ご飯をおいしく冷凍できる保存方法は?ご飯の保存におすすめの保存容器もご紹介

冷凍したご飯を温め直したとき、「おいしくない」と感じたことはありませんか?

実は、ご飯をおいしく冷凍保存するにはいくつかのポイントがあります。
このポイントを守らないと、ご飯がパサパサしたり、風味が落ちてしまい、「おいしくない」と感じてしまうのです。
冷凍ご飯でも炊きたてのような、ふっくらおいしいご飯をいただきたいですよね。

こちらの記事では、ご飯をおいしく・早く解凍できる保存方法ご飯の保存におすすめの保存容器をご紹介します
また、ご飯を正しく冷凍する手順もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

ご飯の保存には「冷凍保存」がおすすめな理由

冷凍保存されたご飯
炊いたご飯をおいしく保存するには、「冷凍」がおすすめです。
なぜ、「冷蔵」ではなく「冷凍」なのかというと、ご飯は2度~3度以上の温度の中では、劣化がどんどん進んでしまうからです。

冷蔵庫内の適正温度は2度~5度のため、冷蔵庫の中に入れっぱなしにしてしまうと、ご飯に含まれているでんぷんの水分が抜けてパサパサになり、食感も味も落ちてしまいます。
一方、冷凍庫の温度は-18度前後ですので、ご飯の劣化を抑えることができるのです。
電子レンジで温め直せば、炊きたてのようなふっくらとした美味しいご飯に仕上がります。

冷凍ご飯の賞味期限は?

冷凍ご飯の賞味期限は、およそ「1ヶ月」です。

実は、冷凍保存をしても1週間を過ぎると少しづつ味が落ちてしまうのです。
そのため、ご飯の風味を損なわずに食べられる期限が「1ヶ月」となるのです。

冷凍して1ヶ月以上経ったご飯は、味が落ちることもさることながら、雑菌が発生してくる場合もあるため、早めに食べることをおすすめします。
冷凍ご飯に日付を書いておく
ご飯を冷凍保存をする際には、このように保存日を記入したシールを貼っておくとわかりやすく、忘れずに済みますよ。

冷凍ご飯を美味しく保存する3つの手順

ご飯を美味しく冷凍するには、正しい方法で冷凍保存するのがポイント。
冷凍する時にも正しい順番があります。

ご飯を美味しく冷凍する手順

ご飯を美味しく冷凍する正しい手順は下記の通り。

  1. 炊きたて、アツアツのご飯を包み水分を閉じ込める
  2. ラップなら平らに包む、容器ならふわっと隙間なく入れる
  3. 粗熱が取れたら冷凍庫へ入れる

詳しくみていきましょう。

手順1
炊きたてのご飯を包む
ご飯を美味しく冷凍保存するためには、ご飯は炊きたての状態のものが望ましいです。

できるだけ早く、「湯気ごと」ラップで包むか、市販の冷凍保存容器に入れます(理由は後述します)。
水分も一緒に閉じ込めることで、解凍後もふっくらとした食感がよみがえります。

手順2
少量ずつ平らに包む
ご飯をラップで包む
ご飯をラップで包んで保存する際は、お茶わん一杯分(約150g)を小分けにしましょう。
せっかく美味しくご飯が炊けても、一度にたくさんの量を包んで冷凍すると、電子レンジで解凍した際に温まり方にムラが生じて、美味しさが損なわれてしまいます。
ご飯を平たくしてラップで包む
包む時は、できるだけご飯を平たくすることがポイントです。
ラップは少し緩めにして包み、米同士がくっつきすぎないようにしましょう。
手順3
粗熱を取る
ご飯の美味しさを逃さないためには、「すぐに冷ます」ことが望ましいです。
しかし、熱いまま冷凍庫に入れると、庫内の温度が上がり、すでに入っている食材の劣化につながってしまいます。
そのため、ご飯は粗熱が取れてから冷凍庫へ入れるようにしましょう。
手順4
冷凍庫に入れる
ご飯の粗熱を取る
粗熱が取れたら、ご飯を冷凍庫に入れます。
その際には、アルミトレーに乗せて入れると冷凍時間を短縮できますよ。

ご飯を保存容器に入れて冷凍する時は…

ご飯を保存容器に入れる
保存容器に入れる場合は、ご飯を詰めすぎないように注意してください。
ふわっと隙間なく入れ、蓋をして密閉しましょう。

【ワンポイント】アルミホイルを使ってご飯を急速冷凍する!

