シュラフ

キーワード解説
シュラフとは袋状の携帯用寝具であり、いわゆる「寝袋」と呼ばれるもの。キャンプ場や登山の時にテントの中で使われる寝具を指す。また、防災用具としても優れているため使用されることがある。ドイツ語のSchlafsackが語源であり、英語ではスリーピングバッグ(sleeping bag )と呼ばれる。

シュラフ(=寝袋)の種類について
シュラフとは「寝袋」のことでキャンプ場で使われることが多く、テント泊をする場合にシュラフ(寝袋)は必需品と言えます。
シュラフには、大きく分けて2つの種類があります。


1.マミー型の寝袋
名前の由来は寝袋で寝ている姿がミイラに似ているからとされています。
マミー型のシュラフは体とシュラフの密着性が高く、無駄な隙間が少ないので、体温を逃がしにくいという特徴があります。
特に登山の時に他の荷物を持ちながら、歩いて移動することが多い人や1人でキャンプやツーリングする運ぶ荷物が多い人はマミー型のシュラフがおすすめです。


2.レクタングラー型の寝袋
マミー型と比べて幅にゆとりがあり、窮屈感がなくて寝返りをうつこともでき、開放的です。掛け布団を二つ折りにしたような形状で、横にファスナー付きのタイプのものが多く、「暑い!」と感じれば、ファスナーを開けて掛け布団として使用することもできます。
便利な反面、マミー型より収納サイズが大きくなってしまう難点があります。また、マミー型に比べると保温性は高くないというデメリットもあるので、使う用途や好みによって選ぶと良いでしょう。


シュラフの中綿の素材について

中綿素材にはさまざまな種類がありますが、主にダウンや化繊といった素材が一般的です。

【ダウン】
メリット:軽くて柔らかい。保温性が高い。
デメリット:水に弱くて乾きづらい。価格が高め。
ダウンはとても軽くて保温性が高く、とても寝心地が良いですが、そのぶん価格が高くなりやすく、保管やお手入れも難しいです。


【化繊】
メリット:自宅でも洗濯が可能。濡れても比較的乾きやすい。価格が安め。
デメリット:ダウンに比べ保温性が低く、かさばりやすい。
化繊はダウンに比べると保温性は高くないですが、耐久性がありお手入れも簡単で扱いやすいです。また、お手頃な価格のものが多いため、一般的な家族キャンプなどの用途であれば、こちらで充分と言えます。

 

今回の記事に登場したアイテム
シュラフ キャンプアウト カモフラージュ 封筒型 バッグ付き(パール金属株式会社)