家でできる服のシミ抜き方法|原因別の落とし方とやってはいけない注意点

口紅のシミがついた服としょうゆのシミがついた服

衣類につくシミには、色々な原因があります。
食事中の食べ物や飲み物、遊びの中でついてしまう泥汚れ、etc……。

うっかり服にシミがついたとき、焦って自己流で落とそうとするのは厳禁です。
落とし方を間違えると、さらにシミ汚れがひどくなることも。

そこで今回は、家庭でできる服のシミ抜き方法について、おさえておきたいポイントを徹底解説します!

シミの種類や落とし方を知っておくと、万が一汚してしまった時でも落ち着いて服をきれいにすることができますよ。

「シミ」と「汚れ」は違うもの?

そもそも洋服の「シミ」とはどういった状態を指すのでしょうか。

汚れとシミは同じものだと思っている方が多いかもしれませんが、実はこの2つはまったく異なります。
袖についた汚れ
汚れ」とは洋服の全体に、広い範囲に面で付着するもの
点ではなく面で広がっているため、普通の洗濯でも落ちやすいのが特徴です。

一方、シミ」は、洋服の特定の箇所に点で付着するもの
洗濯をしても落ちにくいのが特徴です。

シミの場合、付着しているのは一箇所だけなのに、洋服全体を洗ってしまうことでシミ以外の部分にまでダメージを与えることもあります。

そのため、シミ抜きする時はシミができている部分だけを処理することが重要。
ピンポイントで処理することで、衣類を傷めることなくシミを取り除くことができます。

シミの種類は3タイプ、種類別の性質と原因

では、服につくシミにはどんな種類があるのでしょうか?
衣類のシミは、「水溶性」「油性」「不溶性」の3種類に分類できます。

シミの種類は、シミがついた原因が分かれば分類できます。
シミの種類でシミ抜きの方法が異なるので、まずは落としたいシミが3つのうちどれに当たるのか知っておくことが大切です。

3種類のシミとその原因
  • 水溶性のシミ:しょうゆ・コーヒー・ジュース・酒・血液・紅茶・ワインなど
  • 油性のシミ:口紅・ファンデーション・チョコレート・カレー・ドレッシング・朱肉など
  • 不溶性(固形)のシミ:泥・墨・鉄サビ・鉛筆など
ボールペンのインクは何性?
ボールペンのインクは「水性」と「油性」に分かれます。
ボールペン本体の表示でも確認できますが、簡単な見分け方はプラスチックに書いてみること。
手近なペットボトルなどに書いて「こすって消えないのが油性」「こすって消えるのが水性」です。

水溶性のシミは水に溶けやすい

服にしょうゆのシミがついたところ
水溶性のシミは水に溶けやすい性質を持つため、水洗いだけでもかなり落ちます。
水洗いで残ったシミは、台所用の中性洗剤や衣料用の洗剤を使うと落ちやすくなります。

気をつけたいのは、水溶性のシミは時間が経つと落ちにくくなるということ。
放っておくと酸化して頑固なシミへと変化するため、飲み物や血液で汚れてしまった時は、急いで水や洗剤で洗うようにしましょう。

油性のシミは油に溶ける

服に口紅がついたところ
油性のシミは水には溶けず、油に溶けやすいという特徴があります。
水溶性のシミとは違い、水で洗い流すだけではほとんど落とすことができません。

油性のシミを落としたい時は、洗浄力の強い洗剤や、ベンジンなどの有機溶剤を用意しましょう。
溶剤が家にないという方は、化粧用のクレンジングオイルを使ってみるのがおすすめです。

不溶性のシミはもっとも落ちにくい

3種類のシミの中でもっとも落ちにくいのが不溶性のもの。
水にも油にも溶けないため、落とすことが難しいシミです。

不溶性のシミの原因になるのは、泥やサビ、墨汁など。
これらの小さな粒子が繊維の内部に入り込むため、非常に取れにくくなってしまいます。

不溶性のシミを落としたい時は、まず乾かしてから汚れを取り除くのが基本
歯ブラシなどで乾いた土や泥を落としてから洗いましょう。

泥汚れの落とし方についてはこちらで詳しく解説しています
泥汚れの酷い靴下の洗い方泥だらけの靴下・衣服は洗濯機で洗える?手ごわい泥汚れの落とし方とおすすめの洗剤

シミができたら?やってはいけない3つの注意点

コーヒーのシミ
シミ抜きをするときには、知らないとうっかりやりがちなNG行為があります。
ここで、やってはいけない3つの注意点について説明します。

シミを落とすつもりでした行為が、逆にシミを広げてしまう結果になることもあるので、やってはいけないポイントをしっかり確認してくださいね。

シミ抜きでやってはいけない3つの注意点
  • シミは絶対にこすらない
  • シミにお湯を使うときは注意
  • シミ抜きはまわりから中心へ
  • シミは絶対にこすらない

