保冷力抜群の「ステンレスボトル」の選び方と【子供・女性・男性向け】おすすめアイテム15選

エコなだけでなく家計やおこづかいの節約にもなるステンレスボトル(ステンレス水筒)

会社や学校に毎日持参しているという方も多いと思いますが、現在はたくさんの種類のステンレスボトルが発売されており、種類が豊富すぎて選ぶ際に迷うこともあるかと思います。

そこで今回は、ステンレスボトル(ステンレス水筒)を選ぶ際に押さえるべきポイントや、使用する方に応じたおすすめのアイテムをご紹介します。
ステンレスボトル購入の際には、ぜひ参考になさってください。

節約&エコに役立つステンレスボトルの特徴

ステンレスボトルは、その名の通りステンレス製の水筒。
本体内側と外側の間の層が真空(真空二重構造)になっており、保温・保冷に優れているのが特徴です。
中に入れた飲み物の温度を長時間キープすることが可能で、夏は冷たい飲み物、冬は温かい飲み物を入れて使用することで、1年中便利に使うことができます。

どのくらいの保冷力があるのか、他の水筒と保冷力比較も行い、その実力は検証済です。

ステンレスボトルの保冷力はどのくらい優れている?
【完全版】水筒の保冷力比較!おすすめの保冷水筒を徹底調査♪

さまざまなサイズ、形状のステンレスボトルがあるので、オフィスへの出勤や学校への通学、部活やスポーツなど、さまざまなシーンの水分補給に便利なアイテムです。
さらに、小さなお子さまから大人まで幅広い年代の方が使うことができ、毎日持ち歩くことで節約&エコに役立つといった側面もあります。

ステンレスボトルの選び方

毎日持ち歩いている方も多いステンレスボトル。
使用頻度が高いものなので毎日ストレスなく、気持ちよく使いたいですよね。

そこで、ステンレスボトルを選ぶ際に押さえておきたいポイントを、以下でいくつかご紹介します。
お気に入りのひとつを見つけるための押さえるべきポイントはいくつかあります。購入前にチェックしてみてください♪

【1】飲み口のタイプで選ぶ

ステンレスボトルの飲み口は、大きく分けると4種類あります。
用途やシーン、お好みに合わせてチョイスしてみてください。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプのステンレスボトル
フタの開閉を片手でできる「ワンタッチタイプ」。
フタ部分についているロックを片手で外すことができ、片手が塞がっていてもドリンクを飲むことが可能です。
スポーツをしている時や歩いている時など、フタの開閉の手間をかけたくない時におすすめしたいタイプです。

マグ・スクリュータイプ

マグ・スクリュータイプのステンレスボトル
ステンレスボトルのフタ部分をまわして取り外すことができるのが「マグタイプ」と「スクリュータイプ」。

フタを完全に外すことができるため飲み口が広くなっており、熱い飲みものにも最適です。

フタを開ける際に両手を使う必要があることから、ワンタッチタイプと比べるとフタの開閉に少し手間がかかります。
車の運転時や、スポーツをしている時などには不向きかもしれません。

ストロータイプ

ストロータイプのステンレスボトル
フタを開けると、飲み口がストローになっているのが「ストロータイプ」。

水筒自体を倒してしまっても中身がこぼれないので、特に小さなお子さまにおすすめです。

ストロー部分はストロー専用のブラシを使って洗ったり、つけ置き洗いをする必要があるため、他の飲み口タイプと比べるとお手入れに多少の手間がかかります。
ストロー部分が汚れたり割れてしまった際に、ストロー自体を交換できるかどうかも、購入時にチェックしておくと良いでしょう。

コップタイプ

コップタイプのステンレスボトル
フタの部分に一定の深さがあり、本体から外すことでコップとして利用することのできるのが「コップタイプ」。

コップに注いで飲むという手間は少しかかりますが、熱いお茶なども適温まで冷ましてから飲むことができるのがメリットです。

学校の遠足や家族でのピクニックなど、ゆっくり飲みものをいただける場面での使用におすすめです。

【2】サイズや容量で選ぶ

サイズや容量で水筒を選ぶ人は多いでしょう。
すでにいくつか持っているという人もいるかもしれませんが、改めて適正なサイズをお伝えします。
ステンレスボトルのサイズや容量
ランチや休憩時の水分補給には、多すぎず少なすぎない500ml程度のサイズがおすすめ。
500ml程度なら重さもあまりないため、毎日持ち歩いてもストレスがありません。

一方、部活動やスポーツをしている時など大量の水分補給が必要な場面では、しっかりと飲める800m~1L以上のサイズが最適。
その他、家族や友人など2~4人でのおでかけに持参するなら、1.5L~2Lの大容量がおすすめです。

