室内の湿度が上がる意外な原因とは?部屋全体の湿度を一気に下げて快適に保つコツ

結露と部屋全体の除湿

湿度が高い時期というと梅雨をイメージしがちですが、実は冬など他の季節でも気づかないうちに室内の湿度が上がり過ぎていることも……。

部屋の湿度は、高すぎても低すぎても不快に感じます。
また、一定の湿度より上がると、カビやダニなどが繁殖はんしょくしてしまう原因になります。

除湿剤や炭、珪藻土けいそうどなどの除湿グッズも色々とありますが、部屋全体の湿度を下げようと思うと、これらだけでは不十分。

室内で快適に過ごすためには、湿度のコントロールが重要です。
この記事では、部屋の湿度が高くなる原因効率的に湿度を下げる方法など、部屋を快適な湿度に保つコツをご紹介します。

部屋全体の湿度を下げるのは難しい?快適な室内湿度の目安

近年、マンションやアパートなどの集合住宅や高気密高断熱の住宅1(※室内の空気が外部へ逃げることが少ないため、外気温の影響を受けることがなく、効率よく冷やしたり暖めたりすることができる家のこと)が普及したことにより、室内の結露や湿気の悩みを聞く機会が多くなりました。

人が快適に感じる室内の湿度の目安は、だいたい40~60%とされています
これより低いもしくは高い湿度だと、不快に感じるだけでなく、カビやダニ、ウイルスなどが好む環境となってしまいます。

湿度 注意したいこと
40%以下 インフルエンザウイルスが活動しやすくなる。
60% ダニに注意。温度20℃から30℃、湿度60%以上でよく増える。
80% カビに注意。種類により好む湿度は異なる。主な種類は温度20℃から30℃、湿度75%以上でよく増える。

カビの中には、湿度の高い環境を好むものもあれば低めの環境を好むものなどもありますが、いずれも65%以下の湿度では成長できないと言われています。

室内全体の湿度を下げるには除湿剤だけでは不十分

では、室内を快適な湿度に保つためにはどうすればよいでしょうか?

除湿剤やスノコを使った下駄箱や押し入れなどの湿気対策は知っているという方はいらっしゃると思いますが、これらだけでは部屋全体の湿度までは下げることができません。

まずは湿度の上がる原因を探って、部屋全体の湿度コントロール術を身に着けていきましょう。

部屋の湿気が上がってしまう主な原因とは

最近の住宅は、昔に比べて機密性が高くなり、湿気が逃げにくいと言われています。

雨が降ると外気の湿度が上がるので、窓を閉めて湿気が入らないように注意している方は多いと思います。
しかし、これだけでは湿度を減らすことはできません。

湿気が入らないようにするだけでなく、ふだんから積極的に室内の湿度を下げる必要があります。

普通に生活しているだけで湿度は上がる

実は、ほとんどの原因は何気なく過ごしている普段の生活の中にあります。
湿度が上がってしまう主な要因について、詳しく見てみましょう。

【要因1】人の呼気や汗による湿気

たとえば、私たちの体からは蒸発する汗や呼気によって常に湿度を上げています。
人間の体は60%が水分であるため、呼吸をするときも湿気が放出されているのです。

また、寝ている間にも一晩でコップ1杯ほどの汗をかくとも言われています。

【要因2】室内干しによる湿気

部屋干し
洗濯物を室内干しする際、大量の水分が蒸発しています。特に窓を閉め切った状態で、除湿機などを使わずに干していると、部屋の湿度が上がりやすくなります。

わが家では4人分の洗濯物を室内で干すと、除湿機のタンク2Lがいっぱいになるので、いかに室内干しで部屋全体の湿度を上げているかが分かります。

【要因3】暖房器具による湿気

暖房器具によっては、部屋の湿気を上げてしまうものもあります。
石油ストーブ、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターなどです。

燃焼すると化学変化で水が発生するので、室内の湿度が上がり、結露が発生しやすくなります。

その他の要因

また浴室の水蒸気や、ドライヤーによる髪の毛の乾燥、調理による水蒸気も室内の湿度をあげる原因となります。
換気を定期的に行えば、新鮮な空気を取り入れるだけでなく、これらの湿度を逃がすこともできます。

まずは部屋の湿度を知ろう!換気のタイミングの例

家の中の湿度を知ることはとっても重要です。
カビの発生条件は「温度」「湿度」「栄養となる汚れ」の3つなので、そのうちの一つの「湿度」をコントロールすることで、カビの発生を抑えることができます。

そもそも湿度とは?

