上手に仕切って収納力UP!プロに聞く「引き出しを使いやすくする整理テクニック」

きちんと整理整頓したはずなのに、いつの間にかぐちゃぐちゃになってしまう、引き出しの中。
引き出し収納は「隠す収納」としても定番で、中に何を入れても見た目はすっきりできますし、出し入れも比較的カンタンで便利です。

でも、いざ必要なものを取り出そうとしたら・・・
「中がぐちゃぐちゃで使いづらい」
「どこに何がある分からない」
という失敗をしがちな、意外と難しい収納でもあります。

引き出しの中は、なるべくムダなすき間なくスッキリと収納をしたいもの。
上手に仕切って使いこなすことが出来たら、怖いものなしですよね!

今回は、整理収納アドバイザーやライフオーガナイザーなど、お片付けのプロによる「上手な引き出し収納の使い方」のアドバイスや、「仕切り方のコツ」などをご紹介します♪

つっこむだけの引き出し収納を卒業しよう

きちんと自分なりに整理して入れているはずなのに、いつの間にか引き出しの中身がぐちゃぐちゃ……。
中身が乱れていても、忙しいときや気持ちに余裕がないと「今度また整理しよう」となって、「とりあえず今はつっこむだけ」というパターンにも陥りがちです。

せっかく、たくさんの収納スペースがあっても、あちこちこんな状態だと、ストレスも物もたまる一方ですよね。
キッチンのごちゃっとした引き出し

引き出し収納は仕切り方が肝心!

大きな引き出しや深い引き出し、浅すぎる引き出し。引き出しにもいろんなタイプがあります。
家の中の場所によって、しまいたい物の種類や量も色々。

それぞれの場所・しまいたい物に合わせた収納の仕切り方を見直し、整理しやすい引き出し収納に変えてみましょう。

引き出しを整理して、収納スペースを上手に活用することができれば、嬉しいメリットがたくさんありますよ!

引き出し整理のメリット5つ
  • 一目瞭然、出し入れ簡単でストレスがなくなる。
  • いつもその場所に戻せるようになる。
  • モノが増えすぎるということを防ぐ。
  • 使い道がわからない空き箱や空き袋を活用できる。
  • 見た目が美しく整う。

難易度が高い!?大きな引き出しの使い方をマスターしよう♪

引き出しのサイズが大きいほど、奥行きや幅、高さがある分、たくさんモノを収納できますが、うまく使いこなすにはコツがいります。
今回は、特に大きな引き出しや、深い引き出しに注目しました。

「衣類などのタンス・衣装ケースなど大きな引き出し」
「キッチンのシンク下の引き出し」
「リビングのキャビネットの引き出し」
などについて、それぞれのアドバイスや収納実例をご紹介していきたいと思います。

「大きな引き出し」仕切り方 -衣類の収納編-

綺麗に仕切って整理された箪笥の引き出し
引き出しタイプの衣装ケースや、タンスの引き出し、クローゼットの引き出しなど。
衣類を引き出しにしまっている方は結構多いと思います。

キレイにたたんで収納しても、出し入れしているうちに、いつの間にか乱れてしまうこと、ありませんか?
衣類をすっきりとしまうための畳み方や収納についての専門家のアドバイスをまとめてみました。

もう悩まない!【アイテム別】衣類収納の仕切り方のコツ

ここでは、専門家さんによる引き出しの仕切り方のアドバイスを中心にご紹介します。

整理収納アドバイザー・高尾さんのアドバイス

インナーやレギンスなどの収納には、少し幅が大きめの仕切りボックスが便利!ということで、ニトリの整理ボックスや無印良品の不織布ケースを使った収納実例を記事内でご紹介頂きました。


ニトリの整理ボックス
ニトリの整理ボックス
タイツ、レギンス、インナーなど種類別ごとにケースを用意して引き出しに入れるといいですね。
無印良品の不織布ケース
無印良品の不織布の整理ケース
収納ケースや引き出しとサイズが合わない場合は、少し小さめの無印良品の不織布ケースがおすすめ。柔らかい素材なので、少しパンパンに入れても引き出しの中で融通がきき、高さの調整も可能です。
グチャグチャを回避する収納方法は仕切ること!
1枚1枚のインナーに独立した戻す場所があれば、そこに戻すだけ。
他のインナーに触れることがないので乱れることはありません。

