炊飯器やレンジなどのキッチン家電の収納に便利なキッチンラックのおすすめアイテム

調理の必需品といっても過言ではない、炊飯器や電子レンジなどのキッチン家電。
ただ、キッチン周辺に雑然と置いてしまうと使い勝手が悪かったり、見栄えがよくなかったりしますよね。

そこで使ってみてほしいのが、キッチン家電をまとめて収納できるキッチンラックです。
スペースを有効活用できたり、配置によってはキッチン家電がもっと使いやすくなりますよ。

キッチン家電の収納・配置には、正しく使うため、事故を防ぐためのポイントがいくつかあります
この記事では、キッチン家電収納のポイントおすすめのキッチンラックについてご紹介します。

キッチン家電の収納・配置する時に考えるべき5つのポイント

キッチン家電を収納したり、配置したりするときのポイントはこの5つ。

キッチン家電の収納・配置のポイント
  • 何を収納するのか考える
  • 家電・収納アイテムのサイズを測る
  • コンセントの位置や数を考慮する
  • 家事動線を考える
  • インテリアとの調和を考える

【1】何を収納するのか考える

いろんな種類のキッチン家電
まず考えてほしいのが、どんなキッチン家電を収納しておく必要があるかということ。

どんなご家庭でも重要視されているものは、「電子レンジ」「トースター」「炊飯器」といったキッチン家電だと思います。
しかし、人によってはコーヒーメーカーや電気ポット、ケトルなどもまとめて収納しておきたい場合もありますよね。

何をどこに収納したいかは、人それぞれです。
よく使うもの、あまり使わないものを考えて、まとめて収納しておく方がよさそうなキッチン家電をピックアップしてみましょう。

【2】サイズを測る

キッチンオープンラック
ここでいうサイズというのは家電の大きさだけでなく、キッチンラックなどの収納アイテムを置く場所や収納アイテム自体の幅や奥行も指します

たとえば、冷蔵庫と壁の間の微妙なスぺースにキッチンラックなどを置きたい場合、きちんとフィットするサイズでなければいけません。

また、収納したいキッチン家電の種類によっては、キッチンラックに収まらない可能性もあります。
電子レンジ1つとってもたくさんの種類があり、ものによってサイズも異なりますよね。

無理に詰め込んでしまうと、家電によっては排熱スペースが確保できない可能性もあり危険です。
目測で選んでしまうと、置きたい場所や置きたい家電がフィットしない可能性もあるので、しっかり事前に測っておいてくださいね。

【3】コンセントの位置や数を考慮する

キッチンのコンセント
キッチン家電を置く時に必須なのが、コンセント。コンセントの位置は、意外とチェックを忘れがちです。

キッチン家電を収納したい場所が決まったら、周辺に十分な数のコンセントがあるか確認しておきましょう。
もし、置きたい場所にコンセントが足りない場合、延長コードで電源を引っ張ってくるなど工夫してみてくださいね。

【4】家事動線を考える

家事動線が考えられたキッチン
キッチン家電を収納するとき、ただ空いたスペースに置けばいいのかというと、そうではありません。
何も考えずに適当なスぺースに置くと、使い勝手が悪くなって調理中の効率が悪くなる可能性があります。

特に、ひんぱんに使う電子レンジや炊飯器は、どこに置けば作業効率がよくなるのか、じっくり考えてみましょう。

【5】インテリアとの調和を考える

ダイニングに置かれたキッチンラック
+αなポイントになりますが、キッチンラックと部屋全体のインテリアが調和しているか考えてみましょう。

特に最近の住宅は、キッチンがリビングダイニングと同じ空間にあることが多く、キッチンのテイストもインテリアに大きく影響します。

たとえば、リビングが木と白を中心としたナチュラルテイストなのに、キッチンの収納アイテムがメタリックだったり、派手な色味だと浮いてしまうことも。
もちろんキッチンラックの性能を第一に考えないといけませんが、できれば部屋全体のインテリアとの調和もチェックしてくださいね。


この5つのポイントを抑えておけばキッチン家電の収納アイテムに困ることはありません。
しかし、家電の種類によっては設置の仕方が指定されているものがあります。

以下では、キッチン家電ごとの収納・配置の注意点やポイントをご紹介していきます。

キッチン家電収納のポイント【1】電子レンジ

キッチン家電の中でも使用頻度が高い電子レンジ。
電子レンジを収納するときのポイントを3つお伝えします。

【1】排熱・吸気スペースを確保する

電子レンジの側面
電子レンジは側面(左右)や背面に排熱・吸気口があります。
メーカーによって異なりますが、天面は10cm以上側面と背面は3~10cm以上のスペースが必要なことが多いです。

