みじん切りだけじゃない!フードプロセッサーの使い方&レシピ|料理・お菓子もお任せ

フードプロセッサーは便利って聞くけれど、結局使わなくなってしまいそう……

道具を買うとき、一番気になってしまうのは「使い続けられるかどうか」ですよね。

みじん切りだけに使いがちなフードプロセッサーですが、実は使い方次第で色々な調理ができるんです。

今回はおかずやスイーツなど、フードプロセッサーを使ったレシピを6つご紹介。
フードプロセッサーを使った下ごしらえ・加工のコツも解説しています。

この記事を読み終える頃には、きっとフードプロセッサーを使いたくなりますよ。
是非、ご覧ください!

フードプロセッサーで【下ごしらえ・おかず作り】

みじん切りが得意なフードプロセッサーは、みじん切りが必要なおかず作りにとても便利。

こちらでは、自家製ミンチの作り方と、みじん切り野菜をたっぷり加えるおかずのレシピを2つご紹介します。

鶏むねミンチ|脂肪カットでヘルシーなひき肉

ダイエット中や健康のために油分を控えたいとき、「フードプロセッサーで作る鶏むねミンチ」がおすすめです。

市販の鶏ひき肉には脂身や皮が含まれており、脂肪分によるコクや旨味を感じられます。

しかし、脂肪分があるぶん、カロリーはやや高め。
「一般的な鶏ひき肉」と「自家製鶏むねミンチ」の栄養成分の差は、以下の通りです。

項目(100gあたり) 鶏ひき肉 鶏むねミンチ
カロリー 166kcal 108g
たんぱく質 20.9g 22.3g
脂質 8.3g 1.5g

鶏むね肉を買ってきてミンチを作れば、カロリーと脂質のカットにつながります。
ミンチをまとめて作っておいて冷凍保存することもできるので、ヘルシーな料理を作りたいときは、是非試してみてください。

フードプロセッサーを使った鶏むねミンチの作り方手順

手順1
鶏むね肉の下ごしらえ
鶏むね肉の下ごしらえ
鶏むね肉の皮・脂肪分を切り取り、一口大にカットします。
大きな塊のままフードプロセッサーに入れると、刃に重い負荷がかかるので注意してください。
手順2
肉をフードプロセッサーで細かくする
鶏むね肉をフードプロセッサーで細かくする
肉を容器に入れ、フードプロセッサーでカットします。
連続運転でカットすると、団子のような塊になってしまうので注意してください。

「回しては止め」を繰り返して、好みの荒さになったら完成です。

フードプロセッサーを使ったおかずレシピ|野菜たっぷり餃子

キャベツとニラたっぷり餃子
刻んだ野菜がまな板まわりに飛び散りがちな「みじん切り作業」も、フードプロセッサーに任せれば、周りを汚さず簡単です。

あんをこねる作業もフードプロセッサーでおこなえば、肉に手の熱が伝わらず、ジューシーに仕上がります。

キャベツとニラたっぷり餃子(約30個分)の材料

  • 餃子の皮 … 30枚
  • ひき肉 … 250g(合挽き肉・豚ひき肉・鶏ひき肉など)
  • おろしにんにく・おろし生姜 … 各小さじ1
  • 塩コショウ … 少々
  • 酒・醤油・オイスターソース・ごま油 … 各大さじ1
  • キャベツ … 200g
  • ニラ … 100g
  • 熱湯 … 100ml(焼きに使用)
  • ごま油 … 適量(仕上げ)

キャベツとニラたっぷり餃子の作り方手順

手順1
ひき肉を練る
鶏むね肉をフードプロセッサーで練る
鶏むねミンチを作ったあと、引き続き作業をしています。
ミンチの状態からさらにフードプロセッサーにかけ、粒がなくなり粘りが出るまで練りましょう。

要注意
フードプロセッサーの機種によってはモーターに負荷がかかってしまうので注意が必要です。
手順2
調味料を加えて、ひき肉をさらに練る
ひき肉に調味料を加えて練る
粘りが出たひき肉に調味料を加え、それぞれ加えるごとにしっかりと練ります。

調味料は『おろしにんにく・生姜→塩コショウ→酒→醤油→オイスターソース→ごま油』の順で加えてください。

手順3
キャベツ・ニラをみじん切りにする
フードプロセッサーで野菜をみじん切りにする
キャベツは一口大、ニラは5cm幅程度にカットし、フードプロセッサーにかけます。

