その衣類、正しく洗えてる?「洗濯表示」の意味と衣類の見分け方

洗濯表示のタグ

毎日の暮らしにおいて欠かせない家事といえば洗濯。
日常的な習慣ですが、おしゃれ着やニットの洗い方など、自分のやり方は本当にこれで合っているのか?と疑問に思ったことのある方は多いのではないでしょうか。

衣類に合った適切な取り扱い方を知るには、洗濯表示から正しい洗い方を読み取ることが大切
そこで今回は、よく目にしているようで意外と難しい、洗濯表示の見方について詳しく解説します。

新しくなった洗濯表示

旧洗濯表示記号と新洗濯表示記号の一例
洗濯をする前の大前提として、まず最初に確認すべきなのが「洗濯表示」です。

洗濯表示とは、洋服やタオルなど身近な繊維製品の取り扱い方法を表す記号のこと。衣類に合った洗濯の仕方、お手入れの方法が図で表してあります。
洋服のタグに描かれることが多いですが、最近は直接衣類にプリントしてあることも。

そんな洗濯表示がここ数年で新しくなったのはご存知でしょうか?
2016年12月から、洗濯表示は従来の22種類から41種類にまで増加。洗濯の仕方がより細かく分類されました。

大事な衣類を正しく洗うには洗濯表示の知識も重要です。よく使う基本的な記号だけでも覚えておくと、普段の生活に役立ちますよ。

洗濯のキホン。まずは新しくなった洗濯表示の見方を知ろう

洗濯表示には、「基本記号」に加えて水温やアイロンの温度を説明する「付加記号」があり、これらの記号と数字の組み合わせで取り扱い方法を表します。
ここでは、リニューアルされた表示の見方を解説します。

基本の洗濯表示の記号は5つ

はじめに、「洗い方」「漂白」「乾燥」「アイロン」「クリーニング」の5つの基本記号を簡単にご説明します。

【1】洗い方

家庭での洗い方には大きく分けて2種類あります。
洗濯機での洗う場合と、手洗いをする場合です。

衣類の洗い方を表す記号は、洗濯桶をイメージしたマークです。

洗い方の洗濯表示
手洗いのマークは手が描かれているので分かりやすいですね。
中に数字が書かれているものについては、家庭の洗濯機で洗うことが可能というマークです。
×印のあるマークは、洗い方を問わず洗濯自体が出来ないという意味になります。
  • 中央にある数字は「液温」と呼ばれる洗濯の際の水温を指しています。
    液温の上限は素材ごとに異なるため気をつけましょう。
  • バケツ型のマークの底に横棒が引かれている場合がありますが、これは洗う時の水流の強さを表しています。

【2】漂白

漂白の洗濯記号
三角形は、漂白処理をしてもよい衣類かどうかを表すマークです。
漂白剤の種類には大きく分けて「塩素系」と「酸素系」があり、その両方を使用してもよい衣類は上記の三角形で表されます。

漂白処理を表す記号は、塩素系と酸素系の両方の漂白剤が使えるもの酸素系の漂白剤が使用できるもの漂白剤を使ってはいけないものの3段階に分かれているのが特徴です。

酸素系の漂白剤しか使用できない衣類には、三角形の内部に斜めの線が2本引かれた記号が使われています。
漂白不可の衣類には、三角形の上にバツ印が描かれた記号が使われています。

【3】乾燥

乾燥の洗濯表示
衣類を洗ったあと乾燥させる方法としては、「自然乾燥」と乾燥機などを使用する「タンブル乾燥」の大きく分けて2種類があります。
さらに、そのそれぞれの乾燥方法の中で、細かく乾かし方(自然乾燥の場合は干し方など)が指定されています。
ここでは簡単にそれぞれの記号の見方を説明します。
タンブル乾燥
衣類の乾燥方法を表す記号は、ドラム式洗濯機をイメージした形。
洗濯物を回転させながら温風を当てて乾かす方法はタンブル乾燥と呼ばれますが、中にはこの乾かし方が向いていない素材もあります。

乾燥の方法を表す記号は3段階に分かれており、高温でのタンブル乾燥が可能な衣類は円の中央に2つの点を描いた記号で表します。
低温でならタンブル乾燥が可能となる衣類には中央に1つの点が描かれた記号が使われており、タンブル乾燥させてはいけない衣類では洗濯機のマークの上にバツ印が描かれています。

