【完全版】「マイボトル比較」横倒しでも大丈夫? バッグの中でも安心なボトルを調査

突然ですが、あなたはマイボトル(マイ水筒)を持っていますか?
最近は、水筒やタンブラーなどのマイボトルをオフィスや学校をはじめ外出先に持っていく人が増えましたね。

保冷・保温機能、デザイン、サイズなどマイボトル・水筒を選ぶ上で重視したい条件は、人それぞれ。
でも、持ち歩くことを考えると絶対に外せないマイボトルの条件は「横にしても中身がこぼれない」・「漏れない」ことではないでしょうか?

今回はマイボトルの「こぼれにくさ」の比較実験をしながら、開けやすさ、デザイン、こぼれにくさなどあらゆる視点から、使いやすいマイボトル選びの条件を調査していきます♪

それでは、Let’s くらべルート!

マイボトルってどのくらい節約になる?

実験に入る前に、「えっ、マイボトルってなに?」「本当に節約になるの?」という人向けに、まずはマイボトルの基本的なことについてご説明しますね。

マイボトルというのは、オフィスや学校などの外出先で使う自分専用の飲料容器のこと。
マイバッグやマイ箸など、エコや省エネのための「マイ○○」と同じもので、水筒やタンブラー、ジョッキ、カップ、湯のみなどをまとめて「マイボトル」「マイカップ」といいます。

外出先で使えば、みーんな「マイボトル」「マイカップ」
マイボトル・マグカップ集合
プラスチック袋が有料のお店が増えてから、マイバッグ=節約のイメージが定着しましたが、マイボトルやマイカップは、マイバッグのさらに上をいく節約アイテムなんです。

飲み物代って、スーパーの買い物袋の代金の何倍も高いですからね。
計算してみると…
1本150円のペットボトル飲料を週5回購入して飲んだとすると、週に750円、ひと月で3300円、年間にすると約40000円の出費!

環境にもおサイフにも嬉しいマイボトル、使わないと損♪

マイボトル・マイカップの種類は?

オフィスの飲み物容器といえば、定番なのがマグカップ。自分好みのマグカップを職場に置いている方も多いのでは?
マグカップ(カバー付き)こちらは、マグボトル。
コンパクトな水筒です。
マグカップ感覚で飲める飲み口が特徴♪

マグボトル(リッケ)
ニコニコマグボトル飲み口
¥1,320 (2020/08/09 15:41:46時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらは、タンブラー。
スターバックスのオリジナルタンブラーは、みんなが知る定番アイテム♪
タンブラー(スターバックス)
ここで、素朴な疑問が浮かびます。

マグボトルとタンブラーってどう違うの?

うーん、たしかに、似てる……
写真で見ると、タンブラーが上に向かって広がっている感じがしますが、違いは、形?

それもありますが、それだけではないのです!

「高機能なカップ」と「気軽に飲める水筒」

もともとタンブラーは、上に向かって広がるデザインのグラスのこと。
下は、DURALEX(デュラレックス)の定番タンブラーです。
デュラレックスのピカルディ
蓋付きや保温効果が高いタンブラーやマグカップはケータイマグサーモマグキャリーマグステンレスタンブラーなどと呼ばれて区別されることもありますが、どちらかといえばカップの仲間。
つまり、こぼれにくくて、保温力のある「カップ」なんです。

対して、マグボトルは水筒。
飲み口がマグカップっぽく進化して、直接口をつけて気軽に飲めますが、水漏れには強い。
つまり、マグボトルというのは、サッと飲めることを追求した「水筒」!

タンブラーの特徴は「口の広さ」

タンブラーの特徴の一つは、口の広さ。
口径が大きいので、マグカップと同じように飲み物をつくることができます。
タンブラーの使用イメージ
マグボトルは、口の広さ≦底面の場合がほとんど。
移動に便利なスリムタイプは、とくに口が狭いです。
ティーバッグで飲み物をつくるっていう感じではないかも。(できないことはないですよ!)
マグボトルの口
なので、結論はコレ!

マグボトルとタンブラーの最大の違いは、「水漏れのしにくさ」と「口の広さ」、そして「保温力」!

ライフスタイルで考えると、「入れる飲み物を外出先でつくるか、家でつくるか」なのです。

マイボトルはライフスタイルで選ぶ!

