シンク下で使える!鍋・フライパンのおすすめ収納アイテム18選

シンク下の引き出しからフライパンを取り出しているところ

シンク下やコンロ下は、フライパンなどの調理器具の収納に便利な場所。

一方で、シンク下に鍋やフライパンを置いているけれど、形や大きさもバラバラで、すっきり片付けるのが難しい、というお悩みも多いと思います。

編集部Hishimoto

ひとくちに「」と言っても、片手鍋や両手鍋、土鍋に圧力鍋と、種類もデザインもいろいろで、置き方に悩みますよね。
それに「フライパン」は、長い取っ手がどうしても場所をとってしまいがちです。

そこで今回は、シンク下で鍋やフライパンを上手に収納できるおすすめアイテムをご紹介します!

引き出しタイプや扉タイプの収納スペースの中で、鍋やフライパンの収納にベストな置き場所についても解説するので、ぜひ参考にしてくださいね♪

鍋やフライパンはシンク下のどこに収納するのがベスト?

鍋やフライパンなどの調理器具は、使う場所に近いところに収納すると、調理中の動線が短くなり使い勝手がよくなります。

キッチンのシンク下にあるスペースに収納したり、コンロ下にもスペースがある場合には、そちらに収納するのもよいでしょう。

しかし、シンク下やコンロ下の収納スペースに、鍋やフライパンをただ入れるだけでは、使い勝手のよい収納とは言えません。
引き出しに鍋やフライパンがいっぱい詰め込まれている様子
置き場所を定めずに、手前に置いたり上に重ねたりしていると、中がぐちゃぐちゃになってしまい、使い勝手が悪くなっていきます。

大切なポイントは、収納スペースの特徴を踏まえて、収めるものの配置を考えること。

置き場所をしっかり定め、いつもそこに戻すようにすれば、「使いたいものが見つからない」「すぐに手に取れない」というストレスもなくなりますよ。

では、どんな配置にすればいいのか、収納スペースのタイプ別のポイントを解説していきますね。

シンク下収納・コンロ下収納の2つの開け方

シンク下やコンロ下の収納スペースには、大きく分けて2つのタイプの開け方があります。
一つは「引き出しタイプ」、もう一つは「扉タイプ」です。

シンク下・コンロ下の2つの開け方
  • 引き出し(スライド)タイプ
  • 扉(観音開き)タイプ
扉タイプと引き出しタイプのシンク下収納
この2つタイプで、鍋やフライパンは、それぞれの収納スペースのどのあたりに収納するのがいいと思いますか?

先ほどお話したように、収納スペース内の「配置」をきちんと考えておくことは、調理中スムーズに動くための鍵になります。

特に、鍋やフライパンを、コンロから少し離れたシンク下スペースに収納する場合、手に取りやすい置き方を意識しておくと使いやすい収納になりますよ。

「鍋・フライパン」のベストな置き場所
  • 引き出しタイプのシンク下スペースでは【コンロに近い方
  • 扉タイプのシンク下スペースでは【利き手側の扉の中
  • 引き出しタイプではコンロに近い方

    まず、引き出しタイプのシンク下スペースでは、コンロに近いほうによく使うフライパンや鍋を収納するのがよいでしょう。
    引き出しの中でコンロ側にフライパンを収納している様子
    加熱場所であるコンロに近い位置に収納することで、材料に火を入れたいときにすぐ手に取って、最短の動線でコンロにのせることができます。

    ¥1,430 (2022/05/25 00:24:34時点 楽天市場調べ-詳細)

    扉タイプでは利き手側の扉の中

    次に、扉タイプのシンク下スペースの場合は、「利き手側」を意識するのがコツです。
    シンク下の扉の中で利き手側によく使うフライパンや鍋を収納している様子
    利き手側によく使うアイテムを置くと、手に取るときに無駄な動きがなく、使い勝手のよい収納になります。
    例えば、右利きの人なら、よく使う鍋やフライパンは、右の扉側に収めるようにしてみてくださいね。

