引き出しや机の上を使いやすく!【場所別】文房具収納アイデアとおすすめ便利グッズ

文房具と卓上整理ボックス

こまごまして散らかりがちな文房具。うまく収納できないと、出しっぱなしや行方不明の原因になることも……。
子どもがいるお家なら、たくさんの文房具であふれていることもあるでしょう。

そこで今回は、文房具の収納アイデアやおすすめの収納アイテムについて紹介していきます。

リビングやワークスペース、子ども部屋など「使う場所」や「人」にあわせた収納方法にすることで、散らかりにくくて必要な時にサッと使えるようになりますよ。

文房具を上手に収納する4つのポイント

文房具収納のポイント
文房具の収納方法を考える前に、まずは押さえておきたい4つのポイントを紹介します。

今あるものをただ片付けるのではなく、「不要なものを処分する」ことも大事
また、「どんなシーン」「誰が使うのか」などを考えておくと上手に収納できますよ

【ポイント1】全部出して、不要な文房具の処分を

たくさんのペン
文房具って、気付けばどんどん増えてしまいますよね。自分で購入することもありますが、粗品などで貰う場合も多いもの。
新品だからと使わないものを置いていても収納スペースを圧迫するだけなので、この機会に不要なものは処分しましょう。

まずは文房具類を全部出してみて、使うものかどうか、インクが出るかどうかも併せてチェック

必ず使うものだけにしておけば、「すっきり収納」に近づきますよ。

【ポイント2】使用頻度に分けて収納しよう

使用頻度で文房具を分ける
さまざまな文房具の中でも、ボールペンやはさみなど毎日使うものもあれば、筆ペンや穴あけパンチのように時々しか使わないものもありますよね。
そのため、使用頻度にあわせた収納方法を考えることが大切です。

毎日使うものはすぐ手に取りやすいところへ収納し、ワンアクションで出し入れできるようにすると便利
一方であまり使わないものは引き出しや収納ボックスなどを使ってわかりやすく収納し、行方不明にならないようにしておきましょう。

【ポイント3】使う人で分けて収納しよう

使う人で文房具を分ける
家族みんなで使う文房具もあれば、大人が使うもの、子どもしか使わないものもあります。
そのため、使う人によって収納方法を分けるのも大切です。

家族みんなが使うものならリビングなどの誰でも手に取りやすい場所に収納。
子ども用の文房具なら、子どもの用品とまとめて収納というように、使う人ごとにあわせた場所を考えるのがおすすめです。

【ポイント4】文房具の種類ごとに仕切って収納しよう

収納ケースを仕切って文房具を入れる
文房具収納スペースには、ボールペンやはさみ、ホチキスにのりなど多種類のアイテムをしまうことになります。
ひとまとめにして引き出しの中にザっと入れると、ごちゃごちゃして目的のものがスムーズに見つからないことも。

そのため、文房具は仕切って収納するのがおすすめです。
アイテムの種類ごとに分けて、それぞれの定位置を決めることで家族みんなが出し入れしやすくなり、迷子防止にもなります。
仕切り板やケースをうまく活用するのがおすすめです。

文房具のおすすめ収納スタイルは3つ

文房具のおすすめ収納スタイル
文房具は、そのアイテムの使用頻度にあわせて収納スタイルを考えるとうまくいきますよ。
よく使うもの、たまにしか使わないものにあわせた収納方法だと使いやすさもアップ!

【収納スタイル1】よく使うものは立てる収納に

整理ボックスに文房具を立てる
頻繁に使うものは立てる収納が便利。ペンスタンドや収納ケースを手の届きやすい場所に置いておくと、出し入れもスムーズです。

また、どこに何があるのかが一目でわかるメリットもあります。
立てる収納ならワンアクションで片付けられるので、文房具の出しっぱなしを防ぎたい場合にもおすすめです。

【収納スタイル2】たまに使うものは引き出しにわかりやすく収納

引き出しに収納した文房具
ホチキスや穴あけパンチなどたまにしか使わないものは引き出し収納がおすすめ
仕切りをつけてそれぞれの定位置を決めると、引き出しを開けた時にどこに何があるか一目瞭然です。

この時、浅いタイプの引き出しを使うと、1つのスペースにたくさんのものが集まりにくくなって、しっかり仕分けた状態をキープできますよ。
また、引き出しの中の配置を考える時は、使う頻度が高いものを手前にしておくと使いやすくなります。

【収納スタイル3】パッと手に取りたいものはマグネット収納がおすすめ

カレンダーに予定を書き込む時などは、その場にペンがあると便利ですよね。
マグネットを使うと、書き込みたい場所にペンをセットしておくことができます。

100均に売っている小さなマグネットを貼り付けることで、簡単にマグネット収納ができるようになるのでご紹介します。

文房具をペタっと貼り付けられる100均の強力マグネット

100均ダイソーの強力マグネット
100均には小さくて強力なマグネットが売られており、サイズもさまざまです。
こちらのようにミニサイズのものもあり、ペンに貼り付けることでマグネット収納が簡単にできるようになります。
ネオジム磁石という強力なマグネットなので、ミニサイズでもしっかりくっつきますよ。