高尾さん

下着の収納は仕切りケースで引き出しスッキリ!冬のインナーの快適整理術

整理収納アドバイザー・柳澤さんのアドバイス

大きな引き出しほど収納は難しいですが、奥行きや幅、高さを充分に活かさなくてはもったいない!
引き出しを仕切るお助けアイテムとして、箱やカゴをおすすめされています。100円ショップで買うもよし、また、おうちにため込んでいる空き箱も有効活用できます♪


贈答用の菓子箱や靴の空き箱
引き出しの中を空き箱を使って上手に仕切る方法
贈答用の菓子箱や靴の空き箱は形が崩れにくくてぴったり!
100円ショップなどのカゴ
引き出しを100均のカゴで仕切る
奥行きや幅は入れものの置き方などで工夫してください。あまりに深すぎる場合は、上下に入れものを配置して、季節ごとに上下を入れ替えてもいいでしょう。
引き出しの高さに合わせて、入れたいモノのたたみ方を工夫すると、めいっぱい引き出しを使うことができます。カゴや箱を上下に重ねて入れるよりも出し入れしやすくて一目瞭然ですよ。

柳澤さん

引き出し収納は仕切り方でこんなに違う!ムダな隙間を作らない整理整頓テクニック

畳み方一つでも収納力はアップする!

インナーと違い、畳み方を工夫すると立てて収納できる衣類などは、必ずしも仕切らなくて大丈夫です。
畳み方一つ変えるだけでも、引き出し内の収納スペースを広く使うことはできますよ。

整理収納アドバイザー・まいさんのアドバイス

重なっていると、下のほうに入れた服の存在を忘れがち。下の服を取り出そうとすると、ぐちゃぐちゃになってしまうことも・・・。
でも、「クラッチバッグ風」の畳み方なら、上から見てどんな服があるか把握することができます。


畳み方を変えて引き出しの収納力をアップする方法
同じ量の服を「クラッチバッグ風」(こんまり流)に、畳み直して入れてみました。
引き出しが深い場合は2段にして、下にオフシーズンやあまり着ない服、上にオンシーズンの服を収納すると有効に使えます。

まいさん

畳み方はこちら
服を捨てずに衣替え無し生活!おすすめの畳み方&クローゼット収納テク

子ども目線で考える「引き出し収納」のポイントとは?

ここまでご紹介したのとは別に、お子さんの衣類や小物などを収納する場合のアドバイスも併せてご紹介します。
お子さん自身がしまったり使ったりしやすいように工夫してあげることで、引き出しの中のスッキリ感をキープできますよ。

ライフオーガナイザー・かのさんのアドバイス

引き出しの中が乱れてしまう理由は、「どんな服なのか出して見ないとわからない」から。
こどもが自分で洋服選びができるクローゼットにするためには、こどもが管理しやすい量にしておくことがなんと言っても大事です!


引き出しの横一列を安心量の目安にする
無印良品のポリプロピレンクローゼットケースを使用した収納事例
▲手前から長袖、トレーナー、半袖・ノースリを1列分ずつ並べて収納。

 

我が家の場合、娘の服は「無印良品のポリプロピレンクローゼットケースの横一列に収まる量」を基準にしています。子どもの年齢によっても違いますが、引き出しを開けて「ぱっとみてわかる」のがわが子の適量。引き出しの奥は取り出しにくいので、手前にオンシーズンの服を配置しています。
忙しい朝に、「なんでそれ着たの?」と着替え直さなくてもいいように、引き出しの中をこどもが選んでいい服だけに厳選しておいてあげることが大事です。

かのさん

どうしてる?「こども服」収納。自分で選びやすいKIDSクローゼットのキホン

整理収納プロフェッショナルコーチ・宮河さんのアドバイス

引き出しの中など、「散らかって見えるのは、「枠」が決まっていなくて収まって見えないから」という宮河さん。
「かご」という「枠」をつくり、あとはポイポイと「投げ込み収納」にすればOK!
日々の洗濯の家事ストレスからも軽減されますよ。


引き出しの中に「枠」をつくる
セリアの衣類仕切り
この引き出しで仕切っているのは、セリアの「衣類仕切り」。サイズは4展開あり、我が家では主にフリーサイズを様々な場所で使っていて、重宝しています。
ダイソーのブックエンド
子どもの下着などは小さいので、さらにダイソーのブックエンドで仕切ると、さらにアイテムごとに分けることが可能になり、便利です。
引き出し収納のコツ
このように畳んでいなくても、「1スペース、1アイテム」を意識することで、お子さんも選びやすく、身支度もしやすくなります。
靴下だけはポイポイ入れてしまうと、後でペアを見つけるのが大変だと思うので、くるっとセットにしておくといいですね。