    ¥1,030 (2022/05/25 00:24:34時点 楽天市場調べ-詳細)
    次からは「引き出しタイプ」「扉タイプ」の2つのタイプ別に、収納スペースの特徴とおすすめアイテムを紹介していきます!
    おうちのキッチンの収納スペースにぴったりなアイテムを探してください♪

    シンク下収納のコツを知りたい方はこちら
    扉タイプのシンク下収納ごちゃつく「シンク下」をスッキリ!深い引き出しや棚の奥行きを攻略する収納活用術

    【シンク下収納】引き出しタイプにおすすめのアイテム6選

    引き出しタイプの収納スペースは、深さがあることが特徴
    この深さを上手に使うには、「立てる収納」を意識することがポイントです。

    「立てる収納」にすると、何がどこにあるのか、上から見てすぐに分かります
    ひと目見て、使いたい鍋やフライパンをすぐ手に取ることができれば、忙しい調理中もイライラがありません。

    「立てる収納」にするには、「収納スペースを縦に仕切ることができるアイテム」を活用するとうまくいきますよ。


    仕切りで縦に区切るタイプ組み合わせ自在の個別タイプ

    仕切りで縦に区切るタイプ

    収納スペースを、仕切りで縦に区切るタイプのスタンドです。
    スタンド自体の幅を変えて引き出しにぴったり設置できる伸縮式や、仕切りの間隔を変えて鍋やフライパンをぴったり収納できるタイプがおすすめ。
    引き出し内の広いスペースを無駄なく活用できます。

    無駄なスペースなくぴったり設置

    towerシンク下伸縮フライパンスタンド
    引き出しの横幅にぴったりフィットする伸縮式。鍋やフライパンの大きさに合わせて、仕切りの位置を調節できます。
    取り出しやすい「持ち手置き」付きで、持ち手置き下のデッドスペースに小物も置けます。
    ¥3,850 (2022/05/24 21:00:23時点 楽天市場調べ-詳細)

    大きなフライパンの収納におすすめ

    大きなフライパンは斜め置きできる伸晃のフライパンスタンド
    大きなフライパンを斜めに倒して収納できるスタンド。フライパンの高さを抑えることができるので、引き出しをスライドさせても引っかからず、スムーズに開け閉めできます。
    フライパンの取っ手を置けるハンドルガード付き。
    ¥2,660 (2022/05/25 06:06:36時点 楽天市場調べ-詳細)

    ボウルやお皿立てにもできるIKEAのスタンド

    IKEAの伸縮式鍋蓋スタンド。鍋蓋スタンドですが、しっかりしたつくりなので、フライパンや鍋を置くときの仕切りとしても使えます。
    シンプルデザインで、ボウルなど調理器具の収納やお皿立てとしても便利。

    ¥1,490 (2022/05/25 06:06:36時点 楽天市場調べ-詳細)

    組み合わせ自在の個別タイプ

    ワイヤースタンドやボックスなどの収納アイテムで、スペースを区切って、鍋やフライパンを個別に収納するタイプです。
    使い勝手や収納スペースに合わせて、好きなアイテムを組み合わせて使うことができます。

    空いたスペースにスリムに置ける

    縦置きにも横置きにもできるリッチェル鍋フライパンスタンド
    フライパン1個用の収納スタンド。フライパンの取っ手をのせる持ち手受け付きです。
    持ち手受けを、横置きの時は利き手側、縦置きの時は手前になるように設置すると、使い勝手抜群。
    空いたスペースに置いたり、いつくかを組み合わせて使っても便利です。
    ¥1,100 (2022/05/25 06:06:36時点 楽天市場調べ-詳細)

    使いやすいボックスタイプ

    ファビエのボックス型収納ケース
    ボックスタイプの収納ケース。こちらは、深型のフライパンや深鍋の収納におすすめのサイズです。
    ボックスのサイドに蓋のつまみをかけられるくぼみがあり、鍋やフライパンと蓋をセットで収納できます。
    ¥1,120 (2022/05/24 15:10:49時点 楽天市場調べ-詳細)

