これですっきり!増えるペット用品をワゴンやボックスで収納するアイデア

キッチンワゴンに収納したペットグッズ

大切な家族の一員であるペットには、いろいろなお世話グッズが必要ですね。

最近では100均や雑貨店でもペット用品が豊富に揃っていて、かわいいペットのためにとついつい買ってしまうこともあると思います。
そんなたまりがちなペットグッズはすっきり片付けて、使いやすくしておきたいですよね。

そこで今回は、ペットグッズの収納アイデアについて紹介します。
トイレや食事のお世話グッズをはじめ、おもちゃやグルーミング用品などいろいろなペットグッズをうまく収納するコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ペットグッズ収納のポイント

まずは、ペットグッズを上手に収納するために大切なポイントをお伝えします。
どのように片付けると使いやすいのか考えて収納していきましょう。

ペットグッズ収納 3つのポイント
  • ジャンル分けして収納
  • 使う場所の近くに収納
  • 仕分けして出し入れしやすく
  • 【ポイント1】アイテムの種類ごとにジャンル分けして収納する

    ペットグッズをジャンル分けする
    ペットグッズは種類もさまざま。そのため、まずはアイテムをジャンル分けしておきましょう
    トイレ用グッズ、フード、爪や毛などを整えるためのグルーミンググッズ、おもちゃなど……。
    いくつかのジャンルに分け、それぞれでまとめて収納するのがおすすめです。

    【ポイント2】使う場所の近くに収納する

    猫用トイレの横にペットグッズを収納
    ペットグッズをジャンル分けしたら、それぞれで使う場所の近くに収納することが大切です。
    同じペットのグッズだからとフードからトイレ用品まですべてを一か所にまとめてしまうと、食事の準備はしやすくてもトイレの片付けがしにくいなど、使い勝手が悪くなる場合もあります。

    毎日のお世話をスムーズにするためにも、食事やトイレ、グルーミングなどをする場所の近くに必要なグッズをスタンバイして、お世話する人の動線が短くなるようにしておきましょう。

    【ポイント3】収納ボックスなどを組み合わせて出し入れしやすく仕分けを

    ケースを使って収納ボックス内を仕切る
    ペットグッズは細々したものも多く、大きなかごにポンポンと入れていると、ごちゃごちゃして使いたいものが見つかりにくくなる可能性も。
    なるべく細かく仕分けして収納する方がスムーズに出し入れできてお世話も楽になります。

    大きいボックスやワゴンの中を収納ケースで仕切るなどして、アイテムごとの大きさにあわせた定位置を設けましょう

    【1】トイレグッズの収納方法

    ここからは、ペットグッズの種類ごとにおすすめの収納方法を紹介していきます。
    まずは、トイレグッズから。ペットのトイレグッズは特にアイテム数も多く、お世話も頻繁なのでスムーズに出し入れできる収納を考えましょう。

    ペットシーツや猫砂はパッケージを見せないように収納

    ペットシーツや猫砂などかさばるアイテムは、パッケージのまま目につく場所に置くと生活感が出てしまいます。
    大きめのボックスを用意してパッケージごと入れたり、シーツなら中身を取り出してかごに並べたりして、すっきり見せるようにしましょう。
    収納ボックスに猫砂を入れる
    特に猫砂はこぼれやすいので、手入れしやすいプラスチック製のボックスに入れておくと安心です。
    また、重量があるものは、収納位置を低い場所にしておきましょう。

    ワゴンや収納棚の下段にボックスを入れたり、床に直置きしたりすれば持ち上げる手間が減るので補充の時も作業が楽になります。
    収納に使うボックスは、ふた付きだと簡単に目隠しできて便利です。

    ビニール袋は100均ケースに詰め替えて

    トイレを片付ける時に使うビニール袋は、パッケージのままよりも詰め替えケースに入れる方がおすすめ。
    見た目がすっきりするのはもちろん、スムーズに取り出せるのでトイレの後片付けもサッと行えます。

    また、トイレグッズをまとめて収納する時も、ケースに詰め替えておけばボックスやワゴンに収めやすいです。
    トイレ処理のビニール袋を収納ケースに詰め替える
    こちらで使っているのは100均で購入できるケース。
    このほかにも、いろいろな形状のビニール袋用詰め替えケースがあるので、収納スペースや一度に入れたい袋の枚数にあわせて選びましょう。