宮河さん

洗濯物に悩まない!家事ストレスを激減させるコツとすぐに片付く服の収納アイデア

勉強机やタンスなどの引き出し収納 -日用品編-

文房具や救急セットなど家族みんなが使う日用品や、子供の勉強道具など、色々な種類のものを一段の引き出しに入れようと思うと、つい中身が雑多になりがち。
ここでは、子供部屋やリビングなどの小物の整理に役立つ引き出しの仕切りアイデアについてご紹介します。

家族みんなが使うリビングでの引き出し収納事例

薬など、いざというときに誰でもサッと出せるようにしておきたい物の収納場所の決め方として大事なのは、家族全員が使いやすい場所かどうか。
家の中で家族が集まる場所というと、一番多いのはリビングではないでしょうか。

来客時にはスッキリと見せたい場所でもあるので、引き出しの中に収納されるケースも多いかと思います。

整理収納アドバイザー・まいさんのアドバイス

薬の置き場所として、リビングのキャビネットの一番開けやすい引き出しを使われています。
「これはだれの?」とならないために、それぞれの使う塗り薬や飲み薬の管理を分かりやすく管理する工夫をいろいろと教えて頂きました。


ダイソーの積み重ねボックスを仕切り代わりに
積み重ねボックスやEVAケースでスッキリと薬関係の収納
中に入れるものは、なるべく立てるようにしています。引き出しの中は、大まかに分類をして、仕切り代わりにダイソー(100均)の積み重ねボックスに入れています。
「受診セット」をEVAケースで仕分け
EVAケースの色分けで家族分のお薬手帳などを管理
病院に必要な診察券やお薬手帳などは一式EVAケースにまとめています。「これ誰の?」を防ぐために、兄弟で色分けをするなどして区別しています。
上から見て何が入っているか分かるようにするということで、薬のフタに名前を書いています。立てることで、寝かせて入れるよりも収納力が増え、ざっと見渡せるので、必要なものをすぐに見つけることができます。

まいさん

薬収納のコツはこちら
必要なときにすぐ出せる!薬や救急セットの管理とおすすめ収納アイデア

勉強がはかどる子供部屋での「小さな引き出し」の収納事例

お子さんの年齢や性格、勉強する環境によってベストな収納は変わってきます。
ここでは、いくつかの小学生のお子さんの事例をご紹介します。

整理収納アドバイザー・サチさんのアドバイス

引き出しの中身を使うのは子どもたち自身。
なので、どこに何を入れるかは、一か所ずつ親子で一緒に考えるのがおすすめです。


子どもが直感でわかるような収納に
子どものものは、子供と一緒に収納を考える
例えば机の引き出しの中身について、わが家では子どもたちと一緒に引き出しに入れるものを分け、「どこに何を入れるか」を一か所ずつ決めていきました。
仕舞うもののサイズ、量、使用頻度を複合的に考えながら分けていきます。
子ども自身で実際に使うシーンを想像しながらカテゴリを決めていくのがおすすめです。使う人が自分で考えて分けると、本人が納得したカテゴライズになるので、お片づけという運用がぐーんと楽になります。

サチさん

3児の母が伝授!お片づけが苦手な子どもでも片づけられるポイント4つ

ライフオーガナイザー・かのさんのアドバイス

勉強に集中できる環境をつくるためにも、子ども部屋の学習デスク周りには、おもちゃ類など「遊び」のものを混在させないように気をつけましょう。
学習デスクのすぐ横にある収納家具の引き出しなども、基本的には遊び以外のものを入れるとよいでしょう。


ざっくり仕切って戻す場所を分かりやすく
子どものおりがみや文房具などの収納事例
学校の体操服や水着、習い事のユニフォームなど、使用頻度の低いものは学習机横にあるチェストの引き出し1段にひとまとめ。学校の文房具などのストックもチェストの引き出しにひとまとめ。勉強に使わないけれど、デスクで使いたいお手紙セットやファンシー文具なども、引き出しの1段にひとまとめにしています。
文房具はカテゴリごとに引き出しを分ける
一番下の段によく使う文房具を置いて出しっぱなしにする
よく使う文房具は、1カテゴリーごとに引き出しを分けて、使いやすく。
一番使う頻度の高い鉛筆などは、一番下の段に入れることで、引き出しを開けっぱなしにしてもOKにしています!
子ども部屋では使うシーンなどカテゴリーごとに大きくエリア分けして収納しています。中カテゴリのエリアも使う頻度やシーンを考えながら、しっかりと決めています。

