ワイングラスの種類・形状別の選び方―おすすめワインホルダーなどの便利グッズも―

洋食に欠かせない飲み物、ワイン。そんなワインを彩るのが、ワイングラスです。
しかし、ワイングラスと一概に言っても種類はさまざま。形状やブランドもたくさんあり、どの商品を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

また、繊細なワイングラスは、収納やお手入れ方法がいまいちよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ワイングラスの種類と選び方、収納方法まで一挙解説します。

ワイングラスの主な役割と各部の名称

ワイングラスの主な役割と各部の名称
どんなワイングラスを使うかによって、ワインの味わいや香りが変わるのはご存じでしょうか?
赤ワインや白ワイン、ロゼやスパークリングなど、ワインの種類がさまざまあるように、ワイングラスにも種類があります。

同じワインでも、使用するワイングラスによって味わいや香りが微妙に異なってくるのが、ワインを楽しむ醍醐味ともいえます。

ワイングラスの各部位の名称について

ワイングラスの各部名称
ワイングラスには、各部位に名前が付いています。
各部位の大きさや厚みなどによってワインの味わいも変わってくるので、ぜひ知っておきたいポイントです。

リム

ワインを飲むときに唇が触れる、グラスの端部分が「リム」です。
このリムが薄ければ薄いほど、滑らかな口当たりを実現できるといわれています。
また、直径が小さいほど、グラスの中に香りを留めておくことが可能となり、香りを長く楽しむことができます。

ボウル

ワインが注がれる部分を「ボウル」と呼びます。
ボウルはワインを留めておく、香りに直結する大事な部分
ボウルの広さや高さ、カーブの具合などによりワインの香りが変わってきます。

ステム

グラスを手で持つ際に掴む、細い棒状の部分が「ステム」です。
長ければ長いほど手の温度がワインに伝わりにくく、味への影響が少なくなります

プレート

ステムにくっついている、グラス全体を支える基盤となるのが「プレート」です。
香りや味わいに対して直接的な影響はありませんが、テイスティングの際、プレート部分を持って香りを確認する方は、手に馴染みやすいものを選びましょう。
ワイングラスの正しい持ち方

ワイングラスの正しい持ち方
日本では、ステム部分を3本の指で持つのが一般的なワイングラスの持ち方とされています。
しかし、ステム部分を持つのは日本だけのルール。

ワインを飲む機会の多い海外では、ボウル部分をしっかりと手で持つスタイルがマナーとされています。日本のステムを持つルールは、海外では一般的な持ち方ではないので注意が必要です。

ワイングラスの主な種類と特徴

ワイングラスには実に様々な形状のものや種類があり、それぞれに特徴が異なります。
ワインの特性に合ったグラスを選ぶためにも、まずはどんな種類があり、どんな特徴があるのかを見ていきましょう。

ワイングラスの選び方にはいくつかポイントがありますが、好みのワインが決まっているという方は、ワインに合わせたワイングラス選びをするのもおすすめです。
ワインの原料となるのが、ブドウです。ブドウの品種によってワインの仕上がりが違ってくるのと同時に、ベストな味わい方も異なってきます。

ここでは、ワインの種類別におすすめのワイングラスを紹介します。

赤ワイン用のワイングラス

お肉料理に欠かせない赤ワインには、「ボルドー型」や「ブルゴーニュ型」のワイングラスがおすすめです。

ボルドー型のワイングラス

ボルドー型のワイングラス
赤ワインに使われる代表的な品種として挙げられるのが「カルベネ・ソーヴィニヨン」です。
深みのある濃厚な色味と、しっかりとしたタンニンが特徴。酸味と渋味のバランスが非常によく、濃厚な味わいは赤ワインの王様とも言われるほどです。
カルベネ・ソーヴィニヨンには、ボウルからリムにかけての曲線がゆるやかで、縦長のフォルムの「ボルドー型」のグラスがおすすめです。

「ボルドー型」は、いわゆる「万能型」よりも一回り大きめの、チューリップ型をしたワイングラスです。
香りが立ち上りやすく、赤ワイン独特のタンニンもほどよくマイルドにしてくれる形状をしています。