自然乾燥(干し方や絞り方含む)
干し方に関しては、衣類など洗濯物をハンガーなどに掛けて吊るした状態で干す「つり干し」と平らなところに広げて干す「平干し」、日向に干すか日陰に干すかなどが細かく指定されています。
また、洗濯機での脱水や手で絞るなどをせず、濡れた状態で干す「ぬれ○○」という干し方が指定されている場合もあります。

【4】アイロン

アイロンの洗濯表示
衣類のアイロンがけについて説明する記号は、見ての通りアイロンをイメージしたマークです。
乾燥を表す記号と同様に、アイロンの中に描かれた点の数でアイロンがけが可能な温度が示されています。
点の数は1つから3つまであり、記号の点が多いほど高温でのアイロンがけが可能です。

アイロンをかけてはいけない衣類は、アイロンのマークにバツ印で表します。

【5】クリーニング

クリーニングの洗濯表示
円の中にアルファベットが描かれたマークは、ドライ・ウェットクリーニングの可否を表す記号です。
アルファベットは溶剤の種類を表しており、「P」の文字がある場合はパークロロエチレンなどの溶剤で、「F」の場合は石油系の溶剤でのドライクリーニングが利用できることを意味しています。
円の中に「W」の文字がある場合は、本来ドライクリーニングをするべき衣類を水を使って洗浄するウェットクリーニングという技法が使えるかどうかを表します。

クリーニング不可の衣類は円にバツ印で表されます。

これを覚えれば簡単!洗濯表示の基本的なチェック項目

ここでは、洗濯表示の中でよく使われている数字や横線、バツ印の意味を見ていきます。
先ほどご紹介した基本のマークと一緒に覚えておくと、実際に洗う時にも迷わずにすみますよ。

「数字」は家庭洗濯の温度

中央にある数字は、家で洗濯をする際の水温を表します。「95」と描かれている場合、液温の上限は95℃という意味。
洗濯機は水道水を使うタイプのものが多いですが、温水モードを利用したり、残り湯機能でお風呂のぬるま湯などを有効活用して液温を調節できます。

「線(ー)」は洗濯の力加減

桶のマークの下に引かれた線は、洗濯時の水流の強さを表したものです。
線が1本の場合は弱い水流、2本の場合は非常に弱い水流を使うよう推奨しているため、洗濯機の衣類を優しく洗えるコースを利用するのがおすすめです。

「×」は処理の禁止

マークの上に大きく描かれた「×」の記号は、その処理をしてはいけないという禁止の意味です。
アイロン不可の衣類や漂白剤を使ってはいけない衣類、中には洗うこと自体が禁じられている衣類もあるため、洗う前にタグを見てバツ印があるかどうかを確かめるのが肝心です。

洗濯の前にチェック!洗濯表示の早見表

記号の指す意味がわかれば、正しい洗い方を読み取るのも簡単。
全部覚えるのは難しい!という方に、ぱっと一覧で見られるように早見表をご用意しました。

「これ何だっけ?」と思ったら、お洗濯の前に洗濯表示の早見表を確認しておきましょう。

洗い方

図柄 意味
液温60度限度で洗濯機で洗える 液温は60 ℃を限度とし、洗濯機で処理ができる
液温60度を限度として弱流で洗濯機で洗える 液温は60 ℃を限度とし、洗濯機で弱い処理ができる
液温50°Cを限度とし洗濯機で通常の洗濯処理ができる 液温は50 ℃を限度とし、洗濯機で処理ができる
液温50°Cを限度とし洗濯機で弱い洗濯処理ができる 液温は50 ℃を限度とし、洗濯機で弱い処理ができる
液温40°Cを限度とし洗濯機で通常の洗濯処理ができる 液温は40 ℃を限度とし、洗濯機で処理ができる
液温40°Cを限度とし洗濯機で弱い洗濯処理ができる 液温は40 ℃を限度とし、洗濯機で弱い処理ができる
液温40°Cを限度とし洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる 液温は40 ℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い処理ができる
液温30°Cを限度とし洗濯機で通常の洗濯処理ができる 液温は30 ℃を限度とし、洗濯機で処理ができる
液温30°Cを限度とし洗濯機で弱い洗濯処理ができる 液温は30 ℃を限度とし、洗濯機で弱い処理ができる
液温30°Cを限度とし洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる 液温は30 ℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い処理ができる
液温40°Cを限度として手洗いによる洗濯処理ができる場合の洗濯表示 液温は40 ℃を限度とし、手洗いができる
洗濯禁止 家庭での洗濯禁止

