見た目はまるで木製!「木製風食器」の便利な使い方アイデア

木製風食器

自宅でカフェのようなテーブルを演出できる「木製」の食器。
インスタグラムなどSNSの影響もあり、最近ではとても人気が高く、さまざまなブランドや食器メーカーから数多くの商品が販売されています。

温かみがあって優しい印象のある木製ですが、「価格が高かったりメンテナンスが必要なことが心配で、購入を躊躇している・・・」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、見た目はまるで木製!「木製風食器」の便利な使い方アイデアと題して、「木製風食器」の使い方や木製食器との比較等をご紹介します。

パッと見は「木製」ですが、使い勝手や日々のお手入れを簡単にしてくれると最近話題の「木製風食器」
木製食器の購入を迷っている方、食器好きの方必見ですよ♪

「木製風食器」って、どんな食器?

木製風食器とは
▲人気のSEEシリーズ。さまざまなサイズやデザインが展開されている。

今回ご紹介する「木製風食器」
どんな食器かというと、パッと見は「木製」なのですが、木製ではなく「樹脂」で作られており、表面にはウレタン塗装をして仕上げてあります。

このウレタン塗装が「木製」に見えるポイント。木の風合いを出すため、職人さんがひとつひとつ丁寧に手作業で塗っているのだそう。

また樹脂で作られていることから、木製に比べて食器の乾きが早く、お手入れもとても簡単!
軽くて割れにくく、電子レンジ・食洗機にも対応している超優れものの食器なんです♪

「木製風食器」の特徴とは

木製風食器の特徴
「木製風食器」は、電子レンジや食洗機に対応しており、毎日のお手入れや取り扱いがとても簡単!

落としても割れにくく、とても軽いため、お子さまや年配の方にも安心して使うことができます。

また表面は熱や汚れに強いウレタン塗装を施してあるため、食材のにおいも付きづらく、他の食器同様、食器用洗剤で洗うだけでしっかりと汚れを取ることが可能です。

見た目はどれも落ち着いた色味で、木製のような温かみを感じる食器に仕上げてあります。
「木製風食器」を使えば、カフェ風のテーブルコーディネートをご家庭で簡単に楽しむことができるんですよ!

「木製」の食器と「木製風食器」の違いは?

木製食器と木製風食器の違い
▲「木製」の食器(写真左)と、「木製風食器」(写真右)
「木製風食器」は、樹脂で作られており、表面は汚れに強いウレタン塗装。

オイルコーティングをしていないと水分を吸ってしまう「木製」の食器と比べて乾きが早く、お手入れも磁器製やガラス製の食器同様、食器用洗剤とスポンジを使用して洗うだけと簡単!

汚れのつきにくさやお手入れのしやすさが、大きな違いと言えます。

また「木製」の食器は電子レンジを使用することができず、食洗機にも対応していないものが多いのですが、「木製風食器」は電子レンジや食洗機なども使用することができます。

¥660 (2020/11/27 17:19:17時点 楽天市場調べ-詳細)
¥1,320 (2020/11/27 17:19:17時点 楽天市場調べ-詳細)

「木製」の食器を使うメリットは

木製食器を使うメリット
「木製」の食器を使うメリットは、なんといっても木製にしか出せない風合いと手触りを感じながら使用することができるという点です。

欅(ケヤキ)、橅(ブナ)、楢(ナラ)、楓(カエデ)など、さまざまな木から作られていることから種類も豊富。

色合いや手触りなど、お好みの木で作られた食器を選ぶことができるのも大きなメリットです。

オイルコーティングをして使うことでツヤも出て長く使い続けることができますし、木製食器を愛用している方の中には「オイルコーティングをする時間が好き」という方も多く見受けられます。

定期的にしっかりとお手入れしていれば、一生使い続けることができる点が、最大のメリットかもしれません。

「木製風食器」を使うメリットは

木製風食器を使うメリット
▲扱いやすくどんなシーンでも気軽に使える、樹脂で作られた「木製風食器」。

「木製風食器」は「軽くて丈夫で扱いやすい」というのが、使用する際の最大のメリットです。

オイルコーティングなどの手間がかからず洗剤で洗うだけでお手入れが完結することや、電子レンジ・食洗機が使えるのも大きなメリットといえるでしょう。

また軽くて割れにくいので、屋外でのキャンプやバーベキューなどのアウトドアにも最適。キャンプ場などにたくさん持っていっても重くなく、ささっと洗って布巾で拭いたら、すぐに持って帰れるのがメリットです。

ホームパーティーなど、大人数が集まる機会にも、割れにくく扱いやすい「木製風食器」が適していると言えます。

¥660 (2020/11/27 17:19:18時点 楽天市場調べ-詳細)

