NGなお手入れで寿命が縮む?!フッ素樹脂加工フライパンの洗い方と買い替えのサイン

フライパンの正しい洗い方

フッ素樹脂加工されたフライパンのお手入れは、とってもシンプル。
洗い方なんて今更知らなくても大丈夫! と思われがちです。

が、実はフッ素樹脂のコーティングを傷めてしまう「絶対にしてはいけないNGな洗い方」があるのをご存知でしょうか?

いつもフッ素樹脂加工のフライパンがすぐにダメになってしまうという方は、知らないうちに誤った洗い方をしてしまっているのかも……。

今回は、フッ素樹脂加工のフライパンの寿命や寿命を縮めないための正しい洗い方や買い替えのタイミングなどについて、詳しくご紹介します。

フッ素樹脂加工フライパンの基本的な洗い方

フライパンの基本的な洗い方
フッ素樹脂加工されたフライパンは、他のコーティングされていないフライパンに比べるとお手入れはずっと簡単です。
日々の調理後に洗う分には、特別な道具は必要ありません。

基本的には、普段食器を洗う時にお使いのスポンジと食器用洗剤だけであれば大丈夫です。

フッ素樹脂加工フライパンの洗い方

まずは、通常の調理でつく軽い汚れの落とし方(基本的な洗い方)をお伝えします。

手順1
フライパンが冷めてから、食器用洗剤をつけたスポンジ等でよく洗います。
内側だけでなく、裏側や外側の部分も忘れずに洗いましょう
手順2
汚れが落ちたら、すすぎ洗いをします。
手順3
布巾などで、しっかりと水気を拭き取ります。
気をつけたいこと
  • フッ素樹脂の傷や剥離はくりの原因になるので、タワシやクレンザー等は使用しない。
  • 焦げつき等を落とす場合は、お湯に浸して柔らかくしてから取り除く。
  • ナイフ等や金属製のへらなど硬いものや鋭利なものでこすらない。
基本的には、これらのことに気をつけていれば大丈夫です。

ただ、うっかりと忘れがちなのが、手順のところでお伝えした「フライパンが冷めてから」というポイント。
調理後すぐに洗ってはいけないのには、火傷のおそれがあるからという以外にも、実は理由があるんです。

すぐ洗うのはNG?フッ素樹脂加工のフライパンの急冷がダメな理由

フッ素樹脂加工のフライパンには、急な温度変化に弱いという弱点があります。
そのため、調理直後の熱い状態ですぐに冷水で洗ってしまうと、コーティングの寿命が縮んでしまいます

急冷するとコーティングがはがれる

フライパンの急冷はNG
テフロンなどに代表されるフッ素樹脂でコーティングされたフライパンは、アルミなどの金属の上にフッ素樹脂を焼きつけています。
このように金属と樹脂という異なる2つの材質が使われていると、熱による膨張率も異なります。

膨張率が異なると、急に熱い状態から冷やしてしまうと、一方の材質は急速に縮むのに対し、もう一方は縮むのが遅いというふうに縮み方の速度に差が出ます。
そうなると、フッ素樹脂と金属の接着面がはがれて少し浮いた状態になるので、ふとした拍子にはがれてしまうようになるのです。

コーティングが傷むほど焦げつきやすくなってしまう

コーティングがはがれたフライパンは、使うたびに更に食材が焦げつきやすくなり、まともに調理できなくなります。
少しでもコーティングを長持ちさせるため、フライパンは触っても熱くない程度に冷めてから、洗うようにしましょう。

「一つしかフライパンが無く、すぐに他の料理に使いたいから急いで洗いたい!」という場合は、冷水ではなくお湯で洗うのがおすすめ
油汚れなども落ちやすくなりますよ。

「急冷」ってどんな状態?
フライパンを洗うときに「ジュッ」と音がしたり水を入れたのに湯気が出たりするのは、「急冷」しているサイン。
次からは、もっと冷めてから洗うように気をつけましょう。