    ¥110 (2022/05/24 21:16:06時点 楽天市場調べ-詳細)

    ほうきや消臭スプレーなどはすぐ手に取れるところに引っかけ収納

    トイレの砂が飛び散った時のために、ほうきとちり取りを用意しておくと便利です。
    また、消臭スプレーをペットのトイレまわりにスタンバイしている人もいると思います。
    猫用トイレの横にスコップやほうきを引っかける
    そんな掃除グッズは、トイレの近くに引っかけ収納にするのがおすすめ。
    ペットグッズをまとめたワゴンや、ペットのケージに引っかけておくと、サッと手に取れるのでトイレ掃除もスムーズです。

    【2】ペットフードの収納方法

    トイレと同じように食事のお世話も大切。食事の準備や後片付けも、トイレの手入れと同様にスムーズにできるようにしたいですね。

    そんなペットフードは、食事の準備をする場所にあわせて収納位置を考えることが大切です。
    また、ドライやウェットなどフードの種類にあった収納方法も考えましょう。

    どこで食事の準備をするのがいいか考えよう

    ペットによって食べるフードの種類は大きく異なりますよね。
    例えばドライフードだけの場合は、食事の場所にあわせた収納場所にすることもできます。
    ペットフードと水が入ったtowerフードボウル
    寝床付近が食事スペースなら、その近くにフードを収納しておけば食べる時にサッと計量して与えられます。

    一方で、加熱したり水を使ったり、冷蔵していたりするフードであれば、キッチンに収納するのが便利。
    ウェットフード入った缶やパウチなどを開ける場合も、キッチンの方が準備しやすいでしょう。
    キッチンで準備をするなら、キッチン近くを食事スペースにする方法もありますよ。

    ¥3,960 (2022/05/24 21:16:06時点 楽天市場調べ-詳細)

    ドライフードは保存容器に詰め替えて

    ペットのドライフードは保存容器に詰め替えて収納するのがおすすめです。
    鮮度のいい状態を保つためにも、密閉性の高い容器を使用するのがいいですね。
    ニオイが強いタイプのドライフードでも、しっかり密閉できるとキッチンなどに置いても気になりません。
    保存容器に詰め替えたドライフード
    こちらで使っているのはフレッシュロックという保存容器。
    プラスチック製なので軽量で洗いやすく、ワンタッチで開閉できるので食事の準備もスムーズです。

    小さい子どもがいるお家では、フードを誤って口に入れてしまわないように高い場所や引き出し内へ収納するのがおすすめです。

    ¥836 (2022/05/24 21:16:06時点 楽天市場調べ-詳細)

    おやつや缶詰・パウチなどは取り出しやすさを考えて

    個包装タイプのおやつや缶詰・パウチなどのウェットフードは、パッケージから取り出して中身だけ収納しておくとスムーズに準備できてペットを待たせません。
    ペット用のおやつやウェットフードを収納
    キッチン内の引き出しや収納ケースに種類ごとに仕切って入れておけば、サッと目的のものを取り出せます。
    また、残量もすぐにわかるので、買い忘れを防ぐのにも役立ちますよ。

    ストック品は大きめのボックスにまとめて収納

    防災対策ではペットフードもストックしておきたいもの。
    たくさん買うなら水やお米などの家族の保存食品と一緒に収納しておくといいですね。
    パントリーなどがあると片付けやすいでしょう。
    ペットフードのストック品をボックスに収納する
    また、少しのストック品をキッチンに片付けるなら、大きめのボックスを使うと見た目もすっきりして楽に片付けられます。
    シンク下や吊り戸棚、棚やキッチンワゴンなどにストック分の収納スペースを設けるのがおすすめです。

    【3】グルーミンググッズの収納方法

    爪切りやブラシ、シャンプー・トリミング用品、顔・体を拭くシートといったグルーミンググッズは、アイテムによって使う頻度が大きく異なります。
    そのため、使用頻度で収納場所を分けるのがおすすめです。

    よく使うものはワンアクションで出し入れできる収納に

    ペットブラシなど頻繁に使うアイテムは、サッと出し入れできる収納を考えるのがおすすめ。
    ペットブラシをかごに入れる
    ふたのないカゴに入れたり、引っかけ収納にしたりしてワンアクションで手に取れるようにしておきましょう。

