室内干しでも大丈夫?気になる生乾き臭の原因・対処法&おすすめアイテム

花粉や梅雨の季節、外干しがなかなか出来ないからと、洗濯を諦めていませんか?
でも室内干し(部屋干し)って「ちゃんと乾く?」「生乾き臭は大丈夫?」など、気になる点もありますよね。

室内干しには、ちょっとしたコツがあります。
そこで今回は、生乾きにならないための上手な干し方のコツと便利なおすすめアイテムなどをご紹介します。

室内(部屋)干しのメリットとは?

天日干しのメリットなら分かるけど、室内干しで良いことなんてあるの? と思われたあなた!
実は室内干しをすると、良いことがいっぱいあります。

メリット
  • 天気に左右されない。
  • 花粉、ホコリなどから守れる。
  • 衣類の退色を防ぐ。
  • その他(まだまだあります)

【部屋干しのメリット】天気に左右されない

庭やベランダなど外に洗濯物を干していると、急な雨や雪など、天候が悪くなったら、すぐに取り込まなくてはいけません。
突風で洗濯物が飛んでしまうということもあります。

外出していても雲行きが怪しくなると「洗濯物、大丈夫かな」と気になってしまいますし、帰宅時間が遅いときも気になりますよね。
それに比べて、室内干しの場合はどんな天気になろうが関係ないので、安心してお出かけすることができます。

【部屋干しのメリット2】花粉、ホコリなどから守れる

目には見えませんが、外には花粉やほこり、車の排気ガスなど、汚れがいっぱいあります。最近は、黄砂やPM2.5も気になりますよね。
しかも、濡れた衣服は、乾いている時よりも汚れが付着しやすいと言われているので、特に花粉の気になる季節には、外干しより断然、室内干しの方がおすすめです。

【部屋干しのメリット3】衣類の退色を防ぐ

どういう事?と思われた方も多いかもしれませんね。
実は、衣類にとって太陽の紫外線は殺菌作用があるというメリットはありますが、一方で、色あせしたり、繊維がもろくなったりというデメリットもあるのです。
また、車の排気ガスによっても衣類が変色してしまう可能性があります。室内干しならもちろん、そんな心配は無用です。大事な洋服ほど、外干しより室内干しにしてあげたいものです。

【部屋干しのメリット4】夜干しOK!留守でも安心

時間を気にせず干せるところも魅力的です。
昼間は仕事していて、夜にしか干せないという方も、冬の夜に寒い外に出る必要も無く、手軽に干せます。

また、防犯の面でも安心できます。
特に一人暮らしの女性は気になるポイントだと思いますが、室内干しなら、外に干した洗濯物から住人を特定されるという心配もありません。
空き巣狙いの手口として、雨の日に外に洗濯物を干しっぱなしにしていたために、住人の不在を知られてしまうことがあると言われています。
でも、室内干しならその点は安心ですね。

ベランダの目隠し
▲それでもやっぱり外干しがいい!という人には、こんな目隠し&雨よけカバーがおすすめ♪

生乾きの心配なし! 室内干し上手になる3つのコツ

室内干しで心配なのが、「ちゃんと乾くかどうか」「生乾きにならないか」ですよね。
実は生乾きを防ぐためには3つのコツがあります。室内干しに限らず、洗濯上手になるための豆知識でもあるので、是非この機会に覚えておきましょう。

【コツ1】洗濯物は「部屋干し用洗剤」でしっかり洗浄

まず大事なコツは、しっかりと洗うことです。
外干しと違い、部屋干しには太陽光による殺菌効果がありません。乾くまでの時間もかかるので、臭いの元となる菌類が繁殖しやすい状態です。
このため、洗濯の段階であらかじめ菌類を取り除くための除菌成分が入っている「部屋干し用洗剤」や、洗浄力のしっかりした洗剤を使うことをオススメします。

また、洗濯にお風呂の残り湯を使っているという方は、要注意。
お湯は水よりも汚れを落としやすいというメリットはありますが、残り湯の中の汚れや色が洗濯物につくというデメリットがあります。
すすぎの時には、必ず水道水のきれいな水を使うように気をつけましょうね。
洗う

