howsie magazine

アウトドアチェア

おうちキャンプを快適に!室内でインテリアにもなるおすすめのアウトドアチェア12選

家事のコツ

おうち時間を楽しく過ごそうと「おうちキャンプ」をする人が増えています。

手軽にアウトドア気分を味わえる「おうちキャンプ」ですが、テーブルやチェアなど、ひとつひとつのアイテムにもこだわって楽しみたいですよね。

そこで今回はアウトドアチェアの中でも特に、おうちキャンプにおすすめのアイテムや選び方についてご紹介します。

持ち運びにも便利なアウトドアチェアは、おうちキャンプ以外にも、運動会にピクニック、BBQなどさまざまなシーンで大活躍してくれますよ♪

広報&ライターの3児の母。お掃除してもすぐに子どもたちに荒らされている日々です(汗)毎日ドタバタな中でも、楽しく心豊かに暮らせる「暮らしの工夫」をお届けできればと思います。

室内で使うアウトドアチェアを選ぶときのポイント3つ

おうちキャンプは、お庭やベランダ、お部屋の中など、どこでもできるのが魅力です。
お庭がないお家や、ベランダが狭いお家も多いので、リビングなどの室内で楽しむ方も多いですよね。

おうちキャンプを柔軟に楽しむために、アウトドアチェアも家中どこでも使えるものを選びましょう。

室内で使うアウトドアチェアを選ぶ時のポイントを押さえておけば、迷わずに選ぶことができますよ。

ポイント【1】インテリアのテイストを合わせて選ぶ

アウトドアチェアを室内で使用する場合、お部屋のインテリアのテイストに合ったものを選ぶことをおすすめします。

アウトドアチェアは、シンプルなものからカラフルなものまで豊富な種類があります。
チェア単品で見た時によく思えて購入しても、お部屋のテイストに合わなかったら、室内で使う時に浮いた印象になってしまいます。

アウトドアチェアをインテリアのひとつとして捉える

リビングで使うのであれば、ソファやスツールなどと同じく、インテリアとしてアウトドアチェアを楽しむ感覚で選ぶとよいでしょう。

例えば、

  • ウッド調の部屋に合わせたシンプルなものを選ぶ
  • 色味がシンプルな部屋には挿し色としてパッと目を引くカラーを選ぶ

など、インテリアを選ぶのと同じ感覚も大切ですよ。

ポイント【2】スタイルに合わせて選ぶ

キャンプスタイルには、おうちのダイニングテーブルで過ごすようにテーブルを囲む「ハイスタイル」と、低いテーブルとイスを組み合わせる「ロースタイル」があります。

詳しくは「屋外用アウトドアチェアの選び方」の記事で解説していますが、おうちキャンプを行う際でも、どちらのスタイルで行うか決めてからアウトドアチェアを選びましょう。

ハイスタイル用のチェアは立ち上がりやすいので、大人数でBBQをしたり、ワイワイと食卓を囲みたい方に向いています。

一方で、ロースタイルは自然により近づいてリラックスするスタイル。
室内で仕様するときには、座高が低苦なるため、空間が広く感じられる効果もあります。
転倒の危険性が少ないため、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。

ポイント【3】欲しい機能で選ぶ

アウトドアチェアは、持ち運びに便利な軽量なものから、座り心地を重視したリクライニング機能付きのものまでさまざま。
おうちキャンプを行う場合、「どんな時間を過ごしたいか」「どのようにアウトドアチェアを使いたいか」によって、欲しい機能は異なります。

屋外でも使用したい場合

室内でも屋外でもチェアを使用したければ、コンパクトに収納でき、持ち運びが便利なアウトドアチェアを選びましょう。

室内メインで使用したい場合

室内メインで使用する場合は、リクライニング機能があったり、重量よりも座り心地を重視して選ぶとよいでしょう。

過ごしたいスタイルに合わせてアウトドアチェアを選ぶと、失敗することなくお気に入りのものに出会えますよ。

【目的別】室内での使用におすすめなアウトドアチェア12選

ここからは、「室内での使用におすすめのアウトドアチェア」をご紹介します。
目的別にピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

