【野菜の保存方法】はコレで決まり! 簡単だからズボラな人でも大丈夫!

野菜の保存方法

野菜の最適な保存方法は、種別、生育環境、販売状況など、さまざまな状況によって変わってきます。
「ニンジンはこう」「ほうれん草はこう」というよりも、種別や環境の違いで分けて考えた方が効率的です。

今回は野菜の最適な保存方法を、大雑把に分類してご紹介します。

野菜は”あるままに保存する”が鉄則

野菜を美味しく長持ちさせたいなら、野菜の種別、生育環境、販売状況のままに家庭でも保存することが望ましいです。

土つきのニンジンとごぼう
にんじんのように地下へ伸びていく縦長の野菜なら、冷蔵庫内でも立てかけるように保存したほうがいいというのを聞いたことがあるかもしれませんが、それは、生育環境の”あるままに”を再現したかたちですね。

冷蔵されて売っていたものなら冷蔵保存をするなど、売り場の環境に合わせるのもポイントです。
「スーパーでは冷蔵の棚にあったから」と、思い出しながら家庭でも保存すれば、野菜の美味しさが大きく損なわれることは少ないはずです。

常温で売っていた野菜の保存方法とは

一度も冷蔵されていない”とれたて野菜”などは、常温で売られていた野菜だということができますね。その場合は冷蔵庫へ入れずに、新聞紙にくるんでそのまま常温保存をしましょう。

これは私が農家さんに教えてもらった保存スタイルですが、市場のように台に並べられて売っているだけの野菜は、この方法で保存するのがベストだそうです。
新聞紙にくるんで常温保存するという方法は、水分が多い野菜の細胞壁が壊れてしまうのを防ぐことができ、野菜が美味しい状態で長持ちします。

野菜を常温保存するときの注意点

ただし、常温で保存するときには注意も必要です。
例えばスーパーで売っている野菜の多くは、一度冷蔵されたものも多く売っています。
売り場自体の室温が低いので、取り立てて冷蔵コーナーに陳列していない場合があるのです。すると、常温の棚にあっても、実は冷蔵庫保存の方が向いている野菜であるということもあります。

とくに遠くからやってきた野菜は、輸送時に冷蔵されていることもあります。
様子をみて購入・保存を決めるといいでしょう。

野菜の鮮度を保つコツ

新鮮な状態をキープするには、大きな温度変化を避けることが最も重要です。

夏場などで気温が高いときは、常温で売られていても外気温の高さで野菜が傷んでしまいます。その季節ごとに”温度差”を意識して保存方法を決められるといいですね。

夏場は基本的に冷蔵庫でOK

「常温で売っている野菜は常温で保存」と言いましたが、例外があります。
――それは、夏場です。

日本の夏も最近は暑いので、家の中に冷暗所がない場合は常温で保存するのはやめましょう。
かならず冷蔵庫か野菜室へ保存してください。

冷暗所について
例えば、マンションなどは密閉性が高いため、冷暗所と呼べる場所はあまりないのが一般的です。冷暗所の定義としては「温度が低く、安定していて風通しがよく、直射日光が当たらない場所」と一般的に考えられています。 冷暗所の温度の目安は、約1〜15℃(または15℃前後)と考えられています。

土のついている野菜の保存方法

根菜などは、土がついたまま売っている物が多いですよね!また、家庭菜園で獲れた野菜の保存方法などに迷っている方もいらっしゃるかもしれません。

土がついて売っている野菜は、基本的に土のついたまま保存するようにしましょう
土つきの方が適度な湿度・温度に保ってくれるため、野菜にとって快適な環境を作ってくれるのです。
土つきのニンジンとごぼうとジャガイモの保存方法
保存するときは、真冬でない限りは野菜室などに入れて保存しましょう。
根菜は地中という低温な環境で育っているので、生育環境と似たような状況をつくると長持ちします。