木製風食器の使い方アイデア集☆

木製風食器の使い方アイデア
ここからは、「木製風食器」を毎日のテーブルに使う際の「使い方アイデア」をいくつかご紹介します。
ほっこり温かみのある「木製風食器」があれば、毎日のテーブルが楽しくなること間違いなし!ぜひ参考になさってくださいね。

仕切りのある「ランチプレート」でしっかり朝ごはん

仕切りのあるランチプレートで朝ごはん
仕切りのある「ランチプレート」を使えば、ひと皿でおにぎりやパンなどの主食とおかずを一緒に盛り付けることができ、汁物を添えるだけでしっかりとした朝ごはんが完成します。

写真のようなおにぎりとおかずにお味噌汁を用意すれば、和食テイストの朝ごはんになりますし、パンと目玉焼きを用意すれば、洋食の朝ごはんにも使えます。

ひと皿に主食とおかずを盛り付けることができるので、後片付けも楽チン! 忙しい朝におすすめです。

¥880 (2020/11/27 16:58:44時点 楽天市場調べ-詳細)
ランチプレート作り置きにも便利!「ランチプレート」の選び方&使い方アイデア☆

オムライスやパスタなど一品料理にも

一品料理に
オムライスやパスタ、シチューなどの一品料理にも、木製風食器が役立ちます。

普段使いはもちろん、しっかりとした大きさのあるプレートにパスタを盛り付ければ、ホームパーティーなどでみんなで取り分けるのにとても便利。

木製風食器は食品のにおいもつきづらく、水分を吸ってしまうこともないので、シチューなど汁気のある料理にも安心して使うことができますよ♪

¥550 (2020/11/28 10:55:20時点 楽天市場調べ-詳細)
¥1,100 (2020/11/28 10:55:20時点 楽天市場調べ-詳細)

毎日の食卓でごはんに汁物を添えて

ごはんと汁物を添えて
毎日の食卓で、おかずだけでなくごはんや汁物も「木製風食器」に盛り付けて、統一感を出してみてはいかがでしょうか。

色合いを揃えることができるので、落ち着いた雰囲気のテーブルに仕上げることができ、温かみを感じさせることも可能です。

陶器のように落として割れる心配もないので、お子さまからご年配の方まで、安心して毎日使用することができますよ!

¥660 (2020/11/28 10:55:20時点 楽天市場調べ-詳細)

カフェ風のおしゃれなワンプレートに!

カフェ風ワンプレート
大きめプレートにパンや目玉焼き、サラダやスープを盛り付ければ、カフェ風のおしゃれなワンプレートがあっという間に完成します。

ワンプレートにすれば、見た目華やかで可愛らしいテーブルになり、後片付けも簡単。

おにぎりやお味噌汁、煮物を盛り付けて「和のワンプレート」にしても素敵ですね!

和のワンプレート忙しい朝におすすめ!簡単にできるワンプレートごはんの盛り付けアイデア

ヨーグルトやサラダを盛り付けて

ヨーグルトやサラダに
深めの木製風食器に、ヨーグルトやグラノーラ、フルーツを盛り付ければ、朝食やデザート、おやつなどにぴったりのひと皿に。

コーンフレーク&ミルクのコンビにもおすすめ。

また、色鮮やかな野菜をたっぷり使ったサラダを盛り付ければ、温かみのある食器との相性もばっちりです。

スイーツをのせてティータイムにも♪

スイーツをのせて
スイーツにも「木製風食器」が超おすすめ!

小さめのプレートにお気に入りのスイーツを盛り付け、紅茶を添えればまるでカフェのよう♪

大福やお団子などを盛り付けて緑茶を合わせれば、和カフェのようなテーブルを演出することもできます。

「木製風食器」を使うとき気をつけたいポイントとは

木製風食器を使うとき気をつけるポイント
「木製風食器」は電子レンジで使用することもできますが、長時間の加熱には向いていないので注意が必要です。

500W~600Wなら3分以上、800W~1000Wは1分以上の加熱はしないようにしてください。

また食器ひとつひとつを手塗りで仕上げているため、ひとつずつの色の濃さや木目の柄に多少の違いがあります。

この違いは食器ごとの「味」と考えて使用すると、毎日食器を使うのがさらに楽しくなりますよ!

「木製風食器」を上手に毎日のテーブルに取り入れよう!

木製風食器
いかがでしたでしょうか。

今回は「木製風食器」の便利な使い方アイデアや、木製食器と木製風食器の違いなどをご紹介しました。

木製食器とほとんど変わらない見た目なのに、木製食器よりも日々のお手入れが簡単な上、価格も手頃と、良いところがいっぱいの「木製風食器」。

温かみのある食器がひとつテーブルにあると、テーブル全体をほっこりと優しい印象にすることができます。

気になった方はぜひ購入し、毎日の食卓で使用してみてはいかがでしょうか。

木製キッチンツール『木』のぬくもりが魅力!木製キッチンツールの選び方&使い方とお手入れのコツ