【後悔しない優秀な包丁の選び方】三徳包丁おすすめ15選―コスパ・切れ味・サイズ感

三徳包丁の選び方

料理をする際に欠かせない包丁ですが、その種類には「牛刀包丁」「ペティナイフ」「出刃包丁」など様々なものがあります。
そんな包丁の中で一番、家庭で使用されているのが、三徳包丁。

というのも、三徳包丁は別名「万能包丁」と言われるほど、使い勝手の良い包丁なのです。

あらゆる食材に対応できて出番が多いため、できれば切れ味や持ちやすさ、お手入れのしやすさ等にこだわった1本を選びたいものですよね。

今回は、そんな三徳包丁の素材の種類別の特徴や選び方のポイントの解説と、使い勝手・コスパ・切れ味・サイズ感などの条件から編集部が厳選した、三徳包丁のおすすめ15選などをご紹介していきます。

三徳包丁の特徴や読み方とは?

三徳包丁の特徴


三徳包丁の読み方は「さんとくぼうちょう」です。
海外でも使われており、「santoku knife」「santoku」の名で呼ばれています。
 
「三徳」は「3つの用途」を意味しており、「肉、魚、野菜」等の幅広い材料に対して、さまざまな切り方が可能です。
また、三徳包丁は別名、文化包丁とも言われます。
 
文化包丁と言われる理由は大正時代に、モノの名前になんでも「文化」と付けるのが流行っていたからです。つまり、「文化」に特別な意味はないということですね。

三徳包丁の歴史について。牛刀と菜切り包丁の良いとこどり!

日本では、洋食文化が入ってくるまでは、重たい出刃包丁や、刃が直線になっている菜切包丁が主流でした。

明治維新以降、肉料理が食べられるようになり、海外から牛刀が入ってきました。
そして高度成長期になり、一般家庭にも西洋料理が入ってきたため、日本で使われてきた菜切包丁と牛刀の特徴を併せ持つ、三徳包丁が生まれました。

つまり、三徳包丁は日本料理も西洋料理にも対応した万能包丁と言うことですね。
菜切包丁と牛刀包丁と三徳包丁の違い


菜切包丁や牛刀包丁などとの詳しい違いについては、下記の記事を参考にしてみてくださいね♪
包丁比較【1】三徳包丁の万能な理由とは?牛刀包丁と菜切り包丁との違いを比較

三徳包丁の用途

先述したとおり、三徳包丁は幅広い用途できる万能な包丁です。
使い勝手が良いこともあり、一般家庭でも、最も使われている包丁で、料理初心者にも扱いやすいです。

調理師による使い方のアドバイスはこちら
包丁選びに迷ったら!調理師が教えるおすすめと使い方の基本

三徳包丁の選び方

万能な三徳包丁にも、人それぞれ選び方があります。単純に値段だけ見ても、上を見ればキリがないくらい幅広い世界です。
三徳包丁に、あまりお金をかけたくない人は100円ショップでも気軽に購入することができます。
しかし、100均の包丁は買ってすぐは切れ味に問題がなくても、長期的にその切れ味がもたないという耐久性の面で大きなデメリットがあります。

切れ味が悪くなるたび何度も買い替えるよりは、それなりに良いお値段の包丁を選んで使った方が結果的に、節約になる場合が多いです。

三徳包丁の材質の種類とそれぞれのメリット・デメリット

三徳包丁の代表的な材質の種類としては「鋼」「ステンレス」「セラミック」「チタン」などがあります。
これらは、それぞれにメリット・デメリットがあります。

中でもスタンダードな材質といえば、鋼とステンレス。特に一般家庭ではステンレスが多く使われています。
まずはこの2つからみていきましょう。

鋼の包丁とステンレス包丁

鋼の包丁は、切れ味がいいのですが、使っているうちに切れ味は落ちていきます。
また、錆びやすいという特徴もあり、定期的に砥ぐ必要があります。

一方、ステンレスは、合金で錆びにくい性質です。
また、刃が硬すぎず、軟らかすぎない硬度なので、刃先が欠けづらいです。
さらに切れ味も長持ちなので、頻繁に砥がなくて済むので家庭にもオススメです。