フードプロセッサーは、一度に入れる量が多いほど細かい仕上がりになります。また、量が多すぎると均一に刻めない原因にもなります。
好みの仕上がりになるように、一度に入れる量を調整してください。

切った野菜は、ボウルなどに移しておきます。

手順4
野菜と肉を合わせる
餃子の餡
肉と野菜を同じボウルに入れ、なじむ程度に混ぜ合わせます。
全体に馴染めばよいので、こねる必要はありません。
手順5
餡を皮で包む
皮の大きさや厚さはお好みのものを選んでください。
皮にあんを平たく乗せると、たっぷり包みやすくなりますよ。
手順6
餃子をフライパンに並べ、火にかける
餃子をフライパンに好みの形(円形・列など)に並べます。
底をカリッと焼き上げるために、軽く押し付けながら並べてください。
手順7
蒸し焼きにする
餃子を蒸し焼きにする
中火にかけ、フライパンからかすかにチリチリと音がしてきたら、熱湯を加えて蓋をします。
火加減は中弱火に落としましょう。

目安は100mlですが、鍋底から2~3mm浸る程度に適宜調整してください。

手順8
焼き色をつける
餃子に焼き色をつける
蓋をしてから4分後、蓋を外します。お湯が残っているようなら、火を強めて水分を飛ばしてください。

水分が飛んでパチパチ音がし始めたら、ごま油をフライパンの淵からまわしかけます。1~2分焼いて、こんがりした焼き色が付いたら完成です!

餃子はまとめて作って冷凍しよう!

餃子を冷凍保存
一度に食べきれない量の餃子をまとめて作った場合は、焼かずに生の状態で冷凍保存しましょう。

金属トレーに少し間隔をあけて並べ、冷凍庫で急速冷凍します。
凍ったあとは、保存袋などに入れて保存してください。

POINT
冷凍した餃子を焼くときは、蒸し焼きの時間を長めに取りましょう(目安は8~10分です)。

フードプロセッサーを使ったおかずレシピ|あっさりミートソース

ミートソースパスタ
人参と玉ねぎをたっぷり入れたミートソースです。

香味野菜を控えめにして、大人から子どもまで食べやすいあっさり味に仕上がっています。

あっさりミートソースの材料

  • ひき肉 … 250g(合挽き、豚、鶏むねミンチもおすすめ)
  • 玉ねぎ … 150g~(小さめ1個、大なら1/2個が目安)
  • にんじん … 中1本
  • にんにく … 1片
  • トマト缶 … 1缶
  • オイル … 約小さじ1
  • (A)塩コショウ … 少々
  • (A)小麦粉 … 小さじ2
  • 水 … 100ml
  • (B)塩 … 小さじ1
  • (B)砂糖 … 大さじ1
  • (B)ウスターソース … 小さじ1
  • (B)ケチャップ … 大さじ1

あっさりミートソースの作り方手順

手順1
玉ねぎ・人参・にんにくをみじん切りにする
玉ねぎと人参を、それぞれみじん切りにします。
一口大にカットして、フードプロセッサーにかけましょう。

できるだけ同じ大きさにカットするのがおすすめです。

手順2
野菜を炒める
フライパンにオイルを小さじ1加えて中火で熱し、あたたまったら野菜を加えて炒めます。
玉ねぎに軽く火が通るくらいで大丈夫です。
手順3
ひき肉を加えて炒める
フライパンにひき肉を加え、軽く焼き付けながら炒めます。
焼き付けながら炒めることで、肉感と焦げ目の旨味が加わります。
手順4
下味・とろみ
肉の色が変わったら(A)の塩コショウと小麦粉を加えて全体になじませましょう。
塩コショウは具材の下味、小麦粉はとろみの元になります。
手順6
トマト缶を加える
トマト缶の中身を全量加えます。空いた缶に100mlの水を注いで残ったトマトを溶かし落とし、その水も加えましょう。
ホールトマトの場合は、ヘラなどで軽くつぶしてください。
火加減は中火のまま、軽く沸騰するまで待ちます。
手順7
味付けをし、煮込む
軽く沸騰してきたら(B)の調味料を加え、中弱火(ふつふつと軽く煮立つ火加減)で10分煮込みます。