かのさん

勉強机の配置小学校高学年の子ども部屋収納はこう作る!勉強がはかどる学習スペースの作り方

整理収納アドバイザー・高尾さんのアドバイス

お子さんが低学年の頃は、机の上に出しっぱなしのペン立てで十分だったそうです。
でも、高学年になるにつれて使う文房具が増えてきたということで、成長段階に応じて収納を見直しをされました。


引き出しの中の仕切りケース
引き出しの中の文具の収納ケース
引き出しの中に仕切りケースを入れて、使う時だけ引き出しを開けて取り出すという方式にしていました。
無印良品の収納ケース
無印良品の収納ケース
高学年になり文具を細かく分けたいというので、家族で使う文具を収納していた無印良品の収納ケースをゆずることに。
よく使うものは一番出しやすい引き出しに入れています。収納する場所や位置を考える時は、使う時に一番便利な場所、引き出し、お子さんの背丈や利き手などを考えて確保しましょう。

高尾さん

子供の文具は収納ケースでスッキリ!片付け上手になる引き出し整理のコツ

「深くて広い引き出し」の仕切り方 -キッチン編-

最近のシステムキッチンは、観音開きや片開きの扉タイプよりも、引き出しタイプがほとんど。
シンクの下やコンロ下の大きすぎる引き出しって、結構使いづらくありませんか?
ここでは、そんな「深くて広い」キッチンの引き出しを使いやすくする仕切り方のアドバイスを教えて頂きました。

深い引き出しには深さのある収納ケースが便利

キッチンなどの深い引き出しは、深さのある収納ケースで仕切れば、立てる収納にすることが可能になり、使い勝手がよくなります。
寝かせずに立てることで、上から見てどこに何があるか一目で分かるようになるため、ストレスが軽減されますよ。

整理収納アドバイザー・柳澤さんのアドバイス

大きさや形がばらばらのお鍋や鍋フタ、フライパン……。
積み上げてしまうと下の方が出しにくいので、すっきりと取り出しやすく収納したいですよね。


深くて広いキッチンの引き出しには、ファイルボックスが便利
ファイルボックスで鍋やフライパンを上手に収納
会社のオフィスや、お家の書斎等などでファイルを保管するのに使っている、あの「ファイルボックス」が、キッチン収納でも大活躍。サイズの異なる鍋やフライパンをスッキリと整理できます。
ファイルボックスで調味料の引き出しを整理
背の高い調味料も、ボックスの中にスッキリと収まって、幅広くキッチンのあれこれを上手に収納させてくれます。
素材がプラスチックなので汚れやすいキッチンでもサッと洗うことができるのも重宝する理由です。

柳澤さん

整理収納プロフェッショナルコーチ・宮河さんのアドバイス

深さがある引き出しを便利に使うには「立てる収納」にすることと、「上から見てどこに何があるか分かる」ようにするのがポイント。
引き出しタイプのキッチン収納には、深さのある収納ケースで仕切ることで、使いやすくできます。


ファイルボックスは「深さのある仕切り」
引き出しタイプのシンク下収納をファイルボックスで整理
掃除用品やスポンジなどのストック用品は収納ケースにまとめておきましょう!使い忘れや探す手間がなくなります。
ファイルボックスの横幅は、収納するものに合わせてカスタマイズするといいですね◎ 掃除用品やスポンジなどのストック用品は収納ケースにまとめておきましょう!使い忘れや探す手間がなくなります。かさばるものも多いので、横幅に気を付けて選びましょう。

宮河さん

シンク下収納のコツを知りたい方はこちら
扉タイプのシンク下収納ごちゃつく「シンク下」をスッキリ!深い引き出しや棚の奥行きを攻略する収納活用術

ライフオーガナイザー・かのさんのアドバイス

週に1回程度の頻度で使いたいものは、パッと手に取れてしまいやすい一軍エリアに置けたらベスト。
シンク下のキッチンの引き出しは、まさに一軍エリアですよね。
手に取りやすいように、引き出しを開けたときに引き出しの中は上手に仕切ってエリア分けをしておきたいところ……。