収納したい場所に、十分なスぺースが確保できるか確認しておきましょう。
また、側面に物を置いて吸気口をふさがないようにしてくださいね。

【2】本体が熱くなることがある

レンジ機能を使用しているときは問題ないのですが、オーブンやスチーム機能を使用すると本体が熱くなります
100℃近くになるので、天面や周辺に物を置いておくと、溶けたり焦げたりする可能性も。

できるだけ物を置かないようにするか、物を置ける「レンジラック」などの収納アイテムを導入するのがおすすめです。

【3】大型の電子レンジは大きさと耐荷重に注意

大型の電子レンジ
レンジ機能だけのシンプルなものなら、そう問題はないのですが、オーブンやスチーム機能つきの大型電子レンジは注意が必要です。
その理由は、大きさと重さにあります。

キッチンラックの幅や耐荷重によっては、大型の電子レンジが置けない可能性があるので、事前に電子レンジのサイズとキッチンラックのサイズがマッチするか見ておきましょう。

¥89,900 (2021/03/08 22:09:27時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチン家電収納のポイント【2】炊飯器

ほぼ毎日使用するといっても過言ではないキッチン家電といえば、炊飯器です。
収納時のポイントを2つお伝えしますね。

【1】炊飯器のフタが開閉できるかチェック

炊飯器のフタを開閉
炊飯器を収納したい場所で、フタが開閉できるかチェックしておきましょう。
全開にできないと、ごはんを混ぜたりよそったりするのが面倒です。

ちなみにフタを全開にしたときの炊飯器の高さは、一般的に45~50cmのものが多いようです。
メーカーによって異なる場合があるので、キッチンラックを選ぶ際には測っておいてくださいね。

¥30,535 (2021/03/08 22:09:27時点 楽天市場調べ-詳細)

【2】炊飯時の蒸気に注意

炊飯器を置く棚部分がスライドできるキッチンラック
炊飯器の最大の特徴は、使っているときに蒸気が出てしまうこと。
蒸気にさらされ続けることで収納アイテムが傷んでしまうこともあります。

炊飯器を主体に収納アイテムを選ぶときは、以下のいずれかの点に注目してみてください。

  • 吸湿性のある素材
  • 炊飯器の収納部分が引き出せるもの
  • オープンラックなど棚の高さに余裕があるもの

炊飯器の収納部分が吸湿性のある素材だと、少々蒸気に触れてもカラッと乾きます。
吸湿性の素材でない場合は、炊飯器を置く棚部分がスライドできて引き出せるものだとベストですね。
もしどちらも叶わない場合は、奥まった棚よりは高さに余裕があるオープンラックなどを選んで蒸気を逃がしてあげましょう。

¥7,380 (2021/03/08 22:09:30時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチン家電収納のポイント【3】トースター

パンを焼いたり、料理をグリルしたりとマルチに使えるトースター。
収納するときのポイントは2つあります。

【1】使用時に物を置いたままにしない

トースターを使用しているときは、全体が熱くなるのが要注意ポイント。
天面に物を置いたままにしておくと、溶けたり変質してしまう可能性があるので注意しましょう。

どうしても物を置く場合は、必ず使用前に降ろすようにしてくださいね。
もしくは、トースターの上が活用できる「トースターラック」を用いるのもおすすめです。

【2】排熱スペースを確保する

トースターラック
トースターを収納するとき、周囲に十分な排熱スペースを確保する必要があります。
天面は10cm以上背面と側面(左右)は5cm以上空けるのが好ましいです。

排熱スペースが確保できないと、トースターが温まりにくくなって上手く食品が焼けなかったり、トースター自体の寿命が短くなったりするので注意してくださいね。

POINT
メーカーによってトースターの適正な排熱スペースが異なります。取扱説明書を読んで適正な排熱スペースを必ず確認しましょう。
¥2,560 (2021/03/08 22:09:30時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチン家電収納のポイント【4】コーヒーメーカー・ケトル