包丁音材質別、お手入れ難易度早見表
▲詳しくは「ステンレス包丁と鋼の包丁、どっちを買うのが正解?」を参照

 

セラミック包丁とチタンの包丁

ステンレスや鋼の包丁は素材上、「金属の臭い」が食材に移ってしまうことがあります。
このデメリットが気になるかたには「セラミック」や「チタン」などがおすすめ。


セラミックの包丁
セラミックの包丁のメリットデメリット
セラミックは、陶器の一種でステンレスと同じで錆びることもなく、切れ味の持ちがよいため、こまめに研ぐ必要もありません。
ただし衝撃には弱く、刃先が欠けやすいというデメリットがあるので、使い方によっては定期的に買い替える必要があるでしょう。

チタンの包丁
チタンの包丁のメリットデメリット
チタンは金属の一種なのですが、金属特有の「臭い移り」の心配がありません。しかも錆びることもないというセラミック包丁と同じ特徴をもっています。セラミックよりも軽くて刃こぼれしにくいため、セラミックの上位互換的存在とも言われています。ただ、一般的にチタン包丁は、ステンレスや鋼の包丁に比べると切れ味が劣るとも言われています。

ここまで4種類の素材の特徴を見てきましたが、本当に切れ味に差があるのか、どのくらいの切れ味なのか、気になりますよね。

チタンとステンレスの包丁について、もっと詳しく知りたい!そんな方は↓の記事を参考にしてくださいね♪
切れ味の比較実験あり
包丁比較【2】ステンレスとセラミックとチタンの切れ味は?材質別に違いをチェック

三徳包丁のおすすめのサイズ

使いやすい包丁の条件として、サイズも重要です。
三徳包丁の場合、刃渡り15~18㎝のモノを目安とすると良いでしょう。

また、人によって手の大きさは違うので、自分の手のサイズにしっくり包丁を選ぶのが良いです。
力の弱い女性だと15㎝のモノが良いという場合もあります(ただしチタン包丁など軽い素材のものであればこれより大きめでも大丈夫です)。

どうしても自分にあった包丁がわからない場合は、長めの17㎝のサイズを選ぶのがオススメ。
日本の家庭のキッチンスペースに適している三徳包丁のサイズが17㎝で、市販でも17㎝の商品が多いです。

それ以外の目安としては、作業スペースの大きさが参考になります。例えばキッチンが広くまな板が大きいという人は、19~21㎝でも大丈夫です。

ハウジー編集部の三徳包丁おすすめ15選

三徳包丁おすすめ15選


こちらでは、ハウジー編集部が厳選したおすすめの三徳包丁をご紹介していきます。
包丁は、切れ味だけでなく耐久性や持ちやすさ、お手入れの難易度など、色々な条件のバランスが取れているものを見つけるのがとても難しい調理器具です。
 
先ほどご紹介した素材やサイズなどの選び方のポイント以外に、デザインや素材の加工方法、柄の部分の素材など、それぞれ様々な違いや機能・特徴があります
 

おすすめランキングの選定方針

三徳包丁は、基本的にはお値段が高いものほど切れ味が優れている傾向にはありますが、予算や普段のお手入れなど総合的に考えると、どんなご家庭にも高級包丁をおすすめできるというわけでもありません。
 
数ある三徳包丁の中から、特に普段の使い勝手、切れ味、コスパなどのバランスなどに優れたおすすめ包丁を、ランキング形式でご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
※サイズに関しては、15~18㎝の刃渡りの三徳包丁に限定してます

【1位】オールステンで手入れが簡単な三徳包丁

おすすめNo.1のモリブデン鋼を使ったオールステンで手入れも簡単な三徳包丁
verdun ヴェルダン オールステン 16.5cm
とりあえず、迷ったらこれ!コスパ・切れ味・お手入れなどすべてにおいてバランスの取れた三徳包丁です。職人の手による水研ぎ刃付けで切れ味の持続性に優れています。
刀身には切れ味をいかすモリブデン鋼を使用しています。継ぎ目のない一体成形なので、汚れが継ぎ目に溜まる心配もなく清潔に使えるうえにとても洗いやすいです。また、食器洗浄機でも洗えるのもおすすめのポイントです。
¥2,400 (2020/07/08 09:11:17時点 楽天市場調べ-詳細)

