選び方&ちょっとした工夫で快適に!我が家のキッチン・リビングのゴミ箱事情

ゴミ箱はこだわって選んでいますか?

私の住む地域は、「燃やすゴミ」「プラゴミ」(プラスチック製容器包装)、「ペットボトル」「缶・ビン」に分けて出す必要があります。それぞれを入れるサイズや場所について試行錯誤しながら、今はストレス無くゴミ箱を使えています。

今回は我が家で使っているゴミ箱とちょっとしたアイデア、ついでに「生ごみ」と「リビング・ダイニングのゴミ箱」もご紹介しますね。

ゴミの日まで安心!メインで使うキッチンのゴミ箱

家庭ごみの大半を占める「燃やすゴミ」「プラゴミ」の分別に

私が現在キッチンで使っているゴミ箱はこちらです。

45リットルのゴミ箱
▲ゴミ袋のサイズに合わせて選んだ45リットルのスライドペール
¥2,480 (2020/09/19 12:56:46時点 楽天市場調べ-詳細)

ベージュを「燃やすゴミ」、水色を「プラゴミ」入れとして使っています。
これを選んだポイントがいくつかあります。

キッチン用ゴミ箱のこだわりポイント

45Lサイズ
我が家は4人家族で、だいたい一度に出す「燃やすゴミ」の量は45Lの袋で一袋分です。
以前使用していたものは30Lも入らないサイズだったため、週に2回の燃やすゴミの日までにいっぱいになってしまいました。

そこで今度は、45Lのゴミ袋に合わせたサイズのゴミ箱にしました。この容量だとゴミの回収日に袋ごとゴミを取り出し、他の部屋のゴミも一緒に一袋にまとめて出すだけで済みます。

2つ並べたら60cmのラックにピッタリ
ラックの下段に2つ並べて置きたかったので、サイズをよく確認しました。

フタを開けた時の高さが低い
大きく開くものは上のスペースがもったいない。
また以前は使っていたゴミ箱はフタを軽く押すと開くものでしたが、バネが壊れて押しても空かなくなってしまいました。

これはフタの高さが16.5cmと低いので、ラックから引き出さなくてもゴミが入れやすいです。
キッチン用ゴミ箱のこだわり

お手入れがラクそう
無駄なパーツが無くシンプルなので掃除がしやすいです。

デザインが可愛い
見えるところに置いているので、見た目も重視しました。スモーキーな色味がナチュラルで可愛いです。

こだわって選んだお蔭で、今はストレスなく気に入って使えています。

ゴミの日のストレスをなくすポイント

45Lゴミ袋のストックをトートバッグに入れて、ラックの横に下げています。交換が速やかにできます。
ゴミの日のストレスをなくすポイント

資源ごみの保管場所を100均アイテムでDIY!

「ペットボトル」「缶・ビン」などの資源ゴミの保管は、以前は縦に3段になっているタイプのゴミ箱を使っていました。
しかし場所を取ることと、作りに凹凸が多くて掃除が面倒だったので処分しました。

今はどうしているかというと、シンクの下の引き出しタイプの収納スペースに置き場を作っています。
DIYで作った置き場

この枠は100円ショップのワイヤーを折り曲げて、結束バンドで留めて作りました。
シンク下に置くことを決めたものの、ちょうど良いサイズの箱をなかなか見つけられなかったのでDIYしました。
DIYで作った置き場

大きめのレジ袋をセットしています。
DIYで作った置き場
リサイクルゴミはきれいに洗っているので、ここに置くことには抵抗はありません。
シンクで洗ったら、引き出しを空けてそのまま入れられるので水滴が床に落ちないのも嬉しいメリットです。

三角コーナー代わりに使える「生ゴミ」入れ

Calypsoというふた付きゴミ箱を三角コーナー代わりに使っています。
ビニール袋を中に入れて、ある程度たまったら燃やすゴミに捨てています。

三角コーナー代わりに使える生ゴミ入れ
これを選んだのもいくつかポイントがあります。

  • 底が小さく場所を取らずシンプルなデザイン
  • フタが立つ
  • 食洗機で洗える

料理中はフタを開けっ放しにしてポイポイ入れて、それ以外はフタをしています。
三角コーナー代わりに使える生ゴミ入れ
フタは外せるしプラスチックで洗いやすいので清潔に保てます。しかも食洗機対応!たまにスペースがあると一緒に入れています。

¥1,980 (2020/09/19 21:11:11時点 楽天市場調べ-詳細)

リビングやダイニングになじむホーロー容器をゴミ入れに

床に置くゴミ箱だと、飼っている犬にいたずらされてしまうので高い位置に置いています。
ティッシュを使った後、すぐに捨てられるように近くに用意。これはニトリで購入したホーロー容器です。

ゴミ入れ用のホーロー容器
「洗えるけどプラスチックではないゴミ箱」を探していて思いついたのが、ホーロー容器でした。
本来はフタつきですが、外して使っています。温かみのある素材でお気に入り。いっぱいになったらキッチンの「燃やすゴミ」に移しています。

おわりに

いかがでしたか?
一日に何度も使うゴミ箱。お手入れが簡単でデザインも気に入ったものを選びたいですよね。

どうせならゴミを捨てる度に嬉しくなるくらいのモノにしたいです。
そのためには、ゴミの日までにたまる量や自分にとって必要な条件をよく考えて選ぶ必要があります。
長く使えそうなものをじっくり選んでくださいね。

ゴミ箱を引っ掛けてスペース活用!掃除がラクになるアイディア いらない派も必見!シンク周りをスッキリさせる三角コーナーや便利グッズとは?