マグボトルとタンブラー、どちらを買おうか迷ったら、ぜひ「どんなふうに使うか」を想像してみてください♪

「飲みたい飲み物が自宅でしか用意できない」なら、マグボトルがオススメ!
ヘルシーなスムージーや、スペシャルなハーブティー、濃い目のカフェラテなど、お気に入りのドリンクを自宅でつくっていくなら、マグボトルじゃないとダメ。
タンブラーだと、中身が漏れてしまうことがあるので要注意!

外回りのお仕事をしている方や、毎日決まった休憩所を使えない方にもマグボトルが便利です。
カバンの中で横になってしまっても水漏れの心配がないので、安心して持ち歩けますよ♪
サーモスマグ
「外出先で好きな飲み物をつくる」なら、タンブラーがオススメ。
オフィスで用意される飲み物がおいしい~とか、特別なドリンクもティーバッグや粉末で持ち歩くことができて、お湯さえ注げばつくれる、とか。

オフィスや学校にマイボトルを置いておけるスペースがあれば、そこまでもっていくのはティーバッグか粉末飲料のみなので、さらに身軽♪
タンブラー使用イメージマグボトルとタンブラーで、節約&エコライフを楽しみましょう♪

¥1,480 (2020/08/09 06:51:03時点 楽天市場調べ-詳細)

マイボトル比較!こぼれないマグボトル&タンブラーを探せ!

さて、ここまで色々とマグボトルとタンブラーの違いを見てきましたが・・・。
実際手に取ってみると、どのタンブラーもしっかりしたつくりで、水漏れにも強そうな感じ。
マジックロックマグ飲み口
タンブラーの形状でも水筒並みの気密性を誇る商品もあるし、いまや「マグボトル」や「タンブラー」「サーモマグ」の境界線はかなり曖昧。
商品名だけでは、うまく見分けがつかないのが現状なのです。

タンブラーって、本当に中身がこぼれやすい?

でも、タンブラーだって出来ればこぼれにくいほうが、オフィスでも家でも安心ですよね。
水漏れしないものがあるなら、是非知りたい!

というわけで。
実際に水を入れてテストしてみました♪

Let’s Try !
まずは、実験方法をご紹介。

手順1
水を入れて振る
中に水を入れて、思いっきりシェイク!
それぞれ20回ずつシャカシャカ振りました。
容量はアイテムごとに違うので、キャップに水がつかないギリギリのところまで水を入れました。
実験の様子
手順2
横に寝かせて1時間置く
底を少し上げて寝かせます。水がこぼれやすそうなパーツのつなぎ目と、飲み口の部分が下に来るように置きました。
実験の様子

今回比べるのは、こちらの7アイテム。
実験の様子 マイボトル集合

  1. タンブラー(スターバックス)
  2. サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
  3. ニコニコマグボトル(Ricke)
  4. パカッとマグボトル400ml(Ricke)
  5. マジックロックマグ(giaretti)
  6. タンブラー(halo+)
  7. 真空断熱マグカップ(ASVEL)
※(カッコ)の中は、メーカー名、またはブランド名

¥1,480 (2020/08/09 06:51:03時点 楽天市場調べ-詳細)
¥1,320 (2020/08/09 15:41:46時点 楽天市場調べ-詳細)
¥3,024 (2020/08/09 05:54:55時点 楽天市場調べ-詳細)

さっそく振っていきます。
中に水を入れて、シャカシャカシェイク!

20回シェイク!縦揺れ実験では2アイテムが水モレ!

1、2、3……と、20回振っていったのですが、②のサーモマグ ヴィンテージウォッチと…
ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
⑦の真空断熱マグカップ
で…まさかの事態が!
真空断熱マグ(アスベル)
水が、飛び出てくる!

実験の様子(サーモマグ)
実験の様子(真空断熱マグカップ)

動画だと、この残念な結果がよくわかります。。
↓ ↓


水がこぼれていたのは、どちらも飲み口。
よくみると、2つのアイテムには共通点がありました。
それは、飲み口!
飲み口がスライドさせて開けるタイプで、そのカバー部分をしっかり閉じるパーツがなかったのです。
アスベル真空断熱マグ飲み口
スルッと開けられるのがこのタイプのいいところ♪……なのですが、残念ながら、縦揺れには弱い!
サーモマグ開け方(ヤクセル)

中身がこぼれなかった理由は、パッキン!

