コード収納は整理から!スマホやタブレット、パソコンまわりのケーブルスッキリテク

日常が便利になる一方で増え続けるコード類!
つなぎ放題にしていると絡まったり、ホコリが溜まったり…おまけに見た目も悪いですよね。

今回はそんなコード類をスッキリさせる方法をご紹介します。

まずはコードの数の把握から

ほとんどのご家庭では電源タップを使って、ひとつの差し込み口から複数のコードをつないでいますね。
継ぎ足しでつないでいると、いつの間にかこんな状態になっていませんか?
継ぎ足しでつないだ電源コードこれでは掃除する気も起こりません。
ホコリをそのままにしていると、火災につながる可能性があるので要注意!

まずは、コードを整理することから始めてみましょう。
特に差しっぱなしにしているコードは、新しい機種を買い替えても古いモノもうっかりそのまま…ということも少なくありません。
つないでおく必要のないものはこの機会に撤去してスッキリさせましょう。

一番厄介なのはココ!

コードの絡まりが、一番気になるのは電話やパソコン周り。
よほど気にするご家庭でない限り、スッキリまとめてあることはありません。
何本ものコードが絡まり、ホコリが溜まってむき出しになっている…そんな状態がほとんどです。

原因は、それぞれの機器のコードの長さがバラバラだから。
そして、コードをまとめるのは結構面倒で手間がかかります。

でも一度整理してしまえば、あとは掃除も楽になりますよ。
ぜひ気合いを入れてやってみましょう。
スッキリさせるには、結束バンドやコードベルトなどを使ってコードの長さをコンパクトにまとめます。
結束バンドやコードベルトなどを使ってスッキリさせたコード類そしてあとひと手間、それぞれに何のコードなのか名札をつけておけば、次に新しい機器と交換する際にとても便利。
ここで、もうひとふんばりがんばってやっておきましょう。
コードに名札をつけた電源コードまとめたコードを箱やカゴに入れるだけでこんなにスッキリします。
フタ付きのものなら頻繁に掃除する必要もありません。
市販のものもたくさんありますし、家にある空き箱やカゴなどをアレンジしたり身近な入れ物に穴を開けたりしてDIYしてもいいですね。
家にある空き箱やカゴなどをアレンジして作った収納ボックス

スマホの充電にはテーブタップが見えないスタンド

次に数が多いのはスマートフォンやタブレット、ゲーム類の充電コード。
家族の人数に比例して増えていき、我が家でも最近見直したばかりです。

これは我が家の失敗談ですが…。
改善前はコードをむき出しにするのが嫌だったので、なるべく目立たないところで充電をしていました。
けれど、主人がスマートフォンを忘れて出かけてしまうことがちょいちょい起こるようになってしまいました。
「また忘れた!」と小さな不機嫌を起こして、朝から空気が悪くなる…

コレはまずい!なんとかしなくては!と探して購入したのがこのテーブルタップステーション。
テーブルタップステーション

テーブルタップを内側にそのまま入れ込めるので、見せたくない部分が隠せてスッキリ!
しかも前面がスタンドになっているので携帯電話類を立てておけ、いつも目にすることができ忘れることもなくなりました。
掃除もボックスごとハンディワイパーでサッとひとなでするだけで終わります。
個々に立てて充電するとスペースを取るし、コードもむき出しになってしまうので省スペース&スッキリをかなえたい方にはイチオシのスタンドです。

季節の家電製品は?

季節家電のコードは、収納時にゴムやフックでコードをまとめておけば、次に使う際に取り出しがスムーズです。
また、フックに引っ掛けるようにしておけば、部屋を移動して使うことがあっても、コードを引きずりません。
収納時にゴムやフックでコードをまとめた家電

壁からのぶら下がりコードは?

壁付けの家電の場合、何本ものコードがだらりと壁から垂れているのをよく見かけますが、そんなときはコレ。
コードフックやコードクリップという名前で販売されています。
壁伝いにまとめておくだけで見違えますね。
コードフック・コードクリップ意外と目立ってお部屋の雰囲気を台無しにしてしまいがちなコード類ですが、まとめてスッキリさせるためのグッズは多種多様にありますので、それぞれのご家庭にあったものを選んで、ぜひスッキリさせてくださいね。
電源コードをまとめられるグッズ

テレビやPC周りの配線整理!散らかりがちなコードやケーブルをスッキリ収納する方法