夏の電気代を抑えるには?エアコンの使い方と節約しながら涼しく暮らすコツ&便利グッズ

ニュース番組で年々「猛暑1平常の気温と比べて著しく暑いときを指す。ちなみに「猛暑日」は気温が35度以上になる日のこと。」や「酷暑」という単語が聞こえてくる回数が多くなってきました。
一日中エアコンをつけているというご家庭も多いのではないでしょうか。

経済産業省の資源エネルギー庁によると、真夏の最も暑い時間帯の消費電力のうち、約6割はエアコンが占めているそうです。
健康のためにも暑さを我慢するのはよくありませんが、エアコンの電気代が気になるという方も少なくないでしょう。

家事アドバイザー矢野きくの

今回は、電気代を抑えるためのエアコンの正しい使い方を含め、節約しながら涼しく過ごす方法をご紹介します。

節約になるってホント?ウソ?エアコンの正しい使い方

エアコンの使い方については様々な情報が飛び交っていますが、「本当に節約になるのか」をしっかり吟味する必要があります。

「つけっぱなし」の方がいいのか、「こまめに消す」方がいいのか

つけっぱなしのエアコン

エアコンは「つけっぱなし」と「こまめに消す」どっちが節約になる?

外気温が何度になるのかで判断する

エアコンは起動時の消費電力が大きいため、つけっぱなしのほうが節約になるのでは?という話題が度々挙がります。
しかし、一概にはそうとも言えないようです。

2021年7月9日のパナソニックの発表によると、同じ外出時間によっても、外気温によってつけっぱなしの方が良いか、こまめに消す方が良いか変わってくるそうです。

外気温が35度以上の“猛暑日”のような場合は、室温が上昇しやすいため、「つけっぱなし」運転がお得ですが、30度程度までであれば、室内温度がそこまで上がらないため「こまめに消す」運転の方が電気代の節約につながることが分かりました。(※)

※【引用元】パナソニック「PR TIMES」「コロナ禍でエアコン稼働は前年比プラス1.2時間~真夏日の外出はこまめに消した方がお得!つけっぱなし運転よりも月に67%電気代節約~フィルター掃除で年間約1万円節約!パナソニックが教える夏のエアコン術」検索日2021/8/12
 
こちらが、30分の外出を1日2回という形でおこなわれたシミュレーションの結果です。
パナソニックが教える夏のエアコン術

▲出典:パナソニック PR TIMES「コロナ禍でエアコン稼働は前年比プラス1.2時間~真夏日の外出はこまめに消した方がお得!つけっぱなし運転よりも月に67%電気代節約~フィルター掃除で年間約1万円節約!パナソニックが教える夏のエアコン術」検索日2021/8/12
エアコンを「つけっぱなし」or「こまめに消す」
  • 外気温が35度以上の日…30分程度の外出であれば「つけっぱなし」
  • 外気温が30度以下の日…30分程度の外出であれば「こまめに消す」
 

「冷房運転」より「除湿運転」方がいいのか

冷房と除湿

エアコンは「冷房運転」より「除湿運転」の方が節約になる?

室温を下げたいなら「冷房運転」

エアコンの電気代は、除湿運転の方が節約になるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。
しかしこれは、古いタイプのエアコンの話です。

エアコンは冷房も除湿も空気中の水分を取って温度を下げているので、基本的には同じ動きをしています。

その中で、近年のエアコンの除湿機能は「再加熱式」として、除湿をしても室温を下げない方式が取られているものが多いため、除湿運転の方が節約になるとは言えないのです。

機能の使い分けは、除湿をしたいときは「除湿運転」を、室温を下げたいときは「冷房運転」をするのが理想的です。

エアコンは「冷房運転」or「除湿運転」
  • 除湿をしたいなら「除湿運転」
  • 室温を下げたいなら「冷房運転」

サーキュレーターや扇風機を併用する方がいいのか

サーキュレーター

サーキュレーターなどを使って、冷えた空気を室内全体に行き渡らせる方が節約になる?

部屋の特定の場所に人が集まっている場合は使った方が良い

エアコンの電気代節約ワザの紹介などで、「サーキュレーターや扇風機を使って、エアコンから出た冷気を室内全体に行き渡らせる方が良い」という話がよく紹介されます。
しかし、これは一概に節約になるとは言えないのです。

エアコンがある部屋に複数人が広範囲にいる場合は、部屋全体を冷やした方が良いです。
しかし、部屋に1人しかいない、または2人いてもソファーのある場所など一箇所に固まっている場合は、人がいる場所に集中的に冷気がくるだけで良いのです。

最新型のエアコンは、人を感知して人がいる方向に冷気を吹き出してくれるものもあります。

そうでないエアコンを利用していて、部屋の特定の場所に人が集まっている場合は、エアコンから出た冷気が人がいる場所に直接向くように、サーキュレーターを利用して風の向きを変える方が節約になります。

冷房の設定温度は何度が適切か

28度に設定されたエアコン

冷房の設定温度は何度が節約になる?