    土鍋やホーロー鍋もOK

    引き出しの中でtower2段ラックを使って鍋を収納しているところ
    重ねると取り出しが億劫おっくうになる重い土鍋やホーロー鍋を、上下のスタンドにそれぞれ収納できます。
    引き出し内の他、扉タイプの収納スペースや、調理台で出しっぱなしにしたいときにも使えます。
    ¥2,310 (2022/05/24 15:10:49時点 楽天市場調べ-詳細)

    【シンク下収納】扉(観音開き)タイプにおすすめのアイテム8選

    扉タイプの収納スペースは、奥行きがあることが特徴
    この奥行きを上手に活かすには、「奥のものが取り出しやすい工夫」をすることがポイントです。

    配管をよけながら奥まで棚を設置できるタイプや、奥のものが取り出しやすいスライド式などの収納アイテムを活用してみましょう。

    奥行きのある空間を無駄なく利用できるアイテムを選ぶことで、グッと使いやすい収納になりますよ。

    では、扉タイプの収納スペースにおすすめのアイテムを紹介していきますね!


    配管をよけて設置できるラック幅も奥も空間を使いきれるラックスリム幅で設置できるラック

    シンク下では配管をよけて設置

    シンク下の扉タイプの収納スペースでネックとなるのが、真ん中あたりにある配管。
    この配管をよけながら、奥行きのある空間を上手に仕切る収納棚を紹介します。

    排水管を少ないすき間でよける

    配管をよけて設置できるシンク下伸縮式ラック
    一般的なシンク下(幅90cm)を無駄なく使える最大幅86cm。
    棚板の端がまっすぐではなく弓のような形になっているので、排水管をよけても、棚板の間のすき間を少なくできます。
    各段の耐荷重は10kgで重い鍋類も安心。見た目すっきりで清潔感のあるホワイトカラーです。
    ¥2,660 (2022/05/24 15:10:49時点 楽天市場調べ-詳細)

    耐久性と高級感のあるステンレス製

    ステンレス製のシンク下ラック。排水管をまたいで設置できます。
    棚板は4cmピッチで高さ調節できるので、鍋やフライパンに合わせてセットできます。棚板耐荷重は棚板1枚あたり約10kgです。

    ¥8,228 (2022/05/24 16:05:34時点 楽天市場調べ-詳細)

    コンロ下では空間をいっぱいまで活用

    コンロ下の収納スペースでは、配管がない場合は、横幅も奥行きも空間をいっぱいまで活用できると便利です。
    見やすく収納できる仕切りタイプや、奥のものが取り出しやすいスライド式がおすすめです。

    鍋やフライパンを立てて収納

    上段はフライパンを立てて収納できる伸晃コンロ下ラック
    上段にはフライパンや鍋を立てて置ける仕切り付き。見やすく、出し入れしやすいラックです。
    下段には、重い土鍋や幅のあるホットプレートなどを収納できます。
    ¥2,560 (2022/05/24 16:05:34時点 楽天市場調べ-詳細)

    重い鍋もスライド式でラクラク

    スライド式の棚で、奥のものや重い鍋もストレスなく取り出せます。
    各段の耐荷重は5kg。ステンレス製で湿気に強く、汚れたら取り外して丸洗いできます。

    ¥9,980 (2022/05/24 16:05:34時点 楽天市場調べ-詳細)

    重ねず縦に1個ずつ置ける

    横置き、縦置き、壁置き3通りで使える多機能ラック。
    コンロ下で縦置きにすれば、鍋やフライパンを1個ずつ置けるラックになります。
    仕切りは好きな位置に設置でき、フライパンから深鍋まですっきり収納。
    重ねないから、取り出しが劇的にラクになります。

    ¥2,580 (2022/05/24 19:00:05時点 楽天市場調べ-詳細)

    狭い幅に設置できるスリムタイプ

    配管をよけたり、収納スペースの片側だけに設置できるスリム幅タイプ。
    コンパクトでも機能性抜群です。

    高さを変えて自由に置ける

    3段フリーラックにフライパンや鍋を収納しているところ
    棚板の高さは、3cm刻みで13段階に調節可能。鍋やフライパンに合わせて、縦の空間を有効活用できます。
    最上段は卵焼き器など薄い調理器具やラップ類の収納にも便利。
    ¥1,630 (2022/05/24 19:00:06時点 楽天市場調べ-詳細)

