【食器の種類別】必要な食器がすぐ出せる!使いやすい食器収納のポイント

食器棚収納

食器は、素敵なデザインを見つけるとつい買い足してしまいたくなるアイテム。
いつの間にか増えすぎて、取り出しにくくなっていませんか?

お皿を何枚も重ねてしまうと、底に置かれた食器を使うのが面倒になってしまうことも。

せっかく素敵な食器がたくさんあるのに、収納のせいでお料理に合った食器を選ぶ楽しさが半減してしまうのはもったいないですよね。

そこで今回は、種類別やタイプ別に「食器収納のポイント」をご紹介します。

食器収納を考える前にまず整理を

沢山の食器
食器の数がそもそも多すぎると、どんなに工夫して収納しても使いやすくなりません。
ですから、食器収納を見直すときは、まず食器の整理から始めましょう。

では食器整理の手順を説明していきます。

食器を全部出す

まず新聞紙やシートなどを床に敷き、手持ちの食器を全部出します。
食器収納を見直すときは、部分的な整理ではなく全体を整理したほうが仕分けが簡単で、リバウンドしにくい収納を考えやすいです。

引き出しや食器棚など、あらゆる場所に収納してある食器を全部出してくださいね。

食器を「使う」「使わない」「保留」に仕分ける

次に、全部出した食器を「使う」「使わない」「保留」に仕分けていきます。

モノを仕分けるときは「使う」「使わない」の2択で判断することが多いですが、食器は「もったいない」「思い入れがある」といった感情を持ちやすいため、使うかどうかだけでは判断できないものが出てきます。
これが、片付けに時間がかかってしまう原因の1つ。

すぐに判断できるように「保留」をつくっておくとサクサクと仕分け作業を進められるでしょう。
食器の仕分け方

「使わない」に仕分けた食器は、「捨てる」「譲る」「売る」「寄付する」などの方法で処分します。
収納スペースの7〜8割程度になるくらいまで食器を減らすのが理想です。

さらに分類する

「使う」と判断した食器をさらに分類していきます。
食器の使用頻度別に分け、食器の種類とサイズ別に分けましょう。

ここまでが食器の整理です。

食器収納のポイント

食器棚収納
食器の整理ができたら、どこにどのように収納するかを考えていきます。
「出し入れしやすい収納」にするためのポイントは、3つ。

  • 使用頻度で考える
  • 家事動線で考える
  • 食器の種類で考える
この3つを基本にして収納場所を決めていきます。

では、それぞれのポイントを見ていきましょう。

使用頻度で考える

食器は使用頻度で収納位置を考えます。
よく使う食器は「ゴールデンゾーン」と呼ばれる頭から腰の高さに収納すると出し入れが簡単。

したがって、使用頻度の高い食器はゴールデンゾーン、使用頻度が中程度の食器はゴールデンゾーンの周辺や下段、使用頻度の低い食器や「保留」の食器は手の届きにくい棚の最上段を収納場所にしてみてください。

使いやすさは「真ん中→下→上」と覚えておきましょう。

収納スペースが足りない場合は、使用頻度の低い食器を別の場所で保管しておくのも1つの手段としてありです。

家事動線で考える

食器の定位置は、家事動線を考えて決めることが大切です。

たとえば、出番の多いお茶碗は炊飯器の近く、汁椀や平皿はコンロの近く、コーヒー用のマグカップはコーヒーメーカーの近くに収納すると、わざわざ食器を取り出しに行く手間を省けますよね。
動線に合った場所に収納できていれば動線が短くなり、時短につながります。
動線から考える食器収納
写真のコップとマグカップはシンクとコーヒーメーカーの間に出しっぱなし。
家族がいつでもすぐに使えるようにしています。

また、「急須と湯呑み」「朝食用のプレートとスープカップ」といったように同じ用途の食器をまとめておくのもおすすめです。
1箇所にセットでまとめておくことで、あちこち動かずに必要な食器を用意できます。

食器の種類で考える

食器の種類によっても収納場所を工夫しなければなりません。
それぞれの食器の特徴を考えて収納位置を決めましょう。

では、ここからは食器の種類別に収納のコツを説明していきます。

大皿・中皿

大皿や中皿の収納
大皿や中皿は何枚も重ねると下のお皿が取り出しにくくなり、上のお皿ばかりを使うようになってしまいがちです。
使いたいお皿をすぐに使える収納にするのがポイント。

そのためには、ブックエンドやファイルボックスなどを使って「立てる収納」にしたり、ディッシュラックやコの字ラックを使って収納スペースを増やしたりして工夫をしましょう。

お皿を重ねるなら、大皿は2~3枚まで、中皿は家族の人数分までと決めておくと出し入れしやすくなります。

ほかの大皿・中皿は食器棚の上段や下段などに収納しておきます。
そこに収納して使わなくなってしまうのであれば、処分対象として考えてもいいかもしれません。

小皿

小皿や小鉢は、食器と食器の隙間に収納してしまいがち。
奥行きのあるスペースに並べると、奥に置いた小皿や小鉢は取り出せないことも。

小皿や小鉢は、よく使うものだけをゴールデンゾーンに収納しておきます。
収納ケースやファイルボックスなどにまとめておくと、ケースごと取り出せるので奥行きがある棚でも出し入れが簡単。無駄なスペースができません。
ディッシュラック
写真のように、高さの違うラックを前後に設置し、段差を生かして小皿を並べる収納もおすすめです。

