【完全版】保温弁当箱とスープジャーの保温力比較♪タイプ別の保温効果を実験!

ランチジャー保温力テスト3

朝に作ったお弁当が、ランチタイムにも作りたてのようなホカホカな温かさをキープできたら嬉しいですよね。
でも、時間が経過しても冷めないお弁当箱って、本当にあるんでしょうか?!

お弁当箱の中には、「保温弁当箱」や魔法瓶のような構造のスープジャーなど、保温効果を謳っているものもあります。
見た目が構造が全然違うと、保温効果が同じかどうかって気になりますよね。

そもそも、保温弁当箱の効果って、ホントのところどうなの??

というわけで、今回は「保温弁当箱とスープジャーの保温力比較」実験企画、スタート!

保温弁当箱の実力を比較実験でチェック!

さっそく、保温弁当箱とスープジャーの保温力を比べる実験を開始します♪
「保温弁当箱やスープジャーって何?」という方は是非、前回の記事「【保温弁当箱比較】スープジャー・ランチジャー・保温弁当箱の違いと選び方」を見てみてくださいね。

スープジャーの保温力を実験

今回の実験の方法と手順

まずは、実験の準備から。
Let’s Try !
1. 100度の熱湯を注ぎます
保温力比較の実験準備1
保温力比較の実験準備2
今回用意したお弁当箱のサイズに合わせて、お湯は250ml。

2. 予熱後、お湯を捨てます

予熱を推奨している商品に合わせて、すべてのお弁当箱を予熱しました。
熱湯を注いでから1分後、お弁当箱の中のお湯を捨てていたのですが、事件発生!

「ozawaさん、容器が熱いです!」
なあにい~~?

中に熱湯を入れたせいで、魔法瓶タイプ以外のお弁当箱や計量カップが、外側までアツアツに!

というわけで、モデルさんは手袋を着用。
安全第一です!
保温力比較の実験準備3
ちなみに、魔法瓶タイプは、中に熱湯を入れても外側はまったく熱くなりませんでした。

こういうところにも違いがあるんですね!

3. 温度を測ります
保温力比較の実験準備5

実験スタート!

すべての弁当箱に熱湯を入れて、準備が整いました。
保温力の実験アイテム集合
実験に使った熱湯は100度。
電気ポットで沸騰させたばかりのお湯を使いました。

弁当箱の保温力が低ければ、この100度のお湯がどんどんぬるくなっていくはず。
弁当箱の保温力が高ければ、温度が下がりにくいはず!


どの弁当箱のお湯に、どれだけ変化があるのか!?

今回も時間を追って計測していきます。

それでは、実験スタート!

保温弁当箱の保温力の実力はいかに?

実験をはじめてから1時間後。
さっそく温度を測っていきます。

今回のエントリーナンバー1は、ランチジャー

「お父さんの大きな弁当箱」とはもう言わせない!

昔ながらの保温力も、デザインも進化しています。
ランチジャー単体測ってみると、水温は75.4度。
ランチジャー実験どんどんいきます!

次は、ランチジャー以外の保温弁当箱代表のTHERMOS(サーモス)のお弁当箱。
保温弁当箱単体魔法瓶型のごはん入れは、なんと分離OK。
保温弁当箱実験1
保温弁当箱実験2
内側の容器だけなら電子レンジで温めOKなので、外側の魔法瓶ケースに入れる前にアツアツに温めておけば、炊飯ジャーからごはんを直接入れるよりも保温効果はアップ!

便利さ抜群の保温弁当箱です♪
保温弁当箱実験3
温度は57.5度でした。

保温機能のないお弁当箱やスープジャーの結果は?

