【素材別】かさばる容器をスッキリ!これだけは知っておきたい保存容器収納のコツ

タッパーなどの保存容器の収納

作り置きや残り物を保存するのに欠かせないタッパーなどの保存容器(フードコンテナとも)。
いろんなサイズや素材のものを持っていると何かと便利ですが、

「いつの間にか増えてしまい、収納スペースを圧迫して困っている」
「フタと本体を分けて収納するとコンパクトになるけれど使いにくい」

このような悩みをよく耳にします。

保存容器はどのように収納しておくと使いやすくなるのでしょうか?

そこで今回は、素材別や用途別での保存容器の収納のコツをお伝えします。

保存容器の収納場所はどこがおすすめ?

収納の基本は使う場所の近くに使うモノを収納すること。
ですから、保存容器もできるだけ使う場所の近くに収納するのが理想です。

では、どのような場所が保存容器の収納に適しているのでしょうか?

キッチンの吊り戸棚

収納場所として選ぶならキッチンの吊り戸棚がもっとも使いやすいでしょう。
特にタッパーのようなプラスチック製の軽い保存容器と相性がいい場所です。

保存容器は比較的使用頻度が高いため、手の届きやすい吊り戸棚の最下段に収納しておくのがおすすめです。
日用品のストック収納
使用頻度が低い、あるいは最下段に収納スペースが確保できない場合は、取っ手付き収納ケースにまとめておけば、吊り戸棚の中段に置いても問題ありません。

調理台やコンロの下

調理台もしくはコンロの下の棚や引き出しもおすすめです。

調理中でもほとんど移動せずに取り出すことができ、下処理した野菜やお肉などをその場でサッと容器に詰められます。

お弁当箱などの収納にも同様の理由でおすすめのため、保存容器と同じ場所にまとめておいてもいいでしょう。
場所別のストック品収納のポイント
ただし、調理台の下がおすすめと言っても、洗剤のストックやゴミ箱などをシンク下に入れているというご家庭の場合には避けてください
洗剤の粉やゴミの雑菌が、保存容器に付着してしまう可能性があります。

これらを収納していないのであれば、シンク下に保存容器を収納してもOKです。

食器棚

保存容器は、動線が良いという理由から調理中でも手が届きやすいキッチン内での収納がおすすめ。
ですが、キッチンが狭く収納スペースを確保できない場合は、ダイニングの食器棚に収納するのもありです。

キッチン以外に収納する場合は、持ち運びやすく工夫する

食器棚に収納する場合は、中段の出し入れしやすい位置に収納しておきましょう

収納カゴや収納ケースにまとめておき、使うときにケースごと運べば、キッチンと食器棚を何往復もする手間がありません。

【保存容器の素材別】おすすめの収納場所

保存容器には、タッパーのようなプラスチック製のものが多いですが、食器のようにそのまま食卓に出せるなど保存以外の用途も備えたガラス製や陶器製の保存容器も注目を集めています。

冷凍保存はホーロー、作り置きの保存はプラスチック製、カレーやキムチなど色やにおいが移りやすいものの保存はガラス製や陶器製といったように、用途別に使い分けている人も多いです。

保存容器を収納するときは、容器の素材を考慮した収納方法を考えなければなりません

では、保存容器の主な素材の特徴とそれぞれに適した収納場所をご紹介していきます。

▼素材別の特徴や用途については下記の記事も参考になります。
保存容器作り置きに欠かせない!「保存容器」の選び方&材質別の特徴と活用アイデア

プラスチック製保存容器の特徴とおすすめの収納場所

一般的にタッパーと呼ばれ、もっとも使われているのがプラスチック製の保存容器。
冷凍保存できるものや電子レンジ調理に使えるものなど種類も豊富です。

100円ショップでも気軽に購入できるため、ついつい増えてしまいがちです。

おすすめの収納場所

プラスチック製は軽く、立てても重ねても収納できるため収納する場所を選びません。
吊り戸棚でも引き出しでもOKです。

プラスチック製の保存容器は軽くて丈夫なので、落としても壊れにくいことがメリットです。
ただし、細かい傷がつきやすく、買い替えのサイクルはほかの素材よりも早め。
買い替えの時は、なるべく同じデザインのもので統一すると、より収納しやすくなります。

ガラス製保存容器の特徴とおすすめの収納場所

ガラス製の保存容器
ガラス製の保存容器は、におい移りや色移りせず、耐熱ガラスのものなら電子レンジやオーブンにも使えます。
食器としてそのまま出しても違和感がありません。

おすすめの収納場所

ガラス製の保存容器は、落とすと割れてしまうという可能性を考慮して収納場所を考えなくてはいけません。
重さもあるので、吊り戸棚のような高い場所に収納すると、うっかり手を滑らせるなどして落としたときにケガや破損の恐れがあります。

どうしても吊り戸棚に収納したい場合は、収納カゴにまとめてカゴごと出し入れしたほうが安全かもしれません。
ただし、1つのカゴに収納しすぎると重くて出し入れが大変なので、サイズ別に分けて少なめにまとめておくのがポイントです。