水回りでぬれた手で触るような器具はファイルボックスに
無印良品のポリプロピレンクローゼットケースを使用した収納事例
シンク下の引き出しは、ファイルボックスを利用してざっくりとエリアを仕切り、水回りでぬれた手で触るような器具を収めるエリアとして利用。
我が家で出番の多いハンドブレンダーは、おろし金やスライサーと一緒に、「時々使う調理お助けグッズ」としてセットで収納しています♪

かのさん

置き場所に困ってない?使い方や使用頻度で見直す「キッチン家電の収納」アイデア

モノの量や大きさが一定でない引き出しには可動式の仕切りがおすすめ

ブックエンドを使って可動式の仕切りを作る
例えば冷蔵庫のように、食材の量が増えたり減ったりする所には、可動式の仕切りがおすすめ。
ブックエンドのように身近なアイテムを使って簡単に仕切ることができますよ。

整理収納アドバイザー・柳澤さんのアドバイス

ブックエンドを使った仕切りなら、モノの増減に合わせて引き出しの中身がバラつかないようにキープできます。

ブックエンドを使った冷凍庫の仕切り方
ブックエンドを使えば、冷凍庫から食品を「立てて収納」できます。これなら忙しい朝でもすぐに取り出すことができますね。

整理収納アドバイザー・高尾さんのアドバイス

キッチンに備え付けの食器棚などには、浅くて広い引き出しに仕切りケースが付属になっていることも多いのです。
が、必ずしも収納するカトラリーのサイズに合っているわけではありません。100均などに売られている収納ケースの方が使い勝手が良いケースもあります。


セリアの仕切りケース
大きさが色々なカトラリーの入った引き出しには100均の仕切りが便利
好きなサイズで仕切り板を可動できる、100円ショップのセリアで購入したイノマタシリーズを使用。仕切る位置を変えることで、買い替えなどで長さや大きさが変わったり、家族構成が変わって量が変化しても、すぐに対応できます。
大切なのは、カトラリーの量を見極めて、カトラリーのサイズに合わせた仕切りケースを選ぶことです。

高尾さん

簡単!ぴったりサイズの仕切りの作り方

これまでご紹介した仕切りは、形や大きさが決まっているので、今ある引き出しには合わない場合もあるかもしれませんね。
ここでは、整理収納アドバイザーの柳澤さんによる、ぴったりサイズの仕切りのつくり方をご紹介します。

突っ張り棒を、引き出しの幅に合わせて突っ張れば、簡単仕切りのできあがり!

柳澤さん

引き出し内に突っ張り棒で仕切りを作る

柳澤さん

それから、これも家にたまりがちな紙袋。
手提げの部分を切り取って高さに合わせて折り曲げるだけです。
入れたいモノの大きさに合わせて自由自在にカスタマイズすることが可能です。
紙袋で引き出しの仕切りを作る

引き出し収納で気をつけたいこと

きちんと整理された引き出しはとてもスッキリと見えますが、何でも細かく仕切って分類することが全て正解とは言えません。
人によっては、「細かく分類すること」や「きっちり元に戻すこと」が得意でない場合もあります。
そんな場合は、引き出しの中を細かく分け過ぎてしまうことで、どの枠にしまってよいのかわからなくなるという失敗例もあります。

特に、お子さんなど自分以外の家族の収納を考える時は、本人に合った収納かどうか考えてあげることも大切です。
「整理したけど、なかなか片付けがうまくいかない」という方は、一度仕分け方を見直してみてもよいかもしれないですね。

脳タイプ別のおすすめ収納事例はこちら
自分に合った片付け方がわかる!利き脳診断と脳タイプ別おすすめ収納アイデア

引き出し一段一段のテーマを大切に

今回ご紹介したきたように、引き出しを無駄なく活用させるためには、いろんな仕切り方があります。

大きい引き出しは何かとたくさん入りそうだからと、とりあえず収納してしまいがち。
この機会に引き出し一段一段にテーマを持たせることを試してみませんか? きっと、出したいモノにすぐにたどりつける収納へと生まれ変わるはず!

あれこれと工夫を楽しみつつ、「我が家にぴったりの引き出し収納」を見つけてくださいね♪

片付いたリビング片付けが苦手でも大丈夫!家族みんなが使いやすい「リビング収納」の作り方 【書類の整理やめました!】整理が苦手な人のための「家庭の書類」管理術