除湿機で湿度を確認する
湿度とは、空気中に含むことができる量(飽和水蒸気量)のうち、どれだけ水分が含まれるかの割合で決まります。
気温が高ければ高いほど、飽和水蒸気量は高くなります。

湿度を知る方法としては、除湿機やエアコンが示す湿度表示を参考にしたり、湿度計を使って湿度を知ったりすることができます。

季節によって異なる最適な湿度の目安
  • 夏 45~60%
  • 冬 55~65%

湿度計で換気のタイミングを確認

わが家は湿度計を2つ使うことで、家の湿気やすい場所の湿度を調べて換気のタイミングを逃さないようにしています。

特に洗面所は、お風呂上がりのタイミングの湿度が高くなり、100%近くまで上がります。
そのため、扇風機を回して換気をして部屋の湿度を下げるようにしています。
湿度計を使って湿度管理

部屋全体の除湿方法と湿度を下げるコツ

部屋の湿度が上がると、家具や建具、畳、カーテン、ファブリック類などに湿気をため込んでしまい、カビが発生しやすい状態になります。
また、湿気の多い場所はダニも好むので、ダニが繁殖しやすい環境を作ることになります。

換気除湿ができる家電を利用して、湿気をなるべく減らすことが大切です。

【除湿方法1】窓を開けるだけ!換気により湿度を下げる方法

窓を開けて換気
一番手っ取り早いのが、窓を開けて換気をすることです。

ただし雨の日は避けるようにしましょう。
晴れて乾燥した日の日中が湿度が低いので換気タイムにオススメ。

忙しくて日中換気できない場合は、湿気のこもりやすい寝室だけでも換気しておきましょう。朝起きて数分ほど窓を開けて換気しておくと、寝ている間に出た湿気を逃がすことができます。

窓は風の入口と出口を確保するために2カ所開けて、換気します。
対角線上にある窓を開けると風がよく通ります
対角線上の窓を開ける
窓が一ヶ所しか開かない場合は、換気扇を回すと湿気が逃げやすくなります。

【除湿方法2】エアコンを使用する

エアコンのドライ機能で除湿する
エアコンのドライ機能や衣類乾燥機能を利用して、部屋の除湿をすることができます。
風量が弱いこともあるので、衣類にサーキュレーターや扇風機を当てながら乾かすと時間を短縮できます。

【除湿方法3】除湿機を使用する

除湿機で湿度管理
エアコンがない部屋の場合、除湿機で一気に湿度をさげることができます。

除湿機は、コンプレッサー式デシカント式(ゼオライト式)と、ハイブリット式の3つに分類されます。

梅雨の時期の除湿に強いのはコンプレッサー式。冬場に効率よく除湿できるのが、デシカント式(ゼオライト式)。
コンプレッサー式とハイブリット式の両方の機能のハイブリッド式は、季節を問わず一年中使えます。

除湿機の主な種類と特徴

名称 方式 季節 その他
コンプレッサー式 空気を冷却し結露を強制的に発生させて除湿する方式。 夏季 本体が重たく、動作音も大きいため、寝室などには不向き。
デシカント式 電気エネルギーによってヒーターを加熱して運転する方式。冬季の部屋干し時に発生しやすい窓結露の対策も可能。 冬季 電気ヒーターを使用する方式のため、消費電力が大きめ。
また周囲の温度もやや上がる。
ハイブリッド式 2つの方式を季節によって使い分ける 年間 本体価格がやや高め。本体の重量も他のタイプより重い。

冬の除湿や部屋干し対策にも効果のある除湿機がおすすめ

窓の結露と部屋の湿気
わが家で使用しているのは、消費電力の少ないコンプレッサー式の除湿機に、大風量で風を届けるサーキュレーターを組み合わせた衣類乾燥除湿機です。
ヒーターも搭載されており、冬場でも除湿や結露対策ができるため年間を通して使えます。

手で持てる程度の重さなので、湿度の高さが気になる部屋へ持ち運べます。
この除湿機一つで手軽に畳や押し入れ、布団などの除湿ができるので、一台あると安心。

部屋干しのときも効率よく乾かすことができ、雨天などの乾きにくい日でも安心して洗濯できます。

まとめ

湿度の高い日本の気候では、湿気対策は必須です。
まずは室内の湿度を知ることから始めてみましょう。

換気を行うだけではなかなか湿気を下げられないときもあるので、除湿機やエアコンといった家電による除湿方法もうまく取り入れると安心ですよ。
 
カビの生えたカーテンの洗濯方法原因は結露?!カビてしまったカーテンの洗い方と窓周りの壁などの掃除方法 クローゼットの湿気対策梅雨前に知っておきたい!クローゼットの湿気対策と除湿のおすすめアイテム

参考資料
※DAIKIN 「温度と湿度(しつど)をじょうずに調節しよう | 空気の学校」検索日2021/12/03
※アピステテクニカルノート「温度・湿度の基本原理」検索日2021/12/3
※兵庫県立大学工学部「健康ニュース「乾燥する冬の感染予防対策」」検索日2021/12/3