焦げつかないように時々混ぜながら、水分を飛ばしましょう。

手順8
煮込み加減のチェックと味の調整
10分経過後、ヘラでフライパンの面をなぞり、底がしっかり見える状態まで煮詰めます。
煮詰め具合が足りない場合は様子を見つつ、2~3分ずつ時間を足しましょう。

味見をして塩味が足りなければ少し塩を足して、完成です。

フードプロセッサーで【調味料作り】大葉ジェノベーゼソース

フードプロセッサーは、調味料作りにも活躍します。
今回ご紹介するのは、バジルの代わりに大葉を使ったジェノベーゼソースです。

パスタ以外に蒸したじゃがいも、チキンソテー、カルパッチョなど様々な料理に使えますよ。

大葉ジェノベーゼソース

大葉ジェノベーゼソースの材料

  • 大葉 … 4束(40枚)
  • オリーブオイル … 80+20ml
  • 粉チーズ(パルメザンチーズ) … 大さじ2
  • にんにく … 1片分(すりおろしにんにく小さじ1でも可)
  • 塩 … 小さじ1/2~
  • くるみ … 20g(その他お好みのナッツでも可)

大葉ジェノベーゼソースの作り方手順

【下準備】
大葉とくるみの下処理
大葉はボウルに張った水で洗い、ペーパータオルなどで優しく水気を切っておきましょう。
生くるみを使う場合はローストして冷まします。
手順1
オイルと塩以外の材料を細かくする
フードプロセッサーでジェノベーゼソース作り
フードプロセッサーに大葉、粉チーズ、にんにく、くるみを入れ、フードプロセッサーにかけます。
手順2
オリーブオイルと塩を加え、混ぜ合わせる
フードプロセッサーでジェノベーゼソース作り
オリーブオイル100mlのうち80mlと塩を加えて攪拌かくはんします。
すぐに使いきる場合は、オリーブオイルを全量加えてください。
手順3
味見をして、塩加減を調整する
粉チーズ(パルメザンチーズ)の種類によって、塩加減が変わります。
味見をして適宜塩を加え、調整したら完成です。

大葉ジェノベーゼソースの保存方法

ジェノベーゼソースを一定期間保存したい場合は、煮沸消毒した瓶に詰め、オリーブオイル20mlを蓋をするように表面に流してください
そうすることで、ソースの色や風味が長持ちします。

フードプロセッサーで【お菓子作り】手間のかかる作業も簡単に!

お菓子作りが好きな人は、ぜひフードプロセッサーを使ってみてください。
フードプロセッサーを使うと、かき混ぜる作業やバターを切り混ぜる作業が簡単におこなえます。

今回は3つお菓子系レシピをご紹介します。
朝食やおやつにぴったりなので、ぜひ作ってみてください。

フードプロセッサーを使ったお菓子レシピ|ベイクドチーズケーキ

ベイクドチーズケーキ
シンプルなベイクドチーズケーキです。
材料を混ぜていくだけの簡単なケーキですが、フードプロセッサーに任せればあっという間に生地を作れます。

ベイクドチーズケーキの材料

  • ビスケット … 100g
  • バター … 40g
  • クリームチーズ … 200g
  • 砂糖 … 60g
  • 卵 … 1個
  • 生クリーム … 100ml
  • レモン汁 … 小さじ2
  • 小麦粉 … 大さじ2

ベイクドチーズケーキの作り方手順

【下準備】
3つの下準備
ベイクドチーズケーキ作りの下準備
先に以下の3つの下準備をすませましょう。
  • 材料はすべて室温に戻しておく。
  • 型にバターなどを塗り、型紙を敷いておく。
  • オーブンは160度に予熱しておく。
手順1
ビスケットを砕く
ビスケットを砕く
ビスケットを厚手の袋に入れ、めん棒などで細かく砕きます。
この手順もフードプロセッサーで可能ですが、洗い物を減らすために別でおこなっています。
手順2
ビスケットとバターをなじませる
ビスケットとバターをなじませる
砕いたビスケットに柔らかくしたバターを加え、揉んでなじませます。
溶かしバターを使ってもOKです。
手順3
型に土台を詰める
型に土台を詰める
ビスケットを型に入れ、できるだけ平らにしっかり押し固めます。
型はフィリング1お菓子作りにおいては「挟むもの」や「中身」のこと。この場合はビスケットを指します。が完成するまで、冷蔵庫で冷やし固めておきましょう。

