実は簡単!エコバッグの洗い方-洗えないタイプのお手入れ方法も-

色々なタイプのエコバッグの洗い方

レジ袋の有料化がすすみ、ふだんのお出かけに欠かせなくなったエコバッグ。
レジかご用の大きな物や、保冷タイプ、背負えるリュックタイプ、いつものカバンに忍び込ませておくミニサイズなど、いろんなタイプのエコバッグが店頭にならんでいます。

エコバッグを購入するときに、重視するポイントとして収納力使いやすさ耐久性コンパクトに畳めるかなどが挙げられます。
でも、実はもう一つ追加しておいた方がよいポイントが、お手入れのしやすさ

購入してから、汚れてしまって「いざ洗おう」としたとき、丸洗いできないタイプだと困ってしまいます。
とはいえ、保冷機能つきのエコバッグのように、どうしても必要だけど、丸洗いできないものも……。

ふだん頻繁に使うものだからこそ、エコバッグは常に清潔にしておきたいですよね。
今回はエコバッグの基本的な洗い方と、保冷機能つきに多い「洗えないタイプのエコバッグ」のお手入れ方法についてご紹介します。

エコバッグのお手入れが必要な理由って?

エコバッグの中
食料品を購入して、食品を片づけたあと、エコバッグの中をのぞくと意外と汚れています。
牛乳パックなどにつく温度差による結露、野菜くずや肉や魚のトレーから出てきたドリップ、うっかり卵を割ってしまった時には卵液など……。

特に内部の汚れは、放っておくと雑菌が繁殖してしまい、ニオイや食中毒の原因にもなってしまう可能性があります。

実は目に見えない汚れも付着してるかも

また食料品だけでなく、持ち手部分の汚れや、床や地面に置いた時の外側の砂汚れなど、エコバッグはとにかく汚れやすいのです。
とくに今の季節は、花粉やPM2.5、ウイルスなどの付着も気になりますよね。
なので、雑菌の繁殖を防いだり、外側の汚れを落とすためにも、お手入れは必要です。

エコバッグ自体は、「レジかごタイプ」や「リュックタイプ」、「手提げタイプ」など生地や形が様々。
使うシーンや目的を考えて、「水洗い不可」なのか「洗濯可能」なのか等、お手入れ方法までしっかり確認してから購入しましょう。

エコバッグのお手入れの頻度

生鮮食品などの食料品を入れるエコバッグは、買い物のたび毎回きれいにするのが理想。
結露で濡れたり、食品くずや泥がおちたり、肉、魚のドリップが垂れてニオイや汚れがたまりやすいからです。

サッカー台1スーパーマーケットなどにある、購入した商品を袋詰めするための作業台のことの汚れがついている可能性も。
なので、毎回お手入れできるのが理想的です。

丸洗いできるタイプなら、ふだんは簡単に拭き洗いをして、2週間に一度はしっかり丸洗いするなど、定期的に洗濯すれば清潔な状態を保てます。

保冷タイプのエコバッグは食料品の持ち運びに使うことがほとんどなので、水滴やニオイ、汚れがたまりやすいので、使うたびにお手入れが必要です。
食料品の買い出し以外の用途で使ったエコバッグは、黒ずみが目立ってくる前に、最低でも2週間に一度はお手入れすると、きれいをキープすることができます。

「洗える」素材のエコバッグのお手入れ方法

洗える素材のエコバッグ
洗えるエコバッグの素材としては、主にコットン、ナイロン、ポリエステルなどが挙げられます。
ただし、ナイロンやポリエステルでもエコバッグによっては型崩れをさけるために洗濯できない加工がされているものもあるので、洗濯可能か洗濯絵表示のタグを確かめてから洗います。
(撥水加工のしてあるものは、洗濯によって効果が弱まる可能性があります。)

色落ちしないかの確認方法
洗える素材のものも、商品によっては色落ちする可能性があります目立たない場所に少量の洗剤をつけて、トントンと軽く布でたたき、色落ちしないか確かめてから丸洗いしてください。