立てる収納よりも重ねる収納にしたほうが安心感があるでしょう。

¥1,940 (2021/10/18 08:41:25時点 楽天市場調べ-詳細)

陶器の保存容器の特徴とおすすめの収納場所

陶器の保存容器
陶器の保存容器はオーブン、電子レンジ、食洗機対応のものが多くて便利です。
フタも陶器の場合は密閉性がなく、どちらかという残り物を一時的に入れておいたり、食器として使ったりする要素の強い素材です。

使用頻度が高ければ、食器と同じような扱いで考えたほうがいいかもしれません。

おすすめの収納場所

陶器の場合は、調理台下の引き出しなどの低い位置にある収納スペースや、食器などと同様に食器棚に収納するのが適していると言えるでしょう。

吊り戸棚など高い場所は、落下による破損のリスクを考えると、避けたほうが無難です。
立てる収納にもあまり向いていません。

ホーロー製保存容器の特徴とおすすめの収納場所

ホーローは鉄やアルミニウムなどの表面にガラス質を高温で焼き付けたもの。
鍋の素材としてのイメージが強いかもしれないですが、見た目が美しいので保存容器の素材としても人気です。

耐熱性や耐久性に優れ、酸や塩分に強いのがメリット。におい移りや色移りもしません。
直火OKでオーブンにも使えるため保存容器としてはとても便利ですが、収納性については少し残念なポイントがあります。

おすすめの収納場所

ホーロー製は、陶器やガラスほどではないにしても、衝撃に弱いというデメリットがあります。
このため、落下したときに破損する可能性がある場所に収納するのは、なるべく避けたほうがいいでしょう。

また、倒れないようにすれば「立てる収納」も可能ですが、普通に置いたほうが安全です。

かさばる保存容器をスッキリ収納する2つのコツ

保存容器の収納方法に正解はないのですが、いくつかのやり方を試してみて自分に合った収納にしていくのがポイントです。

では、保存容器収納のどんな点に悩みやすいのでしょうか?
保存容器収納のよくある悩みに沿った収納のコツを2つご紹介していきます。

保存容器は重ねる?重ねない?

プラスチック製の保存容器
よく聞かれるのが、保存容器は重ねたほうがいいかどうか
これは、収納スペースの広さによります。

保存容器を収納するスペースが十分に確保できないなら、重ねたほうがコンパクトにまとまります。
逆に、ある程度スペースが確保できるなら、重ねないほうが出し入れが簡単です。

保存容器を重ねて収納するときの注意点

重ねて収納すると、どうしても一番上のものばかりを使ってしまいがち。

どうしても重ねて収納したい場合は、「上のものを使って下から戻す」といったようにルールを決めておくと使用頻度に偏りがなくなります

保存容器のフタは外す?外さない?

フタを外すかフタをしたまま収納するかも、悩みやすいポイントです。

別々に分けて収納すると、サイズに合ったフタを探すのが手間だったり、フタが行方不明になりやすかったりします。
だからといって、フタをしたまま収納すると棚や引き出しに入りきらないことも。

フタを外して収納する場合は、収納ケースを用意して、本体とフタを分けて「立てる収納」にしてまとめておくと出し入れしやすくなります。
本体の形状によっては、フタだけ立てて収納するのもありです。

▲整理収納アドバイザー・まいさんのご家庭の収納例

「立てる収納」ならフタをしたままでもローテしやすい

保存容器をフタをしたまま上に重ねる形で収納するときに起こりがちなのが、「上に置いた容器しか使わなくなってしまった」という問題。
この原因は、うまくローテさせるために上の容器を持ち上げて下に戻すという行為が面倒になってくるためです。

フタを外さずに収納したい場合は、「立てる収納」がおすすめ。
どうしてもフタをした状態で上に重ねたい場合は、二段までが望ましいでしょう。

保存容器が収納しやすくなるおすすめアイテム

保存容器を立てて収納したり、フタを外して収納するときは、収納グッズを使って出し入れしやすくする工夫をしましょう。

ここでは、パターン別のおすすめ収納グッズを4つご紹介します。

保存容器の収納に便利な収納グッズ
  • ブックエンド
  • ファイルボックス
  • 収納カゴ、バスケット
  • 取っ手付き収納ケース

【1】ブックエンド

無印や100均のブックエンド
保存容器を引き出しの中で立てて収納したい場合は、ブックエンドを使って仕切るのがおすすめです。

立てる収納にして心配なのは、取り出すときに崩れて倒れてしまうこと。
ブックエンドなら、幅を調整して「押さえ」の役割を果たしてくれるので、引き出しを開けるときの衝撃によるズレや取り出すときの乱れを防いでくれます。

【2】ファイルボックス

白いファイルボックス
長方形の保存容器を立てて収納するのに便利なのがファイルボックスです。
同じ種類の保存容器をまとめて収納できます。

深型の引き出しや吊り戸棚で使用するのに向いています。
吊り戸棚で使う場合は、ラベリングして中身がわかるようにしておきましょう

¥1,120 (2021/10/18 08:41:25時点 楽天市場調べ-詳細)

