意外と難しい缶切りの使い方を解説!缶切りがない時でも困らない代用品を使った開け方も

最近の缶詰は、プルトップ式1缶詰の表面に付いている引き金(タブ)を手で引っ張って開けるタイプを指す。イージーオープン方式とも呼ばれる。のものが多くなってきました。
「そういえば、缶切りを使う機会がめっきり減った」というご家庭も多いのでは?

しかし、すべての缶詰がプルトップ式ではないので、まだまだ缶切りが必要になることも……。
めったに缶切りを使わないと、いざというとき、どう使っていいか分からず困りますよね。

この記事では、昔ながらの缶切りの使い方を分かりやすく説明します。
開けやすいタイプの缶切りや、缶切りが手元にないときの代用アイデアも併せてご紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

昔ながらのシンプル構造「てこ式缶切り」の使い方

まずは、缶切りの中でも最もシンプルな「てこ式缶切り」の特徴からご説明しますね。
てこ式缶切り
てこ式缶切りは、文字通り『てこの原理』を利用して、缶を開けるタイプです。
強い力や電力も必要なく、どこでも誰でも使える昔からある缶切りです。

ただ、誰でも使えると言いましたが、使い方を知らないと戸惑ってしまうでしょう。
そこで、画像を交えながら、てこ式缶切りの使い方をご紹介します。

てこ式缶切りを使って缶詰を開ける方法

オーソドックスなてこ式缶切り
今回使用するのは、「缶切り」「ワインオープナー」「栓抜き」の機能がひとつになったオーソドックスなタイプです。
印が付いているところが缶切り部分になります。

てこ式缶切りで缶詰を開ける
まず、缶切りのへこんでいる部分を缶のフチに引っ掛けて固定し、鋭くとがった部分を缶に刺して穴を開けます。
とがった部分を缶のフチにしっかりと当てると、スムーズに切れますよ。

あとは、『てこの原理』を利用して、缶切りを前後に動かしながら、缶を開けていくだけです!
てこの原理で缶詰を開ける

慣れないうちは缶切りが缶から外れてしまうこともありますが、また引っ掛け直して前後に動かして穴を開けていきましょう。
最後に缶切りを使ってフタ部分を持ちあげれば終了!

缶切りの取り扱いには注意
てこ式缶切りは、刃の部分がむき出しになっています。
手を滑らせるとケガをする可能性があるので、注意してください。
また、子どもの手が届く場所に置かないほうがよいでしょう。

缶切りの種類|開けやすい缶切りのタイプは?

先ほどご紹介した「てこ式缶切り」を含めて、缶切りの種類は主に3つあります。

それぞれの特徴やメリット・デメリットにはどんなものがあるのかを、一つずつ見ていきましょう。

缶切りの種類【1】てこ式缶切り

てこ式缶切り
『てこの原理』を利用して、前後に動かしなが開けていくタイプ。
いわゆる、オーソドックスな缶切りです。
てこ式缶切りのメリット
  • 安い(100均などで購入可能)
  • どこでも売っている
  • コンパクト
100均でも購入できる「リーズナブルさ」が魅力の、てこ式缶切り。
コンパクトで、持ち運ぶ際にも便利です。
てこ式缶切りのデメリット
  • 使い方を知らないと難しい
  • フチがギザギザになる
てこ式缶切りは、使い方にはちょっとコツがあるので、慣れないと難しいこともあります。
また、缶詰を開けた後は、どうしても缶詰のフチがギザギザになってしまうので、缶を洗うときにケガをしないよう気を付けなければなりません。

缶切りの種類【2】回転式缶切り

回転式缶切り
回転式は、ねじを回しながら缶を開けていくタイプです。
回転式缶切りのメリット
  • コツいらずで開けやすい
  • 缶のフチがきれいに開けられる
回転式缶切りは、缶のフチに刃を当てて、ねじをクルクル回すだけで簡単に缶が開けられます。
特にコツがいらないので、子どもでも簡単に使えるでしょう。
個人差はあると思いますが、万人が開けやすい缶切りは回転式です