    ワゴンやケージに小さいバスケットを引っかけて、ポケットのような収納場所を作っておくのも便利ですよ。
    簡単な収納方法だと家族の誰が使っても元に戻しやすいので、迷子になる心配も軽減できます。
    参考 SUNNERSTA スンネルスタ小物入れ, ホワイト12x11cmIKEA公式サイト

    使用頻度が少ないアイテムはホコリ対策も必要

    爪切りやシャンプー、トリミング用品などはたまにしか使わないアイテム。
    使用頻度が少ないものは、カゴなどにポンと入れておくとホコリがたまってしまいます。
    ふた付きボックスにグルーミンググッズを入れる
    そのため、ふた付きのケースを活用して、汚れないように収納するのがおすすめです。

    【4】おもちゃの収納方法

    ペットのおもちゃはどんどん増えてしまいがち。気づけばごちゃごちゃになっていることもあるかもしれませんね。
    猫じゃらしなど絡まりやすいおもちゃは特に収納方法にも困りやすいです。

    ペット用おもちゃは形状もさまざまなので、形や大きさで仕分けしながら収納するのがおすすめですよ。

    ボールやぬいぐるみなどは種類ごとで収納ケースを分けて

    ペット用おもちゃも大きいものから小さいものまでさまざま。
    お気に入りのおもちゃが行方不明にならないためにも、大きさや形などの種類ごとに収納ケースを分けるのがおすすめです。
    ペット用おもちゃをケースに仕分けて収納
    どんなおもちゃがあるか一目でわかるようにしておけば、買いすぎも防げるはず。

    絡まりやすい猫じゃらしはフック付きピンチで引っかけ収納に

    紐の先におもちゃが付いていて絡まりやすい猫じゃらし。
    長尺のアイテムなので、ボールなどのおもちゃと一緒に収納するのも難しいですよね。
    そんな猫じゃらしは1本ずつ引っかけ収納にするのがおすすめです。
    猫じゃらしをフック付きピンチで引っかける
    100均でも購入できるフック付きピンチを使えば簡単に引っかけて収納できますよ。
    ワゴンやケージに引っかけたり、壁にウォールバーをつけて収納したりするといいですね。
    猫と一緒に遊ぶスペース付近に収納しておきましょう。

    ¥110 (2022/05/24 06:36:03時点 楽天市場調べ-詳細)

    【5】散歩グッズの収納方法

    リードやトイレの後片付けグッズを入れたバッグなど、お散歩グッズはまとめて玄関に置いておくのがおすすめ。
    出かける準備も帰宅後の片付けもスムーズで、リードに付いた汚れを室内に持ち込む心配もありません。
    散歩グッズを玄関ドアに引っかける
    玄関ドアにマグネットフックをつけておけば、リードやバッグを引っかけて収納できるので、玄関の収納スペースが少ないお家にも便利です。
    また、帰宅後にペットの手足を拭くためのシートも玄関に置いておくのがおすすめです。

    【6】ペット関連書類の収納方法

    ペット保険など、ペットに関わる書類も意外とどこに収納すればいいのいか迷うもの。
    ペットグッズと一緒にしまうとくしゃくしゃになったり、汚れてしまったりする恐れもあるので、書類は家族のものとまとめて収納するのがおすすめです。
    ペットの書類をファイルに収納
    家の大切な書類関係をまとめたファイルに一緒に収納しておけば、紛失する心配もありません。
    しっかりラベル付けをして、一目でわかるようにファイリングしておくことが大切です。

    【7】粘着クリーナーの収納場所

    カーペットやソファ、洋服に付いたペットの毛を取るのに、一日に何度も粘着クリーナーを使うお家もあるのではないでしょうか?
    この粘着クリーナーも使う場所の近くに置くのがおすすめです。
    ソファ横に置いてある粘着クリーナーケース
    そのため、ペットグッズの収納場所ではなくカーペットやソファ付近に置いておきましょう。

    ソファのサイドテーブルなどにスタンバイしておくと、いつでもサッとコロコロできます。
    せっかくならインテリアにあう粘着クリーナーケースを用意して、おしゃれに見せたいですね。

