梅雨前に知っておきたい!クローゼットの湿気対策と除湿のおすすめアイテム

クローゼットの湿気対策

湿気がこもりやすいクローゼット。特に梅雨時は湿気が気になりますよね。

「気づいたらバッグにカビが生えていた」
「洋服から湿っぽいニオイがする」

湿気対策を怠ったために、このような経験をしたことはありませんか?

そこで今回は、クローゼットの湿気対策除湿におすすめアイテムを紹介します。

コツを覚えて、快適なクローゼットにしましょう。

クローゼットのカビの原因は湿気やホコリ

クローゼットの衣類にカビが発生する原因のほとんどが、湿気ホコリです。

お風呂のカビには気づいても、クローゼットのカビは見えにくいのでなかなか気づけません。そのせいで、さらにカビが広がってしまうことも……

食べこぼしや皮脂がついた服をクローゼットにそのまま戻すと、余計にカビが発生しやすくなるので注意してください。

湿度が60パーセント以上で風通しがよくない場所は、カビにとっては最高の環境
ですから、湿度が高くなる梅雨に入る前に、十分な湿気対策をしておきましょう。

カビやホコリから衣類を守る収納方法

カビの生えないクローゼットの除湿対策
クローゼットは、カビやダニが繁殖しやすいので、衣類を守るために湿気対策は必ずやっておかなければなりません。

湿気対策として有効な収納のポイントは、

湿気対策のポイント
  • 8割収納をめざす
  • 風通しをよくする
  • 一時的に吊るす場所をつくる
以上の3つです。

では、それぞれ解説していきます。

8割収納をめざす

クローゼットにぎゅうぎゅう詰めにされた衣類はシワになるだけでなく、カビやダニの温床になってしまいます

その原因は、湿気を帯びたホコリや衣類に付着した髪の毛、食べ物のカスなど。
衣類と衣類に隙間がないと、それらのゴミが落ちていかずに、カビやダニを呼び込んでしまうのです。

クローゼットは8割収納が理想なので、ハンガーパイプに吊るす洋服はスペースに余裕を持たせるようにしましょう。
ぎゅうぎゅうに掛かっているなら、畳んでしまえる洋服は収納ケースに入れ直します。

8割収納をめざすためには、まず洋服を整理すること。
衣替えのタイミングを利用して洋服を見直し、着る服だけを残すようにしてください。

また、洋服の種類別にハンガーをそろえると、同じ方向にキレイに並べられるので隙間ができやすくなります。
種類別ハンガー
服を整理して衣替え不要に!ムダのないお洒落なクローゼット収納術

風通しをよくする


衣類を減らして8割収納になったとしても、クローゼットを締め切ったままでは湿気の逃げ道がなく、カビやダニが発生してしまいます。

クローゼットの風通しをよくするためには、ときどき扉を開けっ放しにしておき、こまめな換気を心がけましょう。
クローゼットを開けて、扇風機で送風するのもおすすめです。

普段はクローゼット用の除湿剤を入れておきましょう。
クローゼット用の除湿剤

一時的に吊るす場所をつくる

一度着ただけでは洗うことのないコートやジャケットなどの洋服をすぐにクローゼットにしまってしまうのはNGです。
湿気やホコリをそのままクローゼットに運び込んでしまいます。

帰宅後は洋服のホコリを払い、一時的に吊るしておくのが望ましいでしょう。

また、雨で濡れてしまったり、洗濯干ししたのに湿り気を感じたりする衣類は、しっかりと乾かしてからクローゼットにしまうようにしてください。

一時置き場として、玄関あるいはクローゼットの横にコートツリーを置くのがおすすめです。
コートツリー
もし置くスペースがなければ、壁付けフックを取り付けたり、ドアフックを利用したりするのがいいでしょう。
ドアハンガーにバッグやコートを掛けてスッキリ収納!選び方とおすすめアイテム