茶碗、汁椀など

茶碗や汁椀の収納
茶碗や汁椀はほぼ毎日使う食器。
もっとも出し入れしやすい場所に収納します。

茶碗は炊飯器に近い位置に収納しておくと、動線が短くなって使い勝手がよくなるでしょう。

家族分の茶碗をトレイにまとめてトレイごと取り出せるようにしても便利です。

茶碗も汁椀も家族の人数分だけをゴールデンゾーンに置き、来客用のものは棚の上段や奥にしまっておきます。

コップ

コップやマグカップの収納
コップやマグカップは必要な時にすぐ取り出せる状態にすることが大切です。
1軍のコップ類はゴールデンゾーンとなる位置の棚や引き出しに縦一列に並べるとスッキリして見えます。

高さや素材をそろえ、見つけやすい収納を心がけましょう。


参考資料
※ハウジー「取り出しやすさ抜群!きれいに片づくコップ・マグカップの収納方法&実例アイデア」検索日2021/8/31

カトラリー

カトラリー収納
カトラリーは、「使う分だけを収納する」のがポイント。

引き出しを開けたときに、使いたいカトラリーを迷わずサッと取り出せるように、仕切りを使って収納しましょう。


参考資料
※ハウジー「ごちゃつきを解消!カトラリーの上手な引き出し収納のコツと整理術」検索日2021/8/31

【タイプ別】引き出し収納と食器棚収納のコツ

食器の収納スペースや食器棚(ダイニングボード)には、大きく分けて引き出しになっているタイプと棚タイプがあります。

引き出しタイプと、棚タイプとでは少し収納方法が異なりますので、それぞれのコツを見ていきましょう。

引き出し収納の場合

引き出し収納は、奥の食器も出し入れが簡単にできることがメリット。
引き出し収納は、中身をすべて「見える化」することが大切です。

手前に使用頻度の高い食器、奥に使用頻度の低い食器を収納すると、引き出しを全開する回数が減ります。

浅い引き出しにはカトラリーや小皿・小鉢、茶碗・汁椀などを、深い引き出しには高さのあるグラスやお皿を収納し、デッドスペースをつくらないのがコツ。
ファイルボックスや小物収納ケースなどで、食器の種類ごとに仕切っておくと使いやすくなります

大皿や中皿を深い引き出しに収納する場合は、ファイルボックスやブックエンドなどを活用して「立てる収納」にすると出し入れが簡単になるでしょう。
引き出しの食器収納

引き出しを開けるときに食器がぐらつかないように、滑り止めシートを敷いてから食器を入れておくと安心です。
【完全版】100均やニトリなどの食器棚シート比較!ずれない食器棚シートは?

食器棚(吊り戸棚)収納の場合

食器棚収納は上段・中段・下段の3つに分けて、定位置を決めていくのがコツです。

食器棚の上段

上段は使用頻度がもっとも低い食器を収納します。年に一度しか使わないようなお正月用の重箱や来客用の食器などの収納に向いています。
安全面に配慮し、重い食器は置きません。

持ち手付きの収納ケースにまとめておくと、出し入れがスムーズになります。

食器棚の中段

食器棚の中段はもっとも使いやすいゴールデンゾーン。
毎日使う茶碗や汁椀、平皿など使用頻度の高い食器を収納します。

奥の食器が出し入れしやすいよう、トレイや収納ケースを活用しましょう。

食器棚の下段

下段には、大皿や大鉢などの大きくて重い食器を収納します。
土鍋やホットプレートの収納にもおすすめです。

また、小さなお子さんがいる家庭なら子ども用の食器を下段に収納しておくと、子どもが自分で準備と片付けがしやすい環境づくりができます。

収納スペースが足りない場合の対処方法

食器棚のスペースが足りない時の便利アイテム
収納スペースが足りないのは、たいていは食器が多すぎるのが原因。
家族の人数分だけを収納し、それ以外の食器は別の場所に置いておきます。

それでも足りない場合は、吊り戸棚に戸棚下ラックを設置したり、食器棚の棚板を増やしたりして、デッドスペースを有効活用しましょう。
棚板が増やせないときは、ディッシュラックやコの字ラックを棚板代わりに使うのが効果的です。
コの字ラック
食器棚がない場合は、吊り戸棚の一部を食器棚にしたり、カラーボックスや収納ケースを設置したりするのがおすすめ。
ただし収納量は少なくなってしまうため、必要最低限の食器だけを収納します。

定期的に見直しをして、より使いやすい食器収納に

食器収納のポイントは、よく使う食器だけを出し入れしやすい場所に収納すること

お皿は重ねすぎず、収納ケースを使って奥の食器もスムーズに取り出せる工夫をすることも大切です。

食器は増えてしまいやすいアイテムなので、定期的に見直しをして、お気に入りのものがすぐに選べる収納をめざしてくださいね。

一人暮らしをはじめる人へ|失敗しない食器選びと食器棚いらずの収納アイデア 家事時短! 料理をラクにするキッチン収納4つのポイントとは?

▼編集部のおすすめアイテム