アルミホイルでご飯を急速冷凍する
ご飯をさらにおいしく冷凍保存したい方は、ご飯を急速冷凍することポイントです。

やり方は簡単!ラップに包んだご飯をさらにアルミホイルで包んで冷凍しましょう。
アルミホイルは熱伝導率が良い素材なので、ご飯を急速冷凍することができます。
さらに、ご飯に含まれる水分を失わずに保存することもできますよ。

保存容器の場合でも、アルミホイルで包めばOK!
電子レンジで解凍する際には、必ずアルミホイルを外してから温めてくださいね。

ご飯を冷凍保存する時に気を付けたい3つの注意点

ご飯を冷凍保存する際には、気をつけていただきたい注意点がいくつかありますので、ご紹介します。

ご飯を冷凍保存する時の注意点
  • ご飯は炊きたてのうちに保存!が鉄則
  • 炊飯器での保存は5時間までにする
  • 丸くして包まずに、平たく包む
1つずつみていきましょう。

【1】ご飯は「炊きたてのうちに保存」が鉄則

炊きたてご飯
ご飯を冷凍保存するには、「炊きたて」が鉄則です。
なぜかというと、ご飯のおいしさの決めてである「でんぷん」の状態が変化するからです。

生米に含まれているでんぷんは硬くて水にも溶けにくい性質を持つ「βでんぷん」と呼ばれる状態のでんぷんで、体にも吸収されにくいのですが、水と一緒に加熱することで水分を吸って軟らかくなり、適度な粘り気が出ておいしく吸収も良い「αでんぷん」へと変化します。(引用:ご飯のおいしさ「でんぷん」の話【JAコラム】

つまり、炊き立てのご飯から立ち上る湯気などにはでんぷんが含まれているため、「湯ごと」ラップで包むことでご飯のおいしさをそのまま閉じ込めることができるのです。
なるべく早く水分を逃さずに冷凍保存するということを心掛けるようにしましょう。

【2】炊飯器での保温は5時間まで

ご飯を冷凍保存するには、「炊きたて」が大切とわかりつつも、忙しい食事時は、すぐにできないときもありますよね。
そんなときは、炊飯器で保温して5時間以内には保存するように心がけてください。

ご飯は、保温の時間が5時間を超えると、でんぷん質が変化し、水分が飛んで、ツヤがなくなりパサパサとしたご飯になってしまいます。
炊飯器での保温が5時間を過ぎたら、電源を切り、ご飯を冷凍保存するようにしましょう。

【3】平たく包んでスピード解凍

ご飯を平たく包む
ご飯をラップで包んで保存する際は、おにぎりのように丸く包まないようにしましょう。
冷凍速度が遅くなり、解凍する際にも中心部までうまく解凍できないことがあります。

ご飯を平たく包むことで、レンジで解凍する際に熱ムラがなく、ふんわりと炊きたてのご飯を再現できます
また、熱の通りが均一になるので、早く解凍することができますよ。

平たくしたご飯を冷凍庫に入れる時は…
冷凍庫のスペースは限られているので、どうしても平たくしたご飯を重ねて入れてしまいがちですが、重ねて入れるとせっかくふんわり包んだご飯が潰れてしまうのでおすすめできません。できるだけ重ねて入れないようにするか、保存容器に入れて潰れないようにしてから重ねて入れるようにしましょう。

冷凍ご飯を早くおいしく解凍するためのコツ

ご飯を冷凍する時には、ちょっと一工夫するだけで早く解凍することができ、手間と時間を削減できるコツがあります。
ご飯を早く解凍したいなら、以下の3つのポイントを押さえておきましょう。

冷凍ご飯を解凍するときのポイント
  • 1食分ずつ解凍する
  • 包み方をドーナツ状にする
  • 2回に分けてご飯を温める

詳しくご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

ご飯は1食分ずつ解凍する

ご飯は1食分ずつ解凍する
家族が多かったり、時間がなかったりするとき、ついまとめて解凍したくなりますよね。
しかし、一度にたくさん解凍してしまうとムラができやすくなり、解凍の失敗の原因になってしまいます。
ご飯のおいしさも失われる上、時間もロスしてしまいます。

少し手間に感じるかもしれませんが、ご飯は1食分ずつ温めるようにしましょう
ちょっとしたこのひと手間が、冷凍ご飯をおいしく解凍するポイントです。

包み方をドーナツ状にする

ご飯をドーナツ状に冷凍保存する
ちょっと面白い方法ですが、ラップでご飯を包む際、中心に穴が空いたドーナツ状にすると早く解凍することができます
ドーナツ状にすることで解凍する際に起こりがちな熱ムラがなくなるためです。

やり方は、ラップを広げた上に、炊きたてご飯をドーナツ状にして、なるべく平たくしたままふんわり包みます。
実際にやってみたところ、通常通り平たくして包んだご飯に比べ、ドーナツ状にして包んだご飯は約半分の時間で解凍することができました

2回に分けてご飯を温める

ご飯をおいしく解凍するには、2回に分けて温めることがポイントです。

1食分の冷凍ご飯を耐熱皿に乗せて1分半ほど温めたら、1度取り出してご飯を箸でほぐします。
ほぐれたご飯をお茶碗に移しかえ、ふんわりラップをしてもう一度40秒ほど温めれば出来上がり。

