ぴったり重ねてキッチンすっきり!ざるボウルセットのおすすめ8選

ざるボウルセットに野菜を入れたところ

ざるとボウルがぴったり重なり、場所をとらずに収納できる「ざるボウルセット」。
重ねて使えば、水をためて野菜を洗ったり乾物を戻したりするときに便利です。もちろん、ざるとボウルを別々に使ってもOKです。

今回は、ざるボウルセットのおすすめアイテムをご紹介します。選ぶときのポイントも合わせてチェックしてみてくださいね。

【SETP1】素材をチェック

選ぶときは、まず素材を確認しましょう。素材の特徴が用途に合っているかやお手入れしやすいかなどをチェックし、自分の使い方に合わせて選ぶことが大切です。

ステンレス製

ステンレスの素材は熱に強く、熱湯やゆで上げた食材を入れるときに便利です。熱伝導がよいので、湯せんや氷水で冷やすといった用途にも適しています。
また、においがつきにくく汚れも落ちやすいのでお手入れが簡単。耐久性もよいので長く使えます。

プラスチック製

プラスチック製は軽く扱いやすいのが特徴。落としても割れないので、子どもが使う場合も安心です。カラフルでかわいいデザインも多く、キッチンを明るい雰囲気にしてくれます。

ただ、色やにおいがうつりやすかったり、傷がつきやすかったりするので、定期的に買い替えて衛生的に使うようにしましょう。

ボウルがガラス製

耐熱ガラスのボウルは、電子レンジやオーブンが使え、幅広い調理に活躍します。
においうつりが少なく汚れ落ちがよいので、お手入れしやすい点もメリット。
ただ、他の素材に比べると重く、落とすと割れる危険があるので注意が必要です。

【SETP2】サイズをチェック

次にサイズをチェックしましょう。家族の人数や、どんなときに使うことが多いかを考えて選ぶと失敗が少ないですよ。

大サイズ(直径25~30センチ程度)

3人以上の家族のおかず作りに活躍する大きさです。食材が多いときも一気に作業できるので効率がよくなります。

中サイズ(直径20~24センチ程度)

食材を洗ったり混ぜたりするのに使い勝手のよい大きさです。ひとり暮らしでもファミリーでも使える定番の大きさです。

小サイズ(直径10~15センチ程度)

下ごしらえや調理中に小回りがきくサイズです。調理台の上でも場所をとらないので食材を並べたいときにも便利です。

オールマイティに使えるのは?

基本の料理で困らず使えるタイプを紹介します。新生活でひとつだけほしいという場合にもおすすめです。

湯切りにぴったりな飽きのこないタイプ

ステンレス製のボウルと両手ざるでそばの水切りをしているところ
野菜の水切りやゆでた食材の湯切りに。
熱いのも冷たいのもOKで、普段の調理にストレスなく使えます。
ヨシカワ 水切りしやすいザル・ボールセット

ひとつで何役もこなす万能タイプ

ガラスボウルとプラスチック製のざるで野菜の水切りをしているところ
メインのおかずからお菓子作りまで活躍するセット。

耐熱ガラスボウルは、電子レンジ・オーブンの使用が可能。下ごしらえ、加熱調理、器にも使え、ひとつで何役もこなせます。
シリコン製のフタ付きで、レンジ調理や保存のときに便利です。

¥2,150 (2022/06/26 10:56:21時点 楽天市場調べ-詳細)

各サイズそろえたいときは?

大中小それぞれのサイズがそろっていると便利。大きな野菜洗いから卵を1個だけとくといった場面まで、幅広く活用できます。

ぴったり重なりコンパクトに収まる6点セット

ざるボウルセットに野菜を入れたところ
S、M、Lサイズのざるとボウル、6点のセットです。
全てのざるとボウルはぴったりと重なり、高さがフラットになるので狭い収納スペースにもすっきり収まります。
¥828 (2022/06/26 10:56:33時点 楽天市場調べ-詳細)

長く愛用できるこだわりの逸品

キッチンに並んでいる柳宗理デザインのざるとボウル
デザイナー柳宗理が設計した、ざるボウル6点セットです。ざるはお手入れしやすいパンチング穴タイプ。

美しいデザインで高級感があり、長く愛用したい方にもおすすめです。

¥12,510 (2022/06/26 12:56:35時点 楽天市場調べ-詳細)

ひとり暮らしにおすすめなのは?

加熱できたり、器にも使えたりするデザインのアイテムがおすすめ。洗い物の手間が減り料理のハードルが下がりますよ。

また大きすぎるものは、サラダなどをつい作りすぎてしまう心配も。「無洗米を買うので米とぎに使わない」という人には、14~15cmぐらいのものをおすすめします。

下準備から食卓までこれひとつ

耐熱性のふた付きざるボウルセットに蒸し野菜が入っているところ
野菜を洗ってレンジ加熱し、味付けして食卓に並べる。その一連の作業が、これひとつでできるセットです。
ひとり暮らしでも料理のバリエーションが増えますよ。
¥1,030 (2022/06/26 12:56:35時点 楽天市場調べ-詳細)

ひとり暮らしにベストなサイズ

ぴったり重なるステンレス製のストレーナーとボウルと片手鍋
ざるとボウル(別売り)がジャストフィットするシリーズです。

ひとり暮らしの調理には、14cmのざるとボウルがおすすめ。サラダを作りすぎず、ひとり分のラーメンの湯切りができます。
ざるは持ち手&足付きで、ゆでた食材をあげるときやまな板の上で水切りするときに便利です。

¥1,320 (2022/06/26 13:37:18時点 楽天市場調べ-詳細)

下ごしらえにおすすめなのは?

切った野菜を入れたり、調味料を計って準備したり、下ごしらえのときは次から次へと入れるものが必要になりますよね。
ミニサイズのざるボウルセットなら、調理台に並べても場所をとらず、作業スペースを広くとることができます。

切った食材をすくって素早く集める

ちりとり型のざるボウルセットで小口切りにしたネギを洗っているところ
小口切りのネギやみじん切りの玉ねぎを、サッとすくって集めることができるちりとり型。
ボウルは目盛り付きで、角から液体を注ぎやすく便利に使えます。
電子レンジ、食洗機OKです。
¥848 (2022/06/25 14:15:44時点 楽天市場調べ-詳細)

しっかり握れる下向きハンドル

下向きハンドル付きのボウルに野菜や玉子を入れたところ
ハンドルを握ってしっかり安定させて使えます。深さがあるので中身がこぼれにくいのも特徴。
並べてもコンパクトに置けるので、調理台を広く使えます。
¥618 (2022/06/25 14:15:44時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチンをすっきりさせて料理を楽しもう

ざるとボウルのセットアイテムをご紹介しました。
料理に毎回使うざるやボウルがぴったり重なると、調理台も収納場所もすっきり。気持ちよくキッチンに立てますよ。

最初にそろえる道具としてはもちろん、今持っているものを見直したり、プラスして使うのもおすすめです。

自分のライフスタイルに合ったアイテムを選んで、毎日の料理を楽しみたいですね。

毎日の調理に欠かせない!ボウルやざるの選び方と便利な機能付きアイテム