POINT
ビスケットの入っていた袋を裏返して手袋のように使うと、手が汚れません。
手順4
クリームチーズと砂糖を混ぜ合わせる
フードプロセッサーでケーキの材料を攪拌
常温に戻したクリームチーズと砂糖をあわせて、フードプロセッサーで攪拌かくはんします。

POINT
クリームチーズが固い場合は、電子レンジ500Wで30秒ほど温めて、ゴムベラで押しつぶせるくらいまで柔らかくしてください。
砂糖が側面や底に溜まっている場合があるので、その場合はゴムベラでそぎ落としましょう。
手順5
その他の材料を混ぜ合わせる
フードプロセッサーでケーキの材料を攪拌
残りの材料を『卵(a)→生クリーム(b)→レモン汁(c)→小麦粉(d)』の順に加え、その都度攪拌かくはんします。
小麦粉を加えた後は、攪拌かくはんしすぎないようにしましょう。
手順6
型に流し入れて焼く
型に流し入れて焼く
冷やしておいた型にフィリングを流し入れます。
爪楊枝や竹串などを生地の中に刺し、ジグザグに動かして空気を抜きましょう。

空気を抜いたら、160度に予熱したオーブンで45分焼成しょうせいします。

手順7
冷やして完成
ベイクドチーズケーキの完成
焼きあがったら網の上で型に入れたまま粗熱を取ります。
粗熱が取れたら、冷蔵庫で一晩しっかり冷やして完成です。

POINT
包丁を温めてからカットすると、切り口が綺麗になるのでおすすめです。

フードプロセッサーを使ったお菓子レシピ|くるみスコーン

くるみスコーン
イギリスの伝統的なお菓子「スコーン」。
手のかかるお菓子というイメージがあるかもしれませんが、フードプロセッサーを使えば10分ほどで生地が完成します。

くるみスコーンの材料

  • (A)薄力粉  …  100g
  • (A)ベーキングパウダー  …  4g
  • (A)砂糖  …  20g
  • (A)塩  …  ひとつまみ(有塩バターを使う場合は無し)
  • バター  …  25g
  • 牛乳  …  40ml(豆乳でも可)
  • くるみ  …  30g

くるみスコーンの作り方手順

【下準備】
材料の下準備
バターは1~2cm角にカットし、冷やしておきましょう。
牛乳は計量したら冷蔵庫に入れるか、直前に計量するようにしてください。
手順1
粉を混ぜ合わせる
フードプロセッサーに(A)を全部入れ、軽く攪拌かくはんします。
※フードプロセッサーを使わない場合の「粉をふるう作業」の代わりです。
手順2
バターと粉を合わせる
フードプロセッサーでスコーンの材料を攪拌
バターを加え、粉全体になじむまで攪拌かくはんします。
大きなバターの塊が見えなくなるなるまでが目安です。
手順3
牛乳を加える
フードプロセッサーでスコーンの材料を攪拌
牛乳を加え、少し粉っぽさが残る程度まで攪拌かくはんします。
回しては止めを繰り返し、混ぜ過ぎないよう気をつけましょう。
手順4
くるみを入れる
フードプロセッサーでスコーンの材料を攪拌
くるみを加え、全体になじむまで攪拌かくはんします。
こちらも「回しては止め」を繰り返して混ぜましょう。
手順5
生地を伸ばし層を作る
スコーンの生地を伸ばす
台に取り出し、2cm程度の厚さに伸ばします。
生地を4等分したらすべて重ね、上から押すようにして再度伸ばしましょう。

これを2回繰り返すと生地に層ができ、ぱっくりと横割れしやすくなります。

手順6
生地を寝かせる
スコーンの生地を寝かせる
再度2cm程度の厚さに伸ばし、ラップに包んで冷凍庫で10分ほど寝かせます。時間があるなら2時間程寝かせるのがおすすめ。
時間がない場合はそのまま次の工程に移っても大丈夫です。
手順7
生地をカットor型抜きする
スコーンの生地をカット
生地を取り出し、包丁で切るか型抜きします。
切り口が鋭利なほど、縦に膨らみやすいです
手順8
生地を焼いて完成
くるみスコーンの完成
お好みで生地の表面に分量外の牛乳を塗ると、焼き色がつきやすくなります。

