howsie magazine

傘の収納アイデア18選。ドアやすき間を利用して玄関スッキリ

傘の収納アイデア18選。ドアやすき間を利用して玄関スッキリ

家事のコツ

雨の日には欠かせない傘ですが、スペースの限られた玄関では長い傘の置き場所に困ることも。さらに日傘や折り畳み傘と、いつの間にか増えて、収納に困っていませんか?
そんな人に向け、今回は傘の収納アイデアをご紹介します。意外な場所やモノを利用するアイデアもあるので、ぜひ参考にしてください。

家事のコツや収納術、インテリアやおでかけにまつわる話などを通して「わたしらしい暮らし方」をご提案します。

玄関ドアに付けた「マグネットフック」に掛ける

傘の収納アイデア「マグネットフックに掛ける」

磁石付きのフックを玄関ドアに貼り付けて、傘を掛けるアイデアです。磁石付きのフックは100均でも売っているのですぐにマネできる方法。ただ傘の持ち手部分が太いと、フックに掛けられないこともあるので、持ち手部分の太さとフックのサイズをよく確認しておきましょう。

玄関ドアに付けた「スプレーフック」に掛ける

<p>山崎実業「tower/タワー」マグネットスプレーフック</p>

山崎実業「tower/タワー」マグネットスプレーフック

アイテムを見る

▲写真撮影:ハナ

スプレーフックも傘をひっかけるのにぴったりです。スプレーボトルは傘よりも重さがあるので、マグネットも安定感があるので外れないのがいいところ。このアイデアを教えてくれたのはインテリアライターのハナさん。家族の身長に合わせて取りやすい高さにくっつけておけば、さらに使い勝手がよくなるとのこと。ぜひ真似してみてくださいね。

>>山崎実業の神アイテム「マグネットスプレーフック」インテリアライターの活用アイデア

玄関ドアに付けた「マグネットバー」に掛ける

<p>「FIRSTO」マグネットピンチ付マルチバーライト</p>

「FIRSTO」マグネットピンチ付マルチバーライト

アイテムを見る

横長のバーに複数の傘をまとめて掛けるアイデア。フックや洗濯バサミを掛けて、濡れた小物を干す場所としても便利。写真は玄関ドア用の収納アイテムですが、キッチンやお風呂用のマグネット式のタオルバーを利用するのも◎

玄関ドアに付けた「ドアハンガー」に掛ける

<p>山崎実業「tower/タワー」ドアハンガー</p>

山崎実業「tower/タワー」ドアハンガー

アイテムを見る

玄関ドアにマグネットが付かない場合は、ドアの上に引っ掛けるドアフックを使うのも手。目線より高い位置に設置できるので、玄関がすっきりした印象になるのが◎。複数のフックがあるタイプを選べば、折り畳み傘や日傘もまとめて収納できます。

玄関の壁に付けた「ウォールハンガー」に掛ける

<p>「umbra/アンブラ」フリップフック</p>

「umbra/アンブラ」フリップフック

アイテムを見る

玄関の壁にウォールハンガーを取り付けて、フックに傘を掛けるアイデアです。ウォールハンガーは壁に直接付けるので安定感があり、玄関がすっきりした印象になるのがメリット。デザイン性のある傘なら、ウォールアートのようにインテリアとして楽しむのも◎。

玄関のすき間に「突っ張り棒」を渡して掛ける

<p>突ぱりすき間ポール</p>

突ぱりすき間ポール

アイテムを見る

ちょっとしたすき間に突っ張り棒を渡し、そこに傘を掛けるアイデアです。すき間さえあれば、手軽に取り入れられる方法。靴箱の中が空いているなら、棚板を外して突っ張り棒で傘の収納スペースに作るのもアリ。ただ、何本も掛けると重さに耐えきれず落ちてしまうこともあるので、突っ張り棒の耐荷重はしっかり確認しておきましょう。傘1本の重さは大人用でだいたい500gくらいです。

玄関に設置した「突っ張りポール」に掛ける

<p>突っ張り棒&パーツ</p>

突っ張り棒&パーツ

アイテムを見る

縦に突っ張るタイプの突っ張り棒を使うアイデアです。狭い玄関でも設置面積が最小限で済むのがポイント。出入りの多い玄関で邪魔にならないだけでなく、床の掃除もラクになります。

靴箱に付けた「ドアハンガー」に掛ける

<p>山崎実業「smart/スマート」ドアハンガー</p>

山崎実業「smart/スマート」ドアハンガー

アイテムを見る

靴箱の扉や、裏側のデッドスペースを利用して傘を収納するアイデアです。扉に引っ掛けて使うフックを使えば簡単に収納スペースに。傘の他、外出用の帽子やエコバッグを掛けたり、ほうきなどちょっとした掃除道具をまとめておくのも◎。