大きすぎると持ち運びには重くなったり、小さすぎると買い足したりする必要がでてくるので、用途や使うシーンを想定して、最適な容量をチョイスしましょう。

【3】洗いやすさで選ぶ

シンプルなつくりのステンレスボトルは、パーツが少なくお手入れも簡単なものが多いです。
飲み口が広いものだと中まできれいに洗うことが容易なため、毎日清潔に使い続けることが可能です。

しかし、ワンタッチタイプのフタに必ず付いているパッキンやストロータイプのストロー部分など、細かいパーツがあるものも。
ステンレスボトルを分解した際にパーツがいくつあるかや、パーツを外せるのかどうかはしっかりとチェックする必要があります。
洗いやすいステンレスボトル
また、食洗器で本体を丸洗いできるかどうか、自宅にあるスポンジや柄のついたボトル用ブラシを中までしっかり入れることができるかなど、手軽に洗うためのポイントも抑えてから購入すると良いでしょう。

【4】保温・保冷性能の高さで選ぶ

ステンレスボトルには、「保温・保冷両方に対応しているもの」と「保冷専用のもの」があります。
オフィスでコーヒーを入れて使うなど、温かい飲みものにも使用したい場合は、保温・保冷両用タイプを選ぶ必要があります。

また、ステンレスボトルであれば、基本的にはどの商品も保温力・保冷力に優れていますが、構造や大きさによって温度を保つことのできる時間などは異なるため、購入時には保冷効力(何度の状態を何時間キープできるかなどの記載)をチェックすると良いでしょう。

保冷専用のステンレスボトルに熱い飲み物を入れない
保冷専用のステンレスボトルに熱い飲み物を入れると、直飲みタイプの場合は特にやけどの恐れがあります。また、ボトル本体の内圧が上がってしまってフタが開かなくなったり、中身が飛び出すこともあるので注意するようにしましょう。

【5】本体の重さ(軽さ)で選ぶ

通勤鞄や通学鞄など、ステンレスボトルを鞄に入れて持ち歩くことの多い方には、少し小さめの250g~300g程度のステンレスボトルがおすすめです。
ステンレスボトルが重すぎると持ち運びするだけで疲れてしまい、使用頻度が下がる原因になりがちです。
持ち運びしやすいステンレスボトル
250~300g程度のステンレスボトルなら、中に水分を入れてもそれほど重くならず、持ち歩きの際に重さによるストレスを感じません。

さまざまな重さのステンレスボトルが販売されていますので、お好みの量の入るステンレスボトルの中から、できるだけ軽い商品を選ぶのがおすすめです。

ただし、車での移動中など、本体に重さがあっても支障がない時や、重さより容量にこだわって商品を選びたい時などは、重さは気にせずに好みのものを選んでも問題ないでしょう。

パール金属 水筒 ステンレス 直飲み トレックチャージャー ダイレクトボトル 700ml

【6】デザインで選ぶ

毎日使うアイテムなので、好みの色やデザインの商品を選ぶことも大切です。
デザイン性の高いステンレスボト
好みのデザインのステンレスボトルなら、持ち歩いていてテンションも上がりますし、長く大切に使い続けることができます。

容量や重さ、飲み口のタイプなどの条件を満たすものの中から、お好みのデザインのステンレスボトルを選んでみてくださいね。

ステンレスボトルのお手入れ方法

ステンレスボトルは、使用後にスポンジと中性洗剤で洗うだけでしっかりと清潔さを保つことができます。
ボトル洗い
しかし、長期間使用していると内部に茶渋がたまってしまい、スポンジで洗っただけではなかなかきれいに汚れを落としきることができなくなってしまいます。

簡単には落ちない頑固な茶渋をきれいに落とすには、下記の方法を試してみてください。

ステンレスボトルの頑固な茶渋を落とす方法
  • ぬるめのお湯と小さじ1程度の酸素系漂白剤1過炭酸ナトリウムを使った漂白剤。液体や粉末タイプがある。を入れて30分程度つけ置き
  • もしくは…

  • ぬるめのお湯と重曹を小さじ1程度入れて同じように30分程度つけ置き
  • どちらの方法も、つけ置きした後は水でよくすすいでおきましょう。

    塩素系漂白剤は使わない
    塩素系漂白剤2次亜塩素酸ナトリウムを使った漂白剤。アルカリ性で漂白力も強い。を使うと、サビにくいステンレスボトルとはいえサビが発生する可能性が。保冷機能などが低下してしまうので避けましょう。
    マーナ ボトル洗い ロング マイボトル・水筒洗い
    しっかり洗える、おすすめの水筒洗いグッズとは? スポンジ、ブラシ、不織布の3タイプを徹底比較

    スポーツドリンクをステンレスボトルに入れても大丈夫?

