意外と困るランチョンマットの収納、towerの「ランチョンマットホルダー」が解決!

食卓に欠かせないランチョンマット。

毎日使うものですが、使う度に1枚ずつ丸めて立てて収納するのは面倒ですよね。
レンジの上は避けたいし、食器棚の隙間に挟むように収納してもクタッと倒れてきてしまったり。

なかなか「ここ!」とランチョンマットの住所って決められないと思います。

今回はそんな意外と収納に困るランチョンマット専用の「ランチョンマットホルダー」をご紹介します!

ランチョンマット、どうやって収納するのが正解?

ランチョンマット
食料品、キッチン用品、家電と大きなものから小さな細々としたものまで、モノが溢(あふ)れがちなキッチン。

そんな中でも、ランチョンマットってどこに置いたらいいのか分からない、正解が見つからないと思われている方も多いのではないでしょうか?
薄くてかさ張らないものだから邪魔にならないと思いがちですが、意外とスペースを取るんですよね。

私自身もずっと悩んでいて、「もう片づけにくいランチョンマットを持つのはやめよう」と思っていました。

しかし、私が惚(ほ)れ込んでいるtowerシリーズの「ランチョンマットホルダー」がそんな悩みを一瞬で解決してくれたので、今回はランチョンマットホルダーを使った収納アイデアをご紹介していこうと思います。

towerのランチョンマットホルダーの特徴

towerのランチョンマットホルダー
こちらがtowerシリーズのランチョンマットホルダーです。
サイズは45×30×2cmと薄型ですが、通常のランチョンマットが8枚入りました

towerらしくシンプルで無駄がなく、真っ白で清潔感があるデザインですね。
いつもどこかこだわりが隠れているtower、毎回「今回はどんな仕組みが隠れているんだろう?」とワクワクします。
towerのランチョンマットホルダー
ランチョンマット収納を裏返してみると、真ん中が空いていました。
このランチョンマットホルダーはスチール製なので、見た目よりも少し重たいんです。しっかりとしたスチール製で高級感を出しながら、ムダを省いて軽量化しているのだと思います。
towerのランチョンマットホルダー
そして、マグネット・ビス留めと2つの固定方法が隠されていました。耐荷重は約1kgです。
towerのランチョンマットホルダー
貼って剥(は)がせる両面テープもついているので、しっかり留まりそうですね。

それでは実際に使ってみましょう!

ランチョンマットの収納方法|冷蔵庫にくっつけて

冷蔵庫横にランチョンマットを収納
まずは冷蔵庫にくっつけてみました。
重たいスチール製のランチョンマット収納ですが、強力なマグネットでがっちり冷蔵庫にくっついています。

冷蔵庫の色がダークグレーですが、キッチンの雰囲気を壊すことなく悪目立ちしなくていいですね。
冷蔵庫横にランチョンマットを収納
通常サイズのランチョンマットがキレイにスッと入ります。

ある程度ハリのあるPVC(ポリ塩化ビニル)のランチョンマットは楽に入れられますが、布製だと一度全部出して、整えてから入れるという感じになると思います。
冷蔵庫横にランチョンマットを収納
前面もスチール製だから、磁石がくっつきますよ!小さなカレンダーやメモ、学校へ提出する大切なプリントなどをくっつけて置けるのは嬉しいですね。

ランチョンマットの収納方法|シンク下にくっつけて

シンク下にランチョンマットを収納
シンク下にもくっつけてみました。
ここにはランチョンマットもいいけれど、
シンク下にランチョンマットを収納
ゴミ袋などを入れておいてもいいと思います!

扉を開け閉めしなくても、ここからサッとゴミ袋を取り出して排水口のゴミを捨てられたら便利ですよね。
特に夏場はマメにキレイにしておきたい場所なので、「すぐに取れる」・「すぐに捨てられる」っていいと思います。

ランチョンマットの収納方法|ダイニングにくっつけて

ダイニングの壁にランチョンマットを収納
最後に、ダイニングの壁にビスで留めてみました。

家族みんなが集まるダイニングは、キッチンと同じく学校やお稽古などの情報を共有するのにピッタリの場所です。
そのため、ランチョンマットを入れる以外にも活躍!

配布プリントをまとめて入れて置いたり、マグネットでメッセージを貼っておいたり、とても便利に使えます。

見た目がシンプルなので生活感が出ることはなく、貼るものでインテリアを楽しむこともできます。
リースやポストカードなどを飾ってもいいですよね!

立てても寝かせても重ねても使える!

引き出しの中にランチョンマットを収納
今回使用しているランチョンマットホルダーは、基本的に壁や家具などにくっつけるイメージですが、寝かせて使うこともできるんです。

例えば、こうしてキッチンの食器棚の中に寝かせて置くと、その上にものを置くこともできます。
※上にものを乗せるときの耐荷重は5kgです。

引き出しの中にランチョンマットを収納
寝かせて使うと、こうしてスッとランチョンマットを取り出せます。

今までは木製トレイの上にランチョンマットを置いていたので、トレイを使う度に一度ランチョンマットを出す必要がありました。
こうしておくと、使いたいものだけをすぐに取り出せていいですね。

ありそうでなかった!本当に便利なランチョンマット収納

ランチョンマットって、食卓の雰囲気をガラッと変えてくれて、何種類か持っているという方も多いですよね。
テーブルを汚れや傷からも守ってくれる、便利で素敵なアイテムです。

「絶対にこれがいい!」という収納方法がずっと見つからずモヤモヤとしていましたが、towerのランチョンマットホルダーなら、冷蔵庫に、シンク周りに、ダイニングに、隙間に……どこでも大活躍してくれそうです!

期待を裏切らない、tower。
やっぱり素晴らしい収納用品でした!

ランチョンマットの収納にお困りの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


▼今回使用したtowerの「ランチョンマットホルダー」

ランチョンマットの選び方テーブルを明るくおしゃれにするランチョンマットの選び方とお手入れ方法 米びつの置き場所はどこが正解?モノが多いキッチンをスッキリ見せる「towerの米びつ」 引き出しのサイズにぴったりフィット!シンク下の「スッキリ」を叶えるカトラリートレー