<主な根菜類の一例>

根菜類 大根、カブ、人参、ゴボウ、サツマイモ、ヤマイモなど
地下茎 ジャガイモ、サトイモ、レンコン、クワイなど
地下鱗茎 オニユリ、ヤマユリ

じゃがいもの保存については、下記の記事にさらに詳しく書いています。
意外と知らない?じゃがいもの栄養・効果とおすすめレシピ&保存方法

スーパーで冷蔵されていた野菜は、「冷蔵室」または「野菜室」へ

スーパーの冷蔵ブースで売られていた野菜は、帰宅後すぐに野菜室や冷蔵室で保存しましょう。常温に置いてしまうと温度差によってしなびてしまうので、できるだけ温度差がない状態で帰宅するのもポイントです。
保存のきかない葉物野菜ともやし
ただし、野菜によっては野菜室と冷蔵室を使い分けて保存したほうがいいものもあります。

具体的には、以下の通りです。

  • 葉物野菜、もやし……冷蔵室
  • 果菜、根菜、きのこ……野菜室

葉物野菜の保存方法

葉物野菜は寒冷な地域で栽培されることも多いですが、室温が高くなるとビタミンCを消耗してしまう特徴があります。

うっかり冷蔵庫にしまい忘れると、葉物野菜は1日でも成長が加速してしまい黄色く「黄化」してしまうことも……。食べるときの栄養素が失われてしまうので、成長を抑えるためにも低温の冷蔵室へ入れましょう。

ほうれん草、小松菜、チンゲン菜、春菊などの葉物野菜を冷蔵保存する場合は、乾燥に注意が必要です。
冷蔵室で保存するときには、新聞紙やキッチンペーパーなどにくるんで保存するのがおすすめ。
乾燥を防ぎ、適切な湿度を保ってくれます。
白菜は新聞紙やキッチンペーパーなどにくるんで保存

葉物野菜は早めの加熱調理を

ほうれん草や小松菜は冷蔵で長期保存することを考えるよりも、さっさと加熱してしまうのが一番いい手だと言えます。こうすることで栄養価も落ちにくいです。

後々おひたしなどに使いたいなら、たっぷりのお湯で一束ずつ湯がきます。冷水に浸して水気を絞り、保存袋や容器に入れて冷蔵室で保存しましょう。

炒めもの、お味噌汁などに使いたいなら蒸煮にしておくのもおすすめ。ザクザクっと切って鍋に入れ、100ccくらいの水とひとつまみの塩を振って、フタをして中火にかけます。
葉物野菜の蒸煮
湯気が出て1分ほどしたら様子を見て、全体を軽くかき混ぜたら火から降ろし、冷ましてください。(写真はアミエビを一緒に蒸してあります)

蒸煮なら醤油やドレッシングをかけて食べてもいいので、あと一品欲しいときにも重宝します。

もやしの保存方法

もやしも葉物野菜同様、低温のほうが成長速度を遅くすることができるため、冷蔵室へ入れて保存しましょう。
すぐ使う場合は野菜室でもいいですが、より新鮮な状態をキープしたいなら冷蔵室に入れて保存するのがベストです。

もやしは組織が柔らかく、鮮度が落ちやすい食材です。買って来たらなるべく2~3日以内に使い切るのが一番です。


使いかけ(開封済み)のもやしの保存方法は?

もやしは一度開封してしまうと痛みやすくなります。残ったものはパッケージ(袋)のままの状態では保存しない方がよいです。すぐに使わない場合は、さっと洗って水気をよく切り、密閉できる食品保存袋(冷凍庫で使用できるもの)に入れて冷凍保存しましょう。食感は失われますが、最長で約2週間くらいは保存できます。


もやしの袋の中に水がたまってしまうのはなぜ?

賞味期限以内でも保存状態が悪いと、時間が経つにつれて袋が膨らみ、水がたまってしまうことがあります。
もやしがしんなりしていたり酸っぱいニオイがあれば傷んでいる可能性があるため、なるべく食べないほうが無難です。
こういったことを避けるため、すぐに使わない場合は、一度湯通しをしてから密閉容器に入れて冷蔵庫に保存する方法もおすすめです。湯通しすることで細菌が減り、劣化速度を抑えることができます。

※ゆでた場合でも他の食材に比べて傷みが早いため、ゆでた翌日〜2日以内には食べきるようにしましょう。

夏野菜に多い「果菜」の保存方法

果菜といって、トマトやナス、きゅうりなどは水分が多いため、冷やしすぎると逆に傷みの原因になります。
夏野菜に多いのですが、これらは適温で保存できる野菜室へ入れておきましょう。
野菜室の中でも特に上部で保存すると安心ですね。