ほかの5アイテムは、水漏れナシ!
シェイク20回のテストをクリア♪
わかりやすくするため、シェイク実験で中の水がこぼれてしまったタンブラーとマグに×印をつけてみます。
水モレテスト途中経過1
なぜだ……。
この5つのアイテムに共通することは、いったい何?

よく見てみると、共通していることを発見!
それは、飲み口部分についているパッキンでした。

どのマグボトル、タンブラーにもパッキンが付いています。

こちらは①スターバックスのタンブラーの飲み口部分。
飲み口のカバーに小さなパッキンがついています。

タンブラー(スタバ)
スターバックスタンブラー飲み口パッキン
こちらは、⑥のhalo+のタンブラー
飲み口は回して開けるスクリュータイプで、その部分にパッキンが付いています。
タンブラー(halo+)
タンブラーのパッキン(halo+)
こちらは、Rickeの③ニコニコマグボトル
パッキンが大きい!
ニコニコマグボトル
ニコニコマグボトル(Ricke)パッキン
シェイク実験で水がこぼれてしまった②サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)⑦真空断熱マグカップ(ASVEL)の飲み口には、パッキンがありませんでした。
サーモマグ(ヤクセル)飲み口
真空断熱マグ(アスベル)飲み口
ふむふむ……
中身が「こぼれる」か「こぼれない」かのカギは、パッキンにあるようです。

マイボトル比較!「横倒し」にしたときのこぼれにくさをテスト

コーヒーやお茶など、好みの飲み物がいつでも飲める、蓋付きタンブラーやマグボトル。でも……。
「バッグの中で横になってしまった!」
「パソコンのそばで倒してしまった!」

こういう「しまった!」という時に、マグボトルやタンブラー、マグは、どれくらい中身をこぼさずにいてくれるの?

というわけで、先ほどの「20回思いっきりシェイク」の縦揺れ実験に続いて、次は、横に倒したときのこぼれにくさをテストします。

横に寝かせると、タンブラーはすべて水モレ!

実験に使うのは、前回と同じ7アイテム。
実験の様子 マイボトル集合

  1. タンブラー(スターバックス)
  2. サーモマグ ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
  3. ニコニコマグボトル(Ricke)
  4. パカッとマグボトル400ml(Ricke)
  5. マジックロックマグ(giaretti)
  6. タンブラー(halo+)
  7. 真空断熱マグカップ(ASVEL)
※(カッコ)の中は、メーカー名、またはブランド名

¥1,480 (2020/08/09 06:51:03時点 楽天市場調べ-詳細)
¥1,320 (2020/08/09 15:41:46時点 楽天市場調べ-詳細)
¥3,024 (2020/08/09 05:54:55時点 楽天市場調べ-詳細)

さっそく、横に倒して1時間後の様子をチェックします……と、なる予定だったのです、が!
実験の様子(横置き)
前回のシェイクテストで水がこぼれた2つのアイテムは、横に倒した時点で水がこぼれて止まらない!

②のサーモマグ ヴィンテージウォッチと…

ヴィンテージウォッチ(ヤクセル)
実験の様子(サーモマグ)

⑦の真空断熱マグカップが、1時間を待たずに、ここでリタイア。

真空断熱マグ(アスベル)
実験の様子(真空断熱マグボトル)
水がこぼれていたのは、どちらも飲み口。
20回のシェイクテストで水が漏れてしまったのと、まったく同じ部分です。
スルッと開けられて便利なんですが、「開けやすい=こぼれやすい」になってしまうのは、注意すべきポイント。
真空断熱マグ(アスベル)飲み口

スターバックスのタンブラーもアウト!

