食器棚収納のアイディア!無印、IKEA、100均で出し入れしやすい食器の片付け方

食器の整理収納は出す、分ける、収めるの3ステップ

私が整理収納アドバイザーとして、食器の整理収納作業を行わせていただく時のステップは次の3つ。
①出す→②分ける→③収めるです。

<STEP①出す>
全出した食器を整理し、必要なモノ、使うモノ、大好きなモノを見極めて選び残します。

<STEP②分ける>
選び残した食器を、使用頻度によって1軍と2軍に分けます。

1軍=毎日の食事に使うお茶碗や小皿、コップやマグカップなど使用頻度が高い食器。
食器を全部出した時に「いつも使っている食器はどれですか?」とおうかがいすると、皆さんすぐに選ばれます。

2軍=お重箱(お正月)、寿司桶(おひな祭り・手巻き寿司)、パーティ用(紙皿・プラ食器)など、季節のイベント時に使う使用頻度が低い食器。
1年に1回しか使わないという食器もありますね。

<STEP③収める>
1軍の食器は、一番取り出しやすく戻しやすい場所を決めることが大切。
目線の高さから腰の位置までのゴールデンゾーンに収納すると使い勝手がいいです。

2軍の食器は使う頻度が低いですから、軽いモノは吊り戸棚の上段、重いモノは食器棚やキッチンの引き出しや下段に収納します。

さて、収納する場所が決まったところで、実際にどのように収納する?
私のオススメ収納方法をご紹介します。

コの字収納で棚を増やす

食器棚は棚板の高さが変更できる可動式であることが多いですが…
「あれ、この高さ使いにくくないですか?」
お客様のお家に行くと、購入された時のままの棚板の高さで、ピサの斜塔のようにいろんな食器が積み上げられていることがあります。

食器が多いお家の場合は棚板を増やすという手もありますが、もっと手軽に棚を一段増やすことができるコの字収納という方法があります。
こちらは無印良品のアクリル仕切棚を使った、コの字収納。
無印良品のアクリル仕切棚を使った、コの字収納棚の上下段と棚の手前の3ヶ所に収納できるので、使用頻度の高い食器は棚の手前に、使用頻度の低い食器は棚の下段に収納すれば、空間をより活かすことができますね。
食器の収納場所をしっかりと決めることで、いつもキレイをキープ。
日々の家事の時短にもつながります。

引き出し式収納で出し入れしやすい仕組みを作る

実は、我が家の食器棚は目線より上と、胸から下の位置にあります。
ゴールデンソーンと呼ばれるベストポジションが少ないので、そのまま食器を置いてしまうと、毎回、椅子や脚立に登ったり、しゃがんだりして食器を出し入れすることになります。

「後でしまえばいいや~。ちょっとこの辺に置いておこう!」
これは散らかる原因のひとつ。

面倒くさくならない方法は何だ?
簡単に取り出しやすく戻しやすい仕組みを作ってしまおう!
というわけで、同じ種類の食器を、収納ケースに奥並べにしています。

上から目線からでも、収納ケースを引き出して、簡単に取り出し戻せます。
引き出し式収納目線より高い位置でも、クリアなケースを使えば、食器が見えるので安心して出し入れができます。
引き出し式収納

グルーピング収納でムダな家事動線を少なく!

収納ケースに入れるのは、同じ種類の食器に限ったことではありません。
カップ&ソーサー、ミルクピッチャー、シュガーケース、トング、トレーをまとめて収納すると、お客様にサッとコーヒーをお出しできます。
グルーピング収納用途が同じモノをグループにするグルーピング収納で、ムダな家事動線が少なくなりますね。
収納に使っているのは、IKEAの収納ケース。
取っ手付きで頑丈なので、慎重な扱いが必要な食器も安心して収納できます。
グルーピング収納

立てるか寝かすか?収納は臨機応変に

カップ&ソーサーのソーサーは、そのまま積み上げて置くと幅が必要。
目線より上の食器棚の奥に置いてしまうと見えなくなります。
お皿は積み上げないで立てるという収納方法もアリ。
我が家では、ポストカード立てに、ソーサーを立てて収納していますが、取り出しやすくて見た目もキレイですね。
ポストカード立てに、ソーサーを立て収納また、立てて収納するイメージの強いワイングラスやシャンパングラスですが、グラスの高さに合わせて棚板の高さを決めてしまうとムダな空間ができてしまいます。
邪道な方法かもしれませんが、収納ケースに寝かせて収納しています。
収納ケースにグラスを寝かせて収納とくに、シャンパングラスの出番は年に数回。
空間を活かすことと、取り出しやすさを優先するなら寝かす収納が最適です。

スタッキング収納で引き出しを有効活用

最後に小物の収納アイディアをひとつ。
小物は食器棚の引き出しに入れることが多いですが、引き出しの高さを有効に使うスタッキング収納という方法があります。
フタ付きの収納ケースや同じサイズの真四角の収納ケースなら、2階建てのように重ねられますね。
スタッキング収納我が家では、お客様用の箸置きや和菓子に添える楊枝を100均のフタ付きアクリルケースに入れています。
フタ付きだとホコリがつかないので、いざという時にすぐに使うことができますよ。
スタッキング収納面倒くさいな~と思った時がチャンス!
一番開けやすい扉、引き出しはどこですか?
本当に使っている1軍食器はどれですか?
必要なモノを選び残すことで、もっと暮らしはシンプルで楽になります。
ぜひ、食器の整理収納をしてみてくださいね。

取り出しやすさ抜群!きれいに片づくコップ・マグカップの収納方法&実例アイデア