【粉ふるいの選び方】種類ごとの特徴と使い方、おすすめアイテムを調理師が紹介!

木の板の上に小麦粉が入った脚付きの器とマーナ ステンレス粉ふりスプーンを並べた様子

色々な形状のものがある、粉ふるい。
「自分の使い道にあった粉ふるいって、どれなんだろう」と悩んでいませんか?

また、なんとなく安いものを選んで買っても、ちょっと使いにくいなと感じたことがあるかもしれません。

そこでこの記事では、「形状別の粉ふるい4種類の特徴と適した使い方」調理師がご紹介します!

満畑ペチカ(調理師)

具体的には

  • 粉ふるいの種類
  • 目的別粉ふるいの選び方
  • おすすめの粉ふるい
の順にお伝えしますよ。

読み終えるころには、使い道にあった粉ふるいが選べるようになります。ぜひ参考にしてみてください!

粉ふるいの種類

粉ふるいは、形によって以下4つのタイプにわかれます。

粉ふるい4つのタイプ
  • ストレーナータイプ
  • 裏ごし器タイプ
  • カップタイプ
  • スプーンタイプ
各タイプの特徴と適した使用場面を知っておくことが、粉ふるいを上手に使うポイントです。

それぞれの粉ふるいの特徴と、おすすめの使い方を解説します。

ストレーナータイプ

粉ふるいのストレーナータイプは、一般的に「持ち手付きのザル」のことを指します。

直訳すると「濾過ろか器」ですが、日本で売られているストレーナーは以下のように形がさまざまです。

  • ザル部分の網目タイプ……メッシュ、パンチングなど
  • ザル部分の形……半球型、円すい型など
粉をふるうことを主な用途として使うのであれば、メッシュ・半球型のストレーナーをおすすめします。

一度にたくさんの粉(目安:200g以上)をふるいたい場合は、ザル部分が大きく深めのストレーナーを選びましょう。

使う粉の量が少なかったり、ボウルに重ねて使用したりする場合は、ザル部分が中くらいの大きさで浅めのストレーナーを選ぶと使いやすいですよ。

ストレーナータイプで粉をふるうコツ

ストレーナータイプの粉ふるいは片手だけでもふるえますが、粉が左右に広がりやすく、時間もかかってしまいます。

片方の手にふるいのふちを軽く叩きつけながらふるうと、粉が広がらず、すばやくふるえて効率的です。

また粉のダマが残ったときは、指先でふるいの中をぐるぐるっとかき混ぜたり、スプーンやフォークでダマを潰したりしてください。
「粉をふるうコツ」はこちらで詳しく解説しています
茶こしを使って両手で粉をふるっている様子【調理師が解説】粉を上手に振るうコツと、粉ふるいの洗い方や代用アイデア

裏ごし器タイプ

裏ごし器は円形の枠に目の細かな網を張った調理器具。

本来は食材をこして滑らかなペースト状にする道具ですが、網目の細かさを生かして、粉をきめ細かな状態にふるえます。
裏ごし器タイプの粉ふるいで粉をふるっているところ
ストレーナーよりも網目が細かいので、お菓子をより一層ふんわりなめらかに仕上げたいときにおすすめです。

¥1,100 (2022/06/25 21:09:19時点 楽天市場調べ-詳細)

裏ごし器タイプで粉をふるうコツ

裏ごし器で粉をふるうときは、できるだけ両手を使いましょう。

片手でふるってもなかなか粉が落ちてこず、時間がかかるうえに粉が飛び散って、余計な手間がかかってしまいます。

ふるうときはストレーナータイプと同じように、片手に軽く打ち付けるようにするのが素早くふるうコツです。

またボウルの中に粉をふるい入れることもできますが、粉の落ちる範囲が広いため、粉がこぼれてしまう場合も。

裏ごし器を使うときは、紙の上に粉をふるってから使うようにすると、ボウルや調理台が汚れずに済みますよ。

カップタイプ

カップタイプのふるいは、その名のとおりマグカップのような形状。

カップの底が網状になっている手動型と、網に加えて回転するパーツがついている自動型があります。
自動型カップタイプの粉ふるい
よくお菓子を作る方やお子さんと一緒に使う機会が多い方は、素早くきれいにふるえるカップタイプ・自動型の粉ふるいがおすすめです。