果菜は水分が多いのですが、結露などの水気は傷みの原因になります。
なので、理想は一つ一つ新聞紙でくるみ、袋などに入れて保存しましょう。面倒であれば、ひとまとめにしてしまっても構いません。

根菜類の冷蔵保存は野菜室で

根菜は前述の通り野菜室で保存します。土付きのものは土付きのまま、土がついてないものは新聞紙などにくるんでビニール袋等へ入れて保存しましょう。
土のついていないじゃがいもは新聞紙にくるんでビニール袋に入れてから野菜室で保存。

工夫次第で保存方法が変わる「きのこ類」

きのこは冷蔵室では冷えすぎてしまうので、野菜室で保存します。(※常温保存は1~2日しか持たないためおすすめしません)

パックから取り出したら、石づきはそのままにして、キッチンペーパーでくるんでビニール袋等に入れて保存しましょう。

きのこの種類や流通経路によりますが、冷蔵保存で約1週間〜10日ほど日持ちします。

きのこを冷凍保存する場合

きのこは、冷凍保存もできます。冷蔵保存のときとは異なり、石づきをカットしてから小房に分け、冷凍用の保存袋に入れて冷凍庫で保存します。
冷凍した場合の日持ち(賞味期限)は、きのこの種類によりやや異なりますが、目安は約1ヶ月です。
しめじはバラバラにして保存袋に入れて冷凍

きのこを干して保存する場合

きのこ類は、ざるに並べて天日干しすることで、さらに長期間保存することが出来ます。
乾燥させる日数は、暑い時期なら1日、寒い時期なら3日程度が目安です。

乾燥えのきの場合は、保存袋や保存容器などに乾燥剤と一緒に入れておけば、常温あるいは冷蔵で数か月~半年程度もちます。
干すだけ簡単!万能な旨み調味料「乾燥えのき」を自宅で作ろう 椎茸であれば、しっかりと乾燥させれば1年くらい日持ちさせられます。
戻し汁を出汁(だし)に使うこともできるので、一石二鳥ですね。
干し椎茸の上手な使い方
乾物の正しい保存・収納方法とおすすめ保存容器<簡単レシピつき>

キレイなまま鮮度をキープ!生姜のベストな保存方法

生姜しょうがは水につけて保存するのが一番日持ちします。
風味はだんだん落ちる感じもしますが、大きく風味を損なうこともなければ、傷んだり腐ったりするのも防げるんです。
生姜の上手な保存方法
上の写真は、購入後3週間が経っていますが黒ずんでいるところもありません!

保存の方法は、以下の通りです。
生姜の保存容器
容器に生姜を入れたら、かぶるくらいの水を入れます。
あとは2〜3日に一度、水を入れ替えればOKです。
容器はどんなものでも構いませんが、中身が見えないとうっかり水の入れ替えを忘れてしまうので透明なものがおすすめです。
水を入れたコップなどで生姜を保存
容器の代わりにコップなどに入れてラップをかけるというやり方でもいいと思います。

知っ得!? エチレンガスの出る野菜に注意?

野菜にはエチレンガスが出て、他の野菜の鮮度を落としてしまうものもあります。
適宜ビニール袋に入れたり、ラップをしたりして、エチレンガスに触れないようにしましょう。

エチレンガスが出る食物としてはりんごが有名ですが、実はピーマンなどに代表される野菜の多くも、エチレンガスを出します。

エチレンガスは切り口から出ることも多いので、使いさしの野菜は必ずラップなどで包んだり、ビニール袋に入れたりするようにしましょう
リンゴはエチレンガスを出す


<エチレンガスの排出量が多い野菜や果物の一例>

果物 リンゴ、桃、梨、アボカド、キウイ、メロン、パパイヤ、バナナ、イチジク、柿、アンズなど
野菜 トマト、ブロッコリー、ピーマン

さいごに

料理をする家庭なら、必ずと言っていいほど冷蔵庫に野菜が入っていますよね。
美味しく長持ちできれば、節約にも繋がります。

できることから取り入れていけば、毎日の料理の腕も上がるかも……。
ぜひ、今日からでも始めてみてくださいね!