下着の収納は仕切りケースで引き出しスッキリ!冬のインナーの快適整理術

日本には四季というすばらしい季節の移り変わりがあります。
最近では秋や春が短く感じられ、「暑い」から、いきなり「寒い」になるような気候ですね。

短い秋の間に冬支度をはじめましょう。

薄くて快適なインナーはあつかいにくい!?

皆さんも1枚は持っているのではないでしょうか?
ユニクロのヒートテックをはじめ、大手量販店が販売されている、軽くて薄くて暖かいインナー。

以前はウインタースポーツ用でしか見なかったものが、今では日常的なインナーの代表になりました。
男性の方はスーツの下に着ても動きやすく快適。
女性は冬のオシャレを邪魔しない薄くて暖かいデザイン。
「ババシャツ」と呼ばれていた下着の概念を覆す商品ですね。
冬でも走り回る汗かきの子供にも乾きやすく、冬場のお洗濯も速乾性がある優れた素材。

そんな快適なインナーですが、収納に悩んでいる方が意外にも多い!

1.たたみ方が分からない
2.収納方法が分からない
3.何枚持っていたらいいのかが分からない

ひとつひとつお悩みを解決していきましょう。

1.たたみ方が分からない

インナーは柔らかい素材なので小さくたたむとキレイに収納できます。

でも、たたむの苦手!嫌い!面倒!
そんな方には、クルクル丸める方法をおすすめします。

半袖や長袖のインナーは4ステップ!
半袖や長袖のインナーのたたみかたタイツやレギンスは2ステップ!
タイツやレギンスの畳み方ポイントは、袖部分やつま先などペラペラとはだける部分から丸めること。
これで、カチッとコンパクトにまとまります。

2.収納方法が分からない

キレイにたたんで収納しても、出し入れしていると、いつの間にかグチャグチャ…
それを回避する収納方法は仕切ること!

1枚1枚のインナーに独立した戻す場所があれば、そこに戻すだけ。
他のインナーに触れることがないので乱れることはありません。

インナーやレギンスには、少し幅が大きめの仕切りボックスを使うといいですよ。
こちらは、ニトリの整理ボックス。
ニトリの整理ボックス仕切りボックスと収納ケースのサイズが合わない場合は、少し小さめのこちらがオススメ。
これは無印良品の不織布ケースですが、高さの調整が可能です。
無印良品の不織布ケースタイツ、レギンス、インナーなど種類別ごとにケースを用意して引き出しに入れるといいですね。
このケースは柔らかい素材なので、少しパンパンに入れても引き出しの中で融通がききます。
種類別ごとにケースを用意した引き出し収納

引き出しの高さを活かして収納量を2倍!

私は、以前、靴下の製造販売会社におりましたので、自社のL字靴下をこよなく愛し、今でも愛用していて、整理収納アドバイザーらしからぬ靴下の数を持っています。

でもね。収納の仕組みを変えるだけで雑多にならない方法があるのです!
それは…使用頻度で1軍、2軍に分けて収納すること。

収納ケースの高さを活かし2階建て収納をしています。
1階:ストックの靴下。2軍選手が控えております。
2階:日常使いの1軍選手の靴下は、直ぐに取り出せてしまえる仕切り付きの部屋(住所)を決めて収納。
収納ケースの高さを活かした2階建て収納日々使っているモノとストックに分けることで、モノの数、色柄、種類、そして自分の好みが明確に分かります。

3.何枚持っていたらいいのかが分からない

お客様によく聞かれます。
「高尾さんはヒートテック何枚持ってますか?」

私は、ユニクロのヒートテックウェアを3枚(白・黒、極暖の黒)、レギンスは2枚(紺・極暖の黒)、タイツは3足(薄手の黒・厚手の黒、極暖の黒)、昨年はネイビーが加わっていました。
ヒートテックウェアとレギンス、タイツ私はお客様に「何枚持ってたら今年の冬越せます?」「毎日お洗濯します?」と、お洗濯の回数を伺うこともあります。

私は朝晩洗濯をしますので、朝洗ったモノが夕方には乾いています。
ミニマムな考えでいうと1枚で十分かもしれません。
モノの持ち方、適正量は人それぞれです。

余談になりますが、タイツはワンシーズンでサヨナラ。
ほぼ毎日3足のタイツをヘビーローテーションで履いていると、毛玉ができて、つま先が薄くなり破れることもあります。
タイツは、防寒用としてもオシャレアイテムとしても活躍するので、穴のあいたタイツで座敷に上がりたくないですし、毛玉でモロモロになったタイツでオシャレしたくないです。

「だれも見ないから、まあいいか!」
そんな時に限って、穴のあいたタイツを大好きな人に見つかったりするのです。(経験者は語る…)
自分が履いていて心地いいモノ、人に見られても恥ずかしくないモノを日頃から身に着ける習慣が大切ですね。

きちんとたたんでしまうことだけが収納ではありません。
日々の家事を楽にするためには、何を優先したいのか?
キッチリ?ザックリ?
無理なくできる仕組みを作ることがリバウンドしない整理収納の極意です!

できることからまず一歩!冬支度をはじめましょう♪