カップタイプで粉をふるうコツ

カップタイプ・手動型のふるい方は、ストレーナータイプや裏ごし器タイプと同じ。

片手で持って、もう片方の手に軽く打ち付けるようにしてふるいます。

一方、カップタイプ・自動型はハンドルを握るだけでOK。ふるった粉は真下に落ちて周囲に広がらず、汚れる心配がありません。

ただし、洗いにくい構造をしている点には注意が必要。

粉類をふるう目的にだけ使用し、できるだけ洗わず、洗ったあとはしっかりと乾燥させてから再使用してください。

水分が残っていると、粉が水を吸ってダマになってしまいます。

スプーンタイプ

最後にご紹介するのは、スプーンタイプの粉ふるい。

近年キッチンの便利グッズとして、バリエーションが増えているアイテムです。

スプーンの背に穴が空いていたり、一部分が網になっていたりする形状で、粉をすくって直接ふるえます。
スプーン型粉ふるいで粉ふるいをすくっているところ
大さじ・小さじの目盛りがついている商品も多く、計量しながら粉がふるえる点もうれしいポイントです。

しかし、一度にふるえる粉の量は大さじ1〜2杯程度。

そのため粉をたくさん使うお菓子作りよりも、料理の下ごしらえやお菓子の仕上げのような少量使う場面におすすめです。

スプーンタイプで粉をふるうコツ

スプーンタイプの粉ふるいは、片手でさっと使えるのが便利なポイントです。
そのまま粉をすくって左右に振るだけで、簡単に粉がふるえます。

スプーンタイプの粉ふるいできれいに粉をふるうコツは、粉をすくいすぎないこと。

量が多いと粉がこぼれたり、うまく粉が落ちていかない場合があります。

それでもうまくふるえない場合は、ほかの粉ふるいと同じように片手に軽く打ち付けながら粉をふるいましょう。

目的別「粉ふるい」の選び方

形状別に使い方や特徴が異なる、4種類の粉ふるいをご紹介しました。

ここからは料理に使いやすい粉ふるい、お菓子作りに使いやすい粉ふるいをそれぞれご紹介します。

【料理に使いやすい】ストレーナー、スプーン

料理におすすめの粉ふるいは、小さめのストレーナータイプかスプーンタイプの粉ふるいです。

料理で粉ふるいを使う場面といえば、食材に粉をまぶすときやホワイトソースを作るとき。いずれも使う粉の量は少量です。
小さめのストレーナーで粉をふるっているところ
小さめのストレーナータイプかスプーンタイプの粉ふるいなら、調理スペースで場所を取らず、小回りが効いてさっと使えます。

食材に粉をまぶすときも、周りを汚すことなく必要な分だけ粉がふるえて、とても便利ですよ。

【お菓子作りに使いやすい】ストレーナー、裏ごし器、カップ

お菓子作りにおすすめの粉ふるいは、大きめのストレーナータイプ、裏ごし器タイプ、カップタイプの粉ふるいです。

なかでも使い勝手が良いのはストレーナータイプです。

例えば、クッキーを作る場面。
ボウルの上に置いたストレーナータイプの粉ふるい
バターと砂糖、卵を混ぜたボウルにストレーナータイプの粉ふるいを置き、そこへ粉を計量しながら加えれば、粉の計量とふるう工程が一気に済みます。

