嫌なニオイと汚れを落とす!ふきんの正しい消毒方法と洗い方

手袋をつけた手でふきんを洗っている

「ふきんが臭ってきたけど、洗濯機で洗ってもいいのだろうか?」

キッチンや食卓で毎日使うふきん。
嫌なニオイや黒ずみが発生したときに、洗濯機で洗ってよいものか悩んでしまいませんか?

肌に直接触れる衣類と、食器類など食べ物に直接触れるものを拭くふきん、一緒にまとめて洗ってしまうのは少し気が引けますよね。

実はふきんを洗濯機で洗うのは、最適な方法ではないんです。

ふきんのニオイや汚れの原因は、主に雑菌。雑菌を落とすためには、煮沸(しゃふつ)消毒1沸騰したお湯の中に瓶や調理器具、布巾などを入れて煮ることで消毒する方法と漂白が適しています。

この記事では、ふきんの正しい洗い方と消毒方法を詳しくご紹介。

病院での勤務経験がある調理師が、実際に現場でおこなっていた「ふきんの洗い方」をお伝えします。

満畑ペチカ(調理師)

正しい洗い方を知れば、ふきんのニオイ・黒ずみの悩みがぐんと減りますよ!

ふきんの正しい洗い方&消毒方法|洗濯機はOK?

ふきんを洗濯機に入れている

食器や食卓、調理台など、さまざまな用途で使うふきん。

ふきんは水に濡れることも多いため、清潔に保たないとあっという間に雑菌が繁殖し、ニオイや食中毒の原因になってしまいます。

ニオイや食中毒を防ぐためにも、「しっかりと除菌できる洗い方」と「洗う頻度」などを理解しておきましょう。

菌は洗濯で落とせない?!おすすめは煮沸と漂白剤

煮沸消毒用の鍋と漂白剤

布物を洗うとなると、真っ先に思いつくのは「洗濯機」で洗う方法。
洗濯機での洗濯でも、使用する洗剤によっては除菌効果が認められています。

しかし、口に入るものにも触れるふきんを洗うには、洗濯機では除菌力が足りないんです。

食中毒菌なども除菌したいときには、「煮沸消毒」「塩素系漂白剤でのつけ置き洗い」をおすすめします。

どちらも病院の厨房や給食センターなど、衛生管理が厳しい「大量調理施設」で実際に使われている方法なんですよ。

具体的な方法は、のちほど解説します。

ふきんを洗う頻度は少なくても”週1回”!できれば毎日洗おう

中性洗剤でふきんを洗う

雑菌は【栄養(食品のカスなど)・水分・温度】の3つの条件が揃うと、早いものでは10〜15分で増えはじめます。

ふきんは上記3つの条件が揃いやすいので、できる限り毎日洗うのがおすすめです。

とはいえ、毎日煮沸したり、つけ置き洗いをするのは少し手間ですよね。
また頻繁に煮沸や漂白剤を使ってしまうと、ふきんの繊維を傷めてしまいます。

そのため汚れやニオイがひどくない場合、煮沸や漂白の頻度は週1回程度にしておきましょう。

ふきんの毎日のお手入れ方法

毎日のお手入れは、中性洗剤を溶かした水でよく洗い、しっかり乾かすだけで大丈夫です。

ただし汚れやニオイがある場合は、週1回のお手入れ頻度に関わらず、すぐに煮沸消毒やつけ置き洗いをおこなってください。

ポツポツ黒カビが発生!そんなときは「漂白剤」の出番

酸素系漂白剤と塩素系漂白剤

うっかり湿ったふきんを放置して、黒カビが発生してしまうこと、ときどきありますよね。そんなときは漂白剤につけ置きすると、黒カビがきれいに取れます。

ただし漂白剤には「酸素系」と「塩素系」があるので、選び方には注意が必要です。

黒カビの除去や除菌目的であれば、おすすめは「塩素系漂白剤」
それぞれの漂白剤のメリットとデメリットを、簡単に解説します。

塩素系漂白剤のメリットとデメリット

キッチンハイターの成分表示

塩素系漂白剤のメリット
  • 高い漂白力と除菌力
  • 使い方が簡単
塩素系の漂白剤は、大量調理を行う施設など衛生管理が厳しい現場で「殺菌剤」として使われているほど、高い除菌力があります。

水に薄めるだけですぐに使えるため、誰でも簡単に使えるのもメリットです。

塩素系漂白剤のデメリット
  • 特有のニオイがある
  • 取り扱いに注意が必要
塩素系の漂白剤には独特なニオイがあります。小学校などのプールで消毒の目的に用いられる塩素剤のニオイと言うと、ピンとくる方も多いかもしれませんね。

消毒に用いられるほどの強い薬剤のため、素手で触ると手が荒れます。使用する際には手荒れを防ぐために、炊事用のゴム手袋などを着用しましょう。

また、酸性の液体と混ぜると有毒ガスが発生するという性質があるため、取り扱いには注意が必要です。

酸素系漂白剤のメリットとデメリット

酸素系漂白剤のオキシウォッシュ
▲オキシクリーンの代用としても使える酸素系漂白剤の「オキシウォッシュ」(画像提供:よしママ)

 

酸素系漂白剤のメリット
  • ニオイがない
  • 漂白力がおだやかで、色柄物やデリケートな繊維にも使える
酸素系漂白剤と呼ばれるものには、特に気になるニオイがありません。