フッ素樹脂加工のフライパンの内側が焦げついた場合の対処法

食材が焦げつくと、食器用洗剤と柔らかいスポンジではきれいに落とせないことも。

コーティングのないフライパンなら固いもので削り落とすという力技もできるかもしれませんが、フッ素樹脂加工の場合はコーティングを傷めてしまいそうで心配ですよね。

ここでは、コーティングを傷めずに焦げつきを落とす方法をご紹介します。

フライパンの内側の焦げつきを落とす方法

フライパンの内側が焦げついてしまったときは、下記の手順でお手入れを行うようにしましょう。

手順1
フライパンの底面が浸るように少量の油(目安は2~3cm程度の高さで底面を覆うくらい)を入れ、約10分ほどコンロで加熱します。
手順2
油の温度が180度くらいになるまで温めたら、火を止めてしばらく冷まします。
手順3
油を処理したあと、中性洗剤で十分に洗い流します。
こうする事で、洗剤だけでは落としきれなかった汚れがスッキリと落ち、焦げつきが改善することがあります。

コーティングされていない部分(裏や外側)の焦げやサビについて

フライパンの金属部分(コーティングされていない部分)にサビが発生した場合は、ラップやスポンジにクレンザーを付けてこすり落とし、良くすすいでください。

焦げつきが酷い場合には、たわしや焦げ落とし用のスポンジを用いても大丈夫です。
ただし外側の面に塗装が施してあるフライパンは、塗装が傷む原因になりますので、スチールたわしや磨き粉を使用しないでくださいね。

フライパン裏の頑固なコゲが気になる場合は、下記の記事でご紹介しているような方法でも対処できます。
フライパン裏の焦げや汚れフライパンの裏や外側はなぜ汚れる?焦げつきの対処方法とコゲ落としグッズの比較

フッ素樹脂加工フライパンの寿命ってどのくらい?

正しい洗い方・扱い方で丁寧に使っていても、フッ素樹脂加工のフライパンはあくまで消耗品。いつかは買い替えが必要になります。
しかも残念ながら、その寿命はあまり長いわけではありません。

ここではフッ素樹脂加工のフライパンの寿命の目安や、買い替えのサインについてお伝えします。

フッ素樹脂加工フライパンの買い替えのサインとは?

フッ素樹脂は、使用するたびに摩耗や劣化していくため、だんだん焦げつくようになります。
フッ素樹脂加工の剥がれ
↑の写真の下部のように、内側のコーティング部分がはがれてしまって下の素材が見えている場合は買い替えのサイン。

コーティングの種類にもよりますが、フッ素樹脂の寿命は長くてもだいたい半年~3年くらいと言われています(使用頻度や火力などの使用状況、使い方などによっても異なります)。

種類 寿命の目安
フッ素樹脂加工 半年~1年。
熱や摩擦に弱いため。また、寿命に関係なく「加工がはがれてきたかも?」と思ったら、すぐ買い替えたほうがよい。
ダイヤモンド加工 2~3年。
フッ素樹脂加工の一種だが、フッ素樹脂にナノダイヤモンドを混ぜることで、熱や摩耗に強くなっているため、長持ちする。
マーブル加工 1~3年。
フッ素樹脂とともにマーブル(大理石)をコーティングして耐久性を向上させたもの。

※ただし、最近ではダイヤモンドとマーブル両方が施されているものもあり、また本体の層の数によっても異なるので、一概には言えません(一般的には層が多いほど長持ちすると言われています)。

【実験で検証】コーティングが劣化したフライパンで卵を焼いてみた

コーティングが劣化したフライパン
過去に、ハウジー編集部ではコーティングされたフライパンを数種類使って、薄焼き卵を実際に調理して比較したことがありました。

新品の時点ではどのフライパンも「くっつかない」という結果になったのですが、1年ほど使用したコーティングが劣化したフライパンで焼いてみると・・・
薄焼き卵がくっついてしまったフライパン
薄焼きたまごはくっついてしまい、最終的にはフライ返しでガリガリっとはがす羽目になってしまいました!