    数年前、ステンレスボトルにスポーツドリンクを入れることに関する危険性について、ネットでも話題になりました。

    「スポーツドリンクのような酸性の飲料を、金属製の水筒に入れると金属が溶け出すことがあり危険である」、といった話が出回ったことが理由のようですが、実際のところはどうなのでしょうか。
    スポーツドリンク対応のステンレスボトル
    現在販売されているステンレスなどの金属製の水筒の大半は内部にコーティングが施されていることから、スポーツドリンクに反応して金属が溶け出す心配はほぼ無いというのが事実のようです。

    キズやサビが発生しているステンレスボトルは要注意

    ただし、ステンレスボトルの内部に大きな傷がついていたり、サビが発生している状態では使用を避けましょう。
    コーティングがはがれてしまっている場合は安全とは言い切れません。

    それさえ気を付けていれば、スポーツドリンクなど酸性の飲み物を金属製の水筒に入れても特に問題はないようですね。

    またメーカーによっては、フッ素加工を2倍にするなどした「スポーツドリンク対応の水筒」も販売しているようです。
    どの商品もスポーツドリンクを入れて使用した場合は、使用後にはすぐに洗うようにすることで、さらに安心して使うことができますよ。


    ステンレスボトルの選び方やお手入れ方法、使用上気を付けた方がいいことなどをいくつかご紹介しました。
    ここからは、使う人別のおすすめ商品をご紹介していきます。
    ステンレスボトルを持つ少女
    小さなお子さまから、小中高校生・女性・男性など、使用する方によって、デザインだけでなく容量や用途など求める内容もかなり違ってくると思います。
    ぜひ以下を参考に、使用する方にぴったりのステンレスボトルをチョイスしてみてください!
    #子供向け#女性向け#男性向け

    【子供向け】ステンレスボトルの選び方&おすすめ

    幼児~小学生のちいさなお子さまには、軽くて少量、ワンタッチで開閉できるタイプのステンレスボトルがおすすめ。
    直飲みタイプはもちろん、ストローが飛び出すタイプのステンレスボトルもあるので、乳幼児から小学生まで使用することができますよ♪

    一方、授業や部活で長い時間を過ごす学生さんには、たっぷりと入る大容量のステンレスボトルがおすすめ。
    また、スポーツドリンクに対応していて、スムーズに飲むことができる直飲みタイプの商品であるとベストといえます。

    飲み物の温度をしっかりとキープできる商品なら、暑い夏は冷たいドリンク、寒い冬には温かい飲み物をいれて持ち歩くことが可能です。

    お子さま(乳幼児~小学生)向けのおすすめアイテム

    まずは乳幼児~小学生のちいさなお子さま向けのおすすめアイテムをご紹介します。

    お出かけに便利な「サーモス」のストローマグ

    「サーモス」のストローマグ
    水筒で有名な「サーモス」のベビーストローマグは、鞄に入れて持ち運びしやすいサイズ感です。底部と握るところにはシリコンゴムが付いており、自立しやすく持ちやすいのが特徴。ストローセットは洗い替え用のスペアも付属しているのでいつでも衛生的に使うことができます。
    サーモス 子供用水筒 真空断熱ベビーストローマグ 290ml FFH-290ST

    直飲み・コップ両方の使い方ができる2ウェイボトル

    2ウェイボトル
    こちらも「サーモス」のボトルで、直飲みもでき、コップに入れて飲むこともできるのがうれしいポイント。保温・保冷どちらも対応しています。カバーやショルダーベルトも付いているのでいつでもお出かけに持っていけますよ。
    サーモス 水筒 真空断熱 2ウェイボトル 直飲み&コップ付 FHO-801WF 800ml

    おしゃれデザインで子供にも持たせやすい「ミーボトル」

    ミーボトル
    「ミーボトル」は開閉ロック部分に誤作動防止用のカバーがついており、カバンの中で開いてしまった!というトラブルが限りなく少ないです。ハンドルは取り外してショルダーストラップを付けることもできます。容量は600ml、800ml、1Lの3サイズ展開でカラバリも豊富。お子さまに他の人と被らない水筒を持たせたい!という時におすすめです。
    タケヤ化学工業 水筒 ステンレスボトル ミーボトル 600ml