実際に人がいる場所の温度と湿度を見て調整する

エアコンの電気代の節約というと、設定温度の話になります。
しかし、エアコンの設定温度(リモコンに表示される温度)は、必ずしもそのときの室温とイコールにはなりません。

部屋の広さや室内にいる人数によっても、実際に人がいる場所の温度は変わってきてしまいます。
そのため、人がいる場所に温湿度計を置き、実際に人がいる場所の温度と湿度を見ながらリモコンで調整することをおすすめします。

湿度が高いと体が不快と感じるので、温度だけでなく湿度の調整も大切なのです。
湿度が60%を超えるようであれば、除湿機能を使って湿度を下げるようにしましょう。

大切なのは「室温を上げない対策」

エアコンの設定温度を気にする前に、忘れてはならないのが室温を上げないようにすることです。
そもそも室温が低ければ、エアコンを使わなくてもよくなったり、設定温度を高めにすることができます。

室温を上げない対策|日差しを遮る

オーニングで日差しを遮る
直射日光が当たっている部屋は、それだけでも室温が高くなってしまいます。
まずは、窓の外で日差しを遮ることが重要です。

筆者の家で南西に位置する部屋は、いつも午後になると蒸し風呂のような暑さでした。
そこで日差しを遮るオーニングを設置したところ、以下のような結果が出ました。

  • オーニング設置前…室温31度
  • オーニング設置30分後…室温28度

※外気温32度の日に測定

外気温32度の日に室温を計測したら31度ありました。
そこでオーニングを設置して30分後に再度室温を計測したら、一気に28度まで下がっていたのです。

やはり直射日光が入ってくると、室温がかなり上がっていたようです。
オーニングで日差しを遮った室内
昔ながらの簾(すだれ)や、葦簀(よしず)でも良いですが、使わないときの収納場所を考えるとオーニングが便利です。

¥3,070 (2021/09/25 11:32:12時点 楽天市場調べ-詳細)

室温を上げない対策|室内のカーテンも効果的

遮光カーテン
冷房を使っているときは、とくに室内のカーテンが効果的です。
外からの日差しを遮り、中の冷気を温めない役割をしてくれます。

その際に注意したいのは、カーテンの長さ。
できる限り床に着く長さにしておくと、冷気が逃げづらくなります。

室温を上げない対策|火を使う調理を減らす

キッチンで火を使う料理をすると、自ずと室温が上がってしまいます。

真夏に食べたい素麺などは、茹でないでも水で洗い流すだけで食べられる麺を使ったり、下茹でする必要がある野菜は電子レンジで加熱したりすると、火を使う頻度を減らすことができます。

また、煮込み料理をする際は、鍋に蓋をするだけでも室温を上げにくくすることができます。

エアコンだけに頼らない!自分自身を涼しくしよう

自分自身を涼しくすることも大切です。

風通しのよい服を着る

まず、服装は風通しの良い服を着ることが大切。

室内でジーンズのようにピッタリした服を着ていては、体の熱も逃げづらくなってしまいます。

体を冷やす飲み物や食べ物を摂る

麦茶ポット
茄子(なす)やきゅうりなどの夏野菜や、飲み物であれば麦茶など、体を冷やす効果があるものを摂ることも大切です。

とくに麦茶は利尿作用があり、尿と一緒に熱を排出する効果が期待できると言われています。

筆者の家では、年中冷蔵庫にお茶類を作って冷やしてありますが、夏はとくに湯沸かしはせず水出しの麦茶を冷蔵庫に常備しています。


▼「横置き」もできて冷蔵庫の開いたスペースで保管できるものがおすすめ
¥718 (2021/09/25 11:32:13時点 楽天市場調べ-詳細)
¥668 (2021/09/25 11:32:13時点 楽天市場調べ-詳細)

保冷剤で重点的に体を冷やす

タオルで包まれた保冷剤
保冷剤を常に冷凍室に冷やしておき、体温を下げるのに保冷剤を使うのもおすすめです。

その際は保冷剤をタオルなどで包み、「首の横の頸動脈の部分」か、「脇の下」「内ももの付け根あたり」を冷やします。
この3点は太い血管が通っているため、保冷剤によって血液が冷えやすく、冷えた血液が全身にいきわたることで体温を下げる効果があると言われています。
 
また、夏は落雷などで突然停電になる可能性も高い季節です。
保冷剤を冷凍室に常備しておくと、停電時に冷凍室の保冷効果が高くなるという点でもおすすめです。

まとめ

今回ご紹介したように、夏の電気代を節約しながらも、室内で涼しく過ごす方法というのはいろいろあります。
エアコンだけに頼らず、必要に応じて今回ご紹介したコツや便利グッズをぜひお試しください。

付けるだけでエアコンの冷房効率がアップ!?室外機カバーの効果・取り付け方法 遮熱シートの効果検証貼るだけで窓の暑さ対策に!遮熱シート(遮熱フィルム)の貼り方と効果検証 水筒でいくら節約になる?水筒の選び方と『水筒という家事』のお悩み解決アイテム