その名の通り、ボルドー地方で作られる赤ワインの女王と名高い「カルベネ・ソーヴィニョン」などを味わうのに最適のワイングラスです。

ブルゴーニュ型のワイングラス

ブルゴーニュ型のワイングラス
「ブルゴーニュ型」は、ボルドー型より丸みを帯びたフォルムが特徴的なワイングラスです。
底部分が広く、ワインが空気に触れる面積が広いので、香りをより一層楽しむことができますよ
フルーティーな香りが印象的な、ブルゴーニュ地方の「ピノ・ノワール」などを味わうのにおすすめのワイングラスです。

白ワイン用のワイングラス

魚料理を引き立たせてくれる白ワインには、「キャンティ型」・「モンラッシェ型」のワイングラスがおすすめです。

キャンティ型のワイングラス

キャンティ型のワイングラス
「キャンティ型」は、赤ワイン用のワイングラスよりも一回り小ぶりなワイングラスです。白ワインはもちろん、浅めの赤ワインなどにもおすすめです。
まずはひとつ揃えたい、という時に選びたいワイングラスです。

モンラッシェ型のワイングラス

モンラッシェ型のワイングラス
「モンラッシェ型」は、やや平べったい丸いフォルムの、白ワインを楽しむための王道ワイングラスです。
白ワインの最高峰「モンラッシュワイン」を堪能するために最適。ボウルの長さが短いため、ワインの味わいや香りがダイレクトに届くのが特徴です。

「シャルドネ」に合うグラスは?

白ワインの王様と言えば、「シャルドネ」です。「シャンパーニュ」の原産としても名高い品種であり、香りもフルーティな柑橘系から、ナッツやバターなど芳醇な香りを楽しめるものまでさまざま。
サッパリとした切れ味の爽快感を味わえるワインです。

シャルドネには、やや縦長でリムの直径が大きめのものがおすすめです。また、シャルドネをよく熟成させたものには、赤ワイン向けのようなボウルが丸く直径の幅が広いグラスをおすすめします。

スパークリングワイン用のワイングラス

発泡性があり、若い世代からも飲みやすいと評判のスパークリングワイン。「白スパークリング」や「ロゼ・スパークリング」など共通で、「フルート型」がおすすめです。

白ブドウから作られる一般的な「スパークリングワイン」に加え、「ロゼ・スパークリングワイン」などもありますが、どちらにも共通しているのが、発泡性があるということです。
泡立ちを楽しむスパークリングワインには、すらりとした細長いシルエットの「フルートグラス」と呼ばれるものが特におすすめです。

フルート型(フルートグラス)のワイングラス

フルート型(フルートグラス)のワイングラス
「フルート型」は、泡を持続させやすい、ボウル部分が細長い形をしたワイングラスです。
炭酸が抜けにくい構造をしているので、スパークリングワインを楽しみたい方は、フルート型一択でしょう。

ワインが格段に美味しくなる!ワイングラスの選び方

ワインの特性に合わせてグラスを使うという選び方以外にも、ワイングラスを選ぶときに抑えておきたいポイントがいくつかあります。
ここでは、さらに詳しくワイングラスの選び方のポイントをご紹介します。

持ちやすく扱いやすいものを選ぶ

繊細な作りであることに加え、手でグラスを回して香りを楽しんだりする機会の多いワイングラス。ご紹介してきた通り、さまざまなタイプのワイングラスが存在します。

さらに、ワイングラス選びにはあと「もう一工夫」。
耐久性収納のしやすさについても着目しましょう

小さなお子様がいるご家庭では、万が一倒しても割れにくい素材を選んだり、収納スペースの広さや形状を考慮することも大切ですよ。

耐久性のある素材を選ぶ

ガラス製のワイングラスが一般的ですが、近年では耐久性の高い「プラスチック」製のワイングラスも出回ってきています。

中でも「トライタン樹脂」製のものは、ビルの10階から落下させても割れないことで有名です。丈夫でお手入れがしやすい、プラスチック製のワイングラスも視野に入れてみてはいかがでしょうか。


参考 トライタン(樹脂)製グラスワイン・アクセサリーズ・クリエイション

収納しやすさで選ぶ

「ステム」がないワイングラス
縦長のフォルムが一般的なワイングラスは、収納場所を選びます。一方で、中には「ステム」がないワイングラスも存在します

最も繊細な部分であるステムがないワイングラスは、安定感があり扱いやすく、収納スペースも占領しません。
収納場所に不安を感じる方は、ステムのないワイングラスを検討してみることをおすすめします。