【2位】白い柄が魅力のスタンダードな三徳包丁

白い柄が魅力のスタンダードな使い勝手の良い三徳包丁マカロン
MACARON 三徳包丁 17cm
清潔感あふれるホワイト色のハンドル、やさしい雰囲気が自慢。刃はモリブデン含有ステンレス鋼で、手ごろな価格のわりに満足のいく切れ味の三徳包丁です。樹脂ハンドルため、水に強く汚れにくいため衛生的。
佐竹産業
¥2,279 (2020/07/09 00:33:55時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】薄刃でスライスしやすいセラミックの三徳包丁

比較実験でも使った薄刃でスライスしやすいセラミックの三徳包丁
セラミック包丁 三徳包丁 刃渡り16cm
セラミック製の包丁で非常に軽く、ご年配の方、女性の方でも扱いやすい三徳包丁。安心の日本製のセラミック包丁なので、金属アレルギーの心配もなく、小さなお子様がいるご家庭でも安心です。
包丁の比較記事でも実験で使用しました♪
¥3,070 (2020/07/08 18:40:43時点 楽天市場調べ-詳細)

【4位】チタンコーティングで錆びにも強く、強度もしっかり

チタンコーティングによってサビに強く耐摩耗性に優れた包丁
チタンコーティング 17cm 濃州正宗
ステンレス鋼に、サビに強く耐摩耗性のあるチタンをコーティングすることで、鋭い切れ味が長続きする包丁に仕上がっています。握りやすく力を入れやすい柄で、食材を軽く切ることができます。金属特有のニオイ移りの心配がないのも嬉しいポイント。

【5位】ダイア含有で強度がすごい三徳包丁

ダイア含有で強度がすごい三徳包丁
三徳包丁 ダイアチタン包丁 16cm
地球上最も硬い物質ダイアモンドの含有することで、包丁に最も重要な永切れ性能の向上を実現!手入れをしなくても錆びることがなく金属アレルギーの心配もない、安心のチタン製です。少しお値段は張りますが、長く使えるため長期的にみるとコスパ的にも問題ないと言えます。

【6位】軽量で扱いやすい三徳包丁

軽量で扱いやすい三徳包丁
VICTORINOX ビクトリノックス
軽いウエイトとプロも認める優れた切れ味で使いやすい、とってもスタンダードな三徳包丁です。シンプルで飽きのこないデザイン。食器洗い乾燥機でも使用可なので、お手入れも簡単です。

【7位】穴あき・リブ付きで食材がくっつきにくい三徳包丁

穴あき・リブ付きで食材がくっつきにくいオールステンの三徳包丁
シェルビー 穴あき包丁
穴あき・リブ(包丁の穴の上下などにある出っ張り部分)付きで、切った食材が包丁の刃に貼りつきにくいです。オールステンで継ぎ目がないため、長期間、衛生的に保てるのも大きな特徴です。食洗機にも対応。刃部にモリブデンバナジウム鋼を使用しており、切れ味も優秀です。

【8位】オールステン、モリブデン鋼で耐久性のある三徳包丁

握りやすいシンプルな形状のオールステンレス製の三徳包丁
PISCES
こちらも衛生的かつ防水性・耐久性に優れたオールステンレス製の三徳包丁です。握りやすいシンプルな柄の部分と、清潔感のあるシルバーのデザインや切れ味なども評価されています。

【9位】一度使うと手放せない高品質な三徳包丁

高品質で切れ味抜群の包丁日本の生んだブランドMAC
MAC(マック)オリジナル包丁
アメリカでの爆発的なヒットを経て、今や世界のシェフたちの間でもよく知られるようになった、日本生まれの人気包丁ブランドMAC。ステンレスより切れ味の良い特殊鋼使用で「トマトなどの扱いにくい食材もスッと切れる」と編集部スタッフも愛用中です。
マック (MAC)
¥4,380 (2020/07/09 06:27:37時点 Amazon調べ-詳細)