    ¥3,520 (2022/05/24 06:36:03時点 楽天市場調べ-詳細)

    ワゴンやボックスを活用してペットグッズをまとめるアイデア

    ペットグッズはジャンルごとに分けて、使う場所にあわせて収納するのが大切です。
    トイレやフードなど種類ごとにおすすめの収納方法を紹介してきましたが、次はまとめて片付ける時のアイデアを紹介しましょう。
    ワゴンやボックスなどにまとめたり、ペットのケージに引っかけたりすると使う場所の近くに収納しやすいですよ。

    【1】ペットグッズが少ないならボックスの積み重ね収納もおすすめ

    ペットのお世話グッズは少なめという場合は、ボックスを重ねるだけの収納がおすすめ。
    よく使うアイテムを上段に、重たいものや使用頻度が少ないものを下段にしておけばいいですね。
    ボックスを積み重ねてペットグッズを収納
    キャスターがつけられると移動しやすくて掃除も楽です。
    こちらで使用しているのは「無印良品のファイルボックス幅25cmタイプ」のもの。
    ふたやキャスターをつけられ、汚れても簡単に手入れできるのでペットグッズ収納に便利です。
    参考 ポリプロピレンファイルボックススタンダード・幅25cmタイプ無印良品公式サイト

    【2】キッチンワゴンならたくさんのペットグッズをすっきりまとめられる

    ペットグッズの収納としても人気なのはキッチンワゴンを使う方法。
    キッチンワゴンに収納したペットグッズ
    特にIKEAのロースコグはいろいろな収納方法ができるので便利です。
    参考 RÅSKOG ロースコグワゴン, ホワイト35x45x78 cmIKEA公式サイト

    引っかけたりマグネットをつけたりできる

    IKEAのロースコグをはじめとしたこの形状のワゴンは、それぞれのトレイ部分にフックやスプレーボトルなどを引っかけられるのが便利。
    S字フックを使ってほうきやトイレ用スコップをかけられるほか、一緒に消臭スプレーもかけておけば掃除がスムーズになります。
    ワゴンにフックやスプレーを引っかける
    猫じゃらしをフック付きピンチで引っかけたり、バスケットをかけてブラシを収納したりすることも可能。
    また、缶ケースにマグネットをつけてワゴンに貼れば、細かいアイテムの収納にも。
    猫の抜け落ちたひげを集めている人にもおすすめですよ。

    ゴミ箱を一緒にセットしておける

    キッチンワゴンならたくさん収納できるので、トイレ掃除の時に必要なゴミ箱も一緒にセットしておけます。
    ペットのトイレまわりからほとんど動くことなく後片付けができるので便利ですよ。
    ワゴンにゴミ箱を置く
    ゴミ袋も一緒に収納しておけば、ゴミをまとめる作業もスムーズです。
    ニオイが気になる場合はふた付きのゴミ箱を使ってくださいね。

    【3】ペットのケージに頻繁に使うアイテムを引っかける

    トイレの掃除グッズや毛並みを整えるブラシなど、頻繁に使うものだけケージに引っかける方法もおすすめです。
    100均にも売っているフック付きのワイヤーバスケットを組み合わせれば、おもちゃなども収納できますよ。
    ペットのケージに掃除道具を引っかける
    あまりたくさんのものや重たいものは安全のためにも引っかけられませんが、毎日のお世話に必要なアイテムだけでもケージにセットしておくと便利です。
    また、ワゴンや収納ボックスを近くに置けないという時にも、ケージへの引っかけ収納は役立ちます。

    ペットグッズを使いやすく収納してお世話をスムーズに

    いかがでしたか?ペットグッズの収納方法について紹介しました。
    猫や犬を飼っている人なら、きっとたくさんのペットグッズがあるはず。

    使う場所に近いところへ収納することを心掛け、使用頻度にあわせた収納場所を考えるのがおすすめです。
    出し入れしやすい収納になればペットのお世話もスムーズになり、遊んであげる時間ももっと増えるはず!

    収納ケースとかごを置いたキッチンワゴン収納にも作業台にも!家中どこでも便利に使える「キッチンワゴン」の活用アイデア かご収納かごを使った収納でおしゃれに簡単お片付け!【蓋付きやラタン、ワイヤーなど】