天ぷら鍋で揚げるとおいしくなる?素材別天ぷら鍋のメリット・デメリットとおすすめ10選

お家で作る揚げたての天ぷらや唐揚げは美味しいですよね。

家庭用の天ぷら鍋(揚げ鍋)がなくても、フライパンや中華鍋を使って揚げ物を作ることができます。
しかし、揚げ物専用の鍋を使うことで、フライパンを使うよりおいしく揚げられるなど、天ぷら鍋を使うメリットもちゃんとあるのです。

この記事では、家庭用の天ぷら鍋の選び方とおすすめアイテムをご紹介。
これまで天ぷら鍋を使ってこなかったという人も、ぜひ天ぷら鍋の魅力を知ってくださいね。

天ぷら鍋って本当に必要?

天ぷら鍋を購入する前に考えてほしいことは、あなたの家庭で「天ぷらや揚げ物専用の鍋が本当に必要なのか」です。

揚げ物をするとコンロ周りに油が飛び散って汚れてしまうので、家では揚げ物をしないと決めている人もいますよね。
また、年に数回しか揚げ物を作らない人もいるでしょう。
天ぷら鍋
天ぷら鍋には様々な形状、素材のものがあるので一概には言えませんが、普通のフライパンや鍋に比べるとかさばるものが多いです。
限られたキッチンの収納スペースを圧迫しないために、「天ぷら鍋をあえて置かない」という選択肢もあります。

実は、作りたいメニューによってはフライパンや他の鍋で天ぷら鍋の代用が可能なケースも。
天ぷら鍋を購入するかどうかは、お家で揚げ物をする頻度や作りたい料理の好みに合わせて考えましょう

天ぷら鍋がなくても揚げ物はできる?フライパンや中華鍋でおいしい唐揚げ・カツレツ作り

天ぷら鍋で作った方がおいしい料理は?

かき揚げ
お店で食べる揚げ物が美味しいのはどうしてでしょうか。
それは、大きなフライヤーや鍋を使って大量の油を使い、食材に最適の温度で揚げるからです。

表面はさっくり、中はふんわりと食材の味を引き出すお店の揚げ物のような仕上がりが、家庭でも再現できたらいいですよね。

厚みのある食材や、大きくふわっと仕上げたいものをおいしく揚げるには、やはり深さのある天ぷら鍋が必要です。

天ぷら鍋だからこそ美味しくできる揚げ物の例
  • 天ぷら
  • かき揚げ
  • ドーナツ
  • 厚みのあるフライ
  • 魚の姿揚げ
  • 骨付きフライドチキン
  • また、一度にたくさん揚げて作り置きしたいときなどは、大きくて深い天ぷら鍋はとても効率的です。
    何といっても、たっぷりの油で調理することで温度が安定し、ムラなく早く仕上がります
    油の使いまわしを上手にすれば、天ぷら油も無駄にはなりません。

    揚げ油は何回まで使える?油は何回使える?―揚げ物油の酸化を防ぐ上手な保存・再利用方法と正しい捨て方―
    「やっぱり揚げ物は天ぷら鍋で作りたい!」と思った方のために、続いて天ぷら鍋選びのポイントをご紹介していきます。

    家庭用の天ぷら鍋選びのポイント

    天ぷら鍋は大きければ大きいほど使う油の量が多くなります。
    油の量が多ければ、それだけうまく、おいしく揚げられます。

    しかし、お家で揚げ物をする場合は、お店のように大量の油を使うのは経済的ではありませんし、大きな鍋を収納する場所を確保するのも難しいです。

    また、揚げ物をするときに気になるのが油汚れ。
    後片付けが楽にできるかどうかも、天ぷら鍋を選ぶ際のポイントになってきます。

    天ぷら鍋を選ぶ際、注視していただきたいポイントを2つにまとめてみました。

    天ぷら鍋選びでおさえておきたいポイント
    • 形状・サイズ(使い勝手や油の消費量に関わる)
    • 素材(おいしく揚がるか、お手入れのしやすさに関わる)