新品の時は油を使わなくてもくっつかずにキレイに焼けていたのに、やはりコーティングの寿命でしょうか。
見た目的にも、新品の頃と比べて色なども変わっています。

先ほどのフライパンから無理やりはがした薄焼きたまごの最終形態はこちら↓
フライパンにくっついた薄焼き卵
なんという無残な姿……。
油を引けばなんとかまだ使えそうですが、調理ストレスがたまりそうですね。

落として凹んだり固いもので削って傷になったりしている場合とは違って、フライパンのコーティングの経年劣化というのは見た目での判断が難しいかもしれません。

でも、気持ちよく料理できるかどうかも一つの買い替えの基準と言えるかもしれませんね。
【比較実験】くっつかないフライパンを探せ!5種類のコーティングの効果を調査検証

こんな使い方が寿命を縮める!コーティング剥がれの原因とNG事例

本来の寿命よりも早くに、フライパンのコーティングが剥がれてしまう原因には、一体どんなものがあるのでしょうか?
ここでは、特に問題となる2つのNG事例を見ていきたいと思います。

【事例1】フライパンに料理を入れっぱなし!大皿の代用として使う

コーティングが剥がれる原因のひとつは、「フライパンで作った料理をすぐにお皿に盛りつけないで、しばらくフライパンに入れたまま置いておくこと」が挙げられます。

フッ素樹脂は、フライパンの熱伝導を良くするために表面に薄く塗装されていて、目には見えないピンホールとも呼ばれる小さな小さな穴があいています。
料理をフライパンに入れっぱなしにしていると、その表面の小さな穴から油や塩分がどんどん樹脂の下に入り込んで内部を荒らし、コーティング自体も壊していくんだとか……。

「温め直すために、そのままお料理を置いておく」洗い物減らしたいし、大皿の代わりになるし!なんてこと、よくありますよね。
私もついつい、やってしまいがちです。
が、その習慣がフライパンのコーティングの寿命を縮めてしまっているんです。

【事例2】フッ素樹脂加工のフライパンに強火や空焚きは厳禁!

また、フライパンを空だき状態にするのも、コーティングを劣化させてしまう原因のひとつです。

こちらはフッ素樹脂加工のグランマーブルというフライパンの説明書。
fpan-50
空だき厳禁、火力は中火以下で使用と記載されていますね。

そうなんです。実はコーティングを長持ちさせる上で、火加減も注意すべきポイント!
ちなみに中火の目安は、ガス火の場合だと火の先端がフライパンの底につくぐらい。
中火の火加減
このぐらいまでの火加減で調理するのが、コーティングフライパンでは必須です。

ガスの火は1000度以上。強く熱すると、フライパンは膨張します。
フライパンを洗う時に「急冷」がNGだったのと同じ理由で、本体とコーティングの膨張具合いが違うので、急激に熱するとコーティングが剥がれやすくなってしまいます。

正しい火加減は、コーティングを長持ちさせるだけでなくエコにもつながるので、ぜひ守るようにしてくださいね。

フッ素樹脂(PTFE)の安全性について
フライパンのコーティングに用いられるフッ素樹脂の種類の中でPTFEと呼ばれるものについては分解・吸収がされにくい物質のため、毒性はないとされています。万が一剥がれたことに気づかず食べてしまっても、少量であれば体外へ排出されるため、健康に害を与える心配はありません。
 
ただし、PTFEは空焚きなど誤った使い方をした場合、発生する有害なガス(熱分解生成物)が発生することがあります。吸入するとポリマーガス熱と呼ばれるインフルエンザに似た症状を引き起こすという報告があるため、指定温度以上に加熱しないよう気をつける必要があります。

さいごに

最近では、かなり耐熱性や耐久性に優れたフッ素樹脂加工のフライパンが増えてきました。
ただ、どんなに優れた素材で特殊な加工が施されたものでも、使い方次第でせっかくのコーティングを傷めてしまうことも。

フッ素樹脂加工のフライパンで特に気をつけたいのは、急激な温度変化。
強火での調理や、使用後に水で急冷することは、コーティングの劣化に繋がります。

毎日使うものだからこそ、なるべく良い状態で長く使えるように気をつけたいですね。
 
フライパン裏の焦げや汚れフライパンの裏や外側はなぜ汚れる?焦げつきの対処方法とコゲ落としグッズの比較 鉄のフライパンを使いこなそう!意外と簡単な「空焼き」と「油ならし」の方法

参考資料
※田坂 明政、渡辺 信淳「フッ素と材料」材料, 1979, 28 巻, 309 号, p. 457-470, ISSN 0514-5163
※日本弗素樹脂工業会 (JFIA) 「ふっ素樹脂取扱マニュアル改訂11版」検索日2021/11/19