3番手は、こちら。
保温機能のないお弁当箱です。
保温機能のない弁当箱
いわゆる普通のお弁当箱ですが、このタイプの良さは価格と軽さ!
保温弁当箱に比べると格段に安く、軽いです。
デザインが豊富なのも魅力ですね。

このお弁当箱ですが、強力な助っ人付きです。
それが、こちら!
お弁当箱の友、ランチバッグです。
ランチバッグ
お弁当を持ち運ぶのに便利なランチバッグですが、中には、保温機能が付いているものがあります。

このランチバッグの場合、内側の布がアルミ加工されています。
ランチバッグ内側
このアルミ加工が、外の寒さをブロックして、なおかつ、お弁当の温かさをバッグの内側にキープ!
お弁当箱をランチバッグに入れて、1時間後。
保温機能のない弁当箱実験1
温度を測ってみると、水温は55度でした。
保温機能のない弁当箱実験2
ちなみに、翌日、ランチバッグを使わないで同じ実験をしました。

保温機能のないお弁当箱に250mlの熱湯を入れたところ、1時間後の水温は45.2度でした。

ということは、つまり?
ランチバッグがあると、10度近くも高い温度をキープしていた、ということ!
ランチバッグ、なかなかやりおるな。

最後は、スープジャー
スープジャー
汁物もお任せ!の頼もしい保温弁当箱です。

スープジャーも、専用ポーチを用意♪
スープジャー用ポーチ
持ち歩くのに便利なだけでなく、こちらも保温機能付きです。
スープジャー用ポーチ内側
ポーチに入れて1時間後。
スープジャー実験
さて、温度は……?
79.2度!
これまでで一番高い温度をキープしていました。
スープジャー実験2もう1個のスープジャーは保温バッグなしで実験します。

保温バッグなしの場合、温度は76度でした。
スープジャー実験3
こんな感じに、1時間後から24時間後まで、5回に渡って計測しました。

お弁当箱の保温力実験!気になる結果は・・・?

まずは結果発表から。

熱湯を入れて、1時間後から24時間後まで5回に渡って計測したところ、こうなりました。
↓  ↓
保温弁当箱のタイプ別グラフ
ここで、注意!

普通、1時間~数時間おきに保温弁当箱のフタを開けることはないですから、実際の保温力はもっと高いと思われます。

また、予熱に使ったお湯もすべて一律で250ml。
お弁当容器によっては、もっと多くのお湯を使うことを推奨しているものもあります。

商品への愛は高い山のようにありますが、実験においてはド素人のozawaがおこなっていますので、メーカーの示す保温効力とは異なります。
ご了承ください!

その上で、グラフを見てみます。

すると、「とくに温度をキープできていたグループ」、残念ながら「冷めやすかったグループ」、そして「中間」の3つに分かれました。

保温弁当箱の保温力をタイプ別にチェック!

それでは、さらに詳しく結果を見ていきましょう。

保温力ばっちり!魔法瓶型グループ

「とくに温度をキープできていたグループ」に入ったのは、3タイプ。

●スープジャー(+保温バッグ)
スープジャー+保温ポーチ

●スープジャー
スープジャー

●ランチジャー
ランチジャー

この3つに共通するのは、魔法瓶型だということ!

ランチジャー内側1ランチジャー内側2
そして、もう一つ。
密閉性の高さ

汁物を入れるスープジャーは、密閉性を高めるため、しっかり閉まる工夫がフタにされています。
スープジャーフタランチジャーのほうも、フタはきっちり閉められる設計。
ランチジャーフタ
外の温度と内側の温度をきっちり分ける密閉性と、魔法瓶の保温性が、保温力の高さの秘密のようです。

保温力をとるか、運びやすさをとるか

同じ保温弁当箱ながら「とくに温度をキープできていたグループ」に入れなかったのが、こちら。

ランチジャーではないタイプの保温弁当箱です。
ランチジャー以外の保温弁当箱

ごはん入れは魔法瓶型ですが、フタはカチッとロックするタイプではなく、容器をスライドさせて留めるタイプ。

密閉性は、スープジャーやランチジャーに劣るかも……。
ランチジャー以外の保温弁当箱フタ

ステンレスの保温力vs.軽さ&コンパクト

保温力ではランチジャーに及びませんでしたが、ランチジャーに勝る部分もあります。

それは、軽さと、コンパクトさ!

