たいし、こぼれる心配もありますね。

こんな時にもtowerの台車を使いましょう!

バケツや洗剤など必要なものをまとめて載せておけば、台車を押しながら掃除を進められます。
もし台車が汚れても、サッと拭き取れるので安心。スムーズに動くキャスターなので、持ち手を握ってゆっくり押していけば、バケツに水がたくさん入っていてもこぼれにくいですよ。

まとめ買いした日用品を積んで

お買い得な時にまとめ買いした日用品。トイレットペーパーや洗剤などはかさばるので、収納場所の確保も大変です。
こんな時にも平台車を収納場所として活用するのがおすすめ。

玄関から運ぶ時も平台車に積み重ねれば一気に動かせます。あとは収納場所まで持っていって、そのまま置いておくだけ。
コストコなどで、大容量タイプの日用品をよく購入する場合にもおすすめです。

【番外編】ベランピングやピクニックでも大活躍!?

お天気のいい日は、外での食事が気持ちいいですよね。
最近はベランダでアウトドア気分を楽しむベランピングも人気です。

towerの台車ならちょっとしたテーブルになるので、レジャーシートを敷いて台車を置くだけで簡単に食事ができるスペースが完成します!

専用の家具がなくても気軽にベランピングを楽しめますよ。
また、屋外でピクニックする時に持っていってテーブルにしても。スリムなので車に積む時も邪魔になりません。

重たいものもラクラク!towerの台車をもっと活用しよう

towerの台車を使ったアイデアを紹介しました。
デザイン性が高くて軽量、そして安心の耐荷重………と、使いやすいポイントが詰まったtowerの台車。

アイデア次第でいろいろなところに役立つので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

tower台車

tower キャスター付き台車

アイテムを見る
関連記事