ほかのタンブラーは、横に倒してしばらくは中身がこぼれませんでした。
でも、1時間待ってみると……。

まずは、①スターバックスのタンブラー。
タンブラー(スタバ)
飲み口の下に、小さな水たまりができました……。
実験の様子(スターバックス)
次は、⑤giarettiのマジックロックマグ。
mag-apide1
飲み口の下部分から水がこぼれています。
実験の様子(マジックロックマグ)
さらに、⑥halo+のタンブラー。
タンブラー(halo+)
ボトルとキャップのすきまから、じんわり水が漏れています。
実験の様子(halo+)水がこぼれていたのは、やっぱり飲み口。
そして、この3タイプに共通しているのもパッキンでした。

こちらは、①のスターバックスのタンブラー
飲み口のカバーに小さなパッキンがついています。
スターバックスタンブラー飲み口パッキン
こちらは、⑤giarettiのマジックロックマグの飲み口。
この飲み口にも小さなパッキンがついています。
マジックロックマグのパッキン⑥halo+のタンブラーも、回して開けるスクリュータイプの飲み口の内側に、輪っか状のパッキンがついています。

タンブラーのパッキン(halo+)
倒してもしばらく水がこぼれないのは、この小さなパッキンが水漏れをガードしているから。
でも、油断はNG!
バッグの中で倒れて時間が経ったら、内側がコーヒーまみれ!……なんてことも起きるかも。

マグボトルは安心感が違う

実験の結果、縦に振っても、横に倒しても中身がこぼれなかったのは、マグボトルだけでした。
③のニコニコマグボトルと、④のパカッとマグボトルの2つは、一切水漏れナシ。
縦に振っても、横に寝かせてもビクともしません!

ニコニコマグボトル
パカッとマグボトル(Ricke)
今回使ったタンブラーとの違いは、これもパッキン。
マグボトルのほうは、中身の水と接する部分すべてにパッキンがついています。
これが、かなり頑丈。しっかり水漏れをガード!
パカッとマグボトル(パッキン)

「こぼれる」or「こぼれない」はパッキンで変わる

というわけで、わかったことはコレ!

中身がこぼれやすいといわれるタンブラーでも、パッキンがあれば安心!
少し横になったくらいでは中身がこぼれません。
でも、油断は禁物!
バッグの中に入れて持ち歩くなら、マグボトルか、マグボトルと同じくらいパッキンがしっかりしたタンブラーを選んで!

こちらは、「こぼれないタンブラー」としてオススメのTHERMOS(サーモス)のケータイタンブラー。
バッグに入れても大丈夫!
JNM-480(サーモス)
ケータイタンブラーの飲み口部分を見てみると、パッキンがマグボトルのものと似ていますね。
JNM-480
スターバックスのタンブラーのパッキンと比べると、大きさや形の違いがよくわかります。
スターバックスタンブラー飲み口パッキン

おしゃれ派 or 機能派?タンブラーとマグボトルのキャップに注目!

つづいては、タンブラーやマグボトルの飲み口や開け方の違いにクローズアップ。
容量やデザインはともかく、飲み口の形は「使ってはじめて気になった」という方も多いのでは?

¥2,040 (2020/08/09 02:06:03時点 楽天市場調べ-詳細)

開けやすさ、デザイン、こぼれにくさ。重視するのは?

今回用意した7種類のタンブラーとマグ、マグボトルを開け方別に分類すると、4タイプにまとめることができました。

①ワンプッシュオープンタイプ
②スクリュータイプ
③フラップタイプ
④スライドタイプ

一つ一つみていきましょう。
レッツゴー♪

動画はこちら!


機能性抜群!ワンプッシュオープンタイプ

まずは、ワンプッシュオープンタイプ。
ロックを外してボタンを押せば、飲み口が開いてすぐに飲めます。
指一本で簡単オープン!
リッケ(ワンプッシュオープン)
このタイプは、仕事中でも車の運転中でも、片手でサッと飲めるから、とにかく便利。

ただし、こんなデメリットも。
パーツが細かくて洗いにくいのです。
キャップユニットもパッキンも、ほかのタイプに比べると形が複雑かも。
リッケ(パーツ)
また、キャップユニットのパッキンが出っ張っているので、いざ飲もうとして傾けると、鼻の頭にぶつかってしまうことも。
ワンプッシュオープンタイプのトラブル
ワンプッシュの手軽さに甘えてキャップをしっかり開けずに飲むと、中に入れたお茶やコーヒーが鼻の頭について、「トホホ!」なことになるので、ご注意!