魔法瓶はステンレス製なので、大きければ大きいほど重くなってしまいます。

「持ち運びの便利さ」を重視するなら、ランチジャーではない保温弁当箱を選ぶほうがいいかもしれませんね。
ランチジャー以外の保温弁当箱ソフトケース

ランチバッグの力に頼りすぎは×

最後は、残念ながら「冷めやすかったグループ」
こちらに入ったのは、保温機能のないお弁当箱。
保温機能のない弁当箱
ランチバッグに入れても、温度キープは難しいようです。
保温機能のない弁当箱+ランチバッグ

¥1,220 (2020/12/04 15:42:18時点 楽天市場調べ-詳細)

保温弁当箱タイプ別保温力ランキング!

先ほどは、弁当箱の中に100度の熱湯を入れて、24時間後までの温度変化をグラフで紹介しました。
今回は、熱湯を入れてから3時間後のデータをもとにランキングを作成!

こちらです!
↓  ↓
保温弁当箱の保温力ランキング

実験に使った6つのアイテム、組み合わせのほかに、実は、もう一つスープジャーを使いました。
対照実験用スープジャー1

このスープジャーは、熱湯を入れた後にふたをせずに置いておきました。

熱湯を注いだだけでなにもしなかった場合、3時間後の水温は33.1度。
対照実験用スープジャー実験1

3時間後の段階で最も高い温度をキープしていたのは専用ポーチに入れたスープジャーでしたが、こちらの温度は70.4度。
スープジャー+保温ケースの水温

¥1,530 (2020/12/04 07:20:04時点 楽天市場調べ-詳細)
¥3,180 (2020/12/04 03:31:09時点 楽天市場調べ-詳細)

スープジャーのふたをせずに放置したお湯の水温と比べると、その差は37.3度。
ふたをしない場合に比べて、かなり高い温度をキープしていることがわかります。

残念ながら最下位だった保温機能のないお弁当箱では36.6度。
ふたをせずに放置した場合は33.1度なので、その温度差はわずか3.5度!
ほとんど変わらない、ということがわかります。
保温機能のない弁当箱の水温

3時間後の温度差は上のランキングでもわかるようにしました。
各アイテムの右側にある「+37.3℃」などの数字がその温度差ですので、ご参考までに!

保温力1位はスープジャー!

実験の結果、堂々の1位「キング・オブ・保温力」スープジャー+保温ポーチの組み合わせでした。

保温ポーチを使わず、スープジャーのみで使っても3位です。
しかも、2位と僅差!
スープジャー

スープジャー並の保温力、ランチジャー

2位は、ランチジャー
ランチジャー

¥3,800 (2020/12/04 07:20:04時点 楽天市場調べ-詳細)

スープジャーと同じく魔法瓶型で、密閉性の高いアイテムです。
保温力の鍵は「魔法瓶型」「密閉性の高さ」のようですね。

同じ保温弁当箱ですが、ランチジャーではない保温弁当箱は残念ながら4位。
ランチジャーではない保温弁当箱

¥3,590 (2020/12/04 15:42:18時点 楽天市場調べ-詳細)

魔法瓶型 vs. ランチバッグの結果は…

5位、6位はいずれも保温機能のない弁当箱。
保温機能のない弁当箱

¥1,220 (2020/12/04 15:42:18時点 楽天市場調べ-詳細)

保温機能付きのランチバッグに入れても、保温弁当箱に大差で敗れるとは、予想外!
ランチバッグ

実は、前に、水筒の保冷力を試す実験をおこなったのですが、「保温機能のあるペットボトルカバー+凍らせたペットボトル」
の組み合わせが、ステンレス製水筒に次ぐ2位にランクインしたのです。

しかも、3位以下を引き離して、絶大な保冷効果を発揮!
(詳しくは水筒保冷力比較へ)
ペットボトルカバー+凍らせたペットボトル

きっと今回も威力を発揮してくれるに違いない!
--と、期待していたのですが、残念!

ランチバッグがあるか、ないか、だったら、もちろんランチバッグに入れておいたほうが保温効果は高いです。
でも、魔法瓶型には勝てないようですね。

それにしても、比べてみないとわからないものです。

保温弁当箱保温力を、6通りの組み合わせでタイプ別に検証中です。
実験に使用した保温弁当箱

100度の熱湯で1分間予熱をして、100度のお湯を入れて水温をはかり、3時間後の段階で温度が高い順に順位をつけました。

もしも予熱をしなかったら?