また、切り口がてこ式のようにギザギザにならないので、缶を洗うときもケガをしにくいところもメリット。

回転式缶切りのデメリット
  • 握力が弱い人には不向き
誰にでも開けやすい回転式缶切りですが、ねじを回すのに多少は握力が必要になります。
他のタイプに比べると、握力が弱い人には不向きかもしれません。

アイテムによって必要な力加減も異なるので、なるべく少ない力で開けられるものを選ぶとよいでしょう。

缶切りの種類【3】電動式缶切り

電動式缶切り
電動式は、その名の通り自動で缶を開けてくれるタイプです。
電動式缶切りのメリット
  • 力もコツも不要
  • 利き手に関係なく扱える
電動式缶切りは、缶の上にセットしてボタンを押すだけで、自動で缶を開けてくれます。
力もコツもいらないので、誰でも簡単に扱えるでしょう。

ネイルをしているときなど、爪が傷つくのが気になる時にもおすすめです。

また、自動式以外の缶切りは左利きの人にとって扱いづらいこともありますが、自動式なら利き手が関係ありません

電動式缶切りのデメリット
  • 電池が切れたら使えない
  • セットが難しいものも
  • 比較的高価
とても便利な電動式缶切りですが、電池が切れているときや電源がないときに使えないので、非常時用のアイテムとしては困るかもしれません。

また、缶のタイプによっては電動式缶切りをセットしにくいものがあることや、ほかのタイプに比べて比較的高価なのもデメリットと言えます。

開けやすさが自慢!おすすめの缶切り3選

こちらでは、誰でも開けやすいおすすめの缶切りを3つご紹介します。

「缶切りの使い方」で使用したてこ式缶切りは、前述の通り開け方にコツがいるのがデメリット。
回転式・電動式であれば子どもでも楽に扱えますよ。

気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてくださいね。

【Joseph Joseph】軽い力でスイスイ開けられる!

Joseph Josephの回転式缶切り
回転式の中でも、軽い力で開けられると評判なのがこちらの缶切りです。缶のフチにセットして、上のつまみをクルクル回すだけであっという間に缶が開けられます。
また、こちらの缶切りはマグネットがついているので、開けたフタが落ちません。フタを落とすときは、ボタンを押せばOK。フタを触ってケガをすることもなくなります。
先端のフックを使えば、プルトップリングを簡単に開けられるところもうれしいですね。
タイプ 回転式
サイズ 約 幅6×奥行5×長さ15(cm)
切り口 なめらか
フタキャッチ機能 あり
¥1,980 (2021/10/17 19:35:19時点 楽天市場調べ-詳細)

【Giaretti Italy】どんな形の缶でも開けられる電動式缶切り

電動式缶切り
豆のようなコロンとした形が可愛い、電動式缶切りです。缶のフチにセットしたら、あとはボタンを押すだけ。缶を切り取り終わったら、自動的に止まるので特別な操作がいらないところも◎。
切り取ったフタは、缶切りがキャッチしてくれるので落ちることもありません。丸以外にも、楕円や四角などの缶も開けられます。
指先の力が弱くなって、てこ式や回転式の缶切りを使うのが難しい方にもおすすめできます。
タイプ 電動式(単3電池2本)
サイズ 約 幅13×奥行7.7×高さ4.8(cm)
切り口 なめらか
フタキャッチ機能 あり
¥3,850 (2021/10/17 19:35:20時点 楽天市場調べ-詳細)

【OXO】なめらかな切り口&軽い力で開けられる

OXOの回転式缶切り
こちらの回転式缶切りも、力が弱い人でも楽に開けられると評判です。缶のフチをはさんで、あとはつまみを回していくだけ。切り口もなめらかで、缶を洗うときもケガの心配が少なくなっています。
開けたフタをキャッチするよう、マグネットが内蔵されているところもポイント。
最初から最後までフタに触れないので、ケガをしにくいだけでなく衛生的です。
タイプ 回転式
サイズ 約 幅10.5×奥行6×高さ18(cm)
切り口 なめらか
フタキャッチ機能 あり
¥2,750 (2021/10/17 19:35:20時点 楽天市場調べ-詳細)

缶切りがない時でも大丈夫!代用品を使った缶詰の開け方

バーベキューや知人宅などで「缶切りを忘れた!」「缶切りがない!」となることもあるでしょう。
また、災害時なども缶切りがすぐ手に入らない可能性もあります。

そこで、身近にあるものを使って缶詰を開ける方法をご紹介します。

身近にある缶切りの代用品って?