1つだけ選ぶ場合は「万能タイプ」も◎

もし、とりあえず無難なものを選びたいという方には「万能タイプ」と呼ばれるワイングラスがおすすめです。
赤・白・スパークリングどんなワインも楽しめる、いわゆるチューリップ型と呼ばれるワイングラスです。
ワイン初心者の方は、まず万能タイプのワイングラスから挑戦してみるのが良いかもしれません。

おすすめのワイングラス10選

以下では、さまざまなブランド・特徴を持つおすすめのワイングラスをご紹介します。お気に入りの一品を、ぜひ見つけてみてくださいね。

1.RIEDEL(リーデル) | オヴァチュア レッドワイン

260年以上の歴史を持つ「RIEDEL(リーデル)」は、の「オヴァチュア」シリーズは、ワイン初心者向けのリーズナブルでシンプルなクリスタルガラス製。中でも「オヴァチュア レッドワイン」は、軽めの赤ワインに最適なワイングラスです。

2.SCHOTT ZWIESEL(ショット・ツヴィーゼル) | ヴィーニャ17ozウォーター

「SCHOTT ZWIESEL(ショット・ツヴィーゼル)」の、業務用ワイングラスとして使われる「ヴィーニャ」シリーズ。
世界で最も丈夫とされるトリタンクリスタルガラスを使用し、食洗器でも安心して洗える頑丈さを誇るワイングラスです。
耐久性を重視する方におすすめ。

Schott Zwiesel
¥2,200 (2020/12/04 03:39:44時点 Amazon調べ-詳細)

3.東洋佐々木ガラス | パローネ ブルゴーニュ

東洋佐々木ガラス | パローネ ブルゴーニュ
明治創業の長い歴史を持つ「東洋佐々木ガラス」の「パローネ ブルゴーニュ」は、ブルゴーニュワインに最適。
食洗器使用可能なクリスタルガラス「ファインクリスタル」に、独自の強化加工「イオンストロング」を加えた、耐久性に優れた日本製のワイングラスです。
東洋佐々木ガラス
¥1,760 (2020/12/04 03:39:45時点 Amazon調べ-詳細)

4.ガブリエルグラス | ワイングラス マシンメイド

「ガブリエルグラス」で作られる「ワイングラス マシンメイド」は、白・赤・スパークリングどのワインにも最適な上、日本酒やビールも美味しく味わえる万能ワイングラスです。
持ち歩きようの専用ボックスが付いているため、外出先に持ち歩くことも可能ですよ。

¥6,621 (2020/12/04 03:39:45時点 Amazon調べ-詳細)

5.アデリア(ADERIA) | ブルゴーニュ

創業200年の歴史を誇る「石塚硝子株式会社」の食器ブランド「アデリア」。そんなアデリアの「ブルゴーニュ」は、ドイツ製のクリスタルガラスを使用した高品質ワイングラスです。
細く優雅に伸びたステムが上品で、ブルゴーニュワインを飲むのに最適です。

6.RIEDEL(リーデル) | リーデル・オー ヴィオニエ

「リーデル」の「リーデル・オー ヴィオニエ」は、ステムがないタンブラー型の白ワイン向けワイングラスです。
小ぶりで耐久性が高いので持ち歩きもしやすく、ピクニックやバーベキューなどのアウトドアにもピッタリですよ。

7.ウェッジウッド(WEDGWOOD) | フェスティビティ クリスタル

「ウェッジウッド」の「フェスティヴィティ クリスタル」は、英国王妃シャーロットを魅了した美しさを持つワイングラスです。
フルーツや花々がふんだんにあしらわれた華やかなデザインのグラスは、お祝いの品にピッタリ。

ノーブランド品
¥3,300 (2020/12/04 03:39:47時点 Amazon調べ-詳細)

8.リビー(Libbey) | ワイングラス EU543

アメリカ生まれの「リビー」は、世界中のカフェやレストランで取り扱われるワイングラスを製造する会社。
中でも「ワイングラス EU543」は、少し角ばったボウル部分がクラシカルな印象のワイングラスです。

リビー(Libbey)
¥2,099 (2020/12/04 03:39:48時点 Amazon調べ-詳細)