靴箱下のデッドスペースを使う

<p>山崎実業「tower/タワー」浮かせる長物ハンガー</p>

山崎実業「tower/タワー」浮かせる長物ハンガー

アイテムを見る

意外なアイデアとしては、下駄箱の下にスペースがあるなら、そこに浮かせて収納するという方法もあります。取り出すときに少し面倒という難点はあるものの、デッドスペースを有効活用できるのがうれしいところ。浮かせて収納するので、傘の先が汚れないというメリットもありますよ。

「スリッパラック」に収納する

<p>山崎実業「LINE/ライン」スリッパラック</p>

山崎実業「LINE/ライン」スリッパラック

アイテムを見る

写真のような傘を立て掛けられるスリッパラックを使うという手もあります。このとき、スリッパも傘も一緒に収納することになるので、傘はちゃんと乾かして! そうしないと、スリッパが濡れてしまいますよ。

「コートハンガー」に掛ける

<p>「美style」エントランスポールハンガー</p>

「美style」エントランスポールハンガー

アイテムを見る

玄関に置いたコートハンガーを利用するアイデアです。コートハンガーにはフックやバーが付いているので、傘の収納場所としても便利。外出着と一緒に掛けておけば、外に出る前に傘が目に入って、「持って出るのを忘れた」ということも減るはず。

「ゴミ箱」に立てる

<p>ポエジー</p>

ポエジー

アイテムを見る

筒型のゴミ箱を使うという手もあります。出し入れしやすく、濡れた傘を入れても玄関を濡らさないのがいいところ。ただ、たまった水を捨てるのは忘れずに。目安として、口の直径が17cmなら約10本の傘が入りますが、入れすぎると倒れる恐れも。ゴミ箱の安定感がそれほどない場合は、傘を壁に立てかけて置くなど工夫しましょう。

使わなくなった「花びん」に立てる

傘の収納アイデア「花びんを使う」

あまり使っていない大きめの花びんがあるという人は、傘立てにしてしまうのもアリ。シンプルなガラスや陶器なら玄関になじみやすく、好みのデザインなら素敵なインテリアにも。ただ高さがないと安定感には欠けてしまうので、玄関の出入りで足を引っ掛けないように、壁際や隅に置いて使うようにしましょう。

「ファイルスタンド」に立てる

<p>「ソーフィス」ファイルボックス</p>

「ソーフィス」ファイルボックス

アイテムを見る

ファイルスタンドを傘の収納に利用するのも手。ファイルスタンドはいろいろな幅がありますが、目安として、約6cm以上の幅があれば傘を立てることが可能。スリムなので、狭い玄関でも場所をとらないのがうれしい点です。取っ手や指を入れる穴が付いたものなら、移動や引き出す際に便利ですよ。

「タオルハンガー」に掛ける

<p>山崎実業「tower/タワー」キッチンタオルハンガー</p>

山崎実業「tower/タワー」キッチンタオルハンガー

アイテムを見る

靴箱の扉を使う方法として、タオルハンガーに掛けるアイデアもあります。家族分の傘や、日傘と雨傘を並べて掛けられるのが便利。タオルハンガーを使う時は、傘の持ち手部分が掛かるかどうか、バーの出っ張り部分のサイズを確認しておきましょう。

「ランドリーバスケット」に立てる

<p>「volca/ボルカ」バスケット</p>

「volca/ボルカ」バスケット

アイテムを見る

ランドリーバスケットを使って傘を立てるアイデアです。水に強いランドリーバスケットは、傘入れとしても最適。側面が格子や穴あきのタイプなら、通気性よく傘を収納できます。軽く移動しやすいのも◎。たっぷり入るので、家族が多く傘もたくさんあるというおうちにおすすめのアイデアです。

「ラダーラック」に掛ける

<p>「BRUNO/ブルーノ」インテリアスリムラダーラック</p>

「BRUNO/ブルーノ」インテリアスリムラダーラック

アイテムを見る

玄関に置いたラダーラックを使うアイデア。空いている壁を利用してスリムに収納できるのがいいところです。ラダー部分に傘を掛けるだけなので、誰でも出し入れラクラク。S字フックを使えば、折りたたみ傘も一緒に収納できます。

おしゃれな「バケツ」に立てる

<p>「MERCURY/マーキュリー」ブリキバケツ</p>

「MERCURY/マーキュリー」ブリキバケツ

アイテムを見る

ガーデニングや洗車の時には必要なバケツも、普段はただ置いてあるだけということも。それなら傘の収納場所として利用してしまうのもアリ。おしゃれなデザインのバケツなら、玄関に出しっぱなしでもインテリアの一部になってくれますよ。

大切な傘をベストな方法で収納しよう

傘は玄関で見せる収納にすると出し入れしやすく、靴箱の扉裏やわずかなすき間に隠して収納すると玄関がすっきりします。ただし狭い場所に入れる時はもちろん、見せる収納にする時にも、傘を濡れたまま片付けるのはNG。水気が残って傘に黒い線が入ったり、カビの原因になったりするので、しっかり乾燥させてから片付けるようにしましょう。

今回のアイデアを参考に、ベストな傘の収納場所を見つけてくださいね。

関連記事