漂白

図柄 意味
塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる 塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白ができる
酸素系漂白剤の使用はできるが塩素系漂白剤は使用禁止 酸素系漂白剤の使用はできるが塩素系漂白剤は使用禁止
漂白剤の使用が出来ない 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

乾燥

 

図柄 意味
高温のタンブル乾燥可能 高温のタンブル乾燥ができる(排気温度上限80 ℃)
低温のタンブル乾燥可能 低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60 ℃)
タンブル乾燥できない タンブル乾燥禁止
つり干し乾燥がよい つり干しがよい
日陰でのつり干し乾燥がよい 日陰のつり干しがよい
脱水を行わない状態でのぬれつり干し乾燥がよい ぬれつり干しがよい
脱水を行わない状態で日陰でのぬれつり干し乾燥がよい 日陰のぬれつり干しがよい
平干しが良い 平干しがよい
日陰の平干しが良い 日陰の平干しがよい
ぬれた状態での平干しが良い ぬれ平干しがよい
日陰でのぬれた状態の平干しが良い 日陰のぬれ平干しがよい

アイロン

図柄 意味
200度までのアイロン可 底面温度200 ℃を限度としてアイロン仕上げができる
150度までのアイロン可 底面温度150 ℃を限度としてアイロン仕上げができる
110度までのアイロン可 底面温度110 ℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる
アイロン不可 アイロン仕上げ禁止

クリーニング

図柄 意味
通常のドライクリーニングができる パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる(溶剤に2%の水添加)
石油系溶剤によるドライクリーニグができる 石油系溶剤によるドライクリーニグができる(溶剤に2%の水添加)
クリーニング禁止 ドライクリーニング禁止
ウエットクリーニングができる ウエットクリーニングができる
ウエットクリーニング禁止 ウエットクリーニング禁止

クリーニングの種類や洗い方の強弱などによって、さらに細かい洗濯表示も存在します。
ただ、それらは基本的にはクリーニング店の方が参考にする内容なので、家庭で洗えるかどうかやクリーニングが可能かどうかは上記の表に掲載した洗濯表示で判断が出来ますよ。
迷ったときは参考にしてみてくださいね。
 
【参照】消費者庁・洗濯表示(平成28年12月1日以降)より「2記号(2)各記号の詳細

自分で洗える?おうちクリーニングできる洗濯表示の見分け方

大切な衣類は自宅で洗った方がいいのか、それともクリーニングに出したほうがいいのかと迷う場面は多いはず。
ここで、洗濯表示による適切な洗濯方法の見分け方をご紹介します。

洗濯機を使って洗えるもの

液温60度で洗濯
水が張られたバケツのようなマークに数字が記載された表示は、水洗いが可能なことを表しています。
この表示がある衣類はおうちで普通に洗ってOK。

書かれている数字は液温(洗う時の上限水温)なので、温度に気をつけて洗いましょう。
綿や麻は丈夫な素材なので、気軽に洗濯機を使用できます。

手洗いが必要なもの

液温40°Cを限度として手洗いによる洗濯処理ができる場合の洗濯表示
先ほどと同じく、バケツのマークに手が描かれたイラストは、手洗いをすれば家庭での洗濯が可能なことを表しています。
お湯に洗剤を溶かして丁寧に手洗いをしたり、洗濯機の手洗いコースを使って洗うのも便利。

カシミヤやウールなどのニット、レーヨンといった縮みやすい素材は手で洗うのがおすすめです。

ドライクリーニングが必要なもの

通常のドライクリーニングができる
石油系溶剤によるドライクリーニグができる
円の中にPやFなどのアルファベットが記載された表示は、ドライクリーニングが必要であることを表しています。
家庭でドライクリーニングをするのは難しいため、これらの表示がある衣類は自宅で洗わずクリーニングを頼むのがおすすめ。

スーツやコートなど、大事な衣服は水を使わずに、ドライクリーニングできれいにしてもらいましょう。

おうちクリーニングができないもの

洗濯禁止
水を張ったバケツのマークに大きなバツ印が描かれた表示は、家庭での洗濯ができないことを表しています。
洗濯機を使うと生地が傷むケースもあるため、この表示がある衣類は素材に関わらずクリーニングを利用しましょう。