【3】収納カゴ、バスケット

引き出しや下段の棚に収納する場合は、収納カゴバスケットを使ってまとめておくと使いやすくなります。
きっちり収まり、使いたい容器が見つけやすいです。

丸型の保存容器が転がってしまうのを防ぐのにも効果的。

カゴごと取り出してしまえば、どのサイズを使うか迷ったときも選ぶのがラク。
特に小さいサイズの保存容器がバラバラにならないのでおすすめです。

【4】取っ手付き収納ケース

吊り戸棚に収納している取っ手付き収納ケース
吊り戸棚に収納するなら、取っ手付き収納ケースが便利です。
落下でケガや破損の恐れがあるガラス製や陶器製、ホーローの保存容器も、取っ手付き収納ケースに入れておけば収納できます。

中身の見えないタイプは必ずラベリングをして、中に何が入っているかわかるようにしておいてください。

冷蔵庫や冷凍庫の「保存容器迷子」の解決法

保存容器での困りごとは、収納するときだけとは限りません。
ここでは番外編として、保存容器の冷蔵庫内での定位置についてまとめました。

冷蔵庫の中に「定位置」を設ける

作り置きや残り物を保存容器に入れて冷蔵庫で保存するとき、どうしても空いている場所に置いてしまいがち。

ですが、保存容器の置き場所は定位置を決めておいたほうが食べ忘れの心配がありません。

定位置を決めたら、タッパーを置いていないときでもほかの食材は置かずに空けておくことをおすすめします。
定位置が決まっていると何が残っているか把握しやすくなり、食品ロスを防げるでしょう。
冷蔵庫最上段にお菓子用タッパーを収納
私は乾物類やお菓子類で冷蔵保存するものは、冷蔵庫の最上段を定位置にしています。
透明の容器にすれば残りの量がわかりやすいため在庫管理もラク。
中身が入っていても空っぽでもそのままにして、保存場所=容器の収納スペースとしています。

もらいものタッパーなどの保存容器を溜めないアイデア

実家からのお裾分けをタッパーなどの保存容器ごともらい、捨てるわけにもいかずに容器だけが溜まって収納しきれなくなるパターンもありますよね。
粗品でもらうこともあります。

こちらでは「もらいものタッパーなどの保存容器の収納」についてご紹介します。

もらいものの容器を溜めないようにするには?

もらいもののタッパーなどの保存容器は、手持ちのものとはデザインや形状も異なるため、収納に困ってしまう人もいるのでは?
そういった保存容器は使わないまま、収納スペースの肥やしになりがちです。

返却できるなら返却する、粗品ならもらうのを断るようにしたほうがいいかもしれません。
もらってしまったら、思い切って処分してしまうのも1つの手です。

捨てるのがもったいないなら収納場所を変える

とはいえ、もらい物はなかなか捨てにくいもの。
そんな場合は使用頻度で収納位置を変えてみてください
保存容器をすべて同じ場所に収納しておく必要はありません。

よく使う保存容器は出し入れしやすい場所を定位置に。
あまり使わない保存容器は吊り戸棚の最上段や別の場所などに収納しておき、使用頻度の高い容器を使い切って足りないときにだけ出すようにします。

たいていの場合、使用頻度の高い容器だけで足りるので、必要性を感じなくなったら処分しましょう。
使わない容器まで同じ場所に置いてあるのが、出し入れしにくい原因の1つです。

使いやすさを求めるなら同じシリーズで揃えよう

保存容器は同じシリーズでそろえると収納がラクになります。
なぜなら、サイズや形が同じためスタッキングしやすいからです。
色も統一感があり、見た目もごちゃごちゃしません。

とはいえ、既存の保存容器を捨てて一気に買い替えるのはもったいないという意識も働きますし、お金もかかります。
買い替えた保存容器が使いやすいとも限りません。
同じシリーズでそろえたガラス製保存容器
ですから、自分に合った保存容器かどうかを試す意味でも、ベストな保存容器が見つかるまではいろいろ使ってみてもいいと思っています。
長く使うなら、無印良品やiwaki、野田琺瑯(のだほうろう)といったブランドの買い替えやすい定番商品を選びましょう。

多少ダメになることを想定して使うなら100円ショップのものでも十分です。
ただし100円ショップの商品は取り扱いアイテムの入れ替えが早く、買い替え時にはもう同じ商品が売っていないことが多いです。
次に買う時は別の商品に買い替えるつもりで選んでください。

保存容器を上手に収納して使いやすく

保存容器収納で大切なのは、普段どれくらいの保存容器を使っているかを把握し、適正量を知ること
必要以上に持っているなら、別の場所に収納して出し入れしやすい状態をキープしましょう。

保存容器を上手に収納できると、取り出すたびに崩れてきたり使わないものまで出すことになったりといったプチストレスが改善されます。
ストレスが減ると料理も楽しくなりますし、家事の時短にもつながります。

ご紹介した収納のコツや収納グッズを参考にして、自分に合った収納方法を見つけてくださいね。

ブックエンドでキッチンの引き出しを整理ブックエンドを使った収納アイデアとオリジナルブックエンドの作り方 もう悩まない!”使いやすくて片付けやすい”我が家の「保存容器」選びのポイント