【コツ2】干し方に気をつける

室内干しをする際には、洗濯物に間隔(理想は5㎝以上)を開けて干し、乾きやすくすることが大事です。間隔を開けると、空気の通り道が出来ます。乾くまでの時短効果もあるので、是非お試しください。

あと、基本的に衣類などは裏返しにして干しましょう。縫い目など、布地が重なっている箇所を空気に触れ安くすることで、渇きが早くなります。少し手間かもしれませんが、乾くまでの時間がずいぶん違います。

また、洗濯物は乾きにくそうな丈の長いものや厚手の衣類などは外側に、小物類は内側に干すのもポイントです。
シャツ

【コツ3】風の通りをよくする

濡れた洗濯物を大量に室内に干していると、どうしても部屋の湿度が上がってしまいます。
冬場は乾燥対策になってよいのですが、梅雨の時期などは洗濯物が乾きにくいのはもちろん、カビやダニの発生も心配ですよね。

室内干しをする際は、必ず換気をしっかりしましょう。
雨の日は、窓を開けると逆効果なので、換気扇を回すかエアコンのドライ機能で大丈夫です。
扇風機
また、早く確実に乾かしたい場合は、扇風機やサーキュレーター、除湿機やエアコンなどの風を利用しましょう。
風量は「強」にする必要はありません。部屋の中の空気を循環させることが早く乾かすコツです。

エアコン物干し
▲エアコンに直接引っ掛けて省エネ乾燥できる「洗濯物干し」

何度洗っても衣類が臭う!生乾き臭の原因と対処法は?

基本的には先ほどの3つのコツを実践すれば避けられますが、既に生乾きで臭いがついてしまった衣類の場合はどうすればよいでしょうか?
雑巾のような臭いがする衣類で、何回洗濯しても取れないものもありますよね。この臭いの原因は花王株式会社が研究し、その正体が「モラクセラ菌」だということを突き止めました。

一般家庭から雑巾様臭を有する衣類を入手し解析した結果、この微生物はモラクセラ菌と呼ばれる2連短桿菌で、洗濯後も衣類に残り、衣類の使用中や衣類の保存中に強い雑巾様臭を発生させることがわかりました。
出典:花王株式会社「洗濯後に発生する衣類の悪臭の原因菌を解明

服を着た時には臭いがしなくても、汗をかいたり、雨に濡れたりすると、急に臭いがすることもありますよね。「モラクセラ菌」には、汗や雨などの水分とともに揮散して臭いを発生させるという特徴もあるんです。

モラクセラ菌の弱点は「熱」

モラクセラ菌は紫外線や乾燥に強く、いったん臭いがついた衣類を天日干ししても、菌は残ったままの状態です。
ですが、「熱」には弱いため、50~60℃のお湯(熱湯だと生地が傷む可能性があります)に、消臭したい衣類を10~20分浸けることで、臭いを取ることができます。

より確実に消臭したい場合は、酸素系の漂白剤(過炭酸ナトリウムなど)をお湯で薄め、10分~1時間ほど衣類を浸けると効果的です。
なお、漂白剤は色柄物に使えるタイプを選びましょうね。

また、アイロンもおすすめです。特にワイシャツなどの場合は、シワも臭いも取れて、一石二鳥ですね。

さいごに

お住まいの環境によっては、室内干しをする場所がなくて困ることがありますよね。
また、リビングなどに干すと来客時に困る・・・という場合、オススメなのが浴室です。

浴室暖房や乾燥機能がある場合は、より早く乾かすことができる上、浴室の湿気・カビ対策にもなります。
乾燥機能が無くても、換気扇を入れ(出来れば扇風機やサーキュレーターがあるとgood!)間隔を開けて干すことで、ちゃんと乾かすことが出来ます。

それでは、快適な室内干しライフをお過ごしください。

こちらも参考になります
タオルの干し方比較記事
角ハンガーの比較記事