    天ぷら鍋選びのポイントが分かったところで、それぞれの項目について細かく見ていきましょう。

    天ぷら鍋選びのポイント【1】形状・サイズ

    一般的な天ぷら鍋の形状は、底が広く平らで、両側に小さめの取っ手が付いたものが多いです。

    これは、調理中や片付け中に、うっかり天ぷら鍋をひっくり返してしまうといったトラブルを防ぐのに適した形だからです。

    その他にも、天ぷら鍋の形状には様々な特徴があります。

    天ぷら鍋の形状|「注ぎ口」の有無は要チェック

    天ぷら鍋の注ぎ口
    形状の中でも必ずチェックしてほしいのが「注ぎ口」の有無。
    天ぷら鍋は注ぎ口が付いているものの方が多いですが、これは油を片付ける際にとても役立つからです。

    注ぎ口のないフライパンや中華鍋で揚げ物をすると、オイルポットなどに油を移すときにこぼしてしまうことも…。
    油はただ拭き取るだけでは済まないので、揚げ物をした後の片付けをスムーズにしたいなら、注ぎ口付きの天ぷら鍋がおすすめです。

    天ぷら鍋の形状|油の消費を抑えられる「段付き」

    油の消費を抑えられる「段付き」天ぷら鍋
    天ぷら鍋の中には、底面がくぼんだ「段付き」と呼ばれる形状のものもあります。

    見た目が不格好に思われるかもしれませんが、段がついていることで、使用する油の量を多少抑えることができるのです。

    天ぷら鍋の形状|壺型・フード付きならお手入れが楽

    壺型天ぷら鍋
    油跳ねを最小限に抑えるためのフードが付いた天ぷら鍋も販売されています。

    また、同じ理由で壺のようなずんぐりとした形状の天ぷら鍋も。

    揚げ物をした後の片付けは手間がかかるので、少しでも時短したいなら油跳ねを未然に防ぐことができる形状のものを選ぶのも手です。

    天ぷら鍋の形状|片手鍋タイプと両手鍋タイプ

    片手鍋タイプの天ぷら鍋
    天ぷら鍋には片手鍋のような形状の「片手タイプ」と両手鍋のような形状の「両手タイプ」があります。

    持ち手が「片手タイプ」なら、「両手タイプ」に比べて省スペースで収納できます。
    また、狭いシンクでも洗いやすいというメリットも。

    ただし、取っ手が1つしかない分、「両手タイプ」より運びにくいのがデメリット。油をたくさん使うとその分重く感じてしまいます。
    揚げ終わった天ぷら鍋は油が入ったまま持ち上げるので、かなりの重量になります。
    「両手タイプ」は洗いにくさを感じるかもしれませんが、大きめの天ぷら鍋を選ぶなら洗いやすさより運びやすさを考慮した方が良い場合もあります。

    使いやすい天ぷら鍋のサイズは?

    天ぷら鍋は普通の鍋と同じく、小さいものから大きいものまでサイズは様々あります。

    3、4人家族までなら、鍋の直径が22cm前後が使いやすいサイズです。
    また、鍋の深さは13~15cm程度あると、油の量の調節がしやすく油跳ねを抑えることができますよ。

    天ぷら鍋のサイズを測る
    写真に写っているステンレス揚げ鍋は、直径21.5cmです。

    一度にたくさん揚げたいときは数回に分けなくてはならないのがちょっと不便に感じることもありますが、さっと取り出して使いやすいサイズです。

    鍋の直径が20cm以下の小さいものは、お弁当用などほんの数個揚げたいときなどに重宝します。


    いろんなサイズや形状の天ぷら鍋があるので、どんな使い方をしたいのかを意識して選ぶと良いでしょう。

    天ぷら鍋選びのポイント【2】素材

    天ぷら鍋にはいろいろな素材があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

    揚げ物をおいしく作るには「温度を一定に保つこと」が重要なので、保温性が高い素材で、できるだけ厚みのある鍋が適しています。
    しかし、厚みがあると鍋は重くなるので、洗いにくいと感じる場合も。

    それぞれの素材の特徴を知って、しっかりメリットとデメリットを確認しましょう。

    天ぷら鍋の素材|ステンレス製

    ステンレス製の天ぷら鍋
    ステンレスは鉄とその他の金属の合金でできています。
    汚れやサビに強く、お手入れがしやすいというメリットがあります。

    また、ステンレスは油を劣化させにくいという特徴もあり、油を繰り返し使うことが多い人におすすめです。

    ただし、金属ゆえの重さがある、他の素材に比べて熱伝導率が劣るものがあるなどのデメリットもあります。
    ステンレス製の中でも、熱伝導率・保温性を考えた「多層構造」のものを選ぶのがおすすめです。

