青梅がなくてもOK!完熟梅で作る自家製梅シロップの作り方とおすすめの割り方

梅シロップの作り方

厳しい暑さが続く夏場は、夏バテ対策が必須です。
「気をつけているつもりだけど、夏バテになりやすい」という方は、夏が来る前に自家製梅シロップを作ってみてはいかがでしょうか。

たかが梅を使った飲み物と侮るなかれ。
梅シロップには夏バテに効果的な成分「クエン酸」がたっぷり詰まっているので、毎日飲めばイキイキと過ごせるはずです。

梅シロップは青梅が手に入る季節しか作れないわけではありません!
青梅を使わずに作る方法もあるので、残暑が厳しいシーズンにも作ることができるのです。

この記事では、初めて梅シロップを作るという方にも分かりやすいよう、梅シロップの材料選びやいろんな作り方、作るときのコツや注意点などを一挙ご紹介します。

梅シロップに最適なのはどんな梅?

青梅
梅シロップ作りに最適なのは、やはり青梅です。
青梅がスーパーに出回るのは5月下旬~6月下旬までです。
スーパーだけでなく、産直市や梅農家の直販サイトでも手に入れることができます。

青梅以外で作るとどうなる?

青梅が近くのスーパーで手に入らないときや、出回っていない時期に梅シロップを作りたいときはどうすればいいのでしょうか。

「冷凍梅」を使用する

おすすめなのは冷凍梅。
主に通販サイトで取り扱いがあり、年間を通して手に入れやすいのが特徴です。

「完熟梅」で作ることはできない?

青梅の時期が過ぎてしまった場合や、青梅の収穫が遅れてしまった場合、完熟梅で梅シロップを作らなければならないことも。
後ほどご紹介しますが、完熟梅でも梅シロップ作りは可能です。

ただし、青梅を使うときとは違っていくつか注意点があるので後ほど詳しくご紹介します。

「小梅」はおすすめできない

同じ梅の仲間に小梅がありますが、実は小梅だとシロップが出にくくあまりおいしい仕上がりになりません。

斑点がある青梅は使っても大丈夫?

斑点がある梅
梅の中には黒い斑点はんてんがあるものもありますが、腐っているわけではありません。

この斑点は黒星病くろぼしびょうという病気にかかることで発生します。
ただ見た目が悪いだけで、味や安全性にまったく問題はありません

黒星病は無農薬で育てられている梅の多くに発生するので、むしろ自然のまま育った梅という証拠
梅を漬ける前にきちんと水洗いをすればOKです。

梅シロップ作りに必要なもの

梅を手に入れたら、梅シロップ作りに必要なものを揃えていきましょう。

  • 青梅
  • 氷砂糖
  • 保存瓶
  • 爪楊枝か竹串
  • ザル
  • ボウル
  • キッチンペーパーか布巾
  • 消毒用アルコール

基本的にこのあたりの材料や道具があれば、問題なく梅シロップを作ることができます。
氷砂糖は好みで黒糖に変えたり、氷砂糖の一部をはちみつに置き換えたりしてもOKです。

ちなみに、梅シロップは完成までに約1ヵ月かかります。

保存瓶の素材

プラスチック梅酒瓶
梅シロップ作りに使う保存瓶は、ガラス製・プラスチック製のどちらを使用しても構いません。

どの保存瓶を使う場合でも、使用前に煮沸しゃふつ消毒かアルコール消毒を行いましょう。
きちんと消毒ができていないと、カビが発生する原因になってしまいます。

保存瓶の選び方と消毒方法についてはこちらの記事で紹介しています。
梅酒瓶とグラス年に一度の梅仕事を楽しもう!自家製梅酒におすすめの保存瓶の選び方と消毒方法

初めてでも簡単!梅シロップの作り方手順

では、早速梅シロップの作り方をご紹介します!
梅シロップの材料

梅シロップの材料

  • 熟した梅…1kg
  • 氷砂糖…1kg
  • リンゴ酢…100ml

今回はこちらの材料で作りました。
保存瓶はガラス製が手に入らなかったので、軽いプラスチック製を購入。

作った時期が7月上旬だったこともあり、今回はキレイな青梅が手に入らず、熟した梅を使用しています。
先ほどご紹介した通り、青梅でなくても梅シロップを作ることはできますが、いくつか注意点があります。