缶切りの代用品として使えるものはいくつかあります。

缶切りの代用品として使えるもの
  • スプーン
  • マイナスドライバー
  • 硬貨
  • ハサミ
  • アイスピックや千枚通し
  • ラジオペンチやニッパー
  • コンクリートや岩

これらが、一般的に缶切りがなくても缶詰を開ける道具として使えると言われているものです。

今回は「スプーン」と「マイナスドライバー」を使って、ちゃんと缶詰を開けられるのか、どうやって開けるのかを検証をしてみます!
果たして、どちらが開きやすいのでしょうか。

POINT
どの方法でも手元をケガしないよう、軍手や手袋をはめてから作業をしてください。
軍手は滑り止めのイボが付いているもの、またはゴム手袋をすると滑りにくくて作業がしやすいです。

スプーンを使って缶詰を開ける方法

スプーンを使って缶詰を開ける
スプーンは、大小の2本を用意しました。
まずは、ケガ防止のために軍手をします。

準備ができたらスプーンを持って、1ヵ所をひたすらこすっていくだけ!
最初は小さいスプーンでやっていましたが、大きいスプーンの方が力が入りやすいのでおすすめです。

スプーンを使って缶詰を開ける
これがかなり骨の折れる作業で、私の場合7分48秒で穴が開きました。
穴がわずかでも空いたら、小さいスプーンをねじ込んで穴を広げます。

スプーンを使って缶詰を開ける
あとは『てこの原理』を利用して、前後に動かして穴を広げていくだけ……なのですが、またこれも大変!

スプーンを使って缶詰を開ける
缶切りのように引っ掛かる場所がないので、ツルツル滑って非常に開けにくかったです。

スプーンを使って缶詰を開ける
半分くらい開けば、十分中身を取り出せるので、最後まで開けなくても大丈夫です。
半分開けるまで、12分かかりました。

スプーンを使って缶詰を開けるのは結構大変

スプーンはどこでもあるものなので、缶切りの代用品としては適任だと思います。
しかし、缶詰を開けるには力と根気がいるので、女性には大変だと感じました。

力のある男性か、何度かやってコツをつかんだ人なら、もっと簡単に開けられると思います。

とはいえ、缶切りの代用方法として覚えておくと非常時などに役立つでしょう。

マイナスドライバーを使って缶詰を開ける方法

マイナスドライバーを使って缶詰を開ける
次に挑戦したのが、マイナスドライバー。
手元にコンパクトタイプしかなかったのですが、大きいものがあるともっと開けやすいと思います。
マイナスドライバーを叩くために、めん棒を用意しましたが、本当はゴムハンマーなどがあると便利です。

まずはケガをしないよう、軍手をしてくださいね。
マイナスドライバーを使って缶詰を開ける
缶のフチにマイナスドライバーを当てて、めん棒やハンマーを使って叩いていきます。
ガンガン叩いていくと、わずか50秒で穴が開きました!