知っておきたい!洗濯コースの上手な使い分け方

洗濯機のコース選択
家庭用の洗濯機には切り替え可能なコースがいくつも搭載されています。
衣類の種類や素材によって最適な洗濯コースは異なります。

ここで、一般的な5つの洗濯コースについてそれぞれの特徴と使い方をご紹介します。

一般的な洗濯コース
  • 標準コース
  • 時短・スピードコース
  • ドライコース(お洒落着・デリケート衣類)
  • つけ置きコース
  • 大物・厚物コース

 

コース 特徴 どんな洗濯に向いてる?
標準コース ・好きな量の洗濯物を洗える 気軽に普段着を洗濯する時におすすめ
時短・スピードコース ・洗濯にかかる時間が少ない
・水道代が節約できる
毎日こまめに洗濯をする人におすすめ
ドライコース ・弱い水流で優しく洗える 大事に着たいおしゃれ着を洗う時におすすめ
つけ置きコース ・洗濯物を洗剤に漬け込み汚れを落とす 食べ物の染みや泥汚れのある洗濯物におすすめ
大物・厚物コース ・布団や毛布などの「大物」を時間をかけて洗浄 コインランドリーに行かずに毛布を洗いたい方におすすめ

 

洗濯物の量が多すぎない、普通着の洗濯は「標準コース」がおすすめ

普段からよく利用する標準コースは、投入した洗濯物の分量に合わせて洗う時間や洗剤の量を調節してくれる優れもの。
ボタンを押すだけで、何も気にせず普段着をきれいに洗濯してくれます。

手軽に使える機能ですが、色の落ちやすい服や傷みやすい素材の衣類は避けておきましょう。

「スピードコース」は少量の洗濯物をこまめに洗う方に◎

スピードコースは、標準コースに比べて洗濯にかかる時間が短く済むのが特徴。
すすぎが1回で終わるので、水道代や電気代の節約にもつながります。
大量の洗濯物を一度に洗う時には向いていないため、毎日洗濯物をためたくない方にはぴったり。
あまり汚れの激しくない衣類をさっと洗う時に向いている機能です。

ニットやお洒落着などは「ドライコース」で

ドライコースは、標準コースに比べて弱い水流で衣類を洗えるのが特徴。
洗濯やすすぎの時間が短く、色落ちや繊維のダメージを防ぐのに役立ちます。

ニットやおしゃれ着など、きれいな見た目にキープしたいお洋服を洗う時には弱い素流を選びましょう。

頑固な汚れをしっかり落としたいときは「つけおきコース」を

洗濯物を洗剤に漬け込んで洗うつけおきコースは、普通の洗濯では落ちにくい頑固な汚れにぴったり。
標準コースより時間がかかりますが、泥汚れのついた靴下や油汚れをきれいにしたい時にはつけおき洗いを試しましょう。

洗濯槽の掃除に利用できるところも嬉しい機能です。

「大物・厚物コース」は毛布や布団カバーなどの分厚いものに◎

大物・厚物コースは、布団や毛布などの分厚い洗濯物をじっくり洗える機能です。
一度に何枚も毛布を詰め込むと水がこぼれる場合もあるため、分厚いものを洗う時はなるべく一枚ずつ洗うのが大事なポイント。
たくさんの毛布や布団を一度に洗いたい方は、コインランドリーを利用するのもおすすめです。
羽毛布団の正しい収納方法とは?収納前にするべき洗濯&乾燥の方法や畳み方を解説

「手洗い表示」の衣類を洗濯機で洗う方法を伝授!

手洗い用洗剤
洗濯表示では手洗いが推奨されているけれど、やっぱり手洗いは時間がかかって少し面倒。
そんな時のために、手洗い表示のある衣類を洗濯機で洗う方法について解説します。

そもそも洗濯機で洗ってもいいの?

素材にもよりますが、手洗い表示がある衣類も自宅の洗濯機で洗うことが可能。
洗う際はコース変更でドライコースや手洗いコースを利用し、一着ずつ洗濯ネットに入れて衣類にかかるダメージを小さくしましょう。

ただし、洗濯機を使うのであれば脱水や干し方にも気を配るのが大切。
自分で操作して脱水を短時間で切り上げたり、ハンガーにかけずにタオルの上で乾かすなどの工夫が必要です。

「手洗い表示」の衣類などを洗濯機で洗ってみよう!