ペンなどにマグネットをつけてみよう

ボールペンにマグネットをマスキングテープで固定
ボールペンにマグネットをつける時は、接着剤でくっつけてからマスキングテープなどで保護するのがおすすめ。
磁力が強いため使っているうちにマグネットがペンから剥がれてしまう可能性があるからです。

小さな粒状のマグネットなので、剥がれると紛失する恐れがあり、小さなお子さんやペットがいるお家では誤飲の心配もあるので、しっかり貼り付けましょう。
お気に入りのマスキングテープでデコレーションするようにすれば、見た目も気になりませんよ。

文房具収納アイデアその1【リビング・ダイニング編】

それでは実際に文房具収納のアイデアを場所別に紹介していきます。
まずは家族みんなが集まるリビングから。

家族全員がよく使うもの、子どものリビング学習用のものなどに分けて、使いやすく収納しましょう。

家族みんなが毎日使うものは100均ケースでワンアクション収納

100均のケースに文房具を立てて収納
ペンやはさみなど、家族みんなが毎日使うアイテムは使いやすい場所にスタンバイしておくのがおすすめです。
リビングやダイニングの手が届きやすいスペースにケースを使って立てておくと、ワンアクションで出し入れができます。

こちらで使っているのは100均のダイソーで売っている積み重ねボックスの仕切り付きタイプ
アイテムごとに分けて収納できるので、ごちゃごちゃになりません。我が家では、毎日の体調チェックに必要な体温計も一緒に収納しています。

たまに使うアイテムはリビングの引き出しへ収納

リビングキャビネットの引き出しへ文房具を収納
カッターやホチキス、油性マジックといったたまに使うアイテムは、リビングチェストなどの引き出しへ収納するのがおすすめ。
引き出しの中をケースで仕切れば見やすくなり、家族みんなが目的のものをサッと取り出せます。

また、アイテムごとに定位置が決まると、自然と片付けられる習慣づけにもなりますよ。
こちらでは無印良品のポリプロピレンデスク内整理トレーを使っています。

子どものリビング学習には無印良品のペンポケットが便利

無印のペンポケットに子どもの文房具を収納
子どもがリビングやダイニングで勉強するというお家も多いと思います。
勉強で使うテキストや文房具などをまとめてリビングに置いておくとスムーズに取り掛かれますね。
そんな時の収納におすすめしたいのが無印良品のファイルボックスとペンポケット

ドリルやテキストを収納したファイルボックスにペンポケットを取り付けると、鉛筆や消しゴムなどの細かい文房具も一緒に片付けることができます。
勉強を始める時も片付ける時もサッとできるので子どもも楽チンです。
参考 ポリプロピレンファイルボックス用・ポケット無印良品(公式サイト)

文房具収納アイデアその2【ワークスペース編】

自宅で仕事や作業をする場合は、ワークスペースに文房具をセッティングしておきたいですね。
必要なものを卓上にわかりやすく収納しておくと作業もはかどります。

そんな時におすすめなのが、使いたいものがすぐに取れる卓上用の整理収納ボックスです。

卓上の収納ボックスで作業時に必要なものをひとまとめに

卓上整理ボックスに文房具をまとめる
こちらの卓上整理ボックスは、使う人や使う時のことを考えてデザインする生活用品ブランド、like-it(ライクイット)のもの。
細かいアイテムからA4サイズのものまですっきり収納できるボックスで、作業時に必要なものをひとまとめにしておけるのが魅力です。

片付けやすさの秘密は、自由に動かせる仕切り板

ライクイットの卓上整理ボックスは、仕切り板を自由に設定して収納したいものにあわせたスペースを作れるほか、ポケットも複数に分かれていて便利。

はさみやペンといった細長いもの、付箋ふせんやメモ帳、A4ファイルまでさまざまなアイテムを仕切りながら収納できるので、ケース内がごちゃごちゃになることなく、すっきり片付きます。

パソコン周りで使うメガネもスマートに収納できました。
どこに何があるのか一目瞭然なので、ものを探す手間がなくなって、作業もスムーズに進みますよ。

紛失しやすい細かいものは専用スペースへ収納

クリップなどの細かいものを入れる仕切りケース
クリップや付箋ふせん、テープなどの細かいものはデスク周りで紛失しやすいですよね。
なくならないように容器などに入れてから収納すると、取り出すのに手間がかかってしまうことも。