    学生(小学生~中学生)向けのおすすめアイテム

    続いて、小学生~中学生の人向けのステンレスボトルをご紹介します。

    保温保冷対応!衝撃にも強いステンレスボトル

    衝撃にも強いステンレスボトル
    こちらのステンレスボトルはスポーツをする時や部活動などに特におすすめ。保温保冷両方に使えとても便利です。ロックリングがついているので、閉め忘れる心配もありません。底面にはシリコンカバーがついており、うっかり落としてしまった時の衝撃を和らげてくれます。
    水筒 ステンレス直飲みスポーツドリンク対応スリムワンタッチ800ml飲み口
    飲み口は幅広の直飲みタイプ。
    ワンタッチオープン式なので、片手でフタをあけ、そのままゴクゴクと飲むことができます。
    ピーコック魔法瓶 水筒 ステンレス 直飲み スリム ワンタッチ 800ml

    持ち運びに便利なストラップ付きステンレスボトル

    ストラップ付きステンレスボトル
    こちらは、持ち運びにも便利なストラップ付きのステンレスマグボトル。1Lという大容量でスポーツドリンクにも対応。スポーツや部活などのシーンで大活躍します。保温・保冷効果があるため季節を問わず使用することが可能で、ドリンクの温度を長時間しっかりキープしてくれます。
    スポーツドリンク対応スポーツマグ1L飲み口
    飲み口は氷止め機能がついており、中身が一気に流れないような設計となっています。
    氷の入った冷たいドリンクだけでなく、熱い飲み物も少量ずつ飲むことが可能です。
    ピーコック魔法瓶 水筒 ステンレス スポーツマグ 1L ストラップ付

    長時間温度をキープする「キャプテンスタッグ」のボトル

    「キャプテンスタッグ」のボトル
    保温・保冷両方に使えるキャプテンスタッグの「HDボトル」は見た目がスタイリッシュで男女問わずに使いやすいデザインです。広口タイプなので家庭用の製氷機で作った大きめの氷もスムーズに入れることができます。
    パール金属 水筒 キャプテンスタッグ HDボトル ステンレス 保温・保冷 1L
    【飲み口タイプ別】子ども用水筒の選び方&水分補給の目安量は? 子どもの水筒選びのアンケート【完全版】子供用水筒は消耗品?アンケート調査でわかった「買い替え理由」と水筒選びのポイント

    【女性向け】ステンレスボトルの選び方&おすすめ

    女性にはスリムなタイプのステンレスマグや、タンブラータイプの商品がおすすめ。
    片手でスムーズに飲めるワンタッチ開閉タイプなら、仕事やドライブ中でもスムーズにドリンクを飲むことが可能です。

    また、フタはロックがしっかりとできる商品なら、バッグの中に入れて持ち歩く際も中身がこぼれることなく安心です。

    女性向けステンレスボトルのおすすめのアイテム

    女性におすすめのステンレスボトルをいくつかご紹介します。

    スタイリッシュなステンレス製タンブラー

    ステンレス製タンブラー
    女性におすすめのスタイリッシュなデザインのタンブラー。コーヒーや紅茶などをオフィスやドライブに持参する際に最適です。持ち歩き時にはフタをしっかりとロックことができるので、バッグの中などで勝手に開いてしまう心配もありません。真空断熱構造で、冷たい飲み物も温かい飲み物も温度を保つことができ、1年中使用することができますよ。
    ステンレスワンタッチ真空断熱携帯タンブラー370ml飲み口
    飲み口の素材は優しい口あたりで飲みやすく、口紅がついても目立ちにくいカラーも魅力。
    フタなどのパーツを分解して洗うことができるので、いつでも清潔な状態を保てます。
    アスベル 水筒 ステンレス ワンタッチ 真空断熱携帯タンブラー 370ml

    携帯しやすいスリムなステンレスボトル

    スリムなステンレスボトル
    直径6.3cmのスリムな形状のステンレスボトルなので、鞄に入れても場所を取りません。重さも約256gと軽くて持ち運びもしやすく、保温・保冷両方に対応しています。口径が大きく、本体やフタに付いているパッキンも取り外し可能なのでお手入れも簡単です。
    リビング 水筒 ステンレス ミスティック 携帯ミニマグボトル 450ml

    身だしなみをチェックできるミラー付き!