    焦った時についやりがちですが、できたばかりのシミをこすることは絶対にしてはいけません

    手やティッシュなどで生地をこすると、シミの原因となるものを周りの繊維にまで塗り広げてしまいます。
    洋服にシミができたら、こするのではなく、軽く叩いて落とすことを心がけましょう。

    シミにお湯を使うときは注意

    水よりお湯を使ったほうが汚れが落ちるのでは?と思いがちですが、シミを落とすときには、お湯ではなく水を使うのが基本です。

    高い温度のお湯をかけるとシミが固まり、逆に落としにくくなる場合があるためです。
    シミ抜きの処理に、いきなりお湯を使わないように注意しましょう。

    シミ抜きはまわりから中心へ

    シミ抜きをする時、一番汚れている中心部分から始めるのは厳禁。
    中心から手をつけると、かえってシミが大きく広がり「輪ジミ」と呼ばれる状態になりかねません。

    汚れの薄い周辺部分から始めて、徐々に中心に向かって汚れを落としていくようにしましょう。
    汚れのひどい中心部分を最後に残しておくことで、シミを広げずに落とすことができます。

    シミはできるだけ早く応急処置を
    すぐに洗濯が出来ない時でも、シミに気付いたときにひとまず対処しておくことで、あとでしっかりシミを落としたいときに作業が楽になります。

    シミの応急処置についてはこちらで詳しく解説しています
    水に濡らしたティッシュでしょうゆのシミをおさえているところシミ抜きはスピード勝負|外出先での応急処置を徹底解説

    シミ抜きに使うおすすめの洗剤や薬品

    次に、シミを落とすために用意しておきたい洗剤や薬品をご紹介します。

    基本的には、いつも家で使っている洗剤などを使用できますが、シミ抜きに使えることを知っていると便利な薬品もあるので、ぜひチェックしてみてください。

    洗剤は「台所用洗剤」か「無蛍光の液体洗剤」

    台所用洗剤と衣料用洗剤
    シミ抜きをするときの洗剤は、どの家庭にもある台所用の中性洗剤衣料用の液体洗剤が使えます。

    衣料用の液体洗剤を使う場合は、なるべく蛍光剤が配合されていないものを選ぶのがポイント。
    蛍光剤は白い衣服をより白く見せるための成分なので、場合によっては衣類の色が変わる恐れがあります。

    漂白剤は「消毒液」か市販の「液体酸素系漂白剤」

    シミができた衣類に漂白剤を使う場合は、家にある消毒液を使うのがおすすめ。
    傷口を消毒するのに使うオキシドールは、実は酸素系漂白剤の原料としても使われています。
    衣料用酸素系漂白剤
    漂白剤には主に酸素系と塩素系の2種類がありますが、塩素系の漂白剤を使用できる衣類は色や素材ともに限定されます。
    衣類のシミには、酸素系の漂白剤を使うのがよいでしょう。
    酸素系は比較的弱い漂白剤ですが、色落ちなどのダメージを防いでくれるというメリットがあります。

    油性のシミには「ベンジン」「クレンジングオイル」など

    油に溶けやすい油性のシミは、有機溶剤を使うのが基本の落とし方。
    代表的なものはベンジンエタノールなどで、ドラッグストアで手に入るものもあります。
    シミ抜きに使うクレンジングオイルと口紅のシミが付いた服
    しかし、これらの溶剤をわざわざ探すのが大変という場合は、化粧用のアイテムで代用可能。
    メイク落とし用のクレンジングオイルや、マニキュアを落とす除光液でも、油性のシミを溶かすことができます。

    血液やワインには「アンモニア」

    実は、家でシミ抜きをする時に役立つのがアンモニア水です。
    タンパク質を溶解させる作用を持つアンモニアを使うことで、血や汗などが原因となるシミを簡単にきれいにすることができます

    また、水溶性のシミにも使えるのが嬉しいところ。
    ワインや紅茶など、洋服に残ってしまった飲み物の色素を分解してくれます

    ただし、アンモニアはアルカリ性のため、素材によっては周りの生地が色落ちすることも。
    衣類にアンモニア水を使う際は、その生地が変色しないかどうかを事前にチェックしておきましょう。

    アンモニア水は、ドラッグストアやネット通販で手に入れることができます。

    ¥955 (2021/12/02 13:54:38時点 楽天市場調べ-詳細)

    【シミ抜き手順】しょうゆやコーヒーなど水溶性のシミ

    では次に、実際のシミ抜きの手順を、シミの種類別に解説していきます。

    まずは、しょうゆやコーヒーなどの水溶性のシミの落とし方。
    洗剤は、家で洗濯するときにいつも使っているものでOKです。
    衣類に優しくシミ抜きしたいときは、おしゃれ着用の中性洗剤を使うとよいでしょう。