漂白力がおだやかなため、真っ白なふきんだけでなく色柄物にも使え、繊維を傷めにくいというメリットもあります。

酸素系漂白剤のデメリット
  • 除菌力が弱い
  • 洗う際にはお湯が必要
酸素系漂白剤は、塩素系ほどの除菌効果が期待できません。

また、十分に漂白・除菌効果を出すためには、水ではなく40度以上のお湯が必要です。

ふきんの基本的な洗い方(1)漂白剤でつけ置き洗い

では実際に、ふきんを塩素系漂白剤でつけ置き洗いする方法を、写真付きで解説します。

ふきんのつけ置き洗いで用意するもの

計量カップ、塩素系漂白剤、食器用洗剤、容器、手袋、ふきんを並べた様子

  • ふきん
  • 手袋
  • 食器用中性洗剤
  • 塩素系漂白剤
  • つけ置き用の容器
  • 計量カップ

洗いおけなどを使用する場合は、あらかじめ一度洗剤で洗っておきましょう

つけ置き洗いの手順

手順1
ふきんを洗剤で洗う
ふきんを食器用洗剤で洗っている
ふきんが汚れている場合は、あらかじめ食器用中性洗剤を薄めた水で洗い、よくすすいで水気を絞っておきます。
手順2
漂白剤の溶液を作る
容器に水を入れている
容器に塩素系漂白剤を入れている
つけ置き用の容器に規定量の塩素系漂白剤と水を入れます。
手順3
つけ置きする
ふきんを液に浸している
作った液にふきんをつけて、規定の時間まで置いておきましょう。
手順4
ふきんをすすいで乾燥させる
手袋をつけた手でふきんを洗っている
液から取り出したらよくすすぎ、水気をしっかりと絞って風通しのよい場所で乾かしておきます。
つけ置き洗いの注意
  • 塩素系漂白剤は除菌・漂白効果が高い分、布の繊維を傷めやすい薬剤です。規定時間以上は放置せず、時間を守ってすすぎに移りましょう
  • 色柄のついたふきんは、色が抜けてしまう場合があります。

ふきんの基本的な洗い方(2)煮沸消毒

続いて、ふきんを煮沸消毒する方法を具体的に解説します。

ふきんの煮沸消毒で用意するもの

ふきんの煮沸消毒に使用するふきん、ボウル、トング、アルコールスプレー、鍋

  • ふきん
  • 菜箸(トングなどでもOK)
  • 耐熱性のあるボウル
  • アルコール消毒スプレー

煮沸消毒の手順

手順1
ふきんを洗剤で洗う
ふきんが汚れている場合は、あらかじめ食器用中性洗剤を薄めた水で洗い、よくすすいで水気を絞っておきます。
手順2
使う道具を消毒する
トングにアルコールを吹きかけている
菜箸やボウル、鍋は清潔かどうか確認し、アルコールを吹きかけて消毒しておきましょう。
手順3
ふきんを鍋に入れる
沸騰したお湯にふきんを入れている
鍋にお湯を沸かし、沸騰を確認したらふきんを入れます。
手順4
ふきんを5分煮沸する
ふきんを煮沸消毒している様子
ふきんを入れて再沸騰したら、沸騰状態をキープして5分間加熱してください。
手順5
ふきんをお湯から取り出す
トングを使ってふきんを熱湯から取り出した様子
清潔な菜箸やトングでふきんを取り出し、耐熱ボウルに入れ、水をかけて触れる温度まで冷まします。
手順5
ふきんをすすいで乾かす
素手でふきんを絞っている様子
冷めたふきんをよく絞って、風通しのよい場所で乾燥させてください。
煮沸消毒の注意点
  • 長時間の煮沸は繊維を傷める原因になります。
  • 煮沸後にそのまま放置しておくと、お湯の温度が下がってしまい、逆に雑菌が繁殖しやすくなります。
  • 鍋から取り出す際はやけどに注意してください。

電子レンジでふきんを消毒!?手軽だけど不安な点も……

電子レンジの中に置かれたふきん

ふきんのお手軽な消毒方法として、インターネットで紹介されている「電子レンジ」を使った方法。

道具やお湯、薬剤を用意する必要がなく、レンジさえあれば除菌できます。

ふきんの電子レンジ除菌
  1. ふきんを水が軽く滴るくらい濡らす
  2. 電子レンジ500〜600Wで1分で温める
  3. 乾かす

ある研究2布巾の殺菌効果の検討(2011)では、電子レンジ加熱で一定の除菌効果を得られることが証明されているそうです。
しかし、ふきんの大きさや濡れ具合、電子レンジの出力具合によって、温まり方は異なります。

また、温まり方にムラがあれば、ぬるい部分に菌が残ってそこから菌が増えてしまう場合も。

時間がないときには使える方法かもしれませんが、逆に菌が増えてしまうこともあるので注意しましょう。

お手入れ不要!「使い捨てふきん」のすすめ

ロール型の使い捨てふきんとボックス型の使い捨てふきんが並んでいる

使い捨てふきんは、主にマスクなどに使われる「不織布」でできており、数十枚がセットになって販売されています。

耐久性は高くありませんが、ペーパータオルよりは丈夫。
雑菌が繁殖する前に新しいふきんに交換すれば、お手入れの手間もありません。

1枚あたりの値段が安いので、1日〜数日使って新しいふきんに交換している方も多くいらっしゃるようです。

実際に我が家でも使い捨てふきんを使用しており、汚れがついたら掃除用に回すなどしています。

ニトリやカインズホームなどでも販売されているので、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

ふきんの正しい洗い方は「煮沸消毒」「塩素系漂白剤でのつけ置き洗い」です。
ニオイや黒ずみの原因になる雑菌を、しっかりと除菌できます。

ご紹介したお手入れ方法は、実際に病院や給食センターでも使われている方法。
記事の内容を参考にふきんを正しく洗って、嫌なニオイや黒ずみを防ぎましょう!

感染症・食中毒を防ぐ!キッチン周りの正しい消毒方法【食器・まな板・包丁など】 キッチンスポンジの除菌対策は大丈夫?食中毒を防ぐ基本のお手入れ方法