9.57TH STREET | 割れないグラス トライタン

「57th STREET」の、落としても割れないトライタン素材のグラスは安心安全で、お子様がいるご家庭でも安心して使うことができます。
耐熱温度は90℃と、食洗器にも対応。ガラスのように繊細なデザインを実現しているのも魅力の一つです。

57TH STREET
¥3,000 (2020/12/04 03:39:49時点 Amazon調べ-詳細)

10.IMEEA | ワイングラス ステンレス シルバー

「IMEEA」のワイングラスは、ステンレス素材なので非常に軽く、傷付きにくいのが特徴です。
あえて艶消し加工を施すことでシックに、かつ指紋や傷が目立ちません。
シンプルな見た目はシーンを選ばず、マルチに活躍することでしょう。

ワイングラスを長く使うためのお手入れのコツ

ワイングラスを長く使うためのお手入れのコツ
お気に入りのワイングラスを見つけることができれば、次に気になってくるのがお手入れ方法ですよね。

間違った方法でうっかりグラスがパリン…なんてことがないように、正しいお手入れを心掛けましょう。

お湯や水は危険!ぬるま湯で優しく洗う

冷たい水はワイングラスを収縮させてしまい、熱湯もグラスを膨張させてしまうことになるのでどちらも避けましょう。
40度から45度程度のぬるま湯で、優しく洗うのがコツです。

通常の汚れであれば、無理に洗剤を使わず水洗いで十分。
もしそれでも気になるようなら、柔らかいスポンジに中性洗剤を付けて使用することをおすすめします。

ガラスの曇りには重曹がおすすめ

水垢や手垢など、ガラスの曇りが目立つ際には、重曹クエン酸の使用がおすすめです。

水200mlに対し、小さじ一杯程度の重曹(クエン酸)を溶かし、ボウル部分に注いでしばらく放置します。
その後、水洗いか中性洗剤で軽く洗えばお手入れ完了。
もし重曹などがなければ、お酢レモン汁を使うのも効果的ですよ。
重曹1重曹の基本の使い方とは?すぐに実践できる掃除方法とメリット・デメリット

洗ったあとはクロスで水滴を拭く

洗った後は、クロスを使ってよく拭きあげましょう。
使用するクロスは、グラスに毛羽立ちが付かないよう、マイクロファイバー素材やリネンなどの毛羽立ちにくい素材が最適です。

拭き残しがあると、水滴が付いたまま乾燥してしまうので、次に取り出した時に見栄えがよくありません。
しっかりと、かつ優しく拭いて綺麗な状態で保管するようにしましょう。

グラスはどう収納する?おしゃれな収納便利グッズ

お手入れ方法を習得したら、次は収納方法です。

一般的には、食器棚に他のグラス類と並列させて保管する、というイメージがあることでしょう。
しかし、そのままでは他のグラスと当たって傷付いてしまう恐れがあります。

おしゃれな収納グッズを使って、効率よく保管してみてはいかがでしょうか。

食器棚に収納ボックス入れて収納する

収納ボックスは、低価格で高品質の「ニトリ」や、シンプルでおしゃれな「無印良品」、手軽に購入できる100円均一ショップなどで、リーズナブルに手に入れることができます。

プラスチック製の半透明の縦長ボックスに入れると引き出しやすく、スッキリ収まるので非常におすすめ。
無印の「書類ケース」なども重宝する一品です。

ワイングラスホルダーを取り付ける

バーやレストランで見かけるワイングラスホルダー。自宅でこの収納方法は無理なのでは、と諦めている方も多いのではないでしょうか。

しかし、さまざまなブランドから、ご家庭でも使えるワイングラスホルダーが販売されていますよ。

■HULISEN ワイングラスホルダー

「HULISEN」のワイングラスホルダーは、棚板に差し込むだけで使うことのできる、穴あけ不要のワイングラスホルダーです。

最大3.5cmの棚板まで対応可能で、上側のバーに樹脂製の滑り止めが付いているので棚本体も傷付けません。
ステンレス製の2レーン仕様で、最低でも6つのワイングラスを吊るすことができます。

