除菌スプレーやマスクの置き場所、どうしてる?―ウイルス対策グッズの収納術―

収納場所に悩むマスクと消毒スプレー

季節問わずウイルス対策が必要になってきた昨今。
ご家庭でのアルコール消毒液などの「除菌スプレー」や「マスク」の常備が、当たり前になってきましたね。

皆さんは、これらのウイルス対策グッズを、家のどこに置いていますか?
使いやすく管理できているでしょうか?

収納場所が決まらず、適当にマスクをぶら下げたり放置しているご家庭も多いかもしれないですね。

今回は、アルコール消毒液などの「除菌スプレー」や「マスク」などを使いやすくスッキリ収納するためのアイデアをご紹介します。

アルコール除菌スプレーを常備しておくアイデア

以前は、お掃除やキッチンの除菌などをメインの目的として使われてきた「除菌スプレー」ですが、感染症やウイルス対策などに使えることが広まり、家庭でも常備されることが増えてきました。
一般家庭用の除菌スプレーの成分には、いくつかの種類があります。
主なものとしては・・・

  • アルコール(エタノール)
  • 次亜塩素酸水
  • ベンザルコニウム
  • その他、天然成分の除菌抗菌剤など
などです。

この中でも、特に身近な「アルコール(エタノール)」は、一般的な細菌類のほか、カビ、インフルエンザウイルスにも有効な成分。

消毒用に使われるアルコール(エタノール)の殺菌作用は、濃度70w/w%(重量パーセント)程度で、もっとも高い効果を発揮するとされています。

我が家でも、高純度アルコール分が77%配合されている「パストリーゼ」を愛用しています。

パストリーゼを一斗缶で購入

SNSでもすっかり有名になった「パストリーゼ」。
お酒を造る酒造会社1ドーバー洋酒貿易株式会社が作っている日本製のアルコール除菌スプレーです。

77%という高純度・高濃度のアルコール分で、細菌類やウイルスなどに即効性があるほか、高純度のカテキンも配合されているので、除菌効果も長持ちするのが魅力。
食品にかけてもOKなので、いろんなシーンで安心して使うことができます。

家じゅうのあちこちで沢山使うし、親や友人ともシェアしたいので、公式サイトで一斗缶を購入しました。
たっぷり入っていてオトクなのです。
パストリーゼの公式ストアで取り扱われている一斗缶
※公式サイトでは現在一斗缶のみが発売されています。(2020年9月現在)

アルコール消毒液を使いやすく移す

我が家では、一斗缶のままでは使いづらいし場所を取るので、一旦5リットルの容器に移してから、スプレー容器に補充しています。
パストリーゼの一斗缶と5L容器
5リットル容器は以前購入したパストリーゼのものです。
市販の容器に移す場合は「アルコール対応」しているか、必ず確認してくださいね。

MEMO
容器によってはアルコールが揮発して濃度が低下したり、プラスチック製の容器の中にはアルコールに容器の成分が溶けだしてしまうというケースもあります。
アルコール消毒剤を入れる容器は、容器メーカーの注意事項を確認し、必ずアルコール対応の容器を使用しましょう。

一斗缶からの詰め替えと保管方法

パストリーゼの一斗缶容器は1Fの物置に収納しています。しっかりフタをして直射日光に当たらない場所に置けば、缶のまま保管しても問題ないそうです。

5L容器への詰め替えには、石油を移す時に使うようなポンプを使っています。

パストリーゼの一斗缶から詰め替える時に便利なアイテムの紹介

アズワン(As One)
¥1,498 (2020/10/24 11:28:06時点 Amazon調べ-詳細)
一斗缶の位置を高くすると、サイフォンの原理でどんどん流れ込んでいきます。ゆっくり入れるなら横に並べて手動でします。

フローリングに直置きは床を傷める恐れがあるので、保管の際は新聞紙や段ボールを敷く必要があります。

アルコール消毒液の詰め替え容器の選び方

アルコール消毒液の詰め替え用のスプレー容器としては、以前パストリーゼを購入した時の500mlスプレー容器と、100円ショップで購入したものを使っています。

パストリーゼのスプレー容器は、青と白の清潔感あるデザインで人気があります。
パストリーゼの詰め替え容器

¥1,814 (2020/10/24 12:06:20時点 楽天市場調べ-詳細)