おしゃれ重視ならスクリュータイプのマグボトル♪

次は、回して開けるスクリュータイプ。
ネジを回すようにひねって開けます。
リッケ(スクリュータイプ)
このタイプのいいところは、なんといっても広い飲み口!
飲みやすい♪
ニコニコマグボトル飲み口実際に使っている社員に使い勝手をインタビューしたところ、こんなコメントが返ってきました。

「デザインがスマート!ワンプッシュタイプみたいに水筒水筒してません」

なるほど。ボタンがないだけで、ぐっとシンプル&スタイリッシュになりますね♪
マグボトル(リッケ)

¥1,320 (2020/08/09 15:41:46時点 楽天市場調べ-詳細)

こんな切実な意見もありました。

「キャップがしっかりしまっていなくて、何度もバッグの中でこぼれました。ちゃんとしめたつもりだったのに…」

しっかりしめたつもりなのに、こうなっちゃうんですよね。
あるある!
リッケ(スクリュータイプ)3
うっかり斜めにしめてしまい、カバンの中がずぶ濡れ……なんてことも。
キャップは必ず水平にしめるべし!

かたい or ゆるい?使ってみないとわからないフラップタイプ

次は、下から上に持ち上げて開けるフラップタイプ。
マジックロックマグ飲み口
ワンプッシュオープンタイプのようにロックを解除する手間もなく、サッと飲むには最高の構造♪
……と、思いきや、実際に触ってみると、残念ながらワンプッシュオープンタイプのほうがはるかに手軽に開けられます。

¥3,024 (2020/08/09 05:54:55時点 楽天市場調べ-詳細)

その理由は、ロックがないこと。
ロックがないぶん、フタがかたくしまるようになっているのです。
スタバ(フラップタイプ)

¥1,480 (2020/08/09 06:51:03時点 楽天市場調べ-詳細)

かたくしまっているので、横に倒してもこぼれません。
その点は◎だけど、開けやすさは残念ながら△。

ロックのないこのタイプは、こぼれにくいようにフタがかたくしまるか、それとは逆に、スルッと開けられるかわりにこぼれやすい構造になっているかのどちらかが多いようです。

マグカップの進化系!? スライドタイプ

最後は、スライドタイプ。
指一本でスルッとオープン♪
真空断熱マグ(アスベル)飲み口
開けやすいので、持ち運んで使う必要がなければ大満足のアイテム!
まさに、デスクの上で使うマグカップの進化系ですね。

ただし、このタイプは傾けるだけで中身がこぼれてしまいます。
デスクや大事なものの近くで使うときは、傾かないように注意が必要!
実験の様子(真空断熱マグボトル)

どのタイプの飲み口が自分に合ってる?

結果をタイプ別に分けてみました。
マイボトル開け方別チェック
というわけで、わかったのはコレ!

タンブラーやマグボトルの飲み口は、どのタイプがいいか、悪いか、ではなくて、どのタイプが自分に合っているか!

サッと飲みたいか、持ち運びしたいか、デザイン重視か。
一番求めるところが自分好みだったら、デメリットは意外に気にならないものです♪

タンブラー&マグのパッキンを黒カビから守れ!

フタ付きタンブラーやマグボトルに欠かせないものといえば、パッキン!
パッキンがしっかりしていれば、保温力も気密性も高いですからね。

今度はこのパッキンに注目!
マグボトルとタンブラーからパッキンを取り外して、比べてみました。

タンブラーとマグボトルからパッキンを外してみると?

Let’s Try !

さっそく、①スターバックスのタンブラーから分解してみます。
タンブラー(スタバ)実際の様子は動画でどうぞ♪

分解すると、こうなりました。
スターバックス分解
ボトル(胴部分)とキャップのつなぎ目に、輪ゴムみたいな輪っか状のパッキンがついています。
スタバタンブラーのパッキン
細くて頼りなく見える……なんて、あなどってはダメですよ!
前におこなった実験で、横に倒しても水がしばらくこぼれなかったのは、このパッキンのおかげです。

ちなみに、飲み口をガードするパッキンは外せませんでした。
スタバタンブラー飲み口パッキン
同じように、ほかの6つのタンブラーとマグボトルも分解してみました。

取り外せたパッキンがこちら。
サイズがバラバラです。形は円いものが多いですね。
pakkin1
厚さも違います。
下の写真で、黒色のパッキンがスターバックスのタンブラーのものですが、ほかのパッキンより細いのがわかりますね。
パッキン集合(厚み)
パッキンは取り外せるものと取り外せないものがあって、タイプごとに3グループに分けられました。
外せるパッキン数リスト
上のグループで分けると、スターバックスのタンブラーは真ん中の列。
取り外せるパッキンの数が1個のグループに入りました。

大きいパッキンなら失くしにくい!

