野菜の常温保存に!野菜ストッカーの選び方とおすすめアイテム&代用品のアイデア

野菜の中には、冷蔵庫より常温で保存した方がいいものがあるのをご存知ですか?
主には根菜類やいも類が該当するのですが、どこにどうやって保存しようか悩む方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、野菜ストッカーです。その名の通り、野菜を保存するためのグッズです。

今回は野菜ストッカーに適した野菜の話や、野菜ストッカー選びに失敗しないためのポイント、おすすめアイテムや代用品などをご紹介します。
野菜の保存方法にお悩みの方は必見です!

野菜ストッカーに入れた方が良い野菜と常温保存の注意点

そもそも、「なぜわざわざ野菜ストッカーが必要なの?」と思う方も多いかもしれませんね。
まずは野菜ストッカーとはどんなアイテムかをご紹介します。

野菜ストッカーって?

木製の野菜ストッカー
野菜ストッカーは、冷蔵保存に向かない野菜を常温保存するためのアイテムです。
野菜ストッカーを使わずとも常温保存しておくことはできますが、キッチンのあちこちに野菜を置いておくのも、見栄えがよくありません。

その点、野菜ストッカーを使えば野菜を1か所にスッキリまとめられます。
なおかつ「風通しがよい」など、野菜の常温保存に適した素材や形状になっており、最適な環境で保存できるのです。

¥4,400 (2021/09/29 01:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

野菜ストッカーに入れておきたい野菜は?

どんな野菜を野菜ストッカーで保存すべきかというと…

  • じゃがいも
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • さつまいも
  • 里芋
上記のような根菜類やいも類が当てはまります

これらの野菜を冷蔵庫で保存すると、水分が抜けて萎びるスピードが速まるのです。
そのため、常温または冷暗所での保存が適しています。

ちなみに、さつまいもと里芋は冷蔵保存だと低温障害を起こして劣化が早まってしまうので注意しましょう。

新玉ねぎは例外
ちなみに、新玉ねぎだけは冷蔵保存をしてください
水分量が多いので、常温保存では傷みやすくなります。

野菜ストッカーで野菜を保存するときの注意点

全体的に言える注意点は、野菜をポリ袋から取り出すこと

スーパーで売られているときは、ポリ袋で包装されていることが多いのですが、そのままでは湿気がこもります。
湿気がこもるとカビが生えたり、傷んだりしてしまうのです。

また、じゃがいもを野菜ストッカーで保存する場合は、日光に当てないようにしましょう。
日光に当たると緑色に変色し、毒性がある物質を生み出します。
日光だけでなく、蛍光灯など家庭内の照明もNGなので気を付けてください。

上に新聞紙などを被せておくか、スタッキングできる野菜ストッカーなら、下の方に入れるのがベストな保存方法ですね。

じゃがいものベストな保存方法と長期保存の注意点を解説!正しい芽の取り方も

夏場は常温保存ができないことも

先ほど常温保存をすべきと紹介した野菜も、高温多湿になる夏場に常温保存をするとすぐに傷むことがあります。

じゃがいもや玉ねぎは麻袋やネットなどに入れ、にんじんは新聞紙などで包んでから野菜室で保存してください。

野菜の保存方法【野菜の保存方法】はコレで決まり! 簡単だからズボラな人でも大丈夫!

野菜ストッカーを選ぶときのポイント6つ

カゴやバケツなどのシンプルな形状のものから、ワゴンタイプや引き出しタイプなど、野菜ストッカーといっても、さまざまな種類があります。
自分が置きたい野菜の種類や量、場所などに合わせて選ぶ必要がありますよ。

こちらでは、自分の家にピッタリな野菜ストッカーを見つけるためのポイントをいくつかお伝えしますね。

野菜ストッカー選びのポイント
  1. 通気性
  2. サイズ感
  3. 置く場所
  4. スタッキングできるか
  5. デザインや色
  6. お手入れのしやすさ

野菜ストッカー選びのポイント【1】通気性

通気性の良い野菜ストッカー
野菜ストッカーを選ぶにあたって、まず通気性の良さを確認しましょう。

野菜を常温で保存する際は、風通しがよくないと湿気がこもり、野菜が傷みやすくなります。
すき間や網目があったり、湿度調整がしやすい素材が使われている野菜ストッカーを選ぶとよいでしょう。