くつろぎ重視のアウトドアチェア

まずは、座り心地を重視したアウトドアチェアを3つご紹介します。

こんな人におすすめ

  • 快適におうちキャンプを楽しみたい
  • いずれは本格的にキャンプでも使用したい
  • 座り心地の良いものが欲しい

DOD|スワルスエックスハイ

長い背もたれでゆったりとリラックスできる「DOD」のアウトドアチェア。
頭があたる部分にはクッションが入っているので、頭を預けて快適に過ごすことができます。

そのうえ、コンパクトにも収納できて軽量な優れもの!
カラーはブラックとベージュに似たタンの2色。おうちのベランダや室内で使用してもおしゃれですね♪

キャプテンスタッグ|リラックスクッションチェア CSクラシックス

<p>柔らかなクッション入りのシートが、最高の座り心地をもたらしてくれるアウトドアチェア。<br />
ふかふかとして気持ちのよいシートで、まるでおうちのソファでくつろいでいるような気分を味わえます。</p>
<p>組み立ても簡単なうえ、コンパクトに収納もできて◎<br />
本格キャンプやBBQでも活躍してくれますよ。</p>

キャプテンスタッグ リラックスクッションチェア

アイテムを見る

柔らかなクッション入りのシートが、最高の座り心地をもたらしてくれるアウトドアチェア。
ふかふかとして気持ちのよいシートで、まるでおうちのソファでくつろいでいるような気分を味わえます。

組み立ても簡単なうえ、コンパクトに収納もできて◎
本格キャンプやBBQでも活躍してくれますよ。

Hang Out (ハングアウト)|Pole Low Chair

家具屋さんが作る「Hang Out」シリーズのアウトドアチェアは、外遊びもインテリアでもオールシーズン使える新しいタイプのアウトドアチェアです。

ウッドフレームとキャンパス生地のシートの組み合わせは、自然のなかにも、インテリアにも溶け込んでくれますよ。

奥行きが深いため、ロースタイルでもゆったりとした座り心地。
別売りで専用のゴム足が販売されているので、おうちの床を傷つけることなく使用できます。

見た目が使えるおしゃれなアウトドアチェア

続いて、見た目がおしゃれなおすすめのアウトドアチェアをご紹介します。

こんな人におすすめ

  • 他の人とかぶらないおしゃれなチェアを探している
  • アウトドアチェアもインテリアの一部にしたい
  • 実用性を兼ね備えたアウトドアチェアが欲しい

Byer of Maine|ホワイトアッシュ バタフライチェア

蝶が羽を広げたように見える高級感たっぷりのバタフライチェア。
しっかりとしたフレームと体にフィットするシートは、体を包み込んでくれるような安心感があります。

さっと簡単に折りたためてコンパクトにまとまり、収納も便利。
おうちキャンプだけでなく、普段使いしたくなるおしゃれなアウトドアチェアです。

Lafuma(ラフマ)|MAXI POP UP XL

フランス発のおしゃれなノマド・ファニチャーブランド「Lafuma」。
シンプルモダンなチェアは、アウトドアだけでなく、室内インテリアにも溶け込むデザインです。

包容力のある快適な座り心地で、自然と腕の部分も支えてくれるので安定感があります。
折りたたみ傘のようにコンパクトにたためるので、持ち運びにも便利♪

おしゃれ、高機能、コンパクトの3拍子が揃った優秀アウトドアチェアです。

METROCS(メトロクス)|アカプルコチェア

こちらはメキシコ生まれのアウトドアチェア。
メキシコのリゾート地で60年代から愛されてきたチェアをリデザインした逸品です。

しっかりとした弾力の座面で、極上のリラックスタイムを過ごせますよ。
脚先にはゴムパッキンが付いていて、床を傷めにくい仕様になっているので安心!