    ステンレス製のメリット
    • 鉄と比べて錆びにくいため、お手入れが楽
    ステンレス製のデメリット
    • 他の素材に比べると熱伝導率がよくないものがある

    天ぷら鍋の素材|アルミ製

    アルミ製は軽くて扱いやすいということで、天ぷら鍋にも用いられる素材です。
    錆びにくいのでお手入れも楽。
    熱伝導率もよくすぐ温まりますが、他の素材に比べると保温性が低いのがデメリットと言えます。

    朝のお弁当用作りなど、少量の揚げ物にはおすすめの素材です。

    アルミ製のメリット
    • 軽くて扱いやすい
    • 錆びにくい
    アルミ製のデメリット
    • 保温性が低い
     

    天ぷら鍋の素材|鉄製

    鉄製の天ぷら鍋
    長く使うことで鍋に油がなじみ、油膜が生まれて錆びにくくなるのが最大の特徴。
    保温性にも優れており、頻繁に揚げ物をする人に特におすすめの本格的な素材です。

    ただし、他の素材よりダントツで重たいことは覚えておきましょう。
    また、使い始めは油慣らしをする必要があったり、サビないように気を付ける必要があったりと、扱いにくい点もあります。

    鉄製のメリット
    • 保温性が高く、油の温度が下がりにくい
    • 鍋に油がなじむと油膜でコーティングされ錆びにくくなる
    鉄製のデメリット
    • かなり重たいので扱いにくい
    • 最初のうちは油慣らしが必要

    天ぷら鍋の素材|鋳物

    鋳物の鍋は溶かした金属を型に流して作られるので、厚手のものが多いです。
    そのため、保温性には抜群に優れており、たくさん揚げても油の温度を下げません。

    大きな魚の姿揚げや骨付きフライドチキンなどを作りたい人におすすめと言えます。

    厚みがある分、鉄製と同じく重たいのがデメリット。
    ダッチオーブンなどの未塗装のタイプは錆びやすいですが、表面にホーロー加工されたものなら洗剤で洗いやすくなります。

    鋳物のメリット
    • 厚手なので温度変化が少なく、保温性は抜群
    鋳物のデメリット
    • 鉄製と同じくかなり重たい
    • 未塗装のタイプは錆びやすい

    天ぷら鍋の素材|ホーロー製

    ホーロー製の天ぷら鍋
    金属の上にガラス質のホーロー釉薬ゆうやくが焼き付けられたものがホーロー製と呼ばれています。
    カラフルなものが多い他、汚れが落としやすいのがうれしいポイント。

    鋳物や鉄、アルミといった金属が主に下地として使用され、下地の金属の種類によって重さは異なります。

    他の素材に比べると耐久性に劣り、欠けや傷がつくとそこからサビてしまうので、取り扱いには注意が必要です。

    ホーロー製のメリット
    • 汚れが落としやすくお手入れが楽
    • カラフルでデザイン性が高いものが多い
    ホーロー製のデメリット
    • 耐久性が低く、傷かつくと錆びやすい

    天ぷら鍋の素材|銅製

    銅製天ぷら鍋
    銅製は熱伝導率・保熱性に優れているため、油の温度の上下が少ないのが特徴。
    次々に食材を揚げてもムラなく仕上がるため、料理のプロに好まれる素材です。

    手入れを怠ると黒ずみやサビが出ること、他の素材に比べると高価なことがデメリットとして挙げられます。

    銅製のメリット
    • 熱伝導率が良い
    • 保温力が高い
    銅製のデメリット
    • 他の素材に比べ錆びやすい
    • 価格が高い

    天ぷら鍋は熱伝導率の良さや保温性の高さももちろん重要ですが、素材による重さやお手入れのしやすさも要チェックポイント。

    素材の他にも、自宅のコンロがIHの場合は、IHの熱源に対応しているかどうかも確認してくださいね。

    【編集部が厳選】天ぷら鍋のおすすめ10選

    天ぷら鍋を選ぶ際のポイントを2点解説してきました。
    ここからはおすすめの天ぷら鍋をサイズ別にいくつかご紹介していきます。

    便利な付属品が付いた天ぷら鍋もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

    【少量の揚げ物に】小さめサイズの天ぷら鍋

    まずは20cm前後の小さめサイズの天ぷら鍋から。
    鍋やフライパンを収納するスペースが限られている人や、お弁当用など少量の揚げ物をよくする人におすすめのサイズ感です。