「手洗い表示」になっていることが多いのは、セーターやニット、レース生地の衣類など。
それぞれどうやって洗濯機で洗うのかを見ていきましょう。

■セーターやニットの場合

水流が弱めのコースを利用し、一着ずつネットに入れて洗います。
絡まるのを防ぐため、洗う時にはきちんとたたんでおきましょう。

脱水は30秒ほどで切り上げ、タオルなどに乗せて陰干しや平干しにします。
型崩れが心配な方は、表示に合わせた液温のぬるま湯に中性洗剤を溶かし、洗濯液の中にニットを漬けて押し洗いしてもOK。
脱水の時はネットと洗濯機を利用しましょう。

■レースの場合

レースには水につけることで縮んでしまう素材も多いため、なるべく手早く洗うのがポイント。
様子を見ながら、泡が残らないようにドライコースを使って洗います。

見た目をきれいにキープするため、脱水の後は指でレースの形を整え陰干しをします。
こちらも押し洗いをして洗濯機で脱水しても大丈夫。

■ラグマットや玄関マットの場合

マットを洗うには洗濯機の容量が必要。大物・厚物コースを使うのもおすすめです。
洗濯ネットは大型のものを使い、くるくると巻いてたたみましょう。
脱水は短時間で済ませ、干す時は裏面を上にしておくのがポイントです。

手洗いをしたい場合は浴槽を使うと便利。バスタブに洗濯液をため、足で踏んで汚れを浮かせてから脱水します。
ラグの選び方洗えるラグのメリットと選び方のポイント-洗濯機OKなラグやおすすめアイテムも-

「手洗い表示」を洗濯機で洗うときの洗剤の選び方

手洗いが推奨される衣類を洗うなら、おしゃれ着用の洗剤がぴったり
通常の洗濯洗剤を使うと、衣類の繊維を傷めてしまう危険性が。

普段着は弱アルカリ性の洗剤でもOKですが、繊細な衣類を洗う時には中性洗剤のほうが適しています。
中でも界面活性剤の含有率が低いものは、泡が繊維に残りづらいため衣類に与えるダメージを抑えることが可能です。

「手洗い表示」を洗濯機で洗えるおすすめおしゃれ着用洗剤

こちらではおすすめおしゃれ着用洗剤をいくつかご紹介します。

花王|エマール

花王のエマールは、売上ナンバーワンのおしゃれ着用洗剤。伸びやシワができるのを防いでくれるほか、気になるにおいも落としてくれます。
洗う際の色あせを防いでくれるのも助かるところ。

P&G|ボールド 香りのおしゃれ着用洗剤

P&Gのボールドは、華やかな甘い香りのおしゃれ着用洗剤。大容量ながらリーズナブルな値段で、乾いた後でもいい香りが長続きするのが特徴です。
柔軟剤が配合されており、着心地がいいのも嬉しいポイント。

¥238 (2021/03/09 08:49:52時点 楽天市場調べ-詳細)

ライオン|アクロン おしゃれ着用洗剤

ライオンのアクロンは、洗濯によるダメージを防いでくれる洗剤。型崩れやシワを防止してくれたり、色落ちをケアしてくれたりと嬉しい効果がたくさん。
洋服の他にカーテンなどのインテリアにも使用可能です。

NSファーファジャパン|ファーファココロ 洗たく用洗剤

ファーファココロは、普段着からおしゃれ着まで使える高品質の洗剤です。防臭成分が含まれているので汗をかいても安心。
オーガニックの精油を使用しているため、強い香りや人工的な香料が苦手な方にも嬉しいアイテムです。

洗濯表示を知って、衣類を長持ちさせよう

洗濯ハンガーの選び方とおすすめ便利グッズ
洗い方や乾燥の方法など、たくさんの情報がシンプルな記号で表された洗濯表示。

それぞれの衣類に記載された表示をきちんと読み取ることができれば、自然と正しい洗い方が理解できるようになります。
洗濯の仕方を変えるだけで、気に入った衣類を長く気持ちよく使うことにもつながります。

素材ごとに適した洗い方を知り、洗濯機に搭載された機能を使いこなして、毎日の洗濯をさらに有意義にしていきましょう。

 
いろいろな洗濯ネット洗濯ネットを上手に活用!主な種類や選び方のポイントと入れるべき服の種類とは 羽毛布団の正しい収納方法とは?収納前にするべき洗濯&乾燥の方法や畳み方を解説