    斜めの角度が出し入れしやすさの秘密

    斜めの角度が出し入れしやすい天馬シンク下フライパンラック
    シンプルなワイヤータイプ。ラック部分が斜めになっていて、フライパンや鍋が取り出しやすい設計です。
    サイドには蓋を収納できる蓋ホルダー付き。棚の高さは11~13cmで深型のフライパンも収納できます。
    ¥3,380 (2022/05/24 19:00:06時点 楽天市場調べ-詳細)

    立てる&スライド式で使い勝手抜群

    スライド式でラクに取り出せる下村企販フライパンラック
    フライパンを立てて収納できるラック。
    スライド式で収納部を引き出せるので、出し入れが快適です。取っ手置き下のデッドスペースは、小物類が置ける収納ラックになっていて、空間を余すところなく活用できます。
    ¥13,200 (2022/05/25 00:24:34時点 楽天市場調べ-詳細)

    【シンク下収納】鍋蓋やフライパンの蓋の収納に便利なアイテム4選

    薄っぺらいようでいて、取っ手のつまみがある分、厚みがあり、意外とかさばるのが鍋やフライパンの蓋。
    立てたり引っ掛けたりして、スリムに収納できるアイテムを紹介します。


    引き出しタイプで使える蓋収納扉タイプで使える蓋収納

    引き出しタイプで使える蓋収納

    引き出しタイプの収納スペースでは、鍋やフライパンの収納と同じく、上から見て分かりやすく鍋蓋を収納できるアイテムを選ぶのがポイントです。

    つまみをはさんで立てて収納

    V字の切れ込みに蓋のつまみを引っ掛けて収納するtowerナベ蓋ラック
    V字の切れ込みに鍋蓋のつまみをはさんで、立てて収納できます。
    コンパクトなので調理台に置いて鍋蓋などの一時置きにも便利。フライパンや皿、まな板の置き場所としても使えます。
    ¥1,650 (2022/05/25 08:53:30時点 楽天市場調べ-詳細)

    バーに引っ掛けてデッドスペース活用

    引き出しに取り付けて鍋蓋を収納できるtowerバーセット
    引き出し内にバーを取り付けて、鍋蓋を引っ掛けて収納できます。
    奥でも手前でも好きな位置に取り付けOK。鍋蓋の他にも、タッパーや掃除小物の収納にも便利です。
    ¥2,200 (2022/05/25 08:53:30時点 楽天市場調べ-詳細)

    扉タイプで使える蓋収納

    扉タイプの収納スペースで蓋のみを収納したい場合は、取り出しやすくデッドスペースも活用できる、扉裏に取り付けるアイテムがおすすめ。
    ここでは、扉裏に設置できる鍋蓋ホルダーを紹介します。

    内側の障害物を避けて設置

    扉の裏側に引っ掛けて、デッドスペースを有効活用できるラックです。
    なべ蓋3枚を収納可能。収納部の取り付け高さを調整できるスライド式で、扉を閉めたときに当たってしまう内側の障害物を避けて設置できます。

    ¥2,180 (2022/05/25 08:53:30時点 楽天市場調べ-詳細)

    シンプル&かわいいフックタイプ

    扉の裏側に貼りつけるタイプの収納ホルダー。最大20kgまで掛けることが可能です。
    フックの角度を4段階に調節でき、いろいろなサイズの鍋蓋を収納できます。

    鍋・フライパンを使いやすく収納しよう

    シンク下やコンロ下の収納スペースで、鍋やフライパンを片付けるときのポイントや、収納に便利なおすすめアイテムを紹介しました。

    大きな空間のままでは使いにくいシンク下やコンロ下のスペース。
    すっきり使いやすい収納にするために、仕切りやラックを上手に活用しましょう。

    シンク下やコンロ下の開け方タイプ別の特徴や、使い勝手のよい配置を考えながら、自分にぴったりのアイテムを見つけてくださいね。
     
    プロに教わるキッチン整理!シンク周り・食器棚・冷蔵庫などの収納アイデア集 上手に仕切って収納力UP!プロに聞く「引き出しを使いやすくする整理テクニック」