親世帯の家(実家)の片付けと高齢者にも安心な住まいのチェックポイント

自分の家もさることながら『親の家も気になるし何とかしなくちゃ…』と思われている方はいらっしゃいませんか?

親世帯との同居が当たり前ではない今、介護と並び親世帯の家の片づけは悩ましい問題です。

『一度やってみたけど喧嘩してお互いの関係が悪くなった』という方も少なくありませんので、気をつけたいことやメリットを知っておく必要があります。
実家の散らかっている部屋の様子

この記事では、親世帯の片付けを始めたいものの何から始めてよいか分からない方や、円満な進め方、家の中を整える上で気をつけたいポイントなどを詳しくご紹介します。

【心得その1】片づけを急がない

親の家にズカズカと乗り込んで、いきなり片づけを始めるのはNG!
『やってあげている』と上から目線で行くのではなく、まず話し合いから始めましょう。
片付けを含めて数か月~数年かかるつもりで、ゆっくりと進めます。

不便に感じていることはないか? 
家の中で危ないと感じたことはないか?
など、住んでいる本人がどう感じているのかを十分に聴いてあげることが大事です。

そしてこちら側からも、”一緒に住んでないから『心配してるよ』”ということを伝えて、それを解決するには片づけることが有効であることを伝えてみましょう。

整理した書籍類

【心得その2】片付け時に言ってはいけないNGワード

年を取っていると言っても、親なりの価値観というものがあります。
頭ごなしに『これは要らないでしょう?』『これは捨てて!』という言葉は、絶対に使わないこと。

こちら側から見ると危なかったり、ただのガラクタに見えるようなモノでも、本人にとってみれば思い出のあるモノかもしれないし、使い慣れたモノかもしれません。

あくまでも持ち主は親だということを肝に銘じて『やってあげる』ではなく『手伝う』という気持ちで寄り添います
思い出のあるモノかもしれないし、使い慣れたモノ

【心得その3】住まいに潜む危険をチェック

心の中では『これは要らないでしょ』と思っているモノを見つけたら、『ここに置いといたら危ないよ』とか『重そうだから腰痛めないか心配だわ』などの気にかけてるよという気持ちを入れ込んで話してみると、意外と受け入れてもらいやすいはずです。

例えば、キャスターつきのワゴンにモノが山積みになっていたら、『キャスターワゴンを手すり代わりにしたら転がって引っ張られて転倒するから危ないよ』という言葉で伝えるといいですよね。

その他、『こんな高いところにモノがあったら地震のとき心配だわ』『床の上にこんなにモノがあるとすべったりつまずくから危ないよ』『毎日こんな重いモノ使うの大変じゃない?』など気遣うワードを使ってみてください。

必ずチェックしたい5つのポイント

まず作業を始める前に、現状の問題点をチェックしてみましょう。

高齢者の家でチェックしたいこと
  • 身長以上の場所に置いてないか?
  • コード類が床に出すぎてないか?
  • 床にモノを置いてないか?
  • キャスター付の収納はないか?
  • 必要以上の量がないか?
ということです。

身長以上の場所にモノを置いていると、モノを取るときに転倒につながります。
床にモノを置いたり、コード類が床に出すぎている場合も、滑ったり引っ掛けるなどが原因で転倒する危険性があります。

キャスター付きの収納は移動がラクで一見便利そうに思いますが、手すり代わりに掴まろうとすると転がってしまい、これも転倒などケガにつながる可能性があります。

また、同じモノを大量に買い込んでいるなど、必要以上の量がないかもチェックしましょう。
モノが多いと管理できず、不衛生になってしまいます。
モノが多くて不衛生になってしまっている状態
このあたりは必ずチェックして、それぞれ解決できる方法を考えていきます。

そして収納を考える際は、カゴや箱を使ってアイテムや量を『見える化』し、一目瞭然となる収納方法を選びます
食品の収納は保存容器で見える化!ストックを持ちすぎないキッチン整理術 引き出し収納は仕切り方でこんなに違う!ムダな隙間を作らない整理整頓テクニック

【心得その4】片付けるメリットを伝える

同じモノを大量に買い込んでいたり、使わないのに「もったいないから捨てられない」といったモノは、高齢者にはありがちです。

そんな時は『量を減らせば使いやすいよ』『減らしたら管理しやすいから買いすぎを防げて節約になるよ』とメリットを伝えるのがgood!

メリットを伝える言葉
「量を減らせば使いやすいよ」
「減らしたら管理しやすいから買いすぎを防げて節約になるよ」

「いつか使うかもしれない」の対処方法

「いつか使うかもしれないから捨てたくない」と言われた場合は、『私が使いたいわ』『お友達がこんなの欲しがってたのよ』『捨てるともったいないけど、売ってみたら結構な金額になるかもよ』など、とにかく捨てるのではなく再利用される方法を伝えてみるといいかもしれません。

自分で使うつもりやお友達が欲しがってる事実がないとしても、そこは”ウソも方便”で上手に手放してもらいましょう。
「いつか使うかもしれない」の対処方法

不用品を手放してもらう時の言葉
「私が使いたいわ」
「お友達がこんなの欲しがってたのよ」
「捨てるともったいないけど、売ってみたら結構な金額になるかもよ」

【心得その5】思い出は共有して

写真や”昔取った杵柄”的なモノを捨てたりあげる気持ちにはなりにくいので、まずはそのモノにまつわる思い出のストーリーを聴きだしてみてください。

出来るだけコンパクトになるように一緒に写真整理をしながら思い出話を聴いてあげると、『これは残したいけど、これはもういらないわ』と自身で気づかれることが多く、意外とあっさり整理できてしまうことも少なくありません。

想いを共有してもらったという満足感から、そのように気持ちが切り替わるのかもしれませんね。
アルバム
撮りっぱなしになってない? 写真をすっきり整理&保管するアイデア

さいごに

子の価値観で親の家を片づけると必ずと言っていいほどトラブルが起こります。
誤ったやり方で無理に進めてしまうと、これをきっかけに絶縁……などという悲しい結果を招くことになりかねません。

年末年始などは家族が集合できるいい機会ですから、親族みんなで協力できる体制を整えましょう。
以前よりもお互いに感謝し合えるような片づけが出来たらなら、きっと最高の親孝行になること間違いなしですね。

テレビやPC周りの配線整理!散らかりがちなコードやケーブルをスッキリ収納する方法 押入れ収納のコツ!収納ケースや伸縮棚で出し入れしやすい空間にする方法