    省スペースで収納できるステンレス製の天ぷら鍋

    省スペースで収納できるステンレス製の天ぷら鍋
    鍋2個と網皿がセットになったアイテム。普段はオイルポットとして油を保管しておくことができます。
    取っ手のせいで収納に困る鍋が多い中、こちらは取っ手が上向きに付いており、取っ手を入れても直径24cmというコンパクトがうれしいポイント。
    ¥7,150 (2021/09/25 12:20:13時点 楽天市場調べ-詳細)

    油を繰り返し使えるオイルポット兼用天ぷら鍋

    オイルポット兼用天ぷら鍋
    こちらも鍋2個がセットになっていて、油の保管ができるタイプです。その他、バットや油切りアミ、油こし目皿、活性炭カートリッジ1個も付いてくるお得なセット!
    片手タイプなので片手鍋のように扱いやすいです。
    ¥6,600 (2021/09/25 04:19:14時点 楽天市場調べ-詳細)

    温度計&網付き鉄製天ぷら鍋

    温度計&網付き鉄製天ぷら鍋
    熱伝導率・保温性に優れた鉄製の天ぷら鍋。注ぎ口が幅広く設計されているので、使い終わった油の移し替えが楽なのが特徴です。
    揚げ物を一時置きできるアミが付いている他、油の適正温度が分かる温度計も付属しています。
    ¥2,150 (2021/09/25 04:19:15時点 楽天市場調べ-詳細)

    フォンデュ鍋としても使えるホーロー製の天ぷら鍋

    フォンデュ鍋としても使えるホーロー製の天ぷら鍋
    デザイン性のあるホーロー製の天ぷら鍋で、形が円筒形なのでフォンデュ鍋としても活用できます。
    蓋も付いているので、煮込み料理なども可能。普通の鍋の代わりとしても使える汎用性の高さがポイントです。

    プロに愛される銅製天ぷら鍋

    銅製天ぷら鍋
    料理のプロが愛用する銅製の鍋は見た目が業務用っぽいものが多いですが、こちらは外箱も本体もおしゃれな見た目が特徴。使い込むほどきれいな飴色になるので、料理好きの方へのプレゼントにもおすすめです。
    取っ手用のレザーカバーや収納袋など、うれしい付属品も付いています。
    ¥22,000 (2021/09/25 12:20:13時点 楽天市場調べ-詳細)

    【揚げ物をおいしく】大きめサイズの天ぷら鍋

    続いて20cm以上のもの、深型のものなどをご紹介していきます。
    たっぷりの油で揚げられるのが天ぷら鍋の醍醐味。揚げ物のおいしさにこだわりたい人向けのアイテムを集めました。

    オール熱源対応!トコトン保温性にこだわった「郷技」

    トコトン保温性にこだわった天ぷら鍋「郷技」
    鉄製の天ぷら鍋で鍋の内側にはエンボス加工が施されており、とにかく保温力が抜群!カラッときれいに揚げることができます。
    段付きなので油の量も抑えられて経済的◎IHだけでなくハロゲンヒーターなどのあらゆる熱源に対応していますよ。
    ¥3,300 (2021/09/25 12:20:13時点 楽天市場調べ-詳細)

    底厚2mmの特厚「あ・ね・し・す」

    特厚天ぷら鍋
    こちらも保温性に優れた鉄製で、底面の厚みが2mmもある特厚の天ぷら鍋です。
    深型の鍋なので、油も跳ねにくくて安心して料理できるのもうれしいポイント。
    ¥2,350 (2021/09/25 18:20:57時点 楽天市場調べ-詳細)

    油の適温が分かる!温度計付き天ぷら鍋

    温度計付き天ぷら鍋
    鉄製に見えないシルバーの見た目が特徴的。鉄にシリコン焼付塗装を施しています。黒っぽい鉄製の鍋よりも油の酸化に気づきやすくなっていますよ。
    温度計と蓋が付いており、蓋の上に揚げ物を一時置きして油を切ることもできます。
    ¥4,000 (2021/09/25 18:20:57時点 楽天市場調べ-詳細)