野菜ストッカー選びのポイント【2】サイズ感

オバケツの野菜ストッカー
ご家庭によって、野菜ストッカーに収納する野菜の種類や量は変わります。
そのため、まず自分がどんな野菜をどれくらい収納したいか考えてみましょう。

このとき、いつもストックしている野菜の量よりも、少し大きめの容量のものを選ぶことをおすすめします。
あまり野菜を詰め込みすぎると通気性が悪くなり、野菜が傷む可能性があるからです。

¥5,500 (2021/09/29 01:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

野菜ストッカー選びのポイント【3】置く場所

廊下に野菜ストッカーを置く
野菜ストッカーを置きたい場所のサイズを測るのもお忘れなく。
希望の野菜ストッカーが置けるかだけでなく、取り出しやすい位置かなども考えてみてください。

また、置きたい場所の通気性や日当たりなども考慮する必要があります。
先ほども説明したように、じゃがいもは日光が苦手です。
じゃがいも以外の野菜も、日光にさらされる場所だと温度が高くなるので、傷みが速くなります。

ジメジメした場所や、熱を排出する家電の近くに置くのもおすすめできません。
高温多湿な環境は、野菜が傷みやすくなるからです。

野菜ストッカーの置き場所の条件
  • 直射日光を避けることができる
  • 風通しがよい
  • 熱を排出する家電の近くではない
これらの条件をを満たす場所がベストですね。

野菜ストッカー選びのポイント【4】スタッキングできるか

スタッキングできる野菜ストッカー
「野菜ストッカーを買ったけど、もっと容量を増やしたい」と思うことがあるかもしれません。

スタッキングができる野菜ストッカーだと、上に重ねていくことで後から容量を増設できます

複数の野菜を保存したり、たくさんの野菜を保存したりするときは、スタッキングできるものも選択肢に入れてください。

野菜ストッカー選びのポイント【5】デザインや色

キッチンがおしゃれに見える野菜ストッカー
機能がよくても、デザインが気に入らないと長く愛用できません。

野菜ストッカーには、ナチュラルな木、シンプルなプラスチック、クールな金属製など素材も様々あります。
素材によって見た目の印象は変わるので、見た目にこだわりたい人は好みのデザインや色を選びましょう。

また、周りのインテリアとなじむかどうかも考慮するとよいですね。

野菜ストッカー選びのポイント【6】お手入れのしやすさ

野菜ストッカーに新聞紙を敷いておく
野菜ストッカーを使っていると、中に野菜の皮や土が落ちて汚れることもあります。
そのため、お手入れがしやすい素材あるいは形状かどうか、確認しましょう。

いっきに丸洗いしたいなら、プラスチックやポリエステルが適しています

そもそも野菜ストッカーに汚れを溜めなくないなら、網目が大きいものを選ぶのもひとつの手段です。
その際は下に新聞紙やトレイを敷いておくと、汚れが広がりません。

野菜ストッカーのおすすめアイテム5選

ここからは、野菜ストッカーのおすすめアイテムを5つご紹介します。

【山崎実業】スタッキングできるスッキリデザイン

towerらしい、スタイリッシュでおしゃれな野菜ストッカーです。
最大の特徴は、スタッキングした状態でも野菜を引き出せるところ。

通常スタッキングした場合、下の段の野菜を取り出すには上の段を一旦下ろさなくてはなりません。
しかし、こちらのアイテムならスタッキングした状態のまま、下の段を引き出せば野菜を取り出すことが可能。

また、前後以外は穴が空いているので、湿気を逃がしやすいです。
前後は穴が空いていないので、収納するときに野菜が見えず、インテリアの邪魔をしません。

¥1,650 (2021/09/29 01:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

【渡辺金属工業】野菜が育った環境に近い状態で保存できる

こちらはバケツタイプの野菜ストッカーです。
本体はトタン、フタはヒノキでできているのが特徴。

サビに強く丈夫なトタンのバケツに穴を空けることで、通気性が良くなっています。
フタのヒノキには、防虫・消臭効果があると言われているので、大切な野菜を守ってくれるでしょう。