今回は完熟梅を使うときの注意点も合わせてご紹介します。

梅シロップの作り方~保存瓶に漬けるまで~

手順1
梅のヘタを取る
梅のヘタを取る
ザルとボウルを用意し、梅をザルに移します。
梅にはヘタがついているので、爪楊枝か竹串で取ってしまいましょう。
手順2
傷んだ梅をよける
傷んだ梅をよける
中には傷んだ梅が混ざっていることも。
ヘタを取るついでに、傷んだ梅をよけていきましょう。
手順3
梅を洗う
梅を洗う
梅を洗う
梅をざっと軽く洗いましょう。
ゴシゴシこすらなくてもOKです。
洗い終わったらザルに移します。
手順4
梅を拭く
梅を拭く
洗った梅をキッチンペーパーか布巾で水分を拭き取りましょう。
長期間保存するので、拭き残し厳禁です!
水滴が残らないよう、しっかり拭いてくださいね。
手順5
梅を乾かす
梅を乾かす
続いて、時間をかけて梅を乾かします。
盆ザルがベストですが、なければバットなどでもOK。

なるべく重ならないように梅を広げて、30分~1時間ほど乾かします。
日の当たらない風通しのいい場所に置いておくか、扇風機の近くに置いておきましょう。

手順6
保存瓶を消毒する
保存瓶を消毒する
梅を入れる前に、保存瓶をアルコールで消毒しておきましょう。
ガラス製の場合は、煮沸消毒でも構いませんが、しっかりと水分を拭き取ることをお忘れなく。
カビの原因となってしまいます。
手順7
保存瓶に梅と氷砂糖を入れる
保存瓶に梅と氷砂糖を入れる
保存瓶に梅と氷砂糖を入れる
梅と氷砂糖を、交互に入れて層のようにしていきます。
きっちり層のようにならなくても、何となく交互に入れていればOK。
あまり気にしすぎずに作業してくださいね。
手順8
リンゴ酢を入れる
リンゴ酢を入れる
今回は熟した梅を使ったので、発酵のしやすさが気になりました。
そこで、リンゴ酢(砂糖不使用のもの)を100mlほど投入。酢には発酵を抑える効果があるだけでなく、カビも抑制してくれます

リンゴ酢でなくても、穀物酢や米酢でもOKですが、甘い梅シロップにはフルーティーなリンゴ酢が合うかなと思いました。

酢の香りが仕上がりに影響するかは、また後程…。

手順8
フタを閉めて冷暗所で寝かせる
保存瓶を冷暗所に
フタを閉めたら、冷暗所に置いて寝かせましょう。
床下収納庫なら、ひんやりしていてベストかなと感じます。
床下収納庫がない場合は、日の当たらない場所にある物置などがおすすめです。

冷暗所に置いておく期間の目安は、3週間~1ヵ月ほど
できれば毎日1回、保存瓶を軽く振ってあげましょう

¥1,388 (2021/09/25 18:47:38時点 楽天市場調べ-詳細)

梅シロップの作り方~漬け込みから完成まで~

手順1
梅を漬け込んで1週間経過
梅を漬け込んで1週間経過
梅を漬け込んで1週間経過
梅にシワがよってきました。
氷砂糖はまだまだ残っています。
手順2
梅を漬け込んで2週間経過
梅を漬け込んで2週間経過
梅を漬け込んで2週間経過
1週間前と比べると、ずいぶん梅がしぼんできました。
カビや発酵も見られないので、順調だと思います。
ただ、まだ氷砂糖は溶けきっていません。
手順3
梅を漬け込んで3週間経過
梅を漬け込んで3週間経過
梅を漬け込んで3週間経過
梅はキュッとしぼんで、氷砂糖もほとんど溶けています。
完成まであと一歩といったところです。
手順4
梅を漬け込んで1ヵ月経過
梅を漬け込んで1ヵ月経過
梅を漬け込んで1ヵ月経過
梅の様子はほとんど変わりませんが、ついに氷砂糖がすべて溶けました!
今回は1ヵ月で完成とします。
手順5
梅を取り出す
しぼんだ梅
梅を残したままにすると傷みやすいので、別の保存容器に移し替えます。
まずは箸で梅を取り出します。レードルや穴杓子を使うともっと楽に作業できると思います。
手順5
保存容器を消毒して移し替える
梅シロップを移し替える
保存容器は、密閉できるものが向いています。
短期間で飲み切るのであれば、ペットボトルでもOKです。