2回に分けて温めることで水分の偏りや熱ムラがなくなり、ご飯をおいしく解凍できます。

冷凍ご飯の保存に適したおすすめの保存容器8選

ご飯を冷凍するときはラップがお手軽ですが、ご飯の美味しさにこだわるなら、ご飯専用の保存容器の使用をおすすめします。

独自の構造で、冷凍保存したご飯がまるで炊きたてのようなふっくらとした食感に解凍できたり、炊きたてご飯を冷まさずに保存できるものまで、さまざまな工夫が凝らされた専用容器がありますよ。
ラップにはない、保存容器の機能性と活用方法をご紹介します。

薄肉ご飯冷凍保存容器「モダントーン」

薄肉ご飯冷凍保存容器「モダントーン」
こちらの保存容器は、本体とスリットざるの二重構造になっています。熱をもらしにくいため、炊きたてのご飯も冷まさずに、すぐに冷凍庫に保存することができます。
電子レンジで解凍するときは、フタをしたままでOK!蒸気がムラなく循環して水分がご飯に行き渡るため、ふっくらとしたご飯に仕上がります。
お茶碗にポンとよそえて、手軽に美味しいご飯を楽しめます。

マーナの極冷凍ご飯容器

お米マイスターが監修した、冷凍ご飯をムラなくふっくらと温められるかたちを極めた保存容器です。
容器の底にすのこがあるため、ご飯のベタつきを防ぎながら、美味しく解凍できます。

シンプルなデザインで重ねて収納もでき、冷凍庫内の見た目もスッキリします。
また、見た目もオシャレで丈夫な作りになっているため、お弁当箱としても活躍してくれますよ。

¥1,078 (2021/01/17 05:42:33時点 楽天市場調べ-詳細)

保存容器「サーキュラ(Cirqula)」

そのまま食卓に出しても違和感のない、シンプルでおしゃれな保存容器。
密閉性が高く、フタを外して電子レンジで温めれば、ご飯をおいしく仕上げることができます。
また、冷蔵にも適しているため、フルーツやお惣菜などのお料理も保存でき、いろいろな使い方ができるところも嬉しいポイントです。
北欧カラーでおしゃれな色味で、使うたびに愛着も沸きますね♪

ご飯冷凍保存容器「キチントさん」

一度は目にしたことのある、ご飯をおいしく冷凍保存できるキチントさんシリーズ。
底の部分が凹凸になっているため、加熱ムラがなくなり、ふっくらとおいしく仕上がりになります!
また、フタに蒸気弁がついているため、弁を空けてフタごと電子レンジで加熱してOK!
サイズが小盛、一膳、大盛と3種類展開されているので、食べる量に合わせて選べるのも嬉しいですね。

¥403 (2021/01/17 18:01:49時点 楽天市場調べ-詳細)

あら熱をとらずに保存できる保存容器

外気へ熱を伝えにくい構造になっているので、あら熱をとらずに炊きたてのご飯をそのまま冷凍保存できる保存容器です。
そこが凸型になっているので、全体をムラなく均等に加熱し、ふっくらと炊きたてのようなご飯に仕上がります。

¥262 (2021/01/17 18:01:49時点 楽天市場調べ-詳細)

カラフルな保存容器「楽ちんパック」

カラフルで使うのが楽しくなりそうな保存容器です。フタをしたままレンジOK!
フラットな形なので、洗うのも楽チンです。重ねやすく、冷凍庫内もスッキリ収納できます。ご飯以外にも、おかずの冷凍にも役立ちますよ。

¥550 (2021/01/17 18:01:49時点 楽天市場調べ-詳細)

タニタのレンジ対応保存容器

健康と美味しさを追求するタニタの保存容器。
ご飯を入れる目安があり、100g、140gの2種類のサイズ展開になっています。
フタをつけたままふっくらと解凍でき、健康志向の方や、ダイエットをしている方にも使い勝手のよい保存容器になっています。

タニタ 保存容器 レンジ対応 ごはん KH-003

急速冷凍できるアルミ製の保存容器

急速冷凍できるアルミ製の保存容器
熱伝導率の高いアルミ製なので、ご飯のおいしさをそのままに急速冷凍することができます。底部には線状の突起があり、ご飯などを小分けにして保存することができます。また、内側には食材が引っ付きにくい加工が施されており、冷凍したご飯やお肉も楽に取り出すことができます。
¥618 (2021/01/17 23:01:32時点 楽天市場調べ-詳細)

正しく冷凍して、ご飯をおいしく保存しよう

ご飯をおいしく保存するためには、正しい方法で冷凍保存をするようにしましょう。

おうちにあるラップやアルミホイル、また、専用の保存容器を活用すれば、おいしくご飯を保存でき、解凍後はまるで炊きたてのようなご飯を味わうことができます。

ご飯を炊き忘れてしまった忙しい日でも、冷凍ご飯がストックしてあれば安心ですね。
ご飯をおいしく冷凍するポイントを押さえて、ぜひ日々の生活で冷凍ご飯を活用してくださいね。
お肉の冷凍法(急速冷凍)お肉を日持ちさせる冷凍保存のポイント!包み方や解凍方法も解説 towerの米びつお米を美味しく保存!カビや虫に悩まない保管方法と米びつ・保存容器の選び方