クローゼットの湿気対策におすすめのアイテム

クローゼットの湿気対策で大切なのは、乾燥を持続させて、クローゼットの中にホコリを持ち込まないこと。

ここでは、乾燥しやすい環境をつくれる、あるいはホコリを防げるアイテムを紹介していきます。

スノコはクローゼットにも有効

湿気が溜まりやすいクローゼットの下は、直接モノを置いてあるとカビの繁殖を早めてしまいます。なので、直置きは避けたほうが無難。

衣装ケースを直接置いてもいいですが、スノコを設置し、その上に衣装ケースや収納アイテムを置くとさらに安心です。

スノコは押入れやベランダで使うモノでは?と思うかもしれませんが、クローゼットでも活躍してくれます。

高床式のスノコなら通気性が抜群で、掃除機のノズルが入るので掃除も簡単!スノコの下に除湿剤を置いておくとさらに効果的です。
クローゼット収納にも便利なスノコ
カビやダニが発生しやすい布団の収納にも向いています。

洋服ブラシでクローゼットにホコリが入り込むのをシャットアウト

洋服ブラシでケア
一度着た洋服はホコリや花粉がついています。なので、そのままクローゼットにしまうのはNGです。
まずは洋服ブラシでホコリや花粉を落とすようにしてください。

帰宅後すぐに玄関でしっかりブラッシングして、部屋にホコリが入り込むのをシャットアウトしましょう。

¥1,030 (2021/10/18 11:35:37時点 楽天市場調べ-詳細)

炭入りの衣類カバーならホコリから守り、消臭効果も

シーズンオフのコートや礼服など長期間使わない洋服は衣類カバーを掛けておくと、ホコリを防げて安心です。

衣類カバーは密閉性のあるビニール製でなく、通気性の高い不織布タイプを選びましょう。
なかでも、炭入りの衣類カバーがおすすめです。

知っておきたい収納場所のカビ予防!押し入れやクローゼット・下駄箱の除湿対策

除湿剤を使わない方法

クローゼットの湿気対策に専用の除湿剤を使ってもいいですが、除湿剤でなくても除湿できる方法があります。

それが「重曹」「炭」「新聞紙」を使った除湿です。

重曹を活用する

重曹
重曹には、除湿と脱臭の効果があります。重曹を布製の小袋に入れるか、空き瓶に入れて布やガーゼでフタをして置いておくだけでOKです。

重曹が固まってきたら水(あるいはぬるま湯)を加えて重曹水にしてしまえば、ナチュラル洗剤として掃除に使えて便利。
また、トイレに重曹をそのまま入れて一晩放置すれば、ちょっとした黒ずみをキレイにしてくれます。

重曹を使った除湿は、このように最後まで使い切れて、ゴミも出ないのでとてもエコです。

炭を活用する

炭は、重曹と同様、除湿と脱臭の効果が期待できます。不織布やお茶パックに包んでクローゼットに置いておくだけでOK。

クローゼットのほかにも、下駄箱やゴミ箱でも使えます。
天日干しにすれば、繰り返し使えるので経済的です。
下駄箱下駄箱や押入れの除湿には炭!簡単エコな湿気対策で暮らしを快適に

新聞紙を活用する

新聞紙も湿気取りや消臭に向いています。
クシャッと丸めてバッグに入れておけば、除湿と消臭だけでなく、バッグの型崩れも防げるのでとても便利。

しかも、ダニはインクのニオイが苦手なので、防虫効果にもなるんです。まさに一石四鳥!

ただし、新聞紙だけでクローゼットを完全に除湿するのは難しいので、ほかの除湿方法と併用するのが望ましいでしょう。

梅雨入り前に湿気対策をして大切な衣類を守りましょう

クローゼットの湿気対策をきちんとしておけば、カビやニオイが気になりません。

梅雨に入ってから慌てて乾燥させようとしても、すでにカビが発生し始めているかもしれません。
ご紹介した湿気対策を参考にして、早めにクローゼットを除湿しておきましょう。

水アカ除去・除菌・消臭できるクエン酸掃除で梅雨の時期もスッキリ エアコン掃除のコツとお掃除頻度エアコンのカビ対策!自分で出来るエアコン内部の掃除の仕方と室外機のお手入れ方法