100均でも買える「アルコール対応」スプレーの容器

パストリーゼ以外の詰め替え用のスプレー容器は、100円ショップセリアで購入しました。
部屋になじみやすくシンプルなアイボリー色です。
100均でアルコール対応のスプレー容器を買ってパストリーゼを詰め替える
出しっぱなしにしても、悪目立ちしない色の容器がオススメです。
手間にある携帯用スプレーも、セリアで購入しました。
どちらも「アルコール対応」のものです。

携帯用アルコールスプレー

持ち歩き用には小さいサイズのスプレー容器を使っています。
携帯用の小さなスプレー容器で除菌液を持ち歩く
お店の出口や駐車場近くはアルコールが置いていないことがあるので、持っていると安心。

食事やスポーツの前後にも使っています。結構使う機会が多いので持っていると重宝します。

除菌スプレーの置き場所と使い方のアイデア

基本的にはよく使う場所に置くことになると思いますが、「アルコール(エタノール)」を扱うときは、主に下記のことに気をつけてください。

  • 火気の近くで使用しないこと
  • 詰替えを行う場所では換気をすること
  • 直射日光が当たる場所に保管しないこと
  • ワックスがけした床にこぼさないこと
家の中に置いているアルコールスプレーは、全部で3本あります。
他に、携帯用に小さいサイズを2本(私と夫の)作りました。

使いたいときにすぐ手に取れるように、複数用意しています。

スプレーの置き場所1:キッチン

ダイニングテーブルやキッチンでよく使うので、どちらからでも取りやすいカウンターに1本置いています。
パストリーゼは食卓やキッチンにも便利
テーブルやキッチン全般に毎日使うので、ここが一番使用頻度が高いです。
電子レンジや冷蔵庫を拭くときにスプレーすることが習慣になっていて、拭き掃除しながら除菌できるのはとても安心感があります。

前居では、冷蔵庫の横にダイソーのマグネットフックをつけてひっかけていました。
強力なのでずれたり落ちることはありません。
スプレーフック代わりに使えるマグネットつきクリップ
引っかけるだけなので動作が簡単、床のスペースも取らずオススメの収納方法です。

スプレーの置き場所2:玄関

宅配便や買い物などで外から家に入れたものに吹きかけたり、手を除菌したい時に使っています。
マスクと除菌スプレーは玄関に収納
他にも玄関周りの拭き掃除などにも使えるので、玄関に置いておくと何かと便利ですよ。

アルコール除菌スプレーには、靴の中に繁殖する雑菌にも効果があるので、靴のニオイ対策にも使えます。
ただし革製品の場合は色落ちや変色の原因になるので、スプレーする際には気をつけてくださいね。
玄関に除菌スプレーを常備する

スプレーの置き場所3:ワンコグッズ周り

犬のトイレや周りの床2ワックスされた床にアルコールスプレーを使うと、ワックスが溶けて白化するので気をつけてくださいを拭く時にも、消毒スプレーを使用しています。
パストリーゼは数秒で蒸発するのでペットに刺激を与える心配はありません。

犬の臭い対策専用のスプレーを以前は使っていましたが、割高なのとストックの管理が面倒でした。

アルコールで代用すれば、管理や補充もラクです。
パストリーゼの公式サイトでも、ペット周りの防臭などに使用を推奨しています。
ペット用品の除菌もパストリーゼを使用
こんな感じで、リビングの隅にペット用品と一緒にスプレーも置いています。

マスクの収納場所とアイテム

除菌スプレーだけでなく、ウイルスなどの感染予防や花粉症対策に欠かせないマスクは、今や生活必需品の一つとも呼べるアイテムですよね。
家族分を常にストックしておくとなると、それなりに収納場所にも気を使います。

口や鼻に直接触れるものだから、清潔に保管することも大切。
お出かけ時や必要な時に、いつでもサッと取り出せる工夫もしておきたいですね。

マスクの置き場所

家族は基本的に布マスクを使っています。夫だけ、仕事内容に合わせて時々不織布のマスクをします。

家族全員が毎日使うので、手に取りやすい場所に置いています。

布マスクはカウンター下

我が家は2階にLDKがあり、リビングに行くためにキッチンの横を通るような構造です。
なので、家の中でも家族が一番集まり、上下階の通り道にあたる場所として、家族分の布マスクをキッチンカウンターの下に置いています。

マスクは頻繁に使うものなので、オープン収納にして取りやすくしています。
リビングなど家族の集まる場所にマスクを収納する
カウンター下なので、フタのない入れ物でも安心ですね。