職人がひとつひとつ手作業で仕上げたこの野菜ストッカー。
使えば使うほど味が出るので、長年の相棒になってくれますよ。

¥5,500 (2021/09/29 01:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

【パール金属】自分好みにカスタマイズできる

リーズナブルかつ、使い勝手がよい野菜ストッカーをお探しなら、こちらのアイテムがおすすめです。

スタッキングができるので省スペースに野菜を保存することが可能。
スタッキングした状態でも、横から野菜を取り出せますよ。

また、別売のフタやキャスターを組み合わせることができ、さらに使い勝手がよくなります。
自分好みにカスタマイズできるのがうれしいですね。

白を基調としているので、周囲のインテリアの邪魔をしないのもポイントです。

¥778 (2021/09/28 05:36:50時点 楽天市場調べ-詳細)

【萩原】省スペースでたくさんの野菜を収納できる

「野菜ストッカーを置きたいけど、場所がない」という方にはこちらのアイテムがおすすめです。

スリムな形状で、横幅が20cmあれば設置できます
5段のワゴンタイプなので野菜だけでなく、キッチン周辺の小物まで収納ができるんです。

また、本体は桐製で通気性がよいのも特徴。
横に穴が空いているので、より湿気がこもりにくくなっていますよ。

ナチュラルな見た目の野菜ストッカーを置けば、キッチンがおしゃれに見えますね。

【ヤマキイカイ】冷暗所が作れる野菜ストッカー

気温が高くなってくると、いくら通気性をよくしていても野菜が傷まないか心配になってきますよね。

こちらの野菜ストッカーは、テラコッタという素焼きの素材を使用しています。
調湿性や放熱性にすぐれているので、室温よりも温度が低い環境を作れるのです。
つまり、置くだけで根菜類の保存に適した冷暗所に早変わり

日光もシャットアウトするので、じゃがいもの保存にもピッタリですよ。
割れやすい素材ではありますが、大切に扱えば長年活躍してくれるでしょう。

ヤマキイカイ TerraCotta 野菜 ストッカー TR-4

野菜ストッカーが置けなくても使える!野菜用保存バッグ

ここまで野菜ストッカーについてご紹介してきましたが、「キッチンに野菜ストッカーを置くスペースがない!」という方も多いはず。

そんなときは、野菜の保存に適した保存バッグを利用してみましょう。
野菜用保存バッグ
保存バッグとは、麻やメッシュなどで作られた通気性がよい袋のことです。
壁や家具などに引っ掛けられるので、床に収納スペースがなくても使えますよ

ここからは、おすすめの野菜保存バッグを3つご紹介します。

【オカ】じゃがいもの保存にピッタリなバッグ

こちらの保存バッグは、網目が詰まっているので日光を通しにくくなっています。
そのため、じゃがいもの保存にピッタリなのです。

もちろん、通気性も問題ありません。
ポリプロピレン製なので、洗濯機で丸洗いもOKです。

見た目もナチュラルで、キッチンにポンと置いていても違和感はゼロ。
同じシリーズで、玉ねぎを保存するのに適した、網目が大きい保存バッグもありますよ。

¥880 (2021/09/28 05:36:50時点 楽天市場調べ-詳細)

【井上企画】蚊帳で作られた通気性抜群の保存バッグ

日本の伝統品である「蚊帳(かや)」を利用した、通気性抜群の保存バッグです。
特大、大、小の3種類がセットになっているので、さまざまな種類の野菜が保存できます。

伝統的な日本の色を使っているところも、ポイントです。
自宅用だけでなく、ちょっとしたプレゼントにも使えるでしょう。

¥1,958 (2021/09/28 07:49:57時点 楽天市場調べ-詳細)