エコバッグの洗い方【1】手洗いする場合

基本は中性の液体洗剤で洗います。
コットン素材のエコバッグは、弱アルカリ性の洗剤でも洗えます。

また、型崩れしやすそうな物については、手洗いをオススメします

手順1
洗剤の準備
中性の液体洗剤を準備します。
デリケート衣類用洗剤も中性なので使えます。
パッケージなどに書かれた表示通りに、手洗い用の洗剤液を薄めて作ります。
エコバッグを洗うための洗剤
手順2
やさしく洗う
エコバッグを沈めて、静かに上下させて洗います。黒ずみなど気になる汚れは歯ブラシや洗濯ブラシなどで優しく洗います。
手洗いでエコバッグを洗う
エコバッグの汚れを洗濯ブラシでこする
手順3
すすぐ
きれいな水に替えてすすぎます。すすぎを2回繰り返します。
洗剤で手洗いしたエコバッグをしっかりとすすぐ
手順4
水気を拭き取る
バスタオルで包み込むように水気を拭き取ります。
ネットにいれ洗濯機で脱水1分かけると早く乾きますが、デリケートなバッグはバスタオルがオススメ。
手洗いしたエコバッグの水気を拭き取る
手順5
干す
風通しのよい日陰で吊るして干します。水のたまりやすい底部分を上にして、つり下げると乾きやすいです。
手洗いしたエコバッグを干して乾かす

エコバッグの洗い方【2】洗濯機で洗う場合

つづいては、手洗いではなく洗濯機を使用して洗う場合の手順をご紹介します。
こちらも中性洗剤を薄めて使います。

手順1
洗剤の準備
液体の中性洗剤で洗濯液を作ります。
洗濯機でエコバッグを洗うための準備
手順2
エコバッグを水に沈める
洗濯ネットにいれたエコバッグを投入して、浮かないように沈めます。
洗濯機でエコバッグを洗う
手順3
洗う
ドライコースか手洗いコースで洗濯スタート。
手順4
干す
洗濯後、風通しのよいところで陰干しします。
バケツに入れたエコバッグと洗剤清潔な状態をキープ!「洗えるエコバッグ」選びのポイントとおすすめアイテム

「洗えない」のエコバッグのお手入れ方法は?

洗えない保冷機能つきのエコバッグのお手入れ方法
毎日洗濯できない場合や、洗濯できないアルミ素材などのエコバッグは、拭き洗いをすることで清潔を保ちます。

使い捨てのお掃除シートを使ったお手入れ方法

使い捨てのお掃除シート(除菌シートやお掃除シートなど)で、エコバッグ内部全体を拭き取ります。
特に底の角に汚れがたまりやすいので、角まで丁寧に拭くのがポイント。
除菌シートでエコバッグの中を拭く
※お掃除シートをつかった場合は、きれいな布巾やペーパーで洗剤残りがないようにもう一度水拭きます
スプレータイプの物は、除菌スプレーをペーパーにふきかけてから拭き取ることもできます。

洗剤を使って汚れを拭き取る方法

洗剤をしみこませたふきんでエコバッグの汚れを落とす

手順1
台所用中性洗剤2~3滴を200mlほどの水で薄めた液を、ふきんにしみ込ませて絞ります。
手順2
中を拭いて汚れを落とします。
手順3
きれいな濡れ布巾で「すすぎ拭き」をします。
手順4
風通しのよいところで、しっかりと乾かします。

洗ったエコバッグの干し方と注意点

洗ったあとのエコバッグは、色あせや劣化を防ぐために風通しのよいところで、陰干しします。
生乾きの状態だと嫌なニオイがつく原因になるので、しっかり乾かすように注意してください。

洗剤拭きや使い捨てシートで拭いたあとも、30分ほど乾かしてから仕舞います。

高温で処理をする乾燥機やアイロンは、コットン素材以外は使えません(ナイロン素材などは溶けてしまいます)。
レジかご用の大きなエコバッグは持ち手を下にしてピンチハンガーで吊るすように干すと、水気が早く乾きやすいです。
エコバッグを干すときの注意点

エコバッグの洗い方のまとめ

見た目は洗えそうな素材のエコバッグも、実際に洗濯表示マークを見ると、洗えない素材が実は含まれていることも多いです。
購入してから「実は洗えなかった」ということにならないよう、購入前に洗濯方法を確認しておくのが重要です。

エコバッグコーナーにないカバンでも、買い物に使いやすいカバンはあります。
著者は昔から使っている、洗える素材の丈夫なスポーツバッグを、ドリンク類を買う時の専用袋として使い回しています。

お手入れ方法を優先してエコバッグを選んでみてはいかがでしょうか。

エコバッグの選び方【2021年度版】エコバッグ選びのポイントとおすすめエコバッグ20選 エコバッグ関連記事を見る