革新的なデザインと洗練されたルックスで、インテリアもアウトドアでも空間をグンと格上げしてくれるチェアです。

屋外にも持ち出しやすいアウトドアチェア

屋外にも持ち出しやすいよう、軽量設計でコンパクトにたためるアウトドアチェアをご紹介します。

こんな人におすすめ

  • 運動会やピクニックにも使いたい
  • 軽量なアウトドアチェアを探している
  • 座り心地はよいものがいい

Helinox(へリノックス)|コンフォートチェア

「ヘリノックス 」は軽量アウトドアチェアを代表するブランドです。

身体を包み込んでくれるような最高の座り心地で、重量は1kg以下と超軽量!
コンパクトに収納でき、付属する収納袋で持ち運びにも便利。組み立ても簡単です。

カラーバリエーションも豊富なので、好みに合わせて選べるのも嬉しいポイント。
室内でも屋外でも活躍してくれます。

CHUMS(チャムス)|フォールディングチェアーブービーフットハイ

「ヘリノックス 」は軽量アウトドアチェアを代表するブランドです。

身体を包み込んでくれるような最高の座り心地で、重量は1kg以下と超軽量!
コンパクトに収納でき、付属する収納袋で持ち運びにも便利。組み立ても簡単です。

カラーバリエーションも豊富なので、好みに合わせて選べるのも嬉しいポイント。
室内でも屋外でも活躍してくれます。

BURTON(バートン)|アイドルタイムチェア

スノーボードで有名な「バートン」の超コンパクト軽量チェアです。
冷えたビール6本が入る保冷スペースを備えていていて、チェアと保冷バックの両方の機能を兼ね備えています。

ドリンク以外にも、保冷剤を入れて熱中症予防をしながらアウトドアを楽しむこともでき、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめ。
持ち運びが楽ので、おうちキャンプ以外にも、海水浴やピクニックなどにも重宝します♪

リクライニング機能付きのアウトドアチェア

最後に、好みの角度に調整できるリクライニング機能付きアウトドアチェアをご紹介します。

こんな人におすすめ

  • おうちキャンプはとにかくリラックスしたい
  • お昼寝や読書ができるチェアが欲しい
  • 持ち運びやすさは重視していない

Whole Earth(ホールアース)|リクライニング シエスタ チェア

まるでハンモックに寝っ転がっているような座り心地のリクライニング機能付きチェア。

どんなシーンにも邪魔にならないシンプルブラックなデザインで、肘置きにはドリンクやスマホが置けるドリンクホルダーが付いています。

おうちキャンプで極限までのんびり、快適に過ごしたい!という方におすすめのアウトドアチェアです。

Onway(オンウェー)|リクライニングローチェア

ロースタイルでゆったり座れ、リクライニング機能もついたローチェアです。

3段階の角度調整ができ、1段階目はゆったりと身体を休めるリラックス体勢、2段目は読書やコーヒーを楽しめる体勢、3段階目は食事をするときに適した体勢になることができます。

ロゴス(LOGOS) |Tradcanvasゆらゆらハンモックチェア

ハンモックとチェアの2WAY仕様になっている「ロゴス」のハンモックチェアです。

ミニ枕が備えてあるので、首の疲労感を軽減しながら、ゆらゆらと心地よく揺れ、まるで宙に浮いているような座り心地。
リクライニング機能もあるため、自分好みの角度に調節することもできます。

パーツを分解できる組み立て式で、コンパクトに収納でき、持ち運びも可能。
自立式のハンモックは約8~10kgと重量がありますが、ゆらゆらハンモックなら約5kgと持ち運びやすい重さです。

おうちでもキャンプでも至福のリラックスタイムを過ごせそうですね。

室内でアウトドアチェアを使うときに注意すべきことは?