【FUKU SHOP】メッシュ生地で湿気がこもらない

メッシュ生地を使用している、通気性抜群な保存バッグです。
中身が透けて見えるので、何がどれくらい残っているか把握しやすいところも◎

また、口が大きく開くので取り出しやすさも抜群。
野菜ストッカーのほか、エコバッグとしても活用できます。

FUKUSHOP メッシュバッグ 野菜保存袋

野菜ストッカーの代わりになる代用品のアイデア

これまで野菜ストッカーを使ってこなかったという場合もあるでしょう。
わざわざ野菜専用のストッカーを買わなくても……と思う方もいらっしゃるのでは。

野菜ストッカーは確かに野菜の常温保存に最適なアイテムですが、他の収納アイテムで代用することももちろん可能です。
いくつかアイデアをご紹介します。

野菜ストッカーの代用品【1】バスケット

バスケットを野菜ストッカーとして使う
雑貨屋などで売られているバスケットは、野菜ストッカー代わりにも使えます。

見た目がおしゃれで、野菜をゴロゴロっと入れておいてもサマになりますよ。
また、近隣の雑貨屋で手に入るので、気軽に買えるところもメリットですね。

ただし、丸洗いできないので、汚れ防止のために新聞紙などを敷いておきましょう。

野菜ストッカーの代用品【2】木箱

木箱を野菜ストッカーとして使う
100均などでも手に入る木箱も、野菜ストッカーの代用品になります。
木は調湿性にすぐれているので、代用品としておすすめのアイテムです。

ただし、根菜類など野菜を入れることを想定して作られていないので、強度が不安な木箱もあります。
たくさん入れる際は、壊れないよう十分注意してください。

¥2,640 (2021/09/28 11:51:26時点 楽天市場調べ-詳細)

野菜ストッカーの代用品【3】ざる

ざるを野菜ストッカーとして使う
ご家庭に不要な「ざる」はありませんか?
ざるは通気性がよく、野菜ストッカーの代用品にピッタリなのです。

ラックなどに、ざるごと野菜を置いておけば、見栄えもよくなりますよ。
ただし、浅いざるだと上に積むのに限界があるので、保存しておける量がネックになります。

野菜ストッカーの代用品【4】メッシュトートバッグ

メッシュトートバッグに野菜を保存
100均などでも見かけるようになった、メッシュのトートバッグも野菜の保存に使えます。

言うまでもなく、網目が大きいので通気性の心配は無用!
ただし、野菜が小さすぎると、網目から落ちることもあります。

野菜ストッカーは本当に必要?towerの野菜ストッカーを使ってみた

先ほどおすすめアイテムでご紹介した、towerの野菜ストッカーを実際に使ってみました。

「野菜ストッカーって本当に必要なの?」と思っている方は、実際の使い心地などをぜひ参考にしてください。

野菜ストッカーを使用する前の状況

野菜ストッカーに保存しておきたい野菜
野菜ストッカーに保存しておきたい野菜はコチラ。
1週間分くらいのじゃがいも、玉ねぎ、にんじんです。
野菜ストッカーを使用する前
野菜ストッカーを使用する前は、根菜類はコチラの麻袋に入れてその辺に放置していました。

しかし、麻袋が野菜に比べて大きすぎる&中身が見えないので取り出す時に覗かないといけない、というプチストレスがありました。
また、野菜がどれだけ残っているのか分かりづらく、うっかり切らしていたor残っているのにまた買ってきてしまったという事態も……。

野菜ストッカーを使ってみると

towerの野菜ストッカーに野菜を収納
それを野菜ストッカーに移したところ、何がどれだけあるのか一目瞭然に!
取り出すときにいちいち野菜を探る手間がなくなりました。

スタッキングできるtowerの野菜ストッカー
スタッキングできるtowerの野菜ストッカー

towerの野菜ストッカーはスタッキングができるタイプ。
重ねて使用しますが、下の段の野菜を取り出すときも、スライドができるのでとても取り出しやすいです。
特にバランスを崩して上の段が落ちてしまうこともありませんでした。

キッチン周辺もスッキリと見えるので、野菜ストッカーを取り入れる価値は大いにあると思います!


▼今回使用した野菜ストッカー
¥1,650 (2021/09/29 01:54:08時点 楽天市場調べ-詳細)

野菜ストッカーは「通気性」や「取り出しやすさ」に注目!

野菜をビニール袋や段ボールなどで無造作に保存するより、野菜ストッカーを使った方が保存性&利便性がアップします。

野菜ストッカーを選ぶ際は、通気性や野菜の取り出しやすさ、サイズ感などをチェックしてください。
また、繰り返しになりますが、直射日光や高温多湿になる場所は避けましょう。

お気に入りの野菜ストッカーを見つけて、賢く野菜を保存してくださいね。

パンをおいしく保存できるブレッドケースの選び方とおすすめ10選!代用アイテムも ご飯を美味しく保存できる「おひつ」のメリットは?使い方や代用品もご紹介