ご家庭によっては、コーヒーメーカーやケトルをよく使用する場合もあるでしょう。
ここでは、収納時のポイントを3つお伝えします。

【1】蒸気に注意

コーヒーメーカーとケトル、どちらも蒸気が出やすい家電です。
あまり周囲に空間がない場所で使うと、蒸気が収納アイテム内にこもりやすくなります。
蒸気がこもらないようスペースを確保しましょう。

【2】コンセントが使えるか

コーヒーメーカーやケトルは、ほかのキッチン家電に比べると使用頻度が低いかもしれません。
そのため、いざ使おうと思ってもコンセントがいっぱいで、場所を移動しなくてはならないという事態も。
収納したい場所のコンセント数が十分か、あるいは他に抜いても大丈夫なプラグがあるかどうかチェックしておきましょう。

【3】使いやすい高さか

コーヒーメーカーとキッチンラック
コーヒーメーカーやケトルは、熱湯を使用します
そのため、収納場所があまりにも高かったり低かったりすると、使い勝手が悪いだけでなく熱湯がかかる危険性もあるのです。
自分の胸より下あたりの位置に収納するとよいでしょう。

¥105,800 (2021/03/08 22:09:30時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチン家電収納のポイント【5】ミキサーなど

キッチン家電の中でも、置き場所や収納方法に困りがちなのが、ミキサーのような「あると便利だけど毎日は使わない」サブアイテム。
そういったあまり使用頻度が高くないキッチン家電の収納ポイントをお伝えします。

【1】あまり上に収納しない

特にミキサーは重く、吊戸棚など上に収納してしまうと取り出す際に危険です。
腰より下くらいの低い位置に収納するとよいでしょう。

【2】ひんぱんに使用するのなら見せる収納も◎

ミキサーとキッチンラック
ただし、人によっては毎朝ミキサーを使用する方もいると思います。

もし使用頻度が高いのであれば、キッチンラックのオープンなスぺースなどに置いて見せる収納もおすすめです。

【3】ワゴンにまとめて収納するのもアリ

あまり使わないサブアイテムは、「キッチンワゴン」などにまとめて収納してみるのも手です。
キッチンワゴンならキッチンの空いたスペースに設置でき、必要なときに取り出しやすいのでおすすめのアイテムです。
周辺にコンセントがなくても、キッチンワゴンならコンセントがある位置まで簡単に移動できますよ。

キッチン家電の収納におすすめなキッチンラック6選

ここからは、キッチン家電の収納にピッタリなおすすめキッチンラックをご紹介します。

ゴミ箱上のスペースを無駄なく使えるキッチンラック「emery.」

こちらのキッチンラックは、ゴミ箱も収納できるタイプです。
ゴミ箱の上はデッドスペースになりがちですが、キッチンラックを置くことで限られた空間を有効活用できます。
ゴミ箱は89cmまで対応しているので、フタが上に開くタイプでもOKです。
棚は全部で4段もあり、キッチン家電などをたっぷり収納できるのがうれしいですね。

一番下の段は、スライドトレーになっているので炊飯器などを置くのにピッタリ。
各段とも、耐荷重がしっかりあるので大型のオーブンレンジも置くことができます。
また、幅広いインテリアにもなじむ、4種類のカラーバリエーションにも注目です。

耐荷重 合計50kg(固定棚:12kg、可動棚×2:15kg、スライドトレー:8kg)
棚の数 4
スライドトレー あり
可動棚 あり
サイズ 高さ170.5cm×横幅60cm、80cmの2種類×奥行45cm
¥12,591 (2021/03/09 08:48:01時点 楽天市場調べ-詳細)

1軍キッチン家電だけを収納できるコンパクトなキッチンラック

1人暮らしにおすすめなキッチンラック
1人暮らしなどであまりキッチンにスぺースがない場合、大きなキッチンラックを置くのが難しいですよね。
そもそもそんなにキッチン家電の種類がない場合もあるでしょう。そんな方におすすめしたいのが、こちらのキッチンラック。
幅が約51cmとコンパクトなので、ちょっとした隙間にも置けます。

棚には電子レンジや炊飯器などが置けるので、1軍のキッチン家電だけを置きたい場合にピッタリです。
もちろん、スライドトレーつきなので、炊飯器も楽々扱えますよ。
下には食品などが取り出しやすい、引き出しタイプのバスケットが2段ついています。

耐荷重 合計36kg(天板:5kg、固定棚:18kg、スライドトレー:7kg、バスケット×2:3kg)
棚の数 3段+バスケット2段
スライドトレー あり
可動棚 なし
サイズ 高さ140.5cm×幅51.5cm×奥行40.5cm