ところで私(編集部ozawa)はとても面倒くさがりです。
保温弁当箱やスープジャーはこれまで自分でも使っていたのですが、お恥ずかしいことに、予熱をしたのは今回の実験が初めて。

ちなみに、ozawaの保温弁当箱はこのタイプ。
3つの容器付きで、容量は合わせて510mlです。
使用した保温弁当箱

「メーカーが予熱をオススメしてるんだから、普通は予熱するものじゃないの?」
と、当店の保温弁当箱の担当バイヤーに呆れられたのですが、かたくなに拒否していました。

「だって、お弁当箱にごはんを入れる前に一度熱湯を入れて、1分待って、お湯を捨てて、水気を拭き取って、そこにごはんを入れるなんて、面倒ですよ!」

「でも、予熱したら、実際にお昼に食べる時の料理の温度がかなり違うよ?」

「少しくらい冷えたって、パッとごはんを入れたほうがラクじゃないですか!」

いやはや。面倒くさがりですね。お恥ずかしい(笑

でも、これで1つの疑問が浮かんだわけです。

果たして予熱は、意味があるのか?

予熱するか、しないかで、いったいどれだけ差が出るのか?

レッツ・くらべルート!

予熱はするべき? or 面倒くさい?

使ったのは、保温力ランキングのトップ2だったスープジャー(保温ポーチ付き)と、ランチジャー
スープジャー+保温ポーチ
ランチジャー

まずは、実験の準備から。

Let’s Try !

1. 予熱はメーカー推奨どおり!

今回は、メーカーが推奨するとおりのやり方でお湯を使いました。

魔法瓶型の保温ケースにも、ごはん入れにも熱湯を入れて、しっかり温めます。
ランチジャーの予熱
予熱しないほうは、一切予熱なし!

2. 100度の熱湯を注ぎます
ランチジャーの実験1
前回と同じく、今回も使ったお湯はそれぞれ一律で250ml。

3. 温度を測ります
スープジャーの実験1
予熱をせずに使った場合、予熱をした場合と比べてどれだけ違う結果がでるのか?

実験スタート!

結果、予熱はしたほうがいい!

さっそくですが、結果をグラフで表してみます。
↓  ↓
「予熱の有無で保温力はどう変わるか」グラフ

やはりといいますか、予熱をしたほうが保温力が高いです。

魔法瓶にお湯を入れて捨てた後は、触るのをためらうくらい表面がアツアツでした。
ランチジャー魔法瓶内側

当然といえば、当然の結果。

でも、温度差は約4~6℃で、僅差のような気もするんですよ。

実際のごはんだったらどうなるのか??

気になったので、ozawaのお弁当で調べてみました。
トコトンやりますよ!

保温弁当箱の予熱はごはんを美味しくする!

まずは、予熱をしたお弁当。
お弁当箱にごはんを詰めたのは朝7時。
食べたのは12時過ぎなので、炊飯ジャーからお弁当箱に移して5時間後です。

ごはんの温度は39.9℃
食べてみても、温かいと感じました。
ozawaのお弁当1

冷たくなると硬くなりがちなごはんも、柔らかいまま♪
おかずもほんのり温かかったです。

レンジなしでも温かいお弁当が食べられるのは、おかずが大好物ばかりよりも嬉しいかも!
人気の秘密がわかる気がします。

そして、翌日。
今度は予熱をせずにお弁当を詰めました。

詰めてから5時間後のごはんの温度は…36.9℃
ほぼ体温ですね。
ozawaのお弁当2

ごはんはほんのり温かかったし、ちゃんと柔らかかったですが、「予熱をしたほうが温かかったなー」と、昨日のことを思って少し遠い目に。

3℃の違いは意外に大きい!

予熱なしでもちゃんと満足できますが、予熱するとなお良し!ということですね。

というわけで、美味しく温かいご飯を求める方は、是非!余熱もしっかりおこなってみてください♪

こちらもおすすめ
ランチジャーランタス1【完全版】保温弁当であったかランチ♪スープジャーやランチジャーとの違いや選び方