■山崎実業 戸棚下ワイングラスハンガー

山崎実業 戸棚下ワイングラスハンガー
「山崎実業」の戸棚下ワイングラスハンガーは、吊戸棚に簡単に取り付けられる1レーン仕様のスリムなワイングラスハンガーです。
ネジ・穴あけは不要で、約1.4cmから2cmの戸棚に取り付け可能。ワイングラスからシャンパングラスまで幅広く収納ができる、落下防止のガード付きです。
山崎実業(Yamazaki)
¥1,980 (2020/12/04 03:39:51時点 Amazon調べ-詳細)

■Nuovoware グラスホルダー

「Nuovoware」のグラスホルダーは、食器棚や戸棚の下、カウンターキッチンなどさまざまな場所に取り付け可能なワイングラスホルダーです。

定径が4cmから9cmまで幅広い大きさのワイングラスに対応しています。
Nuovowareのワイングラスホルダーは、耐震性など安全面を重視する方におすすめですよ。

Nuovoware
¥2,280 (2020/12/04 03:39:52時点 Amazon調べ-詳細)

ワイングラスラックを利用する

戸棚に取り付けるだけでなく、さまざまな場所に置いて使える物も多いワイングラスラック。
ワイングラスラックを使って、おしゃれな「見せるワイングラス収納」を試してみてはいかがでしょうか?

■Urhomy 竹製ワインラック

「Urhomy」の天然竹から作られるおしゃれな竹製ワインラックです。

天板に3つの穴が空いており、最大3つまでワイングラスを吊るして保管することができます。
簡単に動かせることから、キッチンやダイニングなど好きな場所に置くことができ、インテリアグッズの一つにもなるでしょう。

■YBB-YB ワインラック ホルダー

エレガントなラインが印象的な、組み立て式のワイングラスラックです。

最大6つのワイングラスを収納することができ、真ん中部分にはデキャンタも同時に収納可能。
デザイン性が高く、どんなグラスも魅力的に演出することができるでしょう。ワイン好きの方への贈り物にも最適です。

■Dianoo ワイングラスラック

さまざまなキッチングッズを販売する「Dianoo」のワイングラスラックは、ステンレス製の軽量さに加え、お値打ち価格が魅力のワイングラスラックです。

最大12個のワイングラスを収納できる、大容量の3レーン仕様。シルバーで高級感があり、自宅の雰囲気をより一層上質なものにしてくれるでしょう。

ワイングラスを保管するときの3つの注意ポイント

ワイングラスを保管するときの3つの注意点
収納方法の目途が立ったら、次はワイングラスを収納するときに気を付けたいポイントをおさえておく必要があります。
3つご紹介するので、正しい方法で大切なグラスを傷付けないように保管しましょう。

【1】グラス同士が接触しないよう間隔を空ける

一つずつ収納ケースに入れて保管する場合を除き、グラス同士が接触しないように適度な間隔を保って保管することが大切です。

ケースや収納棚の底には滑り止めシートを敷いておき、グラスの数が多い場合は仕切りを使ってグラス同士の接触を避けるようにしましょう。

【2】飲み口を逆さにする場合はグラスを保護する

吊り下げ仕様のワイングラスホルダーやラックを使用する場合は、どうしてもステムに負担がかかってしまいます。
規定量をオーバーすると更に負荷がかかり歪んでしまう恐れがあり危険です。

メーカー推奨の規定量を守り、正しく保管することがグラスを守ることにも繋がります。
収納棚に逆さに入れて保管する場合は、誤ってプレート部分を手に引っかけないよう注意しましょう。

【3】地震・子どものいたずら対策も忘れずに

忘れてはいけないのが地震対策です。背が高く安定感の低いワイングラスは、少しの震動でも倒れてしまう危険性があります。
棚に収納する場合は滑り止めシートの使用を、ホルダーで保管する場合は取り付けが甘くないかをしっかりと確認しましょう。

また、お子様がいるご家庭では、お子様の手が届かない高い位置に収納するか、割れないプラスチック製のワイングラスを使用すると良いでしょう。

こだわりのワイングラスでワインライフを楽しもう!

今回は、ワイングラスの種類と選び方をご紹介しました。
ワイングラスにはさまざまなタイプや形状、収納方法が存在します。

お気に入りの一つに辿り着くまで道のりは長いかもしれませんが、本記事を参考に満足のいくワインライフをぜひ楽しみましょう!
ワインセラーがなくてもOK!未開栓ワインや飲み残しワインの正しい保存方法ワインをおいしくする「デキャンタ」とは?使い方や選び方、おすすめアイテムをご紹介