キッチン家電をまとめて置ける収納力ばつぐんのキッチンラック

大容量キッチンラック
ありとあらゆる家電をまとめて収納したいなら、こちらのキッチンラックがおすすめ。
棚が6段もあり、耐荷重も各段十分あるので、いろいろなキッチン家電を一気に収納できます。
スライドトレーもあるので、炊飯器を置いても使いやすくなっていますよ。

また、可動棚が3枚もあるので、置きたいキッチン家電のサイズに合わせて調整できるのもポイント。
収納力バツグンなのに幅は60cmとスリムなので、置く場所を選ばないのも◎

耐荷重 合計85kg(固定棚×2:15kg、可動棚×3:15kg、スライドトレー:10kg)
棚の数 6
スライドトレー あり
可動棚 あり
サイズ 高さ168.5cm×幅60cm×奥行45cm
¥17,800 (2021/03/09 08:48:01時点 楽天市場調べ-詳細)

わずか35cm幅!隙間収納にもおすすめのスリムなキッチンラック

「キッチンラックを置きたいけど、スペースが全然ない!」という方におすすめなのが、スリムなタイプのキッチンラック。
こちらのラックは、幅がわずか35cmほどなので、ちょっとしたスペースがあれば置けます。
見た目はスリムですが、棚はバスケットを含めると7段もあるので、収納力はバツグンです!
オープンフレームなので配線が通しやすく、圧迫感もないのもおすすめポイント。

スライドトレーや可動棚、引き出せるバスケットなど高機能なところもうれしいですね。
各棚の耐荷重もしっかりしているので、キッチン家電だけでなく調味料や食品などいろいろなものを置けます。
収納スペースがないと困っている方はぜひ導入してみてくださいね。

耐荷重 合計60kg
棚の数 7(バスケット込)
スライドトレー あり
可動棚 あり
サイズ 高さ170.5cm×幅34.4cm×奥行41.4cm
¥10,651 (2021/03/09 11:15:57時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチン周りのアイテムをまとめて置けるKeittioシリーズのキッチン家具

レンジ台
こちらのキッチンラックは、キッチン家電から調理器具、食器までまとめて収納できます。
収納力の高さもさることながら、ジョイントを外せば2つの収納になるところが特徴です。
30cmと90cmの収納に分けられるので、部屋の形や用途に合わせて分けたり、つなげたりして自由に使えます。
ちなみに、スライドトレーの後ろの板はパンチングボードになっているので、湿気がこもりにくくなっています。
また、木のぬくもりが感じられる北欧テイストなのも特徴。
ナチュラルなお部屋にもなじむので、インテリアを気にする方におすすめです。

耐荷重(棚小) 合計30kg(天板:15kg、可動棚×3:5kg)
耐荷重(棚大) 合計52kg(天板:30kg、可動棚:5kg、スライドトレー:5kg・3kg、引き出し:3kg)
棚の数 最大5
スライドトレー あり
可動棚 あり
サイズ(棚小) 高さ80cm×幅22.5cm×奥行36cm
サイズ(棚大) 高さ80cm×幅85.5cm×奥行36cm

【番外編】サブアイテムを収納できるワゴン

ミキサーなどのサブアイテムを収納するなら、ワゴンタイプもおすすめです。
こちらのアイテムは、耐荷重が30kgもあるので少々重い物を置いてもへっちゃら。
キッチン家電だけでなく、調味料やお茶セットなどを置くのもいいですね。

耐荷重 30kg
サイズ 高さ61cm×横幅43.5cm×奥行26.5cm
¥2,323 (2021/03/09 11:15:57時点 楽天市場調べ-詳細)

キッチン周りの使い勝手をよくしよう

キッチンラックを導入すれば、キッチン家電がスッキリ収まるだけでなく、キッチン自体の使い勝手もよくなります。

これまで雑然と収納していた方は、ぜひこの機会にキッチン家電をまとめて収納できるラックを試してみませんか?
その際は、キッチンラックを置きたい場所のサイズを測ったり、何を置くのかしっかり考えたりしてから選んでくださいね。

お気に入りのキッチンラックが見つかりますように。
 
狭いキッチンは隙間を有効活用しよう!隙間の活用アイデアとおすすめ収納アイテム コンロ奥・横の隙間を有効活用!コンロラックの使い方&おすすめアイテム10選