今回も、梅シロップを移し替える前にアルコール消毒をします。
今回は直接瓶に移し替えましたが、漏斗ろうとを使って移し替えるとこぼれません。

手順5
冷蔵庫で保存
梅シロップを冷蔵庫で保存
保存容器に移し替えたら、冷蔵庫で保存しましょう。
保存期間は冷蔵庫で半年~1年程度です。

常温保存も可能ですが、その場合は1ヵ月以内に飲み切ってください。

梅シロップ作りのコツと完熟梅を使うときの注意点

初めての梅シロップ作りでは、梅をカビさせてしまったり発酵させてしまったりと、せっかくの梅シロップをダメにしてしまう可能性もあります。
失敗しないためのコツも知っておいてくださいね。

失敗しない!梅シロップ作りのコツ
  • カビ対策のコツ
  • 発酵させないコツ
  • 青梅を使うときはアク抜きをする
  • 梅シロップ作りのコツ【1】カビが生えないようにする

    梅シロップの天敵は、何と言ってもカビ!
    一度梅にカビが生えてしまうと、衛生的にも不安です。

    カビを防ぐには、

  • 梅を漬ける前に水気をしっかり拭き取って乾かす
  • 保存瓶の水気を残さない
  • 定期的に保存瓶を振って混ぜる
  • この3つを守りましょう!
    梅を拭く
    水気は厳禁なので、くれぐれも直射日光が当たる場所や、高温多湿になる場所はに保存瓶を置かないようにしましょう。

    定期的に保存瓶を振る必要があるのは、梅の実が空気に触れる時間が長くなるとカビが生えやすくなるからです。
    毎日1回、最低でも2日に1回は保存瓶を振って混ぜるようにしてください。

    また、梅のヘタもカビの原因になりやすいので、取り忘れには注意です。

    梅シロップ作りのコツ【2】発酵させないようにする

    今回のように完熟梅を使用する場合は、梅シロップが発酵しやすくなります
    発酵した梅シロップ
    溶けた氷砂糖に泡が発生していたり、梅がしぼまず膨らんでいたりすると、発酵している可能性が。
    発酵しているか確かめるなら、保存瓶の蓋を少し開けてみましょう。
    「プシュッ」というガス抜け音がすると、発酵してしまっていると考えてください。

    発酵を防ぐには、漬け込む際に酢を足すのがおすすめです。
    酢を入れない場合、もしくは酢を入れても発酵してしまった場合は、以下のように対処してください。

    漬けて10日未満
    …梅の実を取り出し、弱火でアクを取り除きながら煮る。
    アクが出なくなるまで続けて、梅の実を戻す。
    漬けて10日以上
    …すでに梅シロップが出ているので、梅の実は取り除く。弱火でアクを取り除きながら煮たら、梅の実は使用できます(保存瓶には戻さないようにしましょう)。

    材料の比率を守って発酵を予防

    基本的に、梅と砂糖の比率は1:1にしましょう。

    砂糖が多すぎると発酵しやすくなり、逆に少なすぎると梅のエキスが出にくくなります。
    味の調整は、梅シロップを割る際に調整できるので、材料の段階では味の調整を考えなくてもかまいません。

    梅シロップ作りのコツ【2】青梅を使うときはアク抜きをする

    通常通り青梅を使用する場合は、漬ける前にアク抜きをしておきましょう

    アク抜きの方法は、青梅を入れたボウルにたっぷり水を入れ、2~3時間ほど置いておくだけ。
    ヘタを取るのはアク抜き後に行ってくださいね。

    完熟梅や冷凍梅を使うときは、アク抜きの必要がありません
    むしろアク抜きをすることで梅が傷みやすくなるので、アク抜きしないようにしましょう。

    今回作った梅シロップの感想

    梅シロップの作り方
    青梅を使用したときより、完熟梅の方が酸味を抑えられたような気もします。
    発酵が心配でしたが、酢を入れたおかげで発酵することもなく無事完成しました。