    ミラー付きステンレスボトル
    見た目は普通ですが、水分補給をしたついでに口元のメイクをチェックできるミラーが付いた画期的なステンレスボトル。ミラーは割れにくい素材で作られており、取り外しも用意なので衛生的です。
    Reach Will 魔法瓶 水筒 鏡付き ステンレス ミラーマグボトル 480ml

    「サーモス」のコップ付きステンレスボトル

    「サーモス」のコップ付きステンレスボトル
    保温・保冷両用のコップ付きステンレスボトルです。ワンプッシュで注ぐことができるタイプで、フタはフルオープンできるのでコップに注いでる最中にフタが閉まらず快適に飲み物を注ぐことができます。中栓やパッキンなどのパーツのみでも販売されているので、水筒本体は長く使うことができます。
    サーモス 水筒 ステンレススリムボトル コップ付き FFM-501 500ml
    サーモマグ【完全版】「マグカップ比較」保温力ランキング1位は真空断熱タンブラー!? 【完全版】「マイボトル比較」横倒しでも大丈夫? バッグの中でも安心なボトルを調査

    【男性向け】ステンレスボトルの選び方&おすすめ

    男性には、持ち歩きやすくシンプルでデザイン性の高いステンレスボトルがおすすめです。
    スタイリッシュなデザインの商品なら、通勤やオフィスで持ち歩いても違和感がなく、着る服も選びません。

    さらに、汗で滑りにくい構造やケースが付属したものなら、仕事終わりのジムやランニングの際にも使いやすいです。

    男性向けステンレスボトルのおすすめのアイテム

    男性におすすめのステンレスボトルをいくつかご紹介します。

    デザイン性と機能性を兼ね揃えた「アクティブライン」

    アクティブライン
    アクティブラインは持ち歩きやすく飲みやすい、デザイン性と機能性を兼ね揃えた保冷専用ステンレスボトルです。ハンドル付きで持ち歩きやすく、底部には衝撃から守るシリコンバンパーが標準装備。濡れている手でも滑りにくく、傷にも強い仕様。真空断熱ステンレス構造なので、保冷力も抜群です!
    タケヤフラスクアクティブライン
    細い飲み口は、ペットボトルのような感覚で開閉が可能で、飲みやすくこぼれにくい構造となっています。また本体は氷を入れやすく、洗いやすいのも魅力です。
    飲み口に氷止めが付いているため、氷が入った冷たい飲み物もゴクゴクと飲むことができますよ♪
    タケヤ化学工業 ステンレスボトル 保冷 タケヤフラスク アクティブライン 真空断熱 940ml

    ワンタッチで開くステンレスボトル

    ワンタッチで開くステンレスボトル
    ワンタッチオープン式で片手が塞がっていても飲みやすいステンレスボトルです。ロック機能付きなので、鞄に入れていても漏れにくく安心。パッキンも取り外しできてお手入れも簡単です。保冷・保温両方こなせるので、1年中使うことができます。
    タフコ 水筒 直飲み 保冷 保温 ステンレス ワンタッチマグボトル 720ml

    グリップ付きで開けやすい「フォルテック・スピード」

    グリップ付きで開けやすい「フォルテック・スピード」
    フタと本体両方にシリコン製のグリップが付いており、開ける時に手が滑りません。衝撃を吸収するシリコンバンパーも付いています。シリコンバンパーも含め、すべてのパーツを取り外すことができ、汚れても洗いやすいです。
    和平フレイズ スポーツボトル ステンレス製 フォルテック・スピード 800ml

    持ち手ハンドルとベルト付きで持ち運びも楽々

    持ち手ハンドルとベルト付きで持ち運びしやすいステンレスボトル
    シンプルなステンレスボトルですが、本体には持ち手ハンドルが付いておりショルダーベルトの取り付けも可能で持ち運びに便利なアイテムです。コップは全部で3つ付いているので、家族みんなで出かける時にもおすすめ。
    パール金属 水筒 コップ付 リフレス ダブルステンレスボトル 1.8L 1800ml

    毎日持ち歩きたいステンレスボトル

    いかがでしたでしょうか。

    今回はステンレスボトルを選ぶ際のポイントや、使う方に応じたおすすめの商品をいくつかご紹介しました。

    お気に入りのステンレスボトルを学校や職場に持参することで、節約やエコになるのはもちろん、毎日のドリンクタイムをとても楽しく過ごすことができます。

    また夏場などは熱中症予防などにも役立つため、特に部活動をされているお子さまやスポーツをされている方には、毎日の生活にかかせない「必須アイテム」となっているのではないでしょうか。

    ぜひ今回の記事を参考に、お気に入りのステンレスボトルをゲットしてみてくださいね♪
    サーモマグ【完全版】「マグカップ比較」保温力ランキング1位は真空断熱タンブラー!? 【完全版】「マイボトル比較」横倒しでも大丈夫? バッグの中でも安心なボトルを調査 子どもの水筒選びのアンケート【完全版】子供用水筒は消耗品?アンケート調査でわかった「買い替え理由」と水筒選びのポイント