マイナスドライバーを使って缶詰を開ける
スプーンよりはるかに短時間で穴が開きました。
あとは、ノミを使う要領でドライバーを叩きながら、穴を広げていきましょう。

マイナスドライバーを使って缶詰を開ける
ほかに人がいるときは、誰かに缶を固定してもらうと作業しやすいです。
1人でやるときは、お行儀が悪いですが、両足でガッチリ挟んで作業をすると楽に開けられます。

マイナスドライバーを使って缶詰を開ける
半分ちょっと開けるまで、トータルで5分半かかりました。
ハンマーの代わりにめん棒を使用したので、その分力が伝わりにくく大変でしたが、ゴムハンマーなどを使えばもっと早く開けられると思います。

マイナスドライバーなら女性でも比較的楽

最初にスプーンを経験した分、マイナスドライバーはとても楽に感じました!
力がなくても叩けば穴が開けられるので、女性にぴったりな方法だと思います。
マイナスドライバーは固く、折れる心配がないのも安心です。

ただし、家庭やシーンによってはマイナスドライバーやハンマーがないことも。
また、ハンマーなどで誤って手を叩く可能性もあるので、ケガには注意しなければなりません。

ケガに気を付ければ、缶切りの代用品としてマイナスドライバーは大いに役立ちます!

その他のアイテムで缶詰を開ける方法

今回は試しませんでしたが、他のアイテムで缶詰を開ける方法もご紹介しておきます。

硬貨を使って缶詰を開けるには

硬貨で缶を開ける際は、スプーンのように1ヵ所をひたすらこするか、硬貨をゴムハンマーで叩きましょう。
硬貨なら基本的に持ち歩いているはずなので、いざというときに便利です。

ただし、スプーンよりも小さく持ちにくいので力をこめにくいのがデメリット。
スプーンと同じく、開けるにはかなりの時間と根気が必要になるかと思います。
また、ハンマーで叩く際には、マイナスドライバーよりも手の距離が近くなるので、誤って手を叩かないよう注意が必要です。

ハサミを使って缶詰を開けるには

ハサミの先端をこすりつけても、缶が開けられます。
ただし、ハサミの切れ味が悪くなる可能性があるのと、ハサミの刃でケガをする可能性があります。

頑丈な手袋と古いハサミが手元にあるなら、試してみてください。

アイスピックや千枚通しで缶詰を開けるには

先端が鋭いアイスピックや千枚通しでも、マイナスドライバーと同じ要領で缶を開けられます。
やり方は先端を缶のフチにグリグリ当てて、穴を開けるのを繰り返すだけ。
狭い間隔で穴を開けていけば、フタがちぎれやすくなります。ゴムハンマーで叩くと、より早く穴が開くでしょう。

ただし、アイスピックや千枚通しは細いので、ハンマーで叩き続けると折れる可能性があります。
また、先端が鋭いのでケガに気を付けましょう。

ラジオペンチやニッパーで缶詰を開けるには

先が細いラジオペンチやニッパーも、缶切りの代用品になります。
先端をグリグリ押し当てて穴を開けたら、そこを取っ掛かりにして缶を切っていきましょう。

割と早く開く方法ですが、金属片が混入することがあるので注意してください。

コンクリートや岩で缶詰を開けるには

最終手段は、コンクリートや岩などの固いものに缶詰をこすりつけること。
何も手元に道具がない場合は、この方法を試してみてください。
特に災害時におすすめの方法なので、覚えておくと役立つはずです。

やり方は、缶詰のフタ部分をコンクリートや岩にひたすらこすりつけるだけ。
ただし、缶詰を逆さまにして開けるので、ものによっては液体がこぼれてしまうのと、石や砂などが入りやすいのがデメリットです。

缶切りの使い方や代用品を覚えておくと便利!

プルトップ式の缶詰が多くなってきたとはいえ、場合によっては缶切りが必要なシーンに遭遇することもあります。
いざというときに慌てないよう、今一度「昔ながらの缶切りの使い方」をおさらいしておきましょう。

使いやすい回転式や電動式の缶切りを購入するのもおすすめです。
今回ご紹介した缶切りは、どれも使いやすいと評判なのでぜひ参考にしてみてください。

また、缶切りが手元にない場合、身近にあるものを代用して開けることも可能です。
非常時にも役立ちますので、ぜひお試しくださいね。

ワインオープナーの使い方は?おすすめ15選とワインオープナーがない時の代用品もご紹介 大根おろし器の選び方とおすすめ13選!鬼おろしとの大根おろしの食感比較も