    大型のホーロー製天ぷら鍋

    ホーロー製天ぷら鍋
    表面がガラス質で光沢のある見た目が特徴のホーロー製。白や赤などポップな色が多いですが、こちらのように渋い色合いのものもあります。
    深型でありながら段が付いていることで、使用する油の量を抑えられます。揚げ物を一時置きできるアミも付いていますよ。
    ¥2,940 (2021/09/25 18:20:57時点 楽天市場調べ-詳細)

    「揚げる・す・保存」ができる「UCHICOOK」

    UCHICOOKの天ぷら鍋
    数ある天ぷら鍋の中でも、「揚げ物を作る」以外もできる多機能な鍋がコチラ。使い終わった油は片方の鍋でろ過して、空いた鍋で油の保存ができます。
    付属品のフィルターやろ過パウダーを使えば、油の不純物を取り除いてきれいな油で繰り返し揚げ物をすることができるのがうれしいですね。

    揚げ物料理をさらに快適に!あると便利なアイテム

    最後に、揚げ物料理をするときにあると便利なアイテムをご紹介します。

    バットなど、工夫すれば家にあるもので代用できるものもありますが、専用のものがあるだけで揚げ物料理を快適に、おいしく作ることができますよ。

    揚げるときに必要なもの

    天ぷら鍋の他、高温の油から食材を取り出す菜箸やザルなどは、揚げ物料理の必須アイテム。
    その他にあると便利なものには、以下のようなものがあります。

    温度計

    揚げ物の種類によって油の適正温度は異なります。
    揚げ物用に販売されている温度計は、220度以上の油でも温度を計ることができるので、いろんな揚げ物を作るなら1つ持っておくと便利です。

    バット

    バットは揚げたものの余分な油を落とす時に便利。
    お皿にキッチンペーパーを敷いて油を吸わせることもできますが、せっかくカラッと揚げたものが湿気を帯びてべちゃっとしてしまうことも。
    揚げ物の食感も堪能したいなら、バットも用意しておくと良いでしょう。

    油跳ねガード

    揚げ物料理をした後には避けられない「油跳ねの後処理」を楽にしてくれるアイテム。
    顔や衣類に油が飛ぶのを防ぐことができる、鍋に被せるだけの「油はね防止ネット」もおすすめです。

    油はねを防止する「油はねガード」と「油はね防止ネット」の選び方・おすすめアイテム

    油の保存に必要なもの

    油の保存」に関する記事でも紹介されていますが、揚げ物用の油は劣化するまでは繰り返し使うことが可能。
    油の劣化を抑えるためには正しく保存しておく必要があるので、以下のようなアイテムがあると便利です。

    オイルポット

    油の保存と言えばオイルポット。
    油は光を浴びると酸化が進んでしまうので、しっかりと密閉できるオイルポットに入れて保管しておくことが長持ちさせるポイントです。

    オイルポットの選び方とおすすめアイテム10選!オイルポットの代用品もご紹介

    すためのフィルターやろ過材

    油を保存する際は、して揚げカスなどの不純物を取り除く必要があります。
    オイルポット自体にその機能がない場合は、フィルターやろ過パウダーなどのろ過材があると油をきれいにすることができますよ。

    揚げ油は何回まで使える?油は何回使える?―揚げ物油の酸化を防ぐ上手な保存・再利用方法と正しい捨て方―
    おすすめアイテムでも登場していますが、天ぷら鍋の中にはオイルポットやし器としても使えるもの、油落とし用のアミや温度計が付属しているものもあります。
    気になる人はチェックしてみてくださいね。

    天ぷら鍋で快適&おいしく揚げ物を楽しもう

    フライパンや中華鍋でも揚げ物を作ることは可能ですが、天ぷら鍋があればより快適に、そしておいしい揚げ物を作ることができます。

    特に、天ぷらや厚みのある揚げ物、姿揚げなどをよく作るなら、ぜひ天ぷら鍋を使ってみてくださいね。

    【煮物・汁物に便利】雪平鍋の選び方&お手入れ方法とおすすめアイテム 素材のうま味をギュッと凝縮!ヘルシー料理が叶う「無水鍋」の使い方や選ぶポイント