フローリングだけど布団派の人必見!毎日の布団収納アイデアとおすすめアイテム

布団と言えば和室に敷いて眠る寝具ですが、最近は和室のない住まいも増え、寝室が洋室というケースも珍しくありません。
フローリングならベッドにしよう!と思っても、「ベッドを置くと部屋が狭くなる」、「ベッドが体になじまない」……などの理由で断念するケースもありますよね。

フローリングに布団を敷いて寝ることに問題はありませんが、少し困るのが布団をどう収納するかということ。毎日のことなので、手早く簡単に済ませたいものです。

この記事では、フローリングに布団を敷いている方へおすすめの収納方法や便利なアイテムをご紹介します。
わが家で実際に使っているアイテム、室内で簡単に布団を干すアイデアもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

押入れやクローゼットに毎日布団を収納する時のアイデア

押入れやクローゼットに布団を収納しておき、寝る時に取り出す時の考え方からご紹介します。

一般的な押入れは、布団を収納するのに適した規格寸法で作られています。
ちなみに我が家の押入れは有効寸法で、間口168cm、奥行き84cmでした。
押入れに毎日布団を収納する
一般的なシングル敷布団のサイズは100×210cm。三つ折りに畳むと、100×70cmになります。掛布団のサイズは150×210cm。四つ折りに畳むと、サイズは105×75cmになります。

つまり、押入れ、またはクローゼットの有効寸法が間口120cm、奥行き80cm以上あれば、余裕をもって布団を収納できると考えられますね。

布団を出し入れしやすい押入れ・クローゼットのサイズ
  • 間口120cm程度
  • 奥行き80cm以上

奥行きが浅いクローゼットには、コンパクトに畳める敷布団

クローゼットで布団収納
規格がある程度決まっている押入れに対し、間口や奥行きがまちまちなのがクローゼットです。

ハンガーパイプが備えられ、洋服を掛けることを想定して作られたクローゼットは奥行きが浅い場合も多いですよね。
洋服用のクローゼットの奥行きは45~60cmが一般的。普通に畳んだ布団は入りません。
そこで検討したいのが、四つ折りのマットレスや敷布団です。
4つ折りの敷き布団
四つ折りにした敷布団は奥行き約55cm、四つ折りにしたマットレスは奥行き約48cm程度。このサイズであれば、奥行きの浅いクローゼットでも布団を収納できそうです。

クローゼットに布団をスッキリ納めたい場合は、敷布団を変えてしまう方法もおすすめですよ。

押入れやクローゼット向けの布団収納アイテム

毎日押入れやクローゼットに布団を出し入れするなら、収納スペースの確保や取り出しやすさが肝になってきます。
持っておくとよいおすすめアイテムをいくつかご紹介します。

「すのこ」は布団収納のマストアイテム

押入れに布団を収納するのなら、湿気対策は万全に!
通気を取ることができる「すのこ」は、布団収納には欠かせません。

また、毎日の布団の出し入れで意外とホコリがたまりやすいクローゼット内部。定期的に掃除機をかけたいけれど、その度にすのこと布団を全部出すのはちょっと大変……。
高床式のすのこ
このような高床式のすのこなら、掃除機のノズルが入るので、すのこも布団も動かすことなく掃除機をかけられます!
通気性も良く、お手入れもラクできる嬉しいアイテムです。

キャスターが付いた出し入れしやすい布団ラック

押入れの下段に布団を収納するのなら、キャスター付きの「布団ラック」もおすすめ。
キャスターを少し引き出せばラクに布団を出し入れできます。

大きいものだと押入れの下段に入らなかったりしますが、押入れの外に置いて使うこともできるので便利です。

空間を無駄なく使える「フリーラック」

布団用フリーラック
単体で使っても、組み合わせて使っても便利なフリーラックは、クローゼットを使った布団収納の強い味方。
シングル布団を平置きで収納できます。
その下には衣類ボックスや季節家電なども収納可能。通気性もバツグンです。

棚板を増減すれば、横幅の調整ができ、高さも35cmと40cmの2段階で調節することができます。
1つの奥行が37cmあるので、2つ並べて使用できるかご自宅のクローゼットの奥行をしっかりチェックしてくださいね。

室内に毎日布団を畳んで置いておく時のアイデア

室内に毎日布団を畳んで置いておく
押入れやクローゼットがあっても、様々な理由で布団を収納しない方もいますよね。
例えば……

  • 洋服や本、季節家電など布団以外の物で一杯になっている
  • 洋服用のクローゼットのため、奥行きが浅くて布団が入らない
  • 湿気が気になる
  • 毎日布団を出し入れするのは大変
このようなケースが挙げられます。