こちらの整理ボックスには、そんな「細かいもの専用」のケースも付属しています。
クリップ用のケースは底がカーブしているので取り出しやすさ抜群。なくしやすい付箋ふせんも立ててすっきり収納できます。

持ち運びもしやすく、テレワークに便利

持ち手のある整理ボックスの後ろ側
テレワークになった時に、ダイニングテーブルなどで仕事をする場合もあると思います。
こちらの整理ボックスは持ち手付きで持ち運びしやすくなっているため、仕事の時だけテーブルに置いて、普段は片付けておくことも可能。
サッと簡易のワークスペースを作るのに便利です。

A4サイズの収納部分にはタブレットや小型のノートパソコンも入るので、このケース一つで仕事に必要なものをまとめておけます。
また、ケースを置けばテーブル上を軽く仕切れるので、集中しやすい環境づくりにも役立ちます。

文房具収納アイデアその3【子ども部屋編】

子どもがいるとどうしても増えがちな文房具。
子どもが簡単に目的のものを見つけられ、自分から片付けられるような収納を目指したいですね。

引き出しを無印良品の整理トレーで仕切って

引き出しの中に収納した子どもの文房具
子どもの文房具も引き出しの中を仕切って、アイテムごとの定位置を作ってあげるのが大切です。
リビングでの引き出し収納でも使用した無印良品のポリプロピレンデスク内整理トレーをここでも活用します。

付属の仕切り板でトレーの中を区切れるため、収納したいものにあったスペースを作れるのがポイントです。
引き出しの大きさにあわせてケースのサイズを組み合わせ、鉛筆や定規、はさみなどを収納。
また、鉛筆や消しゴムなど新品がたくさんあるものは、使いかけのものと分けるとわかりやすいです。

細かいものとケース入りのもので分ける

細かいものとケース入りのもので引き出しを分ける
子どもの文房具は、鉛筆や消しゴムなどのこまごましたものの他に、クレヨンや色鉛筆、カラーペンなどのケース入りのものもたくさんありますよね。

細かいものとケース入りのものとで引き出しの段を分けるとそれぞれが混ざらず、ごちゃごちゃしにくいです。
浅い引き出しならクレヨンなどのケースを重ねても見やすくて、子どもでも目的のものがサッと取り出せるでしょう。

文房具収納アイデアその4【キッチン編】

賞味期限をメモしたり、カレンダーに予定を書き込んだりとキッチンでもペンを使うことがあると思います。
また、輪ゴムを使うシーンが多いのもキッチンではないでしょうか?
そんなキッチンで使う文房具はマグネットを使った収納が便利です。

カレンダー用のペンは100均のマグネットで貼り付ける

カレンダーにボールペンをマグネットでつける
100均の強力マグネットをカレンダーの上部に貼り付けて、ボールペンをつけ外しできるようにすると便利です。
このボールペンはクリップ部分が金属なので、ペン自体にマグネットをつけなくてもくっつきます。

油性マジックなど本体がプラスチックのものは、カレンダーとペンそれぞれにマグネットをつけると、ぴたっと強力に貼りつきますよ。
予定を書き込む時もとってもスムーズになるのでおすすめです。

輪ゴムはマグネットフックでキッチンパネルに

キッチンにつけたマグネットフックに輪ゴムをかける
食品の袋の口をとめるなど、輪ゴムをキッチンで使用する場合は料理中でもサッと使えるようにしたいですね。
そんな時はマグネットフックを使って引っかけておくのがおすすめです。

ワンアクションで手に取れ、片手がふさがっている時も便利ですよ。
ちなみにこちらも100均のマグネットフックを使用しています。

文房具収納アイデアその5【玄関編】

印鑑やボールペンをマグネットで玄関ドアにつける
宅配便の受け取りに使う印鑑やペン、段ボールの片付けに便利なカッターなど、玄関でもちょっとした文房具をスタンバイしておきたいものです。

そんな時にもマグネット収納がおすすめ!ここでも100均の強力マグネットを使って、玄関ドアに貼り付けてみましょう。
急に宅配便が来た時も、ドアを開けながら印鑑を取れるのでとってもスムーズ。紛失しにくくなるのも大きなポイントです。

まとめ

いかがでしたか? 文房具の収納アイデアについて紹介しました。
こまごまとして散らかりやすい文房具は、アイテムごとに仕切って収納するのがポイント。

また、使う頻度や人にあわせた収納場所を考えることも大切です。
卓上用の収納ボックスや100均グッズなど、便利なアイテムを活用してすっきり使いやすい文房具収納を目指しましょう。
 
▼今回登場した吉川国工業所の卓上収納「ライフモデュール」

 
片付いたリビング片付けが苦手でも大丈夫!家族みんなが使いやすい「リビング収納」の作り方 学習机は必要?イマドキ小学生の家庭学習事情とランドセル・学用品のお片づけポイント