洗いやすくて収納もしやすく、お菓子作りだけでなく料理にも便利な形状です。

また、裏ごし器タイプ・カップタイプは、お菓子作りのとき以下のような場面で活躍します。

  • 裏ごし器タイプ……粉をきめ細かくふるってお菓子のクオリティを高めたい
  • カップタイプ……お子さんと一緒に作業する機会が多い、作業をスピーディーに進めたい
どんな目的・場面でお菓子作りをすることが多いかを考え、粉ふるいの形を選ぶとよいでしょう。

料理におすすめの粉ふるい|マーナ ステンレス粉ふりスプーン

木の板の上に小麦粉が入った脚付きの器とマーナ ステンレス粉ふりスプーンを並べた様子

料理とお菓子作り、どちらにも使える粉ふるいがあったら便利ですよね。

そこでおすすめする粉ふるいが「マーナ ステンレス粉ふりスプーン」。筆者も実際に使用している、一押し商品です!

マーナ ステンレス粉ふりスプーンは、名前のとおりステンレス素材でスプーンタイプの粉ふるい

スプーンの背に穴が空いているタイプですが、ただ穴が空いているだけではありません。
マーナ ステンレス粉ふりスプーンの粉ふるい部分を拡大した様子
ムラなく粉がふるえるように外周の穴は六角形、手元側の穴は大きめ、奥側の穴は小さめになっています。

内側に大さじ1杯がはかれる目盛りがついているので、粉を使いすぎることもありません。

料理の下ごしらえはもちろん、お菓子の仕上げにも使える優れもの。スプーン部分は深さがあるので、液体をすためにも使えます。
マーナ ステンレス粉ふりスプーンをステンレスフックにかけている様子
食洗機対応で、ステンレス製のためプラスチック製品よりも長く使えます。

小さくて場所を取らず、持ち手部分には穴が開いているため、フックに掛けられて収納性も抜群

ひとつ持っておいて、損はないキッチンアイテムですよ!

¥1,780 (2022/06/25 21:09:19時点 楽天市場調べ-詳細)

お菓子作りにおすすめの粉ふるい|栗原はるみ 粉ふるい兼用ストレーナー

お菓子作りやパン作りなど、粉をたくさんふるう場面におすすめの粉ふるいもご紹介します。

数ある粉ふるいの中から筆者がおすすめするのは「栗原はるみ 粉ふるい兼用ストレーナー」です。

使い勝手がよいストレーナータイプの粉ふるいで、直径が程よく網部分に深さがあるので、粉をたっぷり入れても無理なくふるえます

持ち手とは反対側には金具がついており、ストレーナーをボウルのふちに引っ掛けたり、フックに掛けて収納したりもできますよ。

他にも以下のようなおすすめのポイントがあります。

  • 素材はオールステンレスで国内製造
  • しっかりした丈夫な作り
  • 持ち手部分がシンプルで、サビや汚れがたまる心配が少ない
シンプルで洗いやすく、オールマイティーに使える粉ふるいをお探しの方には、ぜひおすすめしたい商品です!
¥1,980 (2022/06/26 06:14:17時点 楽天市場調べ-詳細)

粉ふるいは形によって適した使い方がある!

4つのタイプに分かれる粉ふるいは、以下のように適した使い方があります。

  • ストレーナータイプ……たくさんの粉をふるう
  • 裏ごし器タイプ……きめ細かく粉をふるう
  • カップタイプ……素早くきれいに粉をふるう
  • スプーンタイプ……少量の粉をふるう
作るものが、“ 料理かお菓子か ” によっても、適した粉ふるいのタイプは異なります。

粉ふるいを使いたいのはどんなタイミングかを思い出して、粉ふるいを選びましょう。

どちらの場面にも使えるおすすめの粉ふるいは「マーナ ステンレス粉ふりスプーン」です。

この記事を参考に、使いやすい粉ふるいを選んでみてくださいね。

ざるの洗い方と正しいお手入れ方法!網目の汚れにはタワシを使うのがおすすめ みじん切りだけじゃない!フードプロセッサーの使い方&レシピ|料理・お菓子もお任せ