シンクの生ゴミに悩まない!簡単にできる三角コーナーの代用アイデア

三角コーナーの代用アイテム

最近は、シンク内が狭くなることや掃除の手間が増えることなどから、三角コーナーを使いたくない人が増えています。
三角コーナーを使わない場合、料理をしたときに出るシンクの生ゴミはどのように処理すればよいのでしょうか?

この記事では、三角コーナーをやめたいけど「生ゴミの処理方法が不安」「コスパのかからない代用方法が知りたい」という方にぴったりの三角コーナーの代用アイデアをご紹介します。

調理中に出るゴミを何とかしたい!三角コーナーの代用アイデア

三角コーナーの代用方法や代用アイテムには、色々なものがあります。
わが家では以前、100均などでも買える自立できるタイプの水切り袋を買っていました。

でも、コストが気になるのと、プラスチック製の水切り袋を毎日消費することが少々気になっていました。
「他に何か方法はないかな」ということで、定番ではありますが、私が実際に試してみた代用アイデアをご紹介します。

【1】新聞やチラシなどで代用

新聞紙を使った生ごみ入れ
代用アイデアとしてよく挙げられる、新聞紙や広告の紙で生ゴミ入れを作る方法。折り紙の要領で生ゴミを入れる箱や袋を作り、生ごみを入れて包んで捨てるというものです。

我が家でも、ときどきまとめて作っています。
さまざまな折り方があるようですが、我が家でしている折り方を一つご紹介しますね。

とても簡単に折れるので、小学生低学年のわが子も折り紙のように一緒に楽しんで作ってくれます。
新聞紙で作る生ゴミ入れ

  1. 新聞紙を広げる(小さいサイズでいい人は半分に折るか、切って使ってもOK)
  2. 下から3分の1くらいを折る
  3. 左から3分の1くらいを折る
  4. 右側を折る。このとき反対側のポケット部分に差し込むように折ります
  5. 新聞で作る生ゴミ入れの折り方2

  6. 新聞紙を裏返します
  7. 上の両側の角を真ん中に向かって折り、三角形にします
  8. 三角を下のポケットに入れるようにして折ります
  9. 上下をひっくり返し、底面を袋状に広げれば完成です

新聞紙の生ゴミ入れ。広げて完成
野菜などの食材を切った時に出る皮やヘタなど、水気のない調理くずを処理するのに向いています。
「箱を折るのが大変」「面倒くさい!」という方には、数枚重ねた新聞紙を調理台に広げるだけという方法もおすすめです。

※我が家のシンクは色移りがしやすい素材なので、新聞のインクの色移りを避けるため、あまりぬれた状態で使わないようにしています。

【2】牛乳パックで代用

牛乳パックを使った生ごみの処理
空の牛乳パックの口の部分をひらいて、中に生ゴミを捨てるという方法です。
新聞などより丈夫で強度があり、水にぬれてても破れません。
ただし、パックの開口部が結構狭いため、捨てにくさは若干あります。

ゴミ箱に捨てる時は、ギュッとパックを抑えて中に入れたゴミの水気を切った後、粘着テープなどでしっかりと口を閉じて、においが漏れないようにすれば完璧です。
牛乳などパック飲料をよく消費するご家庭なら、もっともおすすめの方法と言えるでしょう。

少量の廃油であれば、牛乳パックに新聞紙や古布などを詰め、油をしみこませて捨てることもあります。
ただし自然発火を避けるため、念のため少量の水を混ぜておき、粘着テープなどでしっかりと封をしてから捨てるようにしています。

【3】ポリ袋で代用

スーパーでもらうポリ袋
スーパーの果物・野菜コーナーに備え付けられている薄手のポリ袋や、肉や魚を買った際に使う袋づめコーナーに置いてある透明なポリ袋。
あるいは調理用やゴミ処理用に、あえて購入しているという方もいらっしゃるかもしれません。

調理の際に出る生ゴミであれば、このポリ袋に入れるだけでも十分処理できます。
難点は、袋が自立しないということ。
ポリ袋エコホルダー
そこで便利なのは、上記の写真のようなスッキリと調理台に置けるポリ袋ホルダーです。

こちらは不要な時は折り畳みもできるため、狭いキッチンでもそれほど場所を取りません。また、洗ったコップや牛乳パックなどを干すのにも使えます。

¥1,100 (2022/06/26 02:29:41時点 楽天市場調べ-詳細)
すぐに捨てるのはもったいないので、ある程度ゴミを溜めてから捨てたい場合には、フタ付きのタイプもあります。
ふたつきのポリ袋ホルダー
夏場など、においや虫が気になる場合はフタができる方が安心です。
ただし、こちらは折りたたんで収納することはできないので、どちらのメリットを重視したいかで選ぶようにしましょう。
¥1,870 (2022/06/25 13:35:03時点 楽天市場調べ-詳細)
他にも調理台ではなくシンクで使いたいという方向けのポリ袋ホルダーもあります。
例えば、キッチンの蛇口に引っ掛けるタイプのポリ袋ホルダーであれば、シンクの中でもスペースをほとんどスペースを取りません。
蛇口に引っ掛けるタイプのポリ袋ホルダー
¥1,485 (2022/06/25 14:17:23時点 楽天市場調べ-詳細)

汁物の食べ残しはどうしたらいい?

カップラーメン
三角コーナーをやめるにあたって、一番気になるのは「残った汁物の処理」。
特に、カップラーメンなどの汁物などは、ときどき食べ残してしまうこともあるのではないでしょうか?

「麺は排水口ネットでキャッチできるし、気にせず排水口に流している」という方もおられますが、環境面などを考えるとちょっと悩ましいところ。
麺などの固形物なネットでこせても、ラーメンの汁に含まれた油分までは処理することができません。
ラーメンの汁を排水口に流すと、排水管や排水パイプの中にも油分が流れて行ってしまい、いずれは詰まりや劣化の原因にもなってしまいます。

実は、こういった場合に便利な「残った麺スープ 固めてポン」という残り汁専用の凝固剤があります。
残り汁に入れて混ぜるだけで固まり、そのまま容器と一緒に捨てることができます。
カップ麺のスープ凝固剤
ご家庭だけでなく、オフィスやアウトドアなどでも便利に使えそうですね。

¥208 (2022/06/25 16:53:13時点 楽天市場調べ-詳細)
他にも、少量の汁物であれば新聞紙に吸わせて処分することもできます。
量が多い場合は、ドラッグストアなどで売られている油を吸い取る用の不織布に吸収させてから捨てるという方法もありますよ。

生ゴミをため込まず、シンクをきれいに保とう

三角コーナーを使わない場合は、生ゴミをあまりため込まずに「お料理を終えたらすぐ捨てる」のが基本になります。

こまめに生ゴミを処理することで、シンクの清潔さが保たれますし、ぬめりやにおいなどの悩みからも解放されます。
ご家庭にあった生ゴミの処理方法が見つかるとよいですね。

いらない派も必見!シンク周りをスッキリさせる三角コーナーや便利グッズとは? キッチンが狭くてゴミ箱が置けない問題を解決!省スペースでも分別できるゴミ箱20選