    酢の酸味や風味もまったく気にならなかったので、酢の味が苦手な方でも問題なく召し上がっていただけると思います。

    【番外編】いろんな梅シロップの作り方

    今回ご紹介した作り方以外にも、梅シロップの作り方はいくつかあります。
    中には漬け込む期間を短縮できる方法もあるので、試してみるのもおすすめです。

    梅を冷凍させて作る

    冷凍梅で梅シロップ作り
    梅を凍らせる以外は、基本の作り方と同じです。
    梅を冷凍させてから漬け込むと、梅シロップがより早く出ます。

    基本的な作り方だと1ヵ月近くかかるのに対し、冷凍梅を使用すると2週間ほどで完成します。
    じっくり漬け込む時間がない方におすすめの方法です。

    ただし、基本の作り方よりも風味が劣るのがデメリットです。

    梅に穴を開けて作る

    梅を漬け込む前に、穴を開けて作る方法もあります。
    漬け込んだ梅に風味が残りやすくなるので、漬け込んだ後の梅を食べたり加工したりしたいときにおすすめの方法です。

    ただし、梅シロップ自体に雑味が出てしまうこともあります。

    「レンチン」でも梅シロップが作れる!

    「数週間も待てない!今すぐ飲みたい!」という方は、電子レンジで作る方法もあります。
    青梅だとエグ味が出やすくなるので、電子レンジで作る場合は完熟梅を使うようにしましょう。

    作り方はとっても簡単。

    1. 梅のヘタを取って水洗いする
    2. 梅の水気を切って耐熱ボウルに入れる
    3. ラップをぴったりかけて、電子レンジで50秒~1分30秒加熱
    4. 出てきたシロップを別の容器に移す

    シロップを取り出したら、再び電子レンジで加熱して、シロップを移すという工程を繰り返します。
    梅の実がふやけて、シロップが出てこなくなるまでレンチンを続けることができますよ。

    抽出できるシロップの量は少なめですが、水で割ればしっかりと梅ジュースとして飲むことができます。

    梅シロップのおすすめの割り方

    最もお手軽な「梅ジュース」として楽しむには、シロップ1:水5の割合で梅シロップを割りましょう。

    水の代わりに、

    • 炭酸水
    • 牛乳
    • 豆乳
    • 紅茶(ストレートティー)
    • 焼酎

    などで割るのもおすすめ。
    どの割り方でも、基本の1:5をベースにするとよいでしょう。

    お酒として楽しむときは
    焼酎で割ってお酒として楽しむなら、水や炭酸を足すと度数が抑えることができます。

    梅シロップを有効活用!飲む以外の使い方は?

    サッパリおいしい梅シロップですが、梅ジュースにして楽しむだけだと飽きてしまうことも。
    飲み物以外の活用方法として、

    • 肉の煮込み料理(スペアリブや鶏手羽元など)に入れる
    • キャロットラぺやピクルス(酢の物系)に入れる
    • 酸味のあるドレッシングとして使う
    • ゼリーにする
    • シャーベットにする
    などの楽しみ方があります。

    基本的に酸味がある料理には幅広く活用できるでしょう。
    もちろん、ゼリーやシャーベットといった定番のデザートに使うのも◎。

    手作り梅シロップでおいしく夏バテ予防を!

    梅シロップを作るには青梅がおすすめですが、完熟梅や冷凍梅でも作れます。
    味や香りの好み、漬け込む時間によって選びましょう。

    また、じっくり漬け込むだけではなく、時間を掛けず梅シロップを作る方法も!
    何度か梅シロップ作りにチャレンジして、好みの作り方を見つけてみてはいかがでしょうか。

    簡単なのにおいしい、そして夏を元気に乗り切るパワーを与えてくれる梅シロップを、ぜひ作ってみてくださいね!

    夏バテ予防&対策にクエン酸を摂ろう!梅を使ったお手軽「梅ジュース」の使い方アイデア 自家製梅酒オリジナル梅酒を作ろう!おうちで簡単に美味しくできる自家製梅酒の作り方&レシピ