衣装ケースの引き出しやすさ比較~ダンベルを使ってみたり、人が乗ってみたりして実験してみました~

引き出しやすさ実験風景

手軽で手間にならない衣装ケースとは何なのでしょう?
日常生活でそう疑問に感じていたとしても、同じものを使う人がほとんどではないでしょうか。

「色々な引き出しを比較をすることは難しい…」
そんな状況にある人も、結構いることと思います。

ということで、今回は衣装ケースの引き出しの引きやすさを比べてみますね!

ラクに引き出せる衣装ケースはどれだ?

今回も以下の6種類の衣装ケースで実験します。

6種類の衣装ケースで実験

◆ショコラ
◆フィッツケース
◆フィッツユニット
◆クローゼットシステム
◆ストラ
◆たっぷり収納ケース

どれも、当店でお客様に人気の商品です。

¥14,380 (2020/09/19 06:05:33時点 楽天市場調べ-詳細)
¥3,240 (2020/09/18 17:58:13時点 楽天市場調べ-詳細)
¥3,120 (2020/09/18 14:30:24時点 楽天市場調べ-詳細)
¥3,300 (2020/09/19 14:06:18時点 楽天市場調べ-詳細)
¥1,940 (2020/09/19 00:57:35時点 楽天市場調べ-詳細)
¥2,250 (2020/09/19 10:40:43時点 楽天市場調べ-詳細)

まずは、実験の進め方を説明させていただきますね。

実験方法

1. 同じシリーズの衣装ケースを2個ずつ積み上げます
衣装ケースを使った実験準備1
2. 下の段に2kgのダンベルを入れます

衣装ケースを使った実験準備2
3. はかりを使って引き出しを引きます
衣装ケースを使った実験準備3

携帯用のはかりです。こんなはかりもあるんですね!

本来なら、フックに物を吊り下げて重さを測るものですが、
今回は横に引いて、引っ張った時にかかる力を計測します。

6種類の衣装ケースで試しました!

6種類の衣装ケースで実験したところ、こんな結果になりました!
衣装ケースを使った実験結果

どの衣装ケースも、引き出しを引っ張った時にかかる力は1kg程度、という驚きの結果!
中に入っているのは2kgのダンベルなのに!

どの衣装ケースにも、スムーズに引き出せる工夫が施してあるようです。すごい!

実は、6種類の衣装ケースの引き出しをスタッフで引き比べてみましたが

「ナニコレ?めちゃくちゃスムーズなんだけど?」

「他のと比べてスッキリ引き出せる気がするなぁ」

という声がちらほらと上がったのです。

数字には出にくい微妙な差があるのかもしれませんね?

衣装ケースの使いやすさを、いざ、徹底検証!

まずは、ショコラ。
チョコレートカラーがかわいい衣装ケースです。
衣装ケースショコラで徹底検証

はかりで測ったところ、はじめは0.4kgの力で引けて、その後、0.8kgから1kgへかわっていきました。
つまり、はじめに軽く感じるんです!

引き出しの内側を調べて、納得。
ショコラの引き出しの底にはキャスターが付いていました。
衣装ケースショコラで徹底検証2

このキャスターが、引き出しを引く時のスタートダッシュを支えていたんですね!
ふむふむ。

お次は、フィッツユニット。
使いやすさを追求したフィッツケースの進化版。
クオリティーの高さが人気の商品
です。
衣装ケースフィッツユニットで徹底検証1

なぜでしょう。
引き出しを引く時も、なにかがハイクオリティー。
スルッと引けてピタッと閉まる感じが、ものすごく気持ちいい。
なにかが他と違うんです!

はかりで測ったところ、はじめは1kgの力がかかって、その後、0.4kgにかわります。
ショコラとは逆で、一回引いてしまえば、ものすごく軽く感じるんです。

当店の担当バイヤーに教えてもらったのですが、この動きは、通称「スルスタ」と呼ばれているそうです。

「スルスタ」というのは、つまり…
「スルッ!と引けて、スタッ!と閉まる」

その秘密の一つが、両サイドのこれ↓
衣装ケースフィッツユニットで徹底検証

このカーブや、その他もろもろの部分が、手になじむ絶妙な引き出しやすさを作り上げています。

当店スタッフが大絶賛の「スルッ!と引けて、スタッ!と閉まる」感じをお伝えしたくて、動画もご用意しました。


衣装ケースの上に人が乗ったら引き出しやすさは変わる?

中に2kgのダンベルを入れても、どの衣装ケースもスムーズに引き出せることがわかりました。
さすが技術大国ニッポンメーカー!
と、終わりかけたところですが、当店の担当バイヤーの一言で、追加実験が決定。

「引き出しにくいって感じるのは、たくさん積み重ねて重みがかかった時じゃないのかな?衣装ケース1個が乗っただけだと、まだ甘いんじゃ…」

うーん。
たしかにその通り。

ならば、実験で調べてみよう!
というわけで、衣装ケースを使った実験第2弾、スタート!

まずは、実験の進め方からご説明します。

実験方法

1. 衣装ケースの下の段に2kgのダンベルを入れます
実験第2弾スタート準備1

ここまでは前回と一緒です。

2. 衣装ケースの上に、人が乗ります
実験第2弾スタート準備2
3. はかりを使って引き出しを引きます
実験第2弾スタート準備3

人が乗っても、引き出しやすさは変わらない!

1番手は、フィッツユニット。
実験第2弾スタート

「大丈夫ですか? 壊れてませんか?」
と、モデルさんがしきりに心配してくれましたが、衣装ケースは、人が一人乗ってもびくともしませんでした。

引き出しを引いてみると…

はかりの計測値はなんと1kg ⇒ 0.4kg と、人が乗らない時と全く同じ!

衣装ケースの上の重みは、引き出しに伝わらない設計になっているようです。
すごい!

お次は、ストラ。
衣装ケースの引き出しやすさ

計測値は1.5kgまで増えましたが、この結果にもびっくり!
衣装ケースの上に人が一人乗っているのに、かかった力がたったの1.5kg!

引き出しの中には2kgのダンベルが入っているのに、ダンベルの重さよりも軽い力で引けちゃいました。

結果発表!

2kgのダンベルを入れて引き出しを引いてみると…
どの衣装ケースもスムーズに引き出せました。

上に人が乗って引き出しを引いてみても…
引き出しやすさはほとんど変わりません!

スタッフに好評だったフィッツユニットについては、動画もご用意しました。
この記事の上部に表示されていますので、「スルッ!と引けて、スタッ!と閉まる」感じを、どうぞご覧になってください♪
引き出しやすさ実験風景【完全版】衣装ケースの引き出し比較―「引き出しやすさ」やデザインを徹底検証! 頑丈な衣装ケース比較【完全版】衣装ケースの頑丈さを比較実験!落下させても壊れにくい収納ケースとは? 衣装ケース集合2【完全版】衣装ケースのスタッキング力を比較!積み重ねても倒れにくいのはどれ?