【10位】初心者にもおすすめ!先が丸くて安全な三徳包丁

先が丸くて安心なお子さんの料理デビューにもおすすめの包丁
アクリルハンドル AQウェア 先丸包丁
お料理デビューする人におすすめしたいイチオシの三徳包丁。ハンドルに透明なアクリル樹脂を使用した、おしゃれでキレイなデザインのリブ付き穴あき三徳包丁。刃部より柄部のほうが高いため、力がかかりやすく、女性でも楽に押し切りが可能です。
佐竹産業 包丁 穴あき 三徳包丁 リブ付き アクリルハンドル AQウェア

【11位】69層の鉄を打ち込んだ強度抜群の三徳包丁

69層の鉄を打ち込んだ強度は抜群おすすめ三徳包丁
鍛接ダマスカス鋼 69層 濃州正宗
刃物のまち岐阜県関市から生み出された高級包丁。一丁ずつ職人が丹念に手作りしているので、同じ模様が他にありません。優れた耐久性・錆びにくさ、鋭い切れ味の全てを叶えた見た目にも美しい包丁です。

【12位】ベーシックなダマスカスの三徳包丁

ベーシックなダマスカス包丁
毘雄 ダマスカス67層
67層のダマスカス包丁独特の美しい模様が魅力的。抜群の切れ味と耐久性に優れています。積層強化木を使用したハンドルは手に馴染みしっかりと握ることが出来ますし、お手入れなどもしやすい形状のデザインです。

【13位】銀チタン(SIAA規格)で抗菌作用あり

比較実験でも使用したチタンの三徳包丁
銀チタン ディンプル
チタンなのでとっても軽く扱いやすい三徳包丁です。長時間料理したり、握力が弱い人におすすめ。切れ味は他の上位の包丁に比べると少し劣ります。刃全体が銀抗菌作用で、刃についた食中毒や大腸菌・雑菌を抗菌浄化O-111・O-157も抗菌してくれるのも魅力。ディンプル加工で食材離れもよいです。
包丁の比較記事でも実験で使用しました♪
¥3,800 (2020/07/08 12:00:58時点 楽天市場調べ-詳細)

【14位】梨地で食材がくっつきにくい

関の佐竹産業 濃州正宗作 伝統の梨地模様
梨地仕上 濃州正宗
鋼材を叩き込んだ刀身は、強靭でかつ切れ味の良さが非常に優れています。見た目にも美しい梨地(表面のざらざら)が特徴の三徳包丁。この模様には食材がくっつきにくいという効果もあります。天然木を使用した柄が手に優しくなじみます。
¥2,400 (2020/07/08 10:53:38時点 楽天市場調べ-詳細)

【15位】鋸(のこぎり)刃になってて切りやすい

鋸刃になっている三徳包丁
永切れ王 ステンレス製
刃の部分が鋸(のこぎり)のようにギザギザになっており、サンドイッチの重ね切りや硬い魚の中骨切りなど幅広く使えます。少し変わり種ですがパンナイフも兼ねられるのは大きな特徴。モリブデン・バナジウム鋼を使用している為、サビにくく切れ味も良いです。

三徳包丁が毎日の料理を楽しくします♪

お気に入りの良い三徳包丁が見つかれば、毎日の料理がうんとラクに、そして楽しくなります。

特にこだわりたいのは、切れ味と耐久性のバランス。このバランスに優れた包丁を選べば、新品のときの切れ味がずっと長続きします。また、洗う時の手間など日々のお手入れについてが気になる方は、柄と刃が一体型になってるオールステンレスの包丁を選ぶと後悔しませんよ。

今回の編集部の15選では、コスパ・切れ味・サイズ感など総合的に見て幅広い方にお勧めできそうなものを選んでみました
誰もが知るブランド包丁をすべて網羅しているというわけではないので、ちょっと物足りないかもと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、包丁選びに悩んでいる方の参考になると嬉しいです。
 

包丁比較【3】三徳包丁と出刃包丁を比較!両刃と片刃の違いと使い分けは? パン切り包丁とパンパン切り包丁を使った時のナイフの切れ味と断面を比較してみました