どうしてる?増えすぎて困る「もらい物タオルの使い道」と収納アイデア

もらい物タオルの使い道

引き出物や粗品などで増えがちな、もらい物のタオルの使い道に困っていませんか?
色やデザインが好みでなくても、もらったタオルを「もったいない」という理由で渋々使っている人もいるのではないでしょうか。

毎日使うタオルは、お気に入りを使った方が気分も上がります。
今回は、保管に困りがちな「もらい物タオル」の収納場所やリメイク、活用アイデアなどをまとめました。

もらい物タオルの使い道と収納場所

もらい物のタオルは、どのように活用すればいいのでしょうか?
実は、タオルを使うのは洗面所とは限りません。

それでは、もらい物タオルの活用アイデアとその際の収納場所を紹介します。

玄関の予備タオルとして

玄関に予備タオルを置いておくと便利
タオルは意外にも玄関にあると便利です。
たとえば、雨に降られて帰宅したとき。「ちょっとカバンやコートを拭きたいな」と思ったことはありませんか?
濡れた状態で、わざわざ洗面所までタオルを取りに行くのは面倒ですよね。
廊下が濡れて拭き掃除まで必要になることもあります。

それなら、玄関に予備のタオルがあった方が便利だと思いませんか?

タオルは、下駄箱にカゴを置いて入れておいたり、収納付きベンチに入れたりしておけば、派手な柄でも目立ちません。

ベランダ用タオルとして

ベランダ付近にタオル収納
ベランダに出て足が濡れてしまったときにタオルがなく、濡れた足のまま洗面所へ直行した経験がある人もいるのではないでしょうか。

ベランダで洗濯をするご家庭では、雨に濡れた物干し竿を拭きたいときもありますよね。
拭いて汚れる心配がある場合、普段使いのタオルを使うよりも、予備のもらい物タオルの方が使いやすいでしょう。

また、そういった際にわざわざ洗面所まで普段使いのタオルを取りに行くよりも、ベランダの近くにタオルがあった方がラク。
ベランダの掃き出し窓の近くの棚にタオルを1~2枚入れておくと、必要な時に出し入れしやすくなります。

防災グッズとして

防災グッズとしてタオルも備えておくとよい
防災グッズとしてさまざまな用途があるため、家族の人数分あると便利なタオル。

万が一の備えで普段の生活で使うわけではないため、色や柄が好みかどうかはこの際気にならないはず。
なので、もらい物のタオルを防災用タオルにしておくのもいいですね。

災害時に使いやすいよう、乾くのが早いタイプを選び、防災リュックに入れておきましょう。
ポータブルバッテリーのような壊れやすいものを包んでおくと便利です。

▼防災グッズの収納についてはこちら
防災用品にっぴったりの収納ケース防災グッズや備蓄品のベストな収納方法は?収納ケースの選び方とおすすめアイテムを紹介

「タオル」本来の用途として使わない活用法

不要なタオルをリメイク
ここまでに紹介した使い道だけでは枚数はほとんど必要にならないため、まだまだ「もらい物のタオル」が余ってしまうかもしれません。

そんな場合は、本来のタオルの役割とは違った使い方をしてみましょう。

雑巾にリメイク

定番ですが、タオルを雑巾にリメイクすることをおすすめします。
雑巾ならミシンでも手縫いでもつくれるので、とてもお手軽な活用法です。

普段から不要なタオルでリメイクしておくと、子どもの学校や園から雑巾を集めるというお知らせが来ても慌てずに済みます。

ハンドメイドでペットボトルカバーに

ハンドタオルなら半分に折り、底の部分と縦の辺の3分の2程度まで縫い合わせるとペットボトルカバーになります。
出し入れしやすいように、縦と上の部分にファスナーを付けて使ってもいいですね。

カットして掃除用ウエスに

タオルを適当な大きさにカットして、掃除用ウエスとして使い切るのもあり。
もらい物に限らず、使い古しのタオルの活用法としてもおすすめです。

ただし、タオルをカットする際に糸くずが出やすいので気をつけてくださいね。

そのまま掃除用具にする方法も

タオルを縫うのもカットするのも面倒という方は、タオル一本をそのまま使うお掃除方法を試してみるのもおすすめ。
タオル一本で部屋の隅(ぐろ)掃除する方法
幅木の掃除いつものお掃除にプラスワン♪部屋の隅々までほこりやカビを取り除く簡単掃除のコツ

使いきれないほどタオルがある場合は?

メルカリなどフリマに出品
それでもタオルが使いきれない人には、

  • 福祉団体や動物愛護団体に寄付する
  • 子どもの園や学校のバザーに出す
  • フリマアプリで売る
といった処分方法があります。

また、処分に手間をかけられないなら、思い切って捨ててしまうのもやむを得ないかもしれません。
使わないタオルのためにスペースを圧迫している方がもったいないです。

もらい物タオルは見えない場所で上手に活用を

大量のタオル
タオルはもらう機会が多いため、使いきれずにどんどん増えてしまいます。
限られたスペースなのに、不要なタオルを溜め込んでしまうのはNG。

タオルをもらっても、普段使いのタオルとして洗面所などで使いたいと思えなかった場合は、見えない場所で活用するのがポイントです。

今回ご紹介したような使い道で活用し、いらないタオルを溜め込まないようにしましょう。

タオルの収納狭い洗面所でもスッキリ収納できる!タオルの収納アイデアとおすすめアイテムを紹介 タオルの収納場所の見直し!必要枚数と買い替え時が分かる収納アイディア