さらにここは、洗濯をして取り込んだ後も戻しやすい場所。
毎日することは極力スムーズな動線にしたいです。

100円ショップダイソーの「積み重ねボックス」に「ドアポケット用仕切り」をつけて家族それぞれのマスクを分けています。
マスクの枚数は増減するので、可動する仕切りをつけると収納しやすいですよ。

家族分のマスクを収納するための100均グッズ
▲写真の左から「夫・私・息子」

不織布のマスクは玄関

不織布のマスクは、無印良品の「ウェットシートケース」に入れて玄関に置いています。
出がけに「マスク忘れた!」という時も、靴を脱いで取りに行く必要がありません。
一枚ずつマスクを取り出せて、使わないときは蓋もできる収納容器
このケースはシンプルなデザインなので、部屋のどこに置いてもなじみやすいです。
取り出し口が広くて一枚ずつ抜き取れるデザイン。フタがあるのでホコリが入らず、衛生的です。

フタごと外せるので補充も簡単。マスクがピッタリ入ります!
参考 ポリプロピレンウェットシートケース無印良品

使用後の布マスクの一時保管

外から帰ったら洗面所で手を洗い、ここにマスクをポイ。
洗濯をするまでの間、ここに入れておきます。
towerのジェルボールストッカーは使用済みマスクを入れるのにも便利
この容器は、マグネットのジェルボールタイプ洗剤を入れる容器ですが、他の用途にもいろいろと便利に使えます。
フタが閉まるので、使用済みマスクを入れるのにも最適。

洗濯をする時は、まとめてネットに入れればよいのでスムーズです。

¥2,200 (2020/10/24 13:15:12時点 楽天市場調べ-詳細)

外出先でのマスク一時収納アイデア

みなさんは、食事やスポーツをする際などに外したマスクはどうしていますか?
テーブルなどにそのまま置くのはマナー違反ですね。

ポケットやバッグにむき出しで入れるのもスマートではないし、衛生面が気になります。

私は小さめのジッパーバッグに入れています。ただのジップロックなのでちょっと味気ないですが(笑)使いやすいです。

マスクは保存袋に入れて持ち歩く
マスクをカバンに入れて持ち歩くときはチャック付き保存袋を使用する
100円ショップにもマスクケースが販売されています。これはキャンドゥで購入しました。
セリアのマスクケースはとても使いやすい
外側のポケットに入れるだけなので手間がないし、中にはマスクのストックやティッシュを入れることもできます。
不織布のマスクを持ち歩くのに便利なマスクケース
布マスクは立体的だったり厚みがあって入れにくいのですが、不織布ならスマートに入ります。

使っているマスクによって入れやすい袋を選んでくださいね。入れる場所を決めておけば取り出す時もスムーズです。

洗面所の手拭きタオルは家族で使い分ける

感染症やウイルス対策として、誰でもかんたんにできるのが、「手洗い」と「うがい」。風邪やインフルエンザの感染対策としても重要ですよね。

我が家でも、帰宅したら洗面所に直行して、ハンドソープで手を洗う習慣がつきました。
感染を予防するには、なるべくタオルも共用せず、使用後はこまめに洗濯したほうがいいですよね。

我が家では、小さいハンドタオルを沢山用意して、使ったら都度洗濯カゴに入れています。
自宅で手洗い後に使うタオルの収納
使い回さないので清潔だし、乾いたタオルでふけるのは気持ちが良い!
干す手間が無いドラム式洗濯乾燥機をお使いなら、取り入れやすい方法だと思います。

おわりに

アルコール消毒液とマスクは、防災アイテムとしてもあると安心なので、多めに在庫を持つようにしましょう。
高濃度アルコールは、インフルエンザやノロウイルスの感染予防にも効果的と言われています3最近の研究では、高濃度エタノール(消毒用エタノール)でもノロウイルスにある程度の消毒効果があることが示されています。ただし、ノロウイルスは消毒薬抵抗性を示すウイルスであるため、二度拭きが望ましいとされています。

これからも使い続けるものなので、使いやすくスッキリと収納したいですね。参考になれば嬉しいです。


[ 参考資料 ]
厚生労働省事務連絡「新型コロナウイルス感染症の発生に伴う薬局等での高濃度エタノール製品の取扱いについて(改定)」(2020年4月22日付)

キッチンスポンジの除菌対策は大丈夫?食中毒を防ぐ基本のお手入れ方法 秋の食中毒対策は大丈夫?調理台の正しい掃除と殺菌方法