今回、スターバックスのタンブラーと同じグループにはいったタンブラーのパッキンは、すべてリング状でした。
真空断熱のパッキン
リング状のパッキンは全体サイズが大きい!
パッキン集合
小さなパッキンにありがちな「洗っているあいだになくしちゃった!」というトラブルが起きにくいのは嬉しいですね。

手入れはたいへんだけど、見返りも大きい!

二つ目のグループは、取り外せたパッキンが2個のグループ。
このグループに入ったのは、どちらもマグボトル。

次の写真は、③Rickeのニコニコマグボトルを分解したところ。
取り外せたパッキンは、胴体(ボトル)とキャップユニットのつなぎ目と、飲み口をガードするパッキンが1つずつで、合計2つ。
ニコニコマグボトル(Ricke)パッキン
下の写真は、同じブランド、Rickeパカッとマグボトルを分解したところ。
指一本で開けられるワンプッシュオープンタイプで、飲み口用のパッキンが小さいです。
パカッとマグボトル
飲み口用のパッキンは、大きさが2センチ!
洗うときに、失くさないように注意しないといけないタイプですね。
パッキン最小一番大きかったパッキンと比べると、サイズの差は一目瞭然!
パッキン最大

パーツだけ買い換えれば長く使える

パッキンの中には、洗いやすく、取り外しやすい工夫が凝らされているものがあるんですが、知ってました?

こちらは、④Rickeのパカッとマグボトルのパッキン。
指でひっぱりやすいように、パッキンの一部が広くなっています。
これ、ホントにありがたいです!
パカッとマグボトルパッキン
パーツ販売をおこなっているメーカーもあります。
こちらは、THERMOS(サーモス)のJMLというシリーズのケータイマグ。
パーツだけでも購入できますよ。
THERMOS(サーモス)JNLシリーズ500

失くすリスクはゼロ!でも、お手入れがラクとは限らない

最後は、取り外せるパッキンが0個のタイプ。
パッキンは、本体にくっついているため取り外せません。
ヴィンテージサーモマグ分解
いいかえれば、パッキンを失くす恐れはゼロ!
その点は◎ですが、「パッキンが外せないから、洗うのがラク!」とはならないのでご注意。
お茶やコーヒーを入れていたら、茶渋や汚れは必ずたまります。
ブラシやスポンジでのお手入れは必須!

こぼれにくさorお手入れの簡単さ

パッキンが外れて丸洗いできるのは、本当にありがたいこと。
でも、洗うのは面倒!
その気持ちも、よーくわかります。

「長く使うためなら、小さなパッキンをこまめに洗うのもへっちゃら!」という方も、「いやいや、それはストレス!せめて、数はすくなめ、パッキンは大きめで!」という方もいらっしゃると思います。

ホッと一息をつくためのタンブラーやマグですから、日々のお手入れも、自分がホッとできるアイテムを選びたいですね♪
真空断熱マグカップ コーヒー

あなたにぴったりのマイボトル探し

今回は、シェイクしたり横倒しにしてもこぼれない水筒・タンブラーを探す実験をしてみました。
その結果、分かったのはこぼれにくさの秘密はパッキンにあること!

飲み口やパッキンの形状が異なると、使い勝手や飲みやすさはもちろん、日々のお手入れが簡単かどうかにも差が出ます。
全ての理想を満たす条件のタンブラーやマグボトルを探すのはなかなか難しいですが、今回の記事があなたのマイボトル選びの参考になれば嬉しいです♪

 
【飲み口タイプ別】子ども用水筒の選び方&水分補給の目安量は? しっかり洗える、おすすめの水筒洗いグッズとは? スポンジ、ブラシ、不織布の3タイプを徹底比較