    用意するもの

    • 衣料用洗剤
    • いらなくなった歯ブラシ
    • タオル

    水溶性のシミを落とす手順

    手順1
    シミ部分の下にタオルをはさんでいるところ
    シミ抜きをする部分の下に、乾いたタオルを敷きます。
    タオルは重ねて分厚くして敷くのがポイント。タオルが薄いと下の生地にシミが移ることがあります。
    手順2
    水をつけた歯ブラシでシミの上からたたいて汚れをタオルに移しているところ
    歯ブラシを水で濡らし、シミを上からぽんぽんとたたきます。
    水で薄めた洗剤をつけた歯ブラシでシミをたたいてタオルに汚れを移しているところ
    手順3
    次に、水で薄めた洗剤を歯ブラシにつけ、残ったシミをたたきます。
    手順4
    衣類の洗剤を水ですすいで落としているところ
    洗剤が残らないよう水でよくすすぎます。
    手順5
    しょうゆのしみがとれた白いTシャツ
    シミ抜きの完了です。

    【シミ抜き手順】化粧品やカレーなど油性のシミ

    口紅やファンデーションなどの化粧品や、カレーやチョコレートなどの食べ物でついた、油性のシミの落とし方です。

    油性のシミは水に溶けないため、溶剤やオイルを生地に染みこませてシミを落としやすくします。

    シミのある面をにして、タオルに汚れを移すのがポイント。カレーや口紅の色が移るため、汚れてもいいタオルを使いましょう。

    用意するもの

    • 衣料用洗剤
    • ベンジンなどの有機溶剤(クレンジングオイルでも代用可能)
    • いらなくなった歯ブラシ
    • 汚れてもいいタオル

    油性のシミを落とす手順

    手順1
    口紅のシミの下にタオルを敷いたところ
    シミ抜きをする部分の下に乾いたタオルを敷きます。
    タオルは重ねて分厚くして敷くのがポイント。タオルが薄いと下の生地にシミが移ることがあります。
    手順2
    シミの下にタオルを敷いてシミに歯ブラシをあてているところ
    歯ブラシに溶剤を染みこませ、シミの裏側からたたくようにしてタオルに汚れを移します。
    タオルのきれいな部分がシミの下になるように移動させながら、汚れを移していきます。
    手順3
    シミの裏側から歯ブラシで汚れを下のタオルに移しているところ
    次に、一旦歯ブラシを洗い、水で薄めた洗剤をつけてシミの上からぽんぽんとたたいてタオルに汚れを移します。
    手順4
    衣類を洗った洗剤を水で流して洗っているところ
    最後に水ですすいで、洗剤をよく落としたら完了です。

    【シミ抜き手順】泥汚れなど不溶性のシミ

    不溶性のシミは、漂白剤でつけ置きして落とします。
    ただし、漂白剤を使うと色落ちの可能性があるため、白以外の衣類のシミを落としたい場合は、石けんを使うのが適しています。
    石けんを直接シミに塗り込んでもみ洗いし、洗濯をする方法を試してみましょう。

    用意するもの

    • いらなくなった歯ブラシ
    • 石けん

    不溶性のシミを落とす手順

    手順1
    泥汚れの泥をブラシで落としているところ
    衣類のシミをよく乾燥させ、泥汚れなどの場合は落とせる汚れを歯ブラシなどで軽く払い落とします。
    手順2
    泥汚れに固形石けんをつけているところ
    シミ部分を水でぬらし、石けんを直接塗ります。
    今回使用しているのは、固形洗剤の定番アイテム「ウタマロ石けん」です。
    ¥92 (2021/12/02 13:54:38時点 楽天市場調べ-詳細)
    手順3
    泥汚れに石けんをつけてもみ洗いをしているところ
    石けんを泡立てながらもみ洗いし、汚れを落とします。
    手順4
    泥汚れを洗った石けんを水で洗い流しているところ
    水でよくすすいで、石けんを洗い流したら完了です。

    まとめ

    食事中に食べ物や飲み物をこぼしたり、インクが袖についたりと、生活の中でシミができる場面は多々あります。
    お気に入りの服についたシミはなるべくきれいに落としたいもの。

    普通に洗濯をしてもなかなか落ちないシミですが、種類別のシミ抜きの方法を知れば、お洋服についたシミにもすぐに対処できるようになります。

    大切なお洋服を長く着るためにも、お家でできる正しいシミ抜きの仕方をマスターしておきたいですね。
     
    自分でできる着物の正しい染み抜き方法を和裁士が解説 いろいろな素材のマスクと衣料用洗剤とピンチハンガー洗えるマスク選びのポイントは?基本の洗い方と洗える回数目安を素材別に紹介