グラニュー糖や粉糖がない時どうする?意外な代用品のアイデアと粉糖の作り方

マフィンに粉糖を振りかける

お菓子のレシピに書かれている、“グラニュー糖”“粉糖”という文字。

それを目にしただけで、なんとなくお菓子作りへのハードルが上がってしまったことはありませんか?

お菓子をあまり作らない方は、「そんなの常備してないよ!」と思ってしまうかもしれませんね。

実はお菓子を作るとき、グラニュー糖や粉糖をわざわざ用意しなくてよい場合があるんです。

この記事ではケース別に、グラニュー糖・粉糖の代用品を紹介します。

筆者は実際に代用品でお菓子を作った経験アリ。
グラニュー糖や粉糖がなくても、意外にお菓子作りできちゃいます!

満畑ペチカ(調理師)

グラニュー糖・粉糖の代用品とは?

グラニュー糖と粉糖は、それぞれ用途によって代用できるかできないかが異なります。

  • 焼菓子の材料に使う場合……ほかの砂糖で代用可能
  • デコレーションに使う場合……代用不可(ただし飾り粉糖はほかの食品で代用可能)

用途ごとに代用できる・できない理由や、代用品を詳しく解説していきます。

焼菓子の材料に使う場合

グラニュー糖や粉糖を一般的な焼菓子の材料として使う場合、いずれも「上白糖」で代用可能です。

焼菓子の一例
  • クッキー
  • パウンドケーキ
  • マドレーヌ
  • マフィン
  • スコーン

ただし使う砂糖の種類によっては、焼菓子の見た目や食感が変化します。

例えばプレーンクッキーを焼いた場合、砂糖ごとにあらわれる違いは以下のとおりです。

クッキーを焼いたときの砂糖による違い
  • 上白糖:表面はややデコボコ、砂糖の粒は残らない。かみ応えのある食感。
  • グラニュー糖:表面がデコボコ、砂糖の粒が残る。サクサクした食感。
  • 粉糖:焼き上がりの表面がなめらかで砂糖の粒は見えない。食感が軽く口溶けが良い。
このように砂糖の種類を変えると、見た目や食感、さらには甘さの感じ方にも差が出るんです。

「お菓子をよりイメージ通りに仕上げたい」「プロレベルの味にしたい」と思う場合は、レシピ通りの砂糖を用意するとよいでしょう。

デコレーションに使う場合

グラニュー糖や粉糖をお菓子のデコレーション(飾りや仕上げ)に使う場合、ほかの砂糖では代用できません。

例えば以下のような、周りにグラニュー糖をまぶす「ディアマンクッキー」を作る場合。
ふちにグラニュー糖をまぶしたディアマンクッキー
粒が大きめで焼いても溶けにくく、キラキラした見た目を保ってくれるのは、グラニュー糖ならではの特徴です。

これを上白糖や粉糖に変えてしまうと、出来上がりは全く違うものになってしまいます。

またスノーボールクッキーやシュトーレンなど、粉糖をたっぷりまぶすお菓子の場合も、ほかの砂糖では代用不可。
まわりに粉糖をまぶしたシュトーレン
デコレーションに使うアイシング(シュガーペースト)も同様で、上白糖やグラニュー糖では、同じような見た目になりません。
シュトーレンのかたまりとスライスを乗せた木の板とサンタの置物、ミモザを並べたテーブル失敗しない!基本のシュトーレンの作り方【日持ちする保存方法と食べ方も解説】

映え重視!飾り粉糖の代用品2選

粉糖をまぶしたガトーショコラ
ガトーショコラやチーズケーキなどは、粉糖を振りかけるだけで一気に見た目が可愛らしくなりますよね。

しかし、「少し振りかけるためだけに粉糖を買うのはもったいない」と感じる方も多いのではないでしょうか?

実は、少量を飾りとして振りかける程度であれば、粉糖は以下2つのもので代用できるんです。

  • 粒子が細かいコーヒークリーマー
  • 片栗粉

コーヒークリーマーはクリームを粉末にしたもの。やや溶けやすいですが、味の邪魔をしにくく見た目にも違和感がありません。

そして、意外に活躍するのが片栗粉

片栗粉をそのまま食べても大丈夫なの?

と心配になるかもしれませんが、少量であれば大丈夫なんですよ。
もちや大福の周りにも片栗粉がついているので、少しならOK!)

溶ける心配がなく、粒子が細かいので見た目の違和感もありません。

ただし、砂糖ではなくでんぷん質の粉なので、味に影響しないようかけすぎには注意

撮影で作りたての見た目を保ちたいとき、ちょっと見た目をきれいに仕上げたいときなど、ピンチヒッターとして活用してみてくださいね。

満畑ペチカ(調理師)

【道具ひとつ】グラニュー糖から粉糖が作れる!

「グラニュー糖と粉糖、両方用意するとお金もかかるし、どちらも余らせてしまいそう……でも使いたい!」

そんなとき、ミルミキサーもしくはすり鉢・すりこぎがあれば、グラニュー糖から粉糖が作れるんです。

作り方はとても簡単。以下にそれぞれの場合の手順を紹介します。


【ミルミキサーの場合】
  1. 容器にお好みの量のグラニュー糖を入れる
  2. 1分間ミルミキサーにかける
  3. 好みの具合まで細かくして、完成!
 
粉砕ふんさい具合が足りない場合は、熱で砂糖が溶けないように容器のふたを開けて熱を逃しながら、合計5分程度粉砕する)

【すり鉢の場合】

  1. すり鉢にグラニュー糖を少量入れる
  2. すりこぎで細かくなるまですりつぶす
  3. 好みの具合まで細かくして、完成!

すり鉢での作業は時間がかかるため、粉糖を材料として使うときはミルミキサーを使う方法がおすすめです。

少量の粉糖を作るときは、すり鉢が活躍しますよ。

すり鉢・すりこぎのセットは100円ショップでも販売されているので、粉糖をわざわざ買うのはもったいない!という方はぜひお試しくださいね。

グラニュー糖と粉糖をうまく代用してみよう

グラニュー糖と粉糖は、場合によって以下のとおり、ほかの砂糖や食品で代用できます。

  • 材料として使用……ほかの砂糖で代用可能(見た目や食感に違いが出る)
  • デコレーションに使用……代用不可(ただし飾り粉糖はほかの食品で代用可能)

またグラニュー糖と道具があれば、粉糖が作れます。

グラニュー糖や粉糖を揃えなくても、十分にお菓子作りはできるんですよ。

ぜひこの記事を参考に、ラフな気持ちでお菓子作りを楽しんでみてくださいね。

ガラスの器に入れた上白糖、水色の器に入れた粉糖、紫の器に入れたグラニュー糖を木の板の上に並べた様子余ったグラニュー糖や粉糖を料理に使うと?おすすめの使い道を調理師が紹介 茶こしを使って両手で粉をふるっている様子【調理師が解説】粉を上手に振るうコツと、粉ふるいの洗い方や代用アイデア