布団は毎日使いますから、「きちんと片付けてスッキリしたい」か「ラクに出し入れしたい」か、どちらを選ぶかは自由だと思います。

万年床は避けるべきですが、布団をきちんと畳み、お部屋の片隅に置いておくのもひとつの収納方法と言えるでしょう。

室内に布団を畳んで置いておく時は「定位置」を決める

すのこの上に置かれた布団
室内に布団を畳んで置いておく派の方におすすめの収納アイデアは、布団を畳んで置いておく「定位置」を室内に設けることです。

「すのこ」の上にまとめて置く

すのこの上に畳んだ布団を重ねておくと、ただ床に置いておくよりも通気性が良くなり、「片付けている」という印象アップにもつながります。

さらにお気に入りの布をかければ、インテリアアイテムのひとつにも。生活感を隠すおすすめの方法です。

「布団ラック」にまとめて置く

また、すのこではなくキャスター付きの布団ラックを使って室内に置く方もいます。
キャスター付きなら、掃除の際に簡単に動かすことができますね。


いずれにしても、室内に布団を畳んで置いておくなら、すのこや布団ラックなどの「定位置」を作って、毎日畳んで、その位置におさめるという習慣をつけることが大切です。

室内で使いやすい布団収納の便利なアイテム

すのこや布団ラックに畳んだ布団を置いておく以外にも、室内で布団を収納しておける便利なアイテムがあるのでいくつかご紹介します。

布団専用のタンス「布団収納庫」

押入れやクローゼットがない場合や、家族人数分の布団をスッキリ収納したい場合などには、布団収納専用のタンスもあります。

お部屋が狭くなるデメリットはありますが、扉が観音開きなので、引き戸や折れ戸よりも出し入れがしやすいというメリットがあります。

¥24,433 (2021/04/22 05:41:28時点 楽天市場調べ-詳細)

布団干しもできる「すのこベッド」

布団干しもできるすのこベッド
布団を畳んで置く時だけでなく、寝ている時も布団の通気を確保でき、湿気から守ってくれる「すのこベッド」。
起床後はすのこベッドを立てると布団干しに早変わり! 室内でも簡単に布団を干すことができるアイテムです。

ソファーになる布団収納袋

一人暮らしでフローリングに布団を敷いている方におすすめしたいのが「ソファーになる布団収納袋」。

三つ折りにした敷布団が座面、四つ折りにした掛布団が背もたれになる仕組みです。
お部屋を広く使えて、布団収納の悩みとも無縁。
ソファーを買う必要もないので、一石三鳥(?)と言える便利アイテムです。

¥6,690 (2021/04/22 06:22:29時点 楽天市場調べ-詳細)

フローリングに敷く布団の湿気対策方法は?

人は寝ている間にコップ一杯の汗をかくと言われていますよね。
畳には若干の調湿性がありますが、フローリングには湿気がたまるばかり……。
毎日フローリングに布団を敷く場合には、布団の湿気対策は重要課題です。
寝ている子供
布団を湿気たままにしておくと、嫌なニオイがしたりカビが生えたりと、気分だけでなく健康にもよくありません。
なので、下記のような布団の湿気対策をしっかり行うようにしましょう。

布団の湿気対策
  • 起床後すぐに布団を畳まずに、布団に空気を通したり、干したりして湿気を飛ばす
  • 押入れに収納する場合は、湿気がたまりやすい下段より出来れば上段に収納する

特に、押入れやクローゼットなどの閉鎖空間に布団を収納しておくなら、湿気た布団をそのまま収納しないよう気を付けてください。
また、定期的に押入れやクローゼットを開けて、扇風機などを回して空気を循環させることも効果的です。

室内で布団を干せる便利アイテム

湿気対策として定期的に必要になるのが「布団干し」という家事です。
何枚もある重い布団をかついで、布団の数だけベランダを往復するのは結構な重労働だと感じます。

実際我が家では、布団はほとんど天日干ししていません。
ダニ対策は布団乾燥機と掃除機で行い、毎日の布団干しは室内でしています。
とても重宝しているのがこちらのアイテムです。
布団干し

この布団干しのメリットは、こちらの5つ。

布団干しのメリット
  • 自分の身長に合わせて高さを変えられる
  • 横からスライドして布団を掛けられる
  • 就寝時には洗濯物を掛けられ、エアコンの風で朝までに乾く
  • キャスターが付いているので、移動が簡単
  • 日当たりの良い窓際に置けば、天日干しの効果を得られる
わたしとしては特に「日当たりの良い窓際に置けば、天日干しの効果を得られる」にメリットを感じています。
さらに窓を開けておけば布団に風を当てられ、より効果的に湿気を飛ばすことができます。

「布団を干すのが面倒」、「ひとつでも家事を減らしたい」という方には、ぜひ使ってみていただきたいアイテムです。

フローリングに敷く布団の湿気対策に便利なアイテム

フローリングに布団を敷く際、簡単に湿気対策ができる「除湿シート」などのアイテムがあります。

また、押入れやクローゼットの湿気対策、カビ対策のアイテムも数多く出回っています。
いずれも上記で紹介したような基本的な対策をした上で使うと、より効果を実感できるでしょう。
いくつか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

布団用除湿シート

布団用除湿シート
布団の下に吸湿シートを敷けば、何となく湿った布団がサラリとした寝心地に変わります!
吸湿シートの湿気がたまったら、シートを天日干しすればOK。お知らせセンサーがついているので、干すタイミングも分かりやすくなっています。
布団干しが不要になるので、家事負担も減らせるアイテムです。

ジョイント式すのこ

ジョイント式すのこ
すのこは押入れの底面だけでなく、壁面の対策も忘れずにしておきましょう。
ジョイント式のすのこなら、壁面も必要な面積をカバーすることができます。
樹脂製で湿気に強く、防カビ加工も施されているすのこです。

¥1,220 (2021/04/22 14:27:51時点 楽天市場調べ-詳細)

さいごに(まとめ)

毎日の睡眠に欠かせない大切な布団。
湿気やカビ、ダニから守るためにも適切に収納したいですね。

ポイントは、起床後の布団の湿気を飛ばすこと
そして、押入れやクローゼットに収納しておく場合は、定期的な換気と湿気対策、布団が簡単に出し入れできるかチェックすることです。
できそうなことから、ぜひ実践してみてくださいね!
押入れやクローゼットの布団収納に便利!おすすめの布団収納袋15選 布団を使わない時はクッション・ソファに!便利な布団収納袋のおすすめアイテム10選