200度に予熱したオーブンで15~20分焼き、良い焼き色がついていたら完成です。

フードプロセッサーを使ったお菓子レシピ|ショートブレッド

ショートブレッド
ショートブレッドはスコットランドの伝統的なお菓子で、いわゆる「バタークッキー」です。

バターたっぷりのクッキーは生地が柔らかくなりやすいですが、フードプロセッサーを使えば簡単に作れます。

ショートブレッドの材料

  • 薄力粉 … 180g
  • 砂糖 … 50g
  • バター … 100g
  • 塩 … 1.2g(バターが有塩の場合はなし)

ショートブレッドの作り方手順

【下準備】
材料の用意
バターは計量し、1~2cm角にカットしておきます。
手順1
バターと粉類を混ぜ合わせる
フードプロセッサーでクッキーの材料を攪拌
フードプロセッサーに材料をすべて加え、粉チーズのようにサラサラになるまで攪拌かくはんします。
手順2
生地をまとめる
ショートブレッドの生地をまとめる
生地をボウルに取り出し、上から抑えるようにしてこねます。
手の熱が伝わりすぎないように力を加減しながら、生地を押してまとめましょう。
手順3
生地を伸ばす
ショートブレッドの生地を伸ばす
生地の表面が滑らかになってまとまれば、ラップで挟んで1.5cmの厚さに伸ばします。
手順4
生地をカットして休ませる
生地をカットして休ませる
伸ばした生地をカットします。
ショートブレッドの定番は、縦長の長方形です。

カットしたら焼きムラ防止の穴を開け、冷凍庫で10分休ませましょう。
こうすることで、焼いたときの型崩れを防げますよ

手順5
焼いて完成
焼きあがったショートブレッド
冷凍庫から生地を取り出し、180度に予熱したオーブンで20分焼きます。
程よい焼き色が付いたら完成です。

【フードプロセッサー豆知識】下ごしらえ&加工の3つのコツ

フードプロセッサーはとても手軽に使える道具ですが、理想の仕上がりにするためには少しコツが必要です。

調理師として毎日フードプロセッサーに触れていた筆者が、フードプロセッサーを使うときのコツと注意点をご紹介します。

【1】食材は一口大に切ってから

「どうせ切るのだから」と、食材を大きなままフードプロセッサーに入れていませんか?

確かにカットはできますが、故障の原因になったり仕上がりにばらつきが出たりする原因になります。
肉や野菜にかかわらず、食材は一口大にカットしてから加工しましょう。

【2】具材を入れる量で切れ具合が変わる

フードプロセッサーは一度に食材を入れる量によって、具材の切れ具合が変わります。

一度にたくさんの食材を入れると、食材は細かくなります。
逆に、食材を少なめに入れると、ほどほどの大きさで全体を均一にカットすることが可能です。

下ごしらえはもちろん、離乳食や介護食の加工の際には、入れる量も意識してみてください。

【3】氷やコーヒーなど固いものは基本NG

フードプロセッサーは、氷やコーヒー豆など硬い食材には使えません。
無理な使い方をすると故障の原因になるので、取扱説明書をよく確認してください。

しかし、中には氷やコーヒー豆を加工できるフードプロセッサーも販売されているので、気になる人はチェックしてみてください。

まずは目的に合ったフードプロセッサーを選ぼう!

フードプロセッサーがあれば、今回ご紹介したレシピはすべて調理可能です。
とはいえ、フードプロセッサーも千差万別。

フードプロセッサーを選ぶ際は、目的にあわせて選ぶことがポイントです。
フードプロセッサー選びのポイントやおすすめのフードプロセッサーなどは、以下の記事でご紹介していますので、是非あわせてご覧ください。

目的にあわせたフードプロセッサーを選びましょう!
ミキサーとの違いは?料理が楽になるフードプロセッサーの選び方とおすすめアイテム

まとめ

フードプロセッサーは、工夫次第で料理やお菓子など様々な料理に活用できます。

料理のみじん切りや、こねる作業はもちろんですが、お菓子作りの繊細な作業もフードプロセッサーを使えば、とても簡単です。

是非、ご紹介した内容を参考に、フードプロセッサーでレパートリーを広げましょう!

ミキサーアイキャッチスムージーやスープ作りに!ミキサーの選び方&おすすめアイテム【レシピあり】 スムージー毎日の「スムージー」作りにおすすめの食材やレシピを紹介!アレンジアイデアも♪