室内でアウトドアチェアを使うときは、とにかく床に傷をつけないよう気をつけることがポイント。

屋外で使うことを想定されているものなので、地面(おうちキャンプだと床)に接する部分は、ソファなどに比べると傷がつきやすい形状になっています。

また、一度屋外で使ったアウトドアチェアは、地面との接触部分がギザギザになってしまっており、フローリングを傷つけてしまう可能性が高いです。

床を傷付けないようにするためには、以下の2点が大事なポイントです。

ポイント【1】床にラグを敷く

ラグを敷いて、床に傷がついてしまうのを防止しましょう。
普段使用しているラグをそのまま使ってもいいですが、エスニック柄のラグなら、アウトドアの雰囲気がグッと盛り上がります。

こちらのラグはリーズナブルで丸洗いできるので、汚れを気にする必要はありません。
室内でも屋外でも大活躍してくれること間違いなしです!

ラグの代わりに、厚めのレジャーシートを強いても◎

<p>パール金属 起毛レジャーシート</p>

パール金属 起毛レジャーシート

アイテムを見る

ポイント【2】脚カバー・脚キャップを取り付ける

アウトドアチェアに脚カバーや脚キャップを取り付けておくとさらに安心です。

メーカーによっては別売りで販売しているチェアもありますし、100均やホームセンターで販売されている脚カバーで代用することも可能です。

室内で長い時間利用する場合は、脚カバーやキャップを準備することをおすすめします。

【初心者向け】おうちキャンプのおすすめの楽しみ方

初めてキャンプをする方、キャンプはしたことがあってもおうちでのキャンプが初めての方は、「どうやっておうちキャンプを楽しめばいいのか」が分からないことも多いはず。

そこで、おうちキャンプをめいいっぱい楽しむために、「キャンプ気分を盛り上げるアイデア」をご紹介します!

おうちキャンプに正解はありません!マイルールでとことん楽しんでみましょう♪

リビング全体をキャンプ場にしてみる!

おうちのリビングでキャンプ気分を味わえたら、一日中ワクワクして過ごせそうですよね♪

まずは、お手持ちのアウトドアグッズをリビングに出してセッティングしてみましょう。
本格的なテントがおうちになくても大丈夫!
ピクニックなどで使うポップアップテントや、子ども用のティピーテント1でも十分楽しめます。

テントを出すのが面倒なら、いつもより丁寧にコーヒーを淹れて、アウトドアチェアでくつろぎながらのんびり過ごしたり、読書をして過ごすのも素敵です。

キャンプ飯でおうちキャンプをとことん楽しむ!

たっぷりのおうち時間を活かして、いつもより工夫を凝らした「キャンプ飯」に挑戦してみるのはいかがでしょう?

難しく考えずに、ホットプレートでスペアリブを焼いてみたり、フライバンでパエリアを作って豪快にテーブルに出してみるだけでもOK!

家にある食材をお庭やベランダに持ち出して、カセットコンロでお料理してみるだけでも気分が変わりますよ♪
ワクワクできるメニューでおうちキャンプを盛り上げましょう。

ランタンを灯して夜の雰囲気を楽しんでみる!

キャンプは夜の時間も素敵なんです。
おうちでも、ランタンを灯してキャンプの雰囲気を演出してみませんか?

ランタンはおうちの中でも安全に使えるLEDタイプのものを選ぶようにしましょう。
お子さんのいるご家庭は、お泊り気分でリビングにテントを出して寝袋やお布団で寝てみるのもおすすめです。
いつもと違う気分でワクワクしながら眠りについてくれますよ♪

お気に入りのアウトドアチェアでおうちキャンプを楽しもう

おうちで楽しむキャンプでも、アウトドアチェアにはこだわりたいですよね。

室内で使用するアウトドアチェアは、自分の好みに合わせたり、おうちのインテリアに合わせて選べば、長く愛着を持って使っていけます。
ぜひ、お気